To lie and faint within you silken bosom, That lean to kiss you as you float between, Would God I were the tender apple blossom While sun and shade your robe of lawn will dapple, 戦争に赴く息子を思う親の気持ちを切なく歌い上げるアイルランドの名曲「ダニーボーイ」。その切ないメロディーは、アイルランド国民のみならず世界中の人々の心を魅了して止みません。, ミュージカル映画「ホワイトクリスマス」や数々のクリスマスソングでも有名なアメリカの歌手・俳優ビング・クロスビー(Bing Crosby/1903-1977)を始め、数々の有名アーティスト達も好んでダニーボーイを自分のレパートリーの一つとしているようです。, ソングブック「ダニーボーイ」のページでもコメントしてますが、この曲が父親の心境を歌ったものなのか、それとも母親の心境が表現されているのか、歌詞を見ただけでは「絶対に母親だ」と断言することはできません。, ただ、日本人の伝統的な父親像・母親像に当てはめてイメージすると、なんとなく「母親」の歌としておいた方が、逆の場合よりも断然感情移入しやすくなるように感じます。, ちなみに、海外のサイトでは「父親」の歌だとのコメントが数多く見られ、むしろ多数派を占めているように見えます。, なお、「戦いのために息子が出て行く」という点は、歌詞の最初の方でバグパイプhの音が谷に鳴り渡るという描写があり、昔アイルランドやスコットランドでは戦いの召集ラッパとしてバグバイプを用いていたという言い伝えがあることから考えれば、この点に異論はないと考えます。, この心を打つ名曲「ダニーボーイ」は、アイルランドに古くから伝わる民謡「ロンドンデリーの歌」に、あるイギリスの法律家が作詞した歌詞を当てはめたもののようです。, ドナドナ研究室No.010では、この「ダニーボーイ」、そして「ロンドンデリーの歌」について、少し深く掘り下げてみたいと思います。, いかにして「ロンドンデリーの歌」が彼の耳に届くことになったのか?本当に元のメロディーが「ロンドンデリーの歌」だと言えるのか?等、諸説飛び交う謎の多い曲ですが、一般的で有力と思われる説に基づいてそのルーツをおおまかにご紹介したいと思います。それではドナドナ研究室No.010「ダニーボーイ」、スタートです。.

(ウェブ上には掲載しません), 今回の曲で通算162曲目の投稿曲となりました。本日現在、ブログへのアクセス回数累計が193,834回、YouTubeでの全曲の視聴回数合計が521,591回となりました。ブログのアクセス回数記録を見ると、5月21日に727回という数字がありました。今まで多い時で450回くらいだったので、際立って多い数字です。特に一人にたくさん見て頂いたのか、あるいは数人の人の記録なのかは不明ですが、1日でブログのあちらこちらを見て頂いたようで、有難うございました。, この曲はアイルランド民謡としてよく知られている曲ですが、「ダニーボーイ」という題名でも広く知られています。多くの場合、「ダニーボーイ」はポピュラー系やジャズ系の歌手によって歌われています。, https://www.youtube.com/watch?v=gxmup_o_A0Y, https://www.youtube.com/watch?v=EIJQM_V1a-I&feature=youtu.be. 庭の小道に咲くヒナギクとなって Nay, since you will not love, would I were growing, 次の英文の読み方をカタカナで教えて貰えますか? ロンドンデリーの唄という曲の歌詞なんですが、英語が読めません。 よろしくお願いします。 Oh, Danny Boy, the pipes, the pipes are calling, From glen to glen and down the mountain side. That so your silver foot might press me going, Might press me going even unto death. For you to pluck me, gliding by so cold, That floats and falls from off the twisted bough, The summer's gone and all the roses fallin'. ダニーボーイは「母親」の歌?「父親」の歌? よく見かけるのは、出兵する子供を想う「母親」の気持ちを歌う歌であるとのコメント。これに対して、海外のサイトをいくつか見ると、「父親」の心境を歌ったものであるという説もあるようだ。 2. « 「野村 勤と仲間たち」 | トップページ ロンドンデリーの歌; 盲目のフィドル弾き伝説; 彼女の創作疑惑; 見当たらない彼女のメロディ ; 青年の夢; 100曲以上の歌詞; 関連ページ 「ダニーボーイ」 歌詞と試聴 「ロンドンデリーの歌」 歌詞と試聴; ドナドナ研究室 名曲の謎・ルーツを探る 1. 『ロンドンデリーの歌(デリー地方の歌)』は、伝統的なアイルランド民謡。そのメロディーの美しさから、これまで100曲以上の異なる歌詞がつけられており、中でも『Danny Boy(ダニーボーイ)』が有名。, 『Londonderry Air』のメロディーにつけられた数多くの歌詞の中では、Katherine Tynan Hinksonによる「Irish Love Song」が世界的に広く知られている。, 「Would God I were the tender apple blossom(私がリンゴの花だったら)」というタイトルで呼ばれることも多い。. 木漏れ日の中でローブが揺れる 「ダニーボーイ」そして「ロンドンデリーの歌」のルーツに迫る! この心を打つ名曲「ダニーボーイ」は、アイルランドに古くから伝わる民謡「ロンドンデリーの歌」に、あるイギリスの法律家が作詞した歌詞を当てはめたもののようです。 『ロンドンデリーの歌(デリー地方の歌)』は、伝統的なアイルランド民謡。そのメロディーの美しさから、これまで100曲以上の異なる歌詞がつけられており、中でも『Danny Boy(ダニーボーイ)』が有名。 写真:ロンドンデリーの街並み Or would I were a little burnish'd apple | ウグイスのちょっと変わった鳴き声 », 英語表記:Londonderry Air_Irish Folk Song今回はアイルランド民謡の「ロンドンデリーの歌」です。いつものようにフルート譜の画像を載せておきます。また伴奏音楽とサンプル演奏をYouTubeに投稿しましたので、それらのURLを書いておきます。伴奏音楽:https://www.youtube.com/watch?v=gxmup_o_A0Yサンプル演奏:https://www.youtube.com/watch?v=EIJQM_V1a-I&feature=youtu.be今回の曲で通算162曲目の投稿曲となりました。本日現在、ブログへのアクセス回数累計が193,834回、YouTubeでの全曲の視聴回数合計が521,591回となりました。ブログのアクセス回数記録を見ると、5月21日に727回という数字がありました。今まで多い時で450回くらいだったので、際立って多い数字です。特に一人にたくさん見て頂いたのか、あるいは数人の人の記録なのかは不明ですが、1日でブログのあちらこちらを見て頂いたようで、有難うございました。, この曲はアイルランド民謡としてよく知られている曲ですが、「ダニーボーイ」という題名でも広く知られています。多くの場合、「ダニーボーイ」はポピュラー系やジャズ系の歌手によって歌われています。アイルランド民謡の「ロンドンデリーの歌」としては、イギリス領北アイルランドで、国歌並みの扱いになっているそうです。日本でも、両方の曲名で、広く歌われて親しまれている曲です。今回いくつかの楽譜を探したのですが、ピアノ伴奏で自分の気に入ったものが見つからず、2声部の合唱用楽譜から自分でピアノ伴奏を作りました。フルートの譜面は難しくなく、初心者の人でも、それほど苦労しないで吹けると思います。インターネット情報では、この曲は様々な歌詞で歌われてきているそうですが、その中では「ダニーボーイ」の歌詞が最も広く歌われています。そのダニーボーイの歌詞では、戦地に出て行った息子を思う親の気持ちが描かれています。サンプル演奏の背景は、すべて自分で撮影した写真で、我が家の庭で咲いた花を写したものです。, メールアドレス: