たま〜に、観た作品を酷評することもありますが、ウソは書きたくないので個人的な感想として理解して頂けると嬉しいです。, ネタバレ感想 映画【ALONE アローン】は地雷を踏んでしまった兵士の52時間を描いた物語. クシや下着までレベッカの物使わされたら、そりゃ気も狂うわw, 後半40分くらいから、レベッカの殺人容疑をかけられた夫マキシムの裁判など、レベッカの死に隠された真相が動き始めます。, 小説を読んだときも思ったけど、余命幾ばくもない自分を夫に殺させようとするってどういう心境なんだろうかと。, 夫婦仲が破綻し、浮気に悩まされ続けていたのはマキシムの方でしょ。 漫画「悪女のペット」33話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。 ≫≫前話をご覧になっていない方はこちら ≫≫日本語版のネタバレはこちら 悪女のペット33 … 製作年:2020年 レベッカ〈上〉 (新潮文庫)/新潮社 ¥746 Amazon.co.jp レベッカ〈下〉 (新潮文庫)/新潮社 ¥662 Amazon.co.jp ゆうべ、ま… こんな事になったのはあんたのせいよ!的な復讐心もあったのかなー、知らんけど。, 約120分ある映画ですが、マキシムと女の出会いから、レベッカの死の真相が分かるまでの流れはテンポよく進むので観やすかったかなと思います。, ちなみに、ミセス・ド・ウィンター(主人公)には名前はありません。

ダンヴァース夫人は、レベッカの元使用人で屋敷を取り仕切るおばさんなんだけど、レベッカを幼い頃から見てきた彼女にとって、レベッカは娘同然だったんですね。, それが、レベッカがヨット事故で急死したことで事態は一変。 妻を亡くした男と結婚した女が、豪邸に移り住んだあと、亡き妻レベッカの影に苦しめられていく物語。, ヴァン・ホッパー婦人の使用人としてモンテカルロにあるホテルにやってきた女は、そこで英国屈指の美しさを誇る屋敷マンダレーの持ち主マキシムと出会う。, マキシムは、昨年ヨット事故で妻レベッカを亡くしたばかりだったが、2人はすぐに恋に落ちた。, ヴァン・ホッパー婦人の気まぐれで翌日ニューヨークに発つことが決まった女は、マキシムに別れを告げに行くが、彼女を手放したくないマキシムは、女を妻としてマンダレーへ連れて帰ることを決意する。, 多くの使用人がいる屋敷で、控えめながらやっていこうとする女だったが、前妻レベッカの使用人だったダンヴァース夫人に受け入れてもらえない。, 妻を亡くした男との結婚を決意した女が大豪邸マンダレーに移り住むが、次第に亡くなったはずの前妻レベッカの影に苦しめられていく物語。, 本作は、1938年に発表されたダフネ・デュ・モーリアの小説「レベッカ」を原作とした心理サスペンス映画です。, 1940年には、アルフレッド・ヒッチコック監督作品による同名映画「レベッカ」が公開されました。, 本日公開された「レベッカ」では、監督をベン・ウィートリー、主人公の女性役を映画「シンデレラ」などで知られるリリー・ジェームズ、夫マキシムを「ローン・レンジャー」や「ALONE アローン」などで知られるアーミー・ハマーが演じています。, 映像として見たのは本作が初めてだったんですけど、引き込まれるほどではなかったものの、そこそこ楽しめました。, まず、マキシムを演じたアーミー・ハマーがやっぱりカッコイイですね♥頼りない役でも絵になるわww

Netflix映画「レベッカ」ネタバレ ... スポンサーリンク. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 突然の貴族暮らしで所在無げなマリアンにも、対等に話せそうな相手が出来た。マンダレーの財産管理をしている、フランクだ。独身の中年男だが感じが良く、マキシムにとっても良き友だった。彼らは仕事のため連れ立って出かける事が多く、マリアンは一人屋敷に残されることが多かった。あちこちにレベッカのイニシャルが残る屋敷で、居心地の悪い日々を過ごすマリアン。, 他にも、知り合う者達がいた。マキシムの姉夫妻が、新妻を見にやって来たのだ。南仏で見初められた新妻は軽い女だろうと思われていたが、初々しく清楚なマリアンの様子に、姉も親身に話しかけてやる。マリアンを褒め、励まし、弟や屋敷の人々についての情報を教えてくれる。しかし、レベッカや彼女を崇拝しているダンヴァース夫人についての話を聞き、マリアンは余計に不安を覚えてしまうのだった。, マリアンにとっての幸いは、マキシムとの仲が順調な事だ。それなのに、海辺を二人で散歩中、マリアンは夫を怒らせてしまう。逃げた犬を追い、マキシムが止めるのも聞かずに海岸に立つ小屋へ行った事が原因だった。その小屋は何年も使われてないようだったが、レベッカの私物が散らかっている。さらに、少し様子のおかしい男が住み着いていた。彼は、奥様は海に消えて戻ってこない、と繰り返していた。後日フランクに確認すると、男の名はベン、そしてその小屋は、レベッカが転覆事故を起こしたボートの置き場だった。, マリアンは、夫がまだレベッカを深く愛していると感じていた。美しいレベッカに対抗する為、美容やファッションを気にし始めるマリアン。しかし、マリアンの変化はマキシムを困らせるだけだった。彼は、無垢で飾らないマリアンを愛していたのだ。マキシムは、着飾るよりも女主人としての威厳を身につけるよう窘めた。, ある日、マキシムの留守中に、こっそりとダンヴァース夫人を訪ねて来る男がいた。レベッカの従兄だというこの独身男は、ファヴエルと名乗る。気安くマリアンに接するが、ダンヴァース夫人はファヴエルを早く追い出したがっているし、自分の訪問をマキシムへ伝えるなという。窓から去っていくファヴエルをあっけにとられて見送り、ダンヴァース夫人を問いただそうとマリアンが振り返ると、既に家政婦長の姿は無かった。, マリアンは、狐につままれたような気分でレベッカの部屋へ向かう。ファヴエルと出くわす前に、この部屋の窓が開いているのを見かけたのだ。明るくゴージャスな部屋に驚き、中を見て回るマリアン。いつの間にか、後ろにダンヴァース夫人が立っている。怒られるかと思えば、彼女はマリアンに部屋のしつらえを一つ一つ見せて回った。どれも、前の奥様との想い出がたっぷりだ。豪華な毛皮や繊細なレースの肌着の感触を、うっとりと指先で楽しむダンヴァース夫人。この家政婦長は、レベッカの魂はまだ屋敷に留まっていると信じていた。マリアンは、ダンヴァース夫人の不気味な迫力に恐れをなして、部屋から逃げ出した。, マリアンは、女主人として認められたいと切望していた。ダンヴァース夫人に、居間にあるレベッカの私物を処分するよう命じ、屋敷でマンダレー恒例行事の仮面舞踏会を開くという。自分ひとりの力で成功させようとする若妻にマキシムも根負けし、マリアンは早速自分の仮装衣装のスケッチに取り掛かるのだった。張り切るマリアンに、意外にもダンヴァース夫人が助言をする。祖先の肖像画から衣装を選んだらどうか。中でも、キャロライン嬢の肖像画は旦那様のお気に入りだ。マリアンは一目で気に入り、採用した。当日までマキシムには秘密にして、驚かせよう。, 舞踏会当日、会場のセッティングは順調に進んでいた。徐々に客も集まり、マリアンは満を持して衣装を夫に披露する。しかし、その衣装は、一年前にレベッカが身に纏った物と同じ衣装だった。言葉を失うマキシムや姉達。マキシムは怒って妻を怒鳴り付け、マリアンは部屋へこもって泣く羽目になってしまう。彼女を陥れたダンヴァース夫人は、同じ衣装を着てもレベッカには敵わない、と追い打ちをかけた。さらに、傷ついたマリアンを窓から飛び降りさせようとけしかけるが、突然の難破事故の知らせで我に返るマリアン。, 港は、転覆した船を救う人や野次馬で大騒ぎだった。さらに、その船の下から朽ちたボートが見つかり、そこに女性の死体があったというのだ。発見された死体は、レベッカその人だった。, ボート小屋で、マリアンは夫からレベッカの死の真相を聞く。美しく誰からも称賛されるレベッカは、実は優しさも愛情も持ち合わせていない利己的な人間だった。家柄を重んじ離婚が出来ないマキシムを利用し、完璧な妻を演じる裏で好き勝手に男達と遊びまわっていたのだ。フランクも誘惑された一人で、従兄のファヴエルとの間には子まで身ごもったという。ド・ウィンター家の跡取りとして産み育てる気のレベッカにマキシムは手をあげるが、その直後、転倒した彼女は頭を打ち死んでしまう。死体をボートと共に沈めた後、全く見も知らない女の死体が妻として見つかり、マキシム自身も検死でレベッカだと認めてしまったのだ。, マキシムがレベッカを愛していたのではないと知り、マリアンは生涯夫の側で彼を愛すと心に決める。妻やフランクにも支えられ、マキシムもこの騒ぎを乗り切ろうと決意した。幸い、州警察のジュリアン大佐はマキシムに好意的な男だ。一年前の検死では、気が動転していて間違えてしまったという言い訳を信用してくれた。レベッカの死の真相は、事故か自殺だろう。, しかし、体裁上行われた取り調べで、マキシムに不利な証言が出てしまった。見つかったボートを調べた船大工が、底に人工的な穴が開いていた事や水抜き栓が閉められていた事に気づいたのだ。これにつけこんだのが、ファヴエルだった。彼は、レベッカが死んだとされる日に書いた手紙を持っていた。自殺する人間が書いたものには思えない。彼の狙いは、金だった。ファヴエルはマキシムを脅し、仲裁に入ったジュリアン大佐とフランクと共に、レベッカが隠れて通っていたロンドンの医者を訪ねる事となる。, ロンドンの病院に残されたカルテの名は、ダンヴァースとなっていた。これは全て、自分の子を妊娠したからだとファヴエルは信じていた。しかし、医師にはレベッカが自殺をする動機があったと断言する。レベッカは、妊娠などしていなかったのだ。彼女の本当の通院理由は、ガンだった。さらに、ガンと告知を受けた日、レベッカは気になる事を言っていたらしい。自分は余命いっぱい生きない、もっと早く死ぬだろうと。彼女は、自らの病を知り、夫の手で自分を殺させようとしていたのだ。, ジュリアン大佐は、レベッカの死を自殺と判断した。そして、ファヴエルには脅迫が罪になると強く警告する。晴れて殺人容疑から解放されたマキシムは急いでマンダレーに戻るが、屋敷に近づくと、深夜にもかかわらず空が妙に明るい事に気が付いた。屋敷が、猛烈な炎を巻き上げ、燃えていた。, レベッカの死の真相をファヴエルから電話で聞いたダンヴァース夫人が、屋敷に火をつけたのだ。レベッカは、ダンヴァース夫人にもガンの事を知らせていなかった。夫人は、レベッカと過ごしたマンダレーの屋敷で、マキシムとマリアンのハッピーエンドを見るのが許せなかった。何とか屋敷から逃げ出したマリアンは夫と再会し、燃え盛る屋敷を見つめる。天井の崩れ落ちるレベッカの部屋では、恍惚としたダンヴァース夫人が崩れ落ちる屋敷にのみ込まれていくのだった。, 庶民の主人公マリアンが、貴族でハンサムなマキシムと出会い恋に落ちていく。短い時間ではあったが二人の距離は縮まり、別れを告げに行ったマリアンにマキシムがプロポーズの後に結婚をし、二人はマキシムの屋敷、マンダレーへと向かう。前半はおとぎ話のような展開で、これで物語が終わりそうだが、ここからが悪夢の始まり。 映画のあらすじ解説の総合メディア。現在、8000作品以上を掲載中。ネタバレを含めてストーリーを結末までわかりやすく簡単に解説。公開予定や上映中の最新映画の感想・評判・口コミも紹介しています。, 2017/4/29 1940年にアメリカで制作されたサイコスリラー映画『レベッカ』。サスペンス映画の神様とも称されるアルフレッド・ヒッチコック監督の渡米第一作で、出演はヒッチコック映画には欠かせないジョーン・フォンテインほか。アカデミー賞最優秀作品賞および撮影賞受賞作品です。 ダフネ デュ・モーリア『レベッカ』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約47件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 妻役を演じたリリー・ジェームズのおてんば娘っぽい雰囲気も可愛らしかったです。, 意地悪なヴァン・ホッパー夫人に虐げられていた若い使用人が、金持ちに見初められ見事豪邸の女主人となる一見シンデレラストーリーのような話なんですけど、そんな良い物ではないんですね。, 映画の主要登場人物は、4人。 原作:ダフニ・デュ・モーリエ, 1940年製作のアルフレッド・ヒッチコック監督による「レベッカ」は、第13回アカデミー作品賞受賞し、1950年に日本で劇場公開されている。, ヴァン・ホッパー夫人の付き人としてモンテカルロのホテルにやってきた「わたし」が、そこでイギリスの大金持ちであるマキシムと出会う。, ホッパー夫人の目を盗んでデートを重ねていたふたりの関係は、やがて夫人の知るところとなり、結婚すると宣言してふたりはマキシムの屋敷マンダレーへと向かう。, 使用人を使ったことがない「わたし」は、屋敷でも戸惑うことばかり。そんな様子を冷ややかな目で見ていたのが、マキシムの前妻レベッカの幼少期からお世話をしていた使用人デンヴァース夫人。, 広大な屋敷の中には、未だにレベッカの影が色濃く残っていて「わたし」はその影におびえ、何かが隠されている気配を感じるもののマキシムは頑なにその秘密を明かそうとしない。, when I read one book pic.twitter.com/7HXPL3cXZI, — NetflixFilm (@NetflixFilm) October 21, 2020, 富豪の紳士マキシムを演じるのは、「コードネーム U.N.C.L.E.」「ビリーブ未来への大逆転」など多数の作品に出演している正統派イケメン俳優アーミー・ハマー。, 今作では日本ならお笑い芸人しか着ないだろうな、と思われる鮮やかなからし色のスーツをビシッと着こなしていました。194.3cmという高身長ですから、何を着ても様になる。, 例えセリフがなかったとしても、画面に映し出されるだけで見る価値があると思っちゃうのはきっと私だけじゃないはず。. 1938年に発表されたイギリス人作家ダフニ・デュ・モーリエの小説「レベッカ」。1940年、アルフレッド・ヒッチコック監督によって映画化されていますが、今回Netflixによってリメイクされた作品です。, 主役のリリー・ジェームズが、前半のおどおどしたかわいらしい女性から、次第に意思を持って行動する女性へと変わっていく様子を見事に演じていました。, それだけでも観る価値のある作品!と私は思いますけどね。宮殿のような見事なお屋敷やクラッシックカーも見どころです。, それでは感想を綴ってみたいと思いますが、感想にはネタバレも含まれますことをご了承くださいませね。, 原題:Rebecca キャスト:リリー・ジェームズ、アーミー・ハマー 時は1970年代。たった50年前の話し。違う?50年前って大昔かしら?その頃はアメリカも人種差別だけでなく、女性と男性を差別している、という認識すらなく、性差別が当たり前だった時代。絶対に勝てないと言われていた裁判に臨み、ルース・ギンズバーグが勝利を読み解く。... 子どもの頃からファッションが大好きだったので、中世ヨーロッパを舞台にした映画は、作品そのものより衣装や調度品が楽しみだったりします。ということから、中世ヨーロッパの服装が楽しめる映画を6作選んでみました。... アラフィフの美容と健康、ダイエットについて、私(みかねー)が体験したことを別ブログに綴っています。よかったら見てね。. 監督:アルフレッド・ヒッチコック 製作:デビッド・O・セルズニック 出演:ローレンス・オリヴィエ(マクシム・ド・ウィンター)、ジョーン・フォンテイン(マリアン)、ジョージ・サンダース(ジャック・ファヴェル)、ジュディス・アンダーソン(ダンヴァース夫人)、ほか, ここからは映画「レベッカ」のネタバレを含んでいます。あらすじの結末まで解説していますのでご注意ください。, お金持ちのイーディス・ヴァン・ホッパー夫人の付き添いで、モンテカルロまで同行した「私」は、同じホテルに滞在していたマックス・デ・ウィンターと知り合い、あっという間に恋に落ち、彼をマキシムと呼ぶことになった。, マックス・デ・ウィンターのプロポーズを受け、ホッパー夫人をやめ、デ・ウィンター夫人としてマンダレーに行く事になった。マンダレーはお城のような大邸宅で、使用人大勢を使っていた。家政婦長のダンヴァース夫人はマキシムの前妻レベッカが嫁いだ時に今の職につき、彼女の身の回りの世話と屋敷の管理をしていた。, 朝食後、私は使用人フリスにモーニングルームの場所を教わった。前妻レベッカは手紙や電話のやり取りをしていたそうだが、彼女の私物と西塔の部屋は生前のままにしてあった。姉のビアトリスと夫ジャイルズのレイシー夫妻、マキシムの財産管理をしているフランク・クローリーと会い、交流するようになった。, その後ジャック・ファヴェルというレベッカと親交があったと言う従兄と顔を合わせたが、マキシムには今日会った事を秘密にしてほしいと言われた。, マンダレーの女主人として一日でも早く認めてもらいたい私は、仮装舞踏会を開いて沢山のお客を招待する事にした。私は皆を驚かせるつもりで、自分の仮装について内緒にしていたが、喜ぶはずのマキシムはショックを受けて怒り、別の服に着替えるように言った。, その衣装はレベッカが以前舞踏会で着た服で、ダンヴァース夫人の提案だったのだ。私は階段を上がり、ダンヴァース夫人が屋敷の西塔にあるレベッカの部屋に入るのを見かけ、後を追いかけて話をしようとした。, ダンヴァース夫人が私にレベッカへの敗北を認め、窓から海に身投げをするように説得しようとした時、急に大きな爆発音がした。難破船が緊急の信号弾を上げている音だった。私は我に返り、マキシムを探し回った。彼はコテージにいたが、私に自分の驚くべき秘密を話した。, それは、レベッカとの愛のない結婚生活と彼女の死の真相だった。彼女は、マキシムの仕事の右腕のフランクを誘惑しようとするが失敗し、従兄のジャックを始め他の男の友人達と密通していた。マキシムは耐えかねて彼女の密会場所のコテージに行って話をつけようとしたが、彼女は笑みを浮かべながら妊娠を告げ、彼を挑発した。, マキシムが気がついた時にはレベッカは床に倒れていた。彼がかっとなって彼女を殴った時、倒れて船の重い滑車に頭をぶつけた。マキシムはレベッカの死体をヨットに運んだが、それがずっと船の底に沈んでいたらしい。以前打ち上げられた死体は彼女のものだと思われて埋葬されたのだが、別人のものだった。, 話し終えた時、州警察の本部長ジュリアン大佐からの電話があり、警察からの要請で遺体安置所へ行った。遺体安置所で、遺体確認当事は体調不良が原因で、間違いをしたと言った。翌日、検視審問を受ける事になったが、事件の真相の告白前より私の愛情は深まり、彼の気持ちも確認する事が出来た。, 検視審問当日は、私も一緒について行った。ヨットの底に穴が開けてあったので、疑惑を持たれたらしい。レベッカが生前自殺する為に開けた穴という結論になったが、従兄のファヴェルがこれに疑問を唱え、マキシムによる彼女の殺人だと言い出した。, オールドキャロルインという酒場の個室に、マキシム、フランク、ファヴェル、ジュリアン大佐が勢揃いする。ファヴェルがダンヴァース夫人を呼び出して生前のレベッカの話を聞いたが、彼女はロンドンの病院に密かに通っていた事が分かった。, ダンヴァース夫人を除いて全員で、レベッカの主治医ベーカーに話しを聞く事にする。ロンドンの診療所ではベーカーからレベッカは妊娠はしておらず癌に侵されており、余命いくばくもなかったという事実を告げられた。この話は彼女が自殺する動機として十分だった。, マキシムの疑いが晴れ、フランクと彼はマンダレーに戻る事にした。二人が車で近づいていくにつれ、空が真っ赤に燃えているのが見えた。心配したマキシムと私は再会し、お互いに無事で会えた事を喜んだ。, マキシムの留守中、ダンヴァース夫人の気が狂い、マンダレーで私とマキシムの幸せな姿を見るのが耐えられないと言い、屋敷に火をつけたのだ。私やマキシム、大勢の使用人達の見守る中、マンダレーは手がつけられない程になっていた。, ふと屋敷の西塔のレベッカの部屋を見ると、ダンヴァース夫人がいるのが見えた。彼女は亡きレベッカの影を慕い、マンダレーと共に灰になる道を選んだのだ。, 映画ネタバレあらすじ一覧  |  お問い合わせ  |  利用規約©2020 映画ウォッチ. Now go enjoy the film! 映画「レベッカ」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。, レベッカの紹介:1940年アメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督がダフネ・デュ・モーリアの小説を映像化した、訪米後初の作品。この作品で、アカデミー賞を受賞した。モノクロ映画にした事で、登場人物の個性が引き立てられている。若い女性(ジョーン・フォンテイン)の一人称で語られていく映画です。 ダフネ・デュ・モーリア『レベッカ (下)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約275件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 大好きな洋画や海外ドラマで現実逃避。妄想ワールドにワープして、スパイやセレブなセクシーマダム、FBIエージェントにだってなれちゃうからね。, アクション・サスペンスが大好物、苦手なのはラブストーリー。楽しく感想を綴っていきたいと思います。, 映画「ビリーブ未来への大逆転」あらすじ&ネタバレ感想/先人が今の時代を作ってくれている.

小説では、確か「わたし」とされていたと思いますが、感想を書くにあたりゴチャゴチャしそうだったから女と書かせてもらいました。, 女って書くと、「今度は女性差別なんですか?」とか訳分からんメールが来そうでイヤなんですけど、そういうつもりではないので悪しからず。, 映画と海外ドラマが大好きで、1日1本ペースで観ています。 サスペンス映画, レベッカ(1940)の概要:サスペンス映画の巨匠・ヒッチコック監督のアメリカデビュー作。ジュディス・アンダーソンが不気味な家政婦長を怪演。貴族の後妻として迎えられた無垢な若妻が、屋敷に残る完璧な前妻レベッカの気配に追い詰められていく。, ※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。, 庶民の女性マリアンは、金持ちのホッパー夫人の付き人として南仏モンテカルロに滞在していた。そこで出会ったのが、同じホテルに滞在する英国貴族のマキシム・ド・ウィンターだ。一年前に妻を亡くしたマキシムはまだ若い美丈夫で、図々しいホッパー夫人は彼と近づきたがる。しかし、彼の興味をそそったのは口やかましい中年のホッパー夫人ではなく、若く控えめなマリアンだった。二人の仲は次第に縮まり、ホッパー夫人が風邪で寝込んでいる間にドライブへ出かける程になる。, マキシムがマリアンに惹かれている事をはっきり伝えた頃、ホッパー夫人に帰国の急用が出来た。娘の婚約だ。マキシムに別れを告げる間もなく、ホテルを発たなければならなくなったマリアン。思わずホッパー夫人に嘘をつき、マキシムの部屋まで押しかける。, 別れを前に、マキシムは決断した。マリアンにプロポーズし、共にマンダレーの屋敷へ帰ろうと誘う。あまりに階級の違う相手に、マリアンは躊躇する。しかし、マキシムの魅力と自らへの想いに動かされ、マリアンはド・ウィンター夫人としてマンダレーに君臨する決意を固めた。. ダフネ・デュ・モーリア『レベッカ (下)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約275件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 地雷を踏んでしまった海兵隊が救助されるまでの52時間を描いた... ネタバレ感想 Netflix【レベッカ】はダフネ・デュ・モーリアの同名小説が原作の映画!, ネタバレ感想【マダム・イン・ニューヨーク】は英語学習者なら100%共感できる映画!, ネタバレ感想【スノー・ロワイヤル】は父親の復讐劇なのにギャグ満載で笑えて超おすすめ!, ネタバレ感想【マスターズ・オブ・ホラー】はアメリカ版世にも奇妙な物語みたいなオムニバス映画, ネタバレ感想【MOTHER/マザー】は実話ベースに製作された衝撃作で長澤まさみの演技が圧巻!. 2020/7/2 私、レベッカは心がほとんどない人だと思っていたのですが、死ぬ前の発言を読んで、少なくとも彼女は夫のことを愛していたのだと確信しました。(ただし、彼女がそれを自覚していたかは別です)それがこの小説中最大の衝撃でした。



Guess who’s back…. Netflix映画「レベッカ」の配信が、10月21日からスタート。本作は、ダフネ・デュ・モーリアが1938年に発表した同名小説が原作となっています。あらすじやネタバレ、感想など。 漫画「悪女のペット」33話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。 ≫≫前話をご覧になっていない方はこちら ≫≫日本語版のネタバレはこちら 悪女のペット33 … レベッカ(1940)の概要:サスペンス映画の巨匠・ヒッチコック監督のアメリカデビュー作。ジュディス・アンダーソンが不気味な家政婦長を怪演。貴族の後妻として迎えられた無垢な若妻が、屋敷に残る完璧な前妻レベッカの気配に追い詰められていく。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 英語の勉強も兼ねて、映画やドラマは完全字幕派(*^^*) マンダレーで待っていたのは、広大な敷地に豪勢な城、そして大勢の使用人達だった。戸惑うマリアン。執事は親切に彼女をサポートするが、家政婦長のダンヴァース夫人は明らかに新しい女主人を嫌っていた。冷たい態度で彼女をバカにし、何かにつけて前妻のレベッカと比較する。マリアンの部屋は古い客室を改装したもので、一番眺めの良い西側の部屋は、未だにレベッカが使っていた頃のまま保たれていた。 マキシムが新妻に、実際のレベッカと彼女を殴って死なせてしまった経由を告白するくだり。マキシムが延々と話していますが、あそこの状況は再現ドラマが適切でしょう。時間の関係と予算の関係、何より、プロデューサーの意向でしょう。もっとヒッチコックの思い通りにできてたら、内容ある再現ドラマを挿入できたと思います。, 映画『レベッカ(1940)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには, 映画『レベッカ(1940)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。, 「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし), 「俺たちは天使じゃない(1989)」あらすじネタバレ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?, 「おんなのこきらい」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?. マンダレーには、マキシムの前妻レベッカの名残がいたるところに感じられる。死後そのまま残された彼女の部屋、屋敷のあらゆるものに刺繍されているレベッカの名前、そしてレベッカを崇拝する使用人。名前しか出てこないのにタイトルロールであり、作中で一番印象強い人物である。

アルフレッドヒッチコック監督のレベッカをご覧になったことはありますか? その原作者が描いたもう一人のレベッカを紹介します。 レイチェル My Cousin Rachel ダフネ・デュ・モーリア 「ここには何が書いてありますか?」と或る絵を掲げ、二人に問うてみる。

https://t.co/j4rOBC1wvo, 最後は『レベッカ』を”第一級のミステリー映画”とする感想・評価です。トリックよりもじわじわと迫って来るサスペンスに忘れられない味わいが残ったそうです。, ここまで「映画レベッカのあらすじ・結末と感想をネタバレ!ヒッチコックのアメリカデビュー作品」と題して、映画史上に残る不朽の名作の見どころについて紹介してきました。感想や評価の項にもあるように、本作は単なるサスペンス映画に止まらない奥深さをもつ作品に仕上がっていると言われています。皆さんもこの記事を機にDVDなどで鑑賞してみてはいかがでしょうか。, 映画レベッカのあらすじ・結末と感想をネタバレ!ヒッチコックのアメリカデビュー作品のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 『裏窓』は1954年ウィリアム・アイリッシュによる小説を原作としたアルフレッド・ヒッチコック監督の手によりに映画化された作品です。『裏窓』はアメリカ・ニューヨークのとあるアパートを舞台にしたサスペンスストーリーです。公開当時この映画を観た人たちはこれまでにないサスペンスの恐怖に心が陥りました。そんな映画『裏窓』のあらす, ルパン三世のレベッカとは、モンキーパンチが原作を手掛けた「ルパン三世」のTV第4シリーズにて登場します。2015年から放送が開始され、不二子に次ぐ人気さを誇っているレベッカ。ルパン三世のテレビシリーズの放送がpart4の前作となる「ルパン三世.