Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved. ◆――History

【作品関連】

シリーズ累計650万部を超える『彩雲国物語』の著者が、『彩雲国』以来初めて手がけた新たな大河小説。争いが続く世界で、国の軍事を担う名家で育った少女が、自身そして世界の運命を変えようと挑む。新潮文庫nexの創刊ラインナップを飾り、現在、第2巻『レアリアⅡ―仮面の皇子―』まで刊行中。耽美的かつ鏤められたユーモアが光る独特の文体と、重層的な世界観が誘う中毒性で、根強いファンを獲得している。 帝国の恐怖帝ヴァルデミアス急死、王朝のアリュージャ皇帝が帝都襲来。ヴァルデミアスの皇子ユーディアスが帝国皇帝に。 王朝のアイゼン皇子脱獄と逃亡幇助のかどで、ミレディアは帝都へ護送、魔女家当主オレンディアは帝国総帥を解任。(☆yom yomスピンオフ、「in a blue MOON―レアリア―」の舞台はここ) 山をのぼるように、1つ1つが私のプラスです。なので「はい」ですね。

レアリア01: シリーズ名 ... 2002(平成14)年、『彩雲国綺譚(さいうんこくきたん)』で第1回ビーンズ小説賞の読者賞と奨励賞を受賞。翌年、これを改稿した『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』でデ … アリュージャ王朝とのル・クロックの戦い。アキ、神官ロジェとして再びミレディアの前に姿を現す。帝国の弟王家の将軍エセルバートが不可解な勝利を続ける。 雪乃:今回は特に何も意識は…別の話なので(苦笑)。 (4)書いてみていかがでしたか。

※このインタビューは『yomyom』2016年夏号への『in a blue MOON ―レアリア―』読切寄稿記念として、2016年7月に行われたものです。.

雪乃:初めてアリルがミレディアと出会ったときのわずかな期間の物語ですが、本編では当分書くことはないかもしれないと感じたエピソードでもあります。 グランゼリア城包囲戦で魔女家諸将の多く、王朝の皇子らが戦死。ミレディアと魔女家の将軍ギィはグランゼリア城から脱出、帝都からユーディアスらを連れて戻り、窮地のオレンディアを救う。 レアリア【文豪ストレイドッグス・宮沢賢治】 今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:444 hit 小 | 中 | 大 | 武装探偵社で働く宮沢賢治は、10歳のとき森で出会った人物を探していた。 〔金糸雀33年(ミレディア13歳)〕 白い肌にフリルの着いたワンピース、物販の時限定での厚底を履いて、大好きなライブに行く私は所謂「量産型」。量産型ってだけで「無個性」だとか「アンドロイド」って言われるけど、それが何?結局は、嫉妬でしょ? 〔金糸雀24年(ミレディア4歳)〕 帝都ストラディカで帝位継承権を持つ皇族・妃らが次々と怪死。逃亡した第一皇子エリファズを追った魔女家のミルゼリスは、"魔王の森"でミレディアを拾う。ミレディア、その直前に"魔王の森"でアキと出会う。 すべての画像・データについて無断使用・無断転載を禁止します。. レアリアⅠ 感想レアリアⅠ読みました~~~~~~~!!!!

ミレディア、魔女家で育てられる。 休戦協定期限。, 茨城県生れ。2002(平成14)年、『彩雲国綺譚(さいうんこくきたん)』で第1回ビーンズ小説賞の読者賞と奨励賞を受賞。翌年、これを改稿した『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』でデビュー。10代から70代という幅広い読者層に支持された同シリーズは、2011年に完結し、累計650万部超の大ヒットを記録した。そのスピンオフで2012年刊行の『彩雲国秘抄 骸骨を乞う』も話題を呼んでいる。2014年、『彩雲国』シリーズ以来となる、著者10年ぶりの新シリーズ『レアリア』を発表。. (2)学生さんは夏休みです。夏休みにはどんな思い出がありますか。 〔金糸雀32年(ミレディア12歳)〕 無料で15種類以上の占い、小説、夢小説を誰でも簡単に作って遊べるサービスです。20万以上のコンテンツが無料で遊べます。あなたを登場人物に出来る小説や、検定、心理テスト、脳内メーカー等の占い … ミレディア、魔女家の推す皇帝候補の皇子アリルと結婚。 (3)夏休みの読書におすすめの本を教えてください。 雪乃:花火を見たいですね! 不思議に毎年花火は(行く気がなくても)必ず一回は見る機会や場所に恵まれるので、今年も。 (7)最後に、読者の皆さまへのメッセージをお願いします。 ?(笑)を選んだ理由……。えー…いえ、単に当分書く機会がなさそうだったので…。 雪乃:読みたい本を読むのが一番です。自分で宝物になる本を見つけたときが最高の一瞬ですから。私ははりきって分厚い大判の本や長編シリーズを選んでたような。 (1)夏ですね! この夏の予定や、やってみようと思っていることはありますか。 (3)今回の読切は、ミレディアとアリルの出会いの物語でした。これをテーマに選んだ理由は。 〔金糸雀38年7月〕 帝国と王朝が長年争う世界。帝国の軍事を担う魔女家当主・オレンディアの元に育った少女・ミレディアは、幼い頃に森で拾われた身。彼女は森で出会った青年・アキのことをずっと想ってきた。が、その念願の再会は、やがて世界に悪夢をもたらした。今、17歳となったミレディアは魔女家名代として、仲間と帝都へ向かう。両国の休戦、次期帝国皇帝候補の後見、そして、愛する彼を殺すために。, 休戦延長なし――。魔女家名代として宰相会議に臨んだミレディアは、破滅に突き進む帝国の選択に心を痛めつつも、「家族」となったアリルのために為すべきことを考えていた。一方、アリルはもう一人の皇帝候補ラムザとデュアメル学院に通い、帝位継承者として起つ決意を固める。......明かされる少女の罪、そして少年の仮面の下に隠された驚くべき真実。世界の深淵を見据える第2巻。, 白の妃ネネの罠によって、行方不明となる皇子アリル。突然の悲報に傷つき、戸惑いながらも、彼を探すミレディア。皇帝候補のお披露目が迫り、異様な魔力に包まれた帝都ストラディカから弾きだされた二人は、帝国の過去を渡り歩く中で、帰るべき場所を探す......。他方、もう一人の皇子ラムザは、過酷な生活の中でも己を見失わず、未来へと踏み出す。大河ファンタジー、策謀の第3弾。, 旅路を経て、皇子アリルが下した決断。たった一つの想いを貫き通すため、彼は歩みを止めなかった。恐怖帝ヴァルデミアスも、白の妃も、死神ギィも、彼を止めることはできなかった。すべては、この日、この時のために。明かされるロジェの秘密と、十三年前の真実。そして遂に、皇帝選の披露目の日が到来する----。オレンディアと十三翼将のグランゼリア戦を描く中篇「碧落」を収録。, ◆――About Realia 皇帝選。 監督生≠女主人公トリップした女主人公の夢小説です。ツイステッドワンダーランド4章までのネタバレをガッツリ含みます。読んでからの苦情は受け付けません。監督生はユウです。女主人公の名前出てきます。捏造過多!!※流血表現あります! 【作品関連】 (1)『レアリア』2巻刊行からもうすぐ1年。どんな日々を送ってきましたか。 雪乃: いいこと半分苦しいこと半分、人並みだと思います…(笑)。 何も書かない期間を1ヶ月つくって読書に当ててみた時があったのですが、よかったです。 小説、エッセイ、著者インタビュー、等々。 ... 。 そうして、また筆を執って書きはじめたのが、この「レアリア」です。「レアリア」の世界は、(誰も止めなかったので)結構ごった煮です。 ... 2017年8月29日 19:05 夢の本格ヴィクトリア朝ドレス、完成! 〔金糸雀37年=現在(ミレディア17歳)〕 エセルバート、ゾハル監獄で暗殺。 【夏☆関連】 !

新潮文庫nexの創刊ラインナップを飾り、現在、第2巻『レアリアⅡ―仮面の皇子―』まで刊行中。 耽美的かつ鏤められたユーモアが光る独特の文体と、重層的な世界観が誘う中毒性で、根強いファンを獲得 … 初期火山のマグマの残り半分てところです。「ベクトルが前作と反対なだけで同じマグマのもう半分」なので、レアリアも誰も彼も好き勝手に(彩雲国とは逆方向に)走っていて、前作同様整然たる話とは遠い(笑)。それでいいとも思っています。前作と同じく、書きたいものを片っ端から、書きたいように書けたらいい。そう思うのも、そんな風に「彼らのその先こそ見たい、今のぜんぶを書いておきたい」と心底思うのも、これが最後かもしれません。初期の私は、ここで一区切りがつくかもしれませんね。…初期ったって、まあずいぶんたってますけど…。レアリアまでは好きにして、自分と彼らのへんなエネルギーに従って書く気でいます。 あとは家族の「勉強は」「ごはんは」などから邪魔されぬ秘技をなんとか各自編み出してください! 寝坊してだらしないと私は毎日怒られてましたが、夜中から明け方しか一気読みできなかったから黙って耐えていた…。 この短編を知らなくてもよし、知って本編を読むとまた少し違う風に読める…かも? しれません。楽しんでもらえることを祈っています。 Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved. 互いに多大な犠牲が出た二国間で、五年の休戦協定を締結。 何も書かない期間を1ヶ月つくって読書に当ててみた時があったのですが、よかったです。しおれた菜っ葉みたいだったのが元気になって。意識して錨をおろす時間、というのをようやく考えるようになりました。 ミレディア、講和派の魔女家名代として宰相会議参加のため帝都へ。帝都の地下水路をさまよい、謎の仮面の少年(アリル)に助けられる。 !随分前に読み終えていたのですが、つい繰り返し読んでしまい感想書くのが遅くなりました( 〃 〃)少… ◆――Story 〔金糸雀38年6月〕 雪乃:私の初期の2作品のうちの1つになります。 (5)今後読切をやるなら、書いてみたいのは誰のどんなお話ですか。 小説、エッセイ、著者インタビュー、等々。 ... 。 そうして、また筆を執って書きはじめたのが、この「レアリア」です。「レアリア」の世界は、(誰も止めなかったので)結構ごった煮です。 ... 2017年8月29日 19:05 夢の本格ヴィクトリア朝ドレス、完成!

日常的な身の回りの出来事から、世界を揺るがすニュースまで、本が扱うテーマは森羅万象。四季折々の年間イベント、仕事、暮らし、遊び、生きること、死ぬこと……。さまざまなテーマに沿う本の扉をご用意しました。扉を開くと読書の興味がどこにあるのか見えてきます。, 〈とんぼの本〉は、1983年の創刊。 美術、工芸、建築、写真、文学、歴史、旅、暮らしをテーマにしたビジュアルブック・シリーズです。, 一冊の本には、他のいろいろな本とつながる接点が隠れています。100年前の物語や、世界の果ての出来事と、実は意外な関係があるのかもしれません。本から本へ、思いがけない出会いの旅にでてみませんか。どのルートを選ぶかは、あなた次第です。, 帝国と王朝が長年争う世界。帝国の軍事を担う魔女家当主・オレンディアの元に育った少女・ミレディアは、幼い頃に森で拾われた身。彼女は森で出会った青年・アキのことをずっと想ってきた。が、その念願の再会は、やがて世界に悪夢をもたらした。今、17歳となったミレディアは魔女家名代として、仲間と帝都へ向かう。両国の休戦、次期帝国皇帝候補の後見、そして、愛する彼を殺すために。, 茨城県生れ。2002(平成14)年、『彩雲国綺譚(さいうんこくきたん)』で第1回ビーンズ小説賞の読者賞と奨励賞を受賞。翌年、これを改稿した『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』でデビュー。10代から70代という幅広い読者層に支持された同シリーズは、2011年に完結し、累計650万部超の大ヒットを記録した。そのスピンオフで2012年刊行の『彩雲国秘抄 骸骨を乞う』も話題を呼ぶ。2014年、『彩雲国』シリーズ以来となる、著者10年ぶりの新シリーズ『レアリア』を発表。, Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved.

それに限らず、今まで書いてきて、マイナスに働いたものは何もありません。 監督生≠女主人公トリップした女主人公の夢小説です。ツイステッドワンダーランド4章までのネタバレをガッツリ含みます。読んでからの苦情は受け付けません。監督生はユウです。女主人公の名前出てきます。捏造過多!!※流血表現あります! 西のシャルムラグリア帝国と東のアリュージャ王朝は長年争いを続けている。帝国の軍事を担う魔女家当主オレンディアが育てたミレディアは、幼い頃に森で拾われた身。拾われる直前に森で出会った不思議な青年・アキのことを想ってきた。「願いをいってごらん。僕のお姫様(ミレディ)」――そんな言葉を残し、消えてしまった幻のようなアキ。やがて叶った彼との念願の再会は、しかし世界に悪夢をもたらした。今、17歳となったミレディアは、講和派の魔女家名代として開戦派の思惑が渦巻く帝都へ向かう。両国の休戦延長を求めるため、また魔女家が推す帝国皇帝候補の少年皇子アリルを後見するため。そして、愛するアキを殺すために。 宰相会議開催。休戦協定の延長なしと翌年六月の皇帝選開催が決まる。 雪乃:いいこと半分苦しいこと半分、人並みだと思います…(笑)。

雪乃:さて…そのときになってみないと。その時々で「これ」と感じた話にはなると思いますが。どんな話も、書く時機を逸したら、そのままずっと私の中で眠る。とても大事で、書きたかったエピソードでも、時を逃すと永遠に書かないまま終わります。不思議とそういうもので。まさに縁ですね。 ですから今はなんとも。「書いてみたい話」を実際書く機会があるかはわからず、書けなかったとき、本当にさみしくなりますから。