ということが、今回のisマイナーチェンジで判明しました。 レクサスは2015年に日本展開10周年を迎えました。トヨタは「日本発世界へ」のコンセプトを掲げ、レクサスを世界で戦える高級車にすべく開発・販売・ブランド浸透に注力しています。しかし、後発の高級車ブランドであるレクサスには賛否両論あるようです。, 【MotoGPレース結果】SUZUKIのジョアン・ミルがワールドチャンピオン獲得。優勝はフランコ・モルビデッリ(ペトロナスヤマハSRT) - バレンシアGP, 【F1レース結果】F1第14戦トルコGP ルイス・ハミルトンが優勝!ワールドチャンピオンも決定。フェルスタッペンは、6位, 【予選結果】F1第14戦トルコGP(トルコ)予選ポールポジションはランス・ストール(RacingPoint)。マックス・フェルスタッペンは2番手, 【予選結果】MotoGPバレンシアGP ポールポジションはフランコ・モルビデッリ。中上貴晶は3番手スタート!アレックス・マルケスが大転倒, スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス2020 無料放送/ネットライブ配信予定と視聴方法。レース前に予習できる動画(2019年スーパーフォーミュラオートポリスハイライト動画), WTCR 第6戦スペイン(アラゴン)2020 無料放送/ネットライブ配信/Jsport放送予定とWTCR(FIA 世界ツーリングカーカップ)の視聴方法, MotoGPバレンシアGP2020 無料放送/ライブ配信と視聴方法。レース直前に見ておきたい2019年MotoGPバレンシアGPハイライト動画|日テレG+放送時間, F1 第14戦トルコGP 2020 無料放送/ライブ配信と視聴方法。インターシティイスタンブールパークで行われるF1トルコGP|DAZN F1放送時間, 【MotoGPレース結果】優勝はジョアン・ミール(Team SUZUKI ECSTAR)。4位に中上貴晶(LCRホンダ) - ヨーロッパGP, 【動画で見るレース結果】スーパーGT第7戦 ツインリングもてぎ 8号車 ARTA NSX-GT野尻智紀/福住仁嶺)が優勝。GT300は、56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が優勝.

やはり、マイナー前の形状に失敗があり、フェンダーやボンネットを踏襲したためにデザインが破綻しているのでしょう。 現行レクサスisは先代に比べ全く売れていない理由は、醜いフロントマスクにあります。 スピンドルグリルが、ダサいという評価も、レクサス全体ではイメージアップに成功しています。 ライト形状を含むデザインの完成度が売れ行き影響する事例がisです。 スピンドドルグリルの周りのシルバーの装飾もグリルから離れて大胆なラインになりつつあります。, デビュー時からフェンダーラインは変えずに最新のレクサス顔となっているCTに比べ、マイナー後も不細工度さが変わらないisは、デザイナーの力量不足でしょうか。, 。 –³’f“]Ú‹ÖŽ~. しかし、最新グリル形状にマッチしないライト形状は、デザイナーが苦心した跡があるものの、不細工さは一切変わりません。 それは単にレクサスのグリルデザインが嫌いなだけで、本質は異なります。, グリル形状の角度にマッチしたライトやバンパーを縦に走るスリッドにも違和感は感じられません。 特に売れ筋モデルに搭載されるHIDライトはマイナー前のカッコ悪さを継承したままとなっています。, マイナー前デザインの失敗は、ボディパネルを変えないことには直りません。 特にレクサスあたりは購入出来ないような人の妬みやアンチトヨタの人も多いから標的にされやすい。 ESは良い車だと思いますよ。 自分的にはサイズデカイいし後席余り使わないので予算あっても買いませんが後席の人の乗り心地考慮するなら良いと思う。 【予選結果】MotoGPヨーロッパGP ポールポジションはポル・エスパルガロ。中上貴晶は3番手スタート! 申込は32秒で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。. このisのライトとグリルの相乗効果が、まさにプレデターなのです。, 大きくデザインを変えるケースは、メーカーコンセプトやメーカーデザインのトレンドに沿った変更もあります。 月間1000万のアクセス数! ある一定の拡大が終わってしまうとスピンドルグリルの新鮮味と大胆さが失われていきます。, アウディのように2,3代に渡ってシングルグリルを続けた結果、デザインが陳腐化した例もあります。最新のアウディA4など外観は全く新鮮味が感じられません。ライトも微妙に表情を変えているもののワンパターン化は明白です。, 欧州メーカーの全車種統一のブランドイメージを日本車はマネていると言えますが、既に消えてしまったデザインもあります。そのような流れの中で、2017年型レクサスLSのデザインもスピンドルグリルを継承しています。2013年にスピンドルグリルは、一代で終わるというようなガセネタ報道もありましたが、今後もスピンドルグリルデザインは続くようです。それは、レクサスのブランドイメージとしての定着化を意味していると思います。, 当時の新聞報道では「スピンドルグリルの紡錘デザインに固執すること無く開発を進めている」です。理由としてトヨタ社内から「デザインが制約されて自由度が狭まる」との意見が浮上が発端の様子。それを拡大解釈したブログがガセネタを掲載し、それを見た読者が「それ見たことか」と一斉に拡散された様子。, ネット上で一斉に拡散されると本当のように捉えられてしまうが、発端はガセネタブログが原因。実際は、スピンドルグリルは、初代デザインをベースにより自由度を増してダイナミックに進化している。 最近のトヨタでの失敗作といえば、現行エスティマの初期モデルや今回のレクサスISがそれに該当するでしょうか。, 現行、レクサスISを失敗に挙げる方の多くは、レクサスのスピンドルグリルを挙げる方が多いです。 スピンドルグリルに賛同する方もこの異様なライトデザインとのミスマッチに違和感を感じた方は多いと思います。, 上記の写真は、エントリーグレードで量販グレードとなります。

FRとしてあるべきショートオーバーハングのデザインをスピンドルグリルのFR版として模索していく必要があります。, 2011年から10年が経過し、レクサス・スピンドルグリルは世界的な認知度も高まりました。高年齢層や従来のトヨタ・レクサスユーザーの嫌い・ダサいという意見もありますが、ブランディングは成功したといって良いでしょう。2代目レクサスISのようなデザイン的な破綻も熟成され解消しています。, 現時点のレクサス売れ行きは、まだ欧州車に劣るブランド力そのものであり、グリルデザインが理由ではありません。, レクサスの量販モデルはRX/NX/UXというSUVがメインな状況で、セダンの売れ行き不振が続いています。下記はLF-1(新RXか?)ですが、熟成のグリルデザインとは別にライトデザインの消化不良が目立ちます。これは、2代目前期ISプレデターの大失敗作を見ているようです。デザインは陳腐化しないように飽きられないような斬新さも必要です。しかし、嫌い・ダサいよりも「醜い」と言われないデザインをお願いしたいと思います。, トヨタプリウス(2014年)を一括査定で複数の買取会社に査定したところ、査定結果としての差が22万8千円でした。 この異様なデザインを先代レクサスisオーナーは、どのように感じたのでしょうか。

デザイン側の暴走か、経営陣のマーケティング不足か、FFモデルやクーペモデルなどのロングノーズとは相性の良いスピンドルグリルですが、FRのisやlsでは消化不良のようです。, レクサスGSが生産中止となり、ISのフルチェンジまで延命させるべく、大胆にマイナーチェンジを行いました。バンパーの全長サイズアップ、フロント、サイド、リヤのボディラインまで手が入り、ほとんどフルモデルチェンジに近い修正が入っています。, 過去自動車メーカーの歴史からすれば、例を見ないほどのパネルラインまでの変更は、もうフルモデルチェンジに近い内容でしょうか。最悪だったライト形状も本ページで指摘したように、あるべき姿に変身しています。当然とも言える結果です。もはや醜いisは一掃されました。これでカッコ悪いから売れなかった、当たり前の原因からは脱出できたと思います。, ただし、フロントバンパーの全長延長というFRらしからぬプロポーションは、まだグリルデザインの熟成不足を物語っています。 スタイリングだけ見れば、スピンドルグリルも消化不良の箇所は無く、完成の域とも言える出来です。しかし、マーケティングとして完全なミスを犯しました。 大きなグリル・開口部を持つバンパーデザインは、最近のトヨタの流れです。, しかし、不細工なデザインでユーザーやディーラーからの評価が低いモデルもあります。 それは、上級サルーンとしてもアッパー・サルーンは、フロントオーバーハングを極力短くしている点です。 ガリバー査定は、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。 ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. 切れ長のライトは、グリルに負けないようバランスが取れています。, レクサスGSFでもマイナーチェンジにより、スピンドルグリルを強調するデザインになっているが、ライトやバンパー形状とのバランスが取れています。 レクサスはトヨタの高級ブランドとして、海外の高級車と競うために車を開発しており、トヨタ車とはかなり大きな差別化がなされています。 トヨタに勤めている知人によると、 レクサス車はトヨタ車と比べて生産過程が2000工程も多いそうです 。 レクサスの中古車は軽自動車より安いこともある. ‚¬?uƒGƒ”ƒ@VŒ€ê”ŁF”jvƒeƒXƒg—pƒX[ƒc—§‘̉», 4ˆÊMINI CLUBMAN (ƒNƒ‰ƒuƒ}ƒ“) 2015”Nƒ‚ƒfƒ‹, © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. スピンドルグリルが嫌いな方もいるようですが、ここまで継承していることを考えれば成功といえるでしょう。BMWもそうですが、デビュー当初に個性的なデザインが拒否される傾向は同じです。違和感のあるでデザインも進化していく過程で、カッコ良いと市場が認知される方向で進化していくようです。 日本においても世界でも、デザイン優先で良いというものではありません。 インパクトのあるデザインも必要ではあるが、万人に支持されるかというマーケティングも必要です。, やはり、不人気の顔はボンネットとフェンダーまで手を入れないといけません。 しかし、その真実は「レクサスのisに限定」した不細工なライト形状にあるのです。 一部のアンチスピンドルグリル派が騒ごうとも市場は、このグリルを良いと認めている結果なのです。, 2代目レクサスisというプレデターなデザイン失敗作を経て、スピンドルグリルのデザインの方向性や進化のさせ方も学習し、ライト形状などのデザインにも試行錯誤が見られます。今後も大胆に進化し、スピンドルグリルといえばレクサスというブランドイメージが確立していくことでしょう。, アローヘッドと呼ばれる矢印形状のLEDクリアランスランプ。今までのモデルではライト下部に設置されていたが、CTではライト内に埋め込まれていますが、無難な仕上がりになっています。通常のままだとプレデター目の小さなライトがプレデターにならずに済んでいるところもデザイン的な完成度の高さを物語ります。 車、バイク好きが集まる!

BMWでも過去に意見の分かれた車種もあったが、ここまでの異様さは無かったように思います。, グリル形状やLEDのポジションランプに対して、ライト形状が全くマッチしていません。 プレデター似の目は、四角いライトのLEDで解消しました。 広告Tweet一切なし!, 最新のレース情報や車・バイク好きの感性が上がる動画を毎日配信中です。ぜひフォローして応援してください。, 車ってこんなにもカッコよく生まれ変われるんだぁって実感できちゃうカスタムカーの祭典東京オートサロン2020❗️展示車両イッキ見動画はこちら⤵︎https://t.co/W0t2GYv3NM#東京オートサロン#TAS2020#リバティウォーク#GRヤリス Fセグメントとして、あるべきサイズを死守すべきだったのです。 もともと大柄なボディでisに比べてデザインの自由度が大きいことも破綻しない理由です。, 上記の現行レクサス車種に比べて、レクサスisの不細工さは、ダントツです。 よって「固執すること無く開発」=「発展させる」と解釈できますね。, レクサスのスピンドルグリルは不評だというネット記事を見かけたら、「それは個人的な好みでしょ」と切り捨てましょう。 大胆なグリル形状に比べて、ライトは、さらに小ぶりとなり、プレデターチックなライトとのコンビネーションが協調されています。, 上記の写真は、上級グレードまたは高額なLEDライトオプションであり、一般的な顔つきではないことに注意が必要です。 このマイナー前レクサスisをプレデター顔と命名してみます。 すでにブランド構築としても世界的にも十分な評価を得ていると言えます。, グリルデザインが嫌いだからという理由でレクサスを購入しない方はいないのです。BMWの豚鼻グリルも同様ですね。購入しない方はデザインでなくブランドそのものが嫌いなのです。, 写真は、2017登場のレクサスLSのコンセプトモデル。 â“¹‚Å‚k‚d‚cƒwƒbƒhƒ‰ƒ“ƒv‚ªá¿‚µ‚¢ƒNƒŒƒCƒ€! #AutoSalon pic.twitter.com/p5wEzCaNlH, 新車情報、モータースポーツ、イベント情報など車・バイクで知りたいことがあれば、こちらから検索してみてください。. 【予選結果】スーパーGT第7戦 もてぎ Modulo Nakajima Racing(伊沢拓也/大津弘樹)がポールポジション。GT300は、SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝), スーパーGT 2020 第7戦 もてぎ 無料放送/ネットライブ配信/Jsport放送予定とスーパーGT視聴方法, DTM ホッケンハイム(ドイツ)2020 無料放送/ネットライブ配信/Jsport放送予定とドイツツーリングカー選手権視聴方法, MotoGPヨーロッパGP2020 無料放送/ライブ配信と視聴方法。レース直前に見ておきたい2019年MotoGPヨーロッパGPハイライト動画|日テレG+放送時間, 11月14日 ブランパンGTシリーズ(ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ+エンデュランスカップ), バイクのライディングは、膝擦りの時代から肘擦りになり、今度は肩を擦る時代に突入!バンク角何度やねん!, 電動バイクレース「MotoE」。静かで速いダッシュが特徴のMotoEマシンの走行映像がこちら, タイヤとキャタピラを両方使うことができる軍事車両。最先端のタイヤ技術でできたタイヤの動き凄い(動画), 「掟破りの地元走り」の台詞で有名なインベタのさらにインでオーバーテイクするイニシャルDいろは坂バトルのリアル映像, 車ごと溝に落ちてしまうイニシャルDでも有名なドライビングテクニック溝落としの進化系がこれ, スタートから邪魔する気満々の喧嘩レース「ラリークロス」自動車レースの中でも格闘レースと言われるラリークロスの魅力がわかる動画, WRCで活躍したTOYOTAのセリカ。動画で懐かしむTOYOTAセリカのラリー走行映像, R34好きな人多いんじゃないかな。未だにファンが多い日産R34スカイラインの魅力が伝わる動画, 伝統のインディ500で佐藤琢磨が2度目の優勝!佐藤琢磨が優勝したインディ500のハイライト動画, F1とF2とF3の違いを比較した動画マシンの違いは速さの違いという事がはっきりとわかる動画, 90年代に全盛期を迎えた峠ドリフト祭り。全国の峠に集結して夜な夜なドリフトする走り屋集団の様子を収めた懐かし動画, 海外で人気のアフターファイアパフォーマンス。MAZDA RX-7(FD3S)のマシンガンアフターファイアがヤバすぎる【動画】, 転倒したバイクがバレンティーノ・ロッシに襲いかかる!?ギリギリの所でセーフ。MotoGP驚きの大クラッシュ映像, 安心と信頼のフォロワー8万人以上! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); しかし、最新グリル形状にマッチしないライト形状は、デザイナーが苦心した跡があるものの、不細工さは一切変わりません。, やはり、マイナー前の形状に失敗があり、フェンダーやボンネットを踏襲したためにデザインが破綻しているのでしょう。, 巷に溢れたレクサスをみれば、未だに騒いでいる方は、単なるアンチトヨタ・レクサスな方の意見に過ぎません。. 毎日車・バイク動画を投稿! 愛知トヨタじゃ無くて、アンチトヨタって多いですよね。 ソリオが良いって言う意見にも賛同できますが、あからさまにこの兄弟を酷く言う輩が多いことに驚きました。 車は下駄代わりで、普段の日常使いには最高の車です。 売れ筋の多売モデル(BMW3シリーズやメルセデスCクラス)と競合させるべきモデルのはずであるが、ここまで好みの分かれるデザインで良いのでしょうか。 進化した最新スピンドルグリルが台無しのデザインです。, 嫌い・ダサいという声も聞かれます。これは、アウディの大きなグリルデザインが発端となり、参考にしていることは疑いようがないでしょう。まあ、見慣れてしまえば、どうってことはありません。現行レクサスUX/NX/RXの成功を見れば、グリルデザインとして失敗という方は少ないでしょう。, 巷に溢れたレクサスをみれば、未だに騒いでいる方は、単なるアンチトヨタ・レクサスな方の意見に過ぎません。 もはや、スピンドルグリルよりも圧倒的に大型のグリルを持つトヨタアルファード、ベルファイヤーなどのマスクが市場で受けている状況です。トヨタクラウンなどのキーンルック(トヨタの新デザイン路線)も市場で溢れている状況を見れば、レクサスの売れ行き不振の理由として、スピンドルグリルが影響しているとの説は完全に誤りです。, 一定、スピンドルグリルが嫌いな方がいることは否定しませんが、国内、海外でもレクサス車が受け入れられ、売れている状況を見れば、ダサいという判断は間違いです。そのように記述しているWebサイトは、個人的な好みを書いていると判断して良いでしょう。, 2013年に登場したレクサスGSよりスピンドルグリルがデビューし、グリルの大型化とレクサス全モデルへの拡充が完了しました。, もう、これ以上大きく出来ないところまで来ているのではないでしょうか? トヨタの高級ブランド・レクサスのフロントグリルが嫌い・ダサいという声を多く聞きます。その原因と理由、今後のスピンドルグリルの行方について解説します。, レクサスのスピンドルグリル形状がプレデターに似ているという説もあります。 グリルやバンパー形状が良いだけに非常に残念な結果になっています。 レクサスは新車価格では安い車種でも4,000,000円、高級車になると10,000,000円越えは当たり前の、非常に価格の高い車が集まっているブランドです。(価格の詳細は下記をご参照ください。 写真は2007年時点のLSです。この時点では、スピンドルグリルを採用していませんね。あらためて見ると「L」のエンブレム以外、レクサスを印象付けるインパクトは全くありません。, メルセデスやBMWのように、どこから見てもブランドを認識できるデザインが足りないのです。当然、このあたりは欧州車が先行していたアイデンティティなのですが、レクサスもブランドイメージを統一するコンセプトを欧州車からパクリました。そして、現在ではスピンドルグリルという欧州車に負けない個性とブランドイメージを確立したのです。, 最近では、マツダも日産もメーカーのブランドイメージを印象付ける統一デザインが採用されています。アンチ・レクサスな方が、このスピンドルグリルに対してマイナス評価を下そうとも実際には成功していると言えます。, LSは、4ドアクーペ化し、フロントノーズもスポーツカーのように長いです。