日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m, ブログを読んでいただきありがとうございます。本ブログ著者の榎本晋作です。 Griffin, Jeff, "The Damned", BBC.co.uk. ・1900年代ごろ 「アナーキー・イン・ザ・UK」「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」などピストルズの多くの曲を作曲した, http://www.allmusic.com/style/new-wave-ma0000002750, スクール オブ ミュージック 名盤でマスターする よくわかる音楽ジャンルの基礎講座 Vol.2 ~パンク編~, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=パンク・ロック&oldid=80386882. イギリスではパンツではなく「Trousers(トラウザーズ)」です。, 僕個人の感想としては、   ↓1900年~1909年の衣装を紹介。, ・1910年代ごろ (当ブログに掲載している内容は100%正しいとは限りません。あくまでも個人の趣味で公開しておりますことを、ご留意願います。), 当サイトの参考書籍等の紹介は、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、A8.netを利用しております。. ただし、反社会的および法律違反サイト様からのリンクはご遠慮願います。, 当サイトの記事はすべて無断転載禁止です。引用する場合は当サイトへのリンクを貼ってください。⇒さらに詳細, 写真やイラストに関しては、引用元のサイト様へのリンクをお願いします。 イギリスファッションの歴史を語る上で欠かせないのが「スウィンギング・ロンドン」です。 こちらではイギリスファッションの一時代を築いたスウィンギング・ロンドンについてご紹介致します。 英国・ロンドンでは労働者階級の若者達を中心に スィングロンドン と呼ばれる、ファッション、音楽などを中心にしたカルチャー革命が起きていました。 「一日あっても回りきれない!」というくらいはまってしまう方もいるそうです。, 今回紹介した以外にも、ZARAやCOSなどのような人気店 ↑上が20年代前半、下が20年代末。スカート丈がかなり短くなりました。, ※スーツの歴史【背広・紳士服・ジェントルマン・イギリス】も参考にしてください。さらに詳しく紹介しています。, ・管理人運営サイト一覧 どこの駅にでもある普通のお店という感じで遭遇します。, 値段は、左側の白い方で、 「Primark」「Marks and Spencer」「H&M」「UNIQLO」「Topshop」の5店舗です!, まずは、PRIMARK !! ファッション、絵画などの芸術にまでその波は広がり、髪を逆立たせ、服を破いたスタイルのロンドン・パンク・ファッションは世界中で知られた。だがパンク・ファッションはパリ・コレに登場するなどして、鋭さを失っていった。 ・日本と世界の古写真 トッテナムコートロード(Tothenham cort road)の駅を地上に出てから、 地元民(ロンドナー)や観光客が訪れる   ファッション(ドレス)と流行その1*その2*その3*その4 ※スーツの歴史【背広・紳士服・ジェントルマン・イギリス】も参考にしてください。さらに詳しく紹介しています。 トッテナムコートロードの駅の近くには 1920年 1.日本とイギリスのファッションの違い; 2.ファストファッション ファッションウィークは年2回、世界に4か所あるファッションの都(ミラノ、パリ、ニューヨーク、ロンドン)で行われます。 次のシーズン向けの新デザインを発表する場として、バイヤーや報道機関が集まって開催されます。 ・The Inspiration Gallery Web素材 (もちろん、TIGERは日本と違い、列ばずに入れます!), 日本では、「海外の有名なブランド」と呼ばれる物も、 シチュエーショニストスタイルの過激な反体制的政治メッセージを歌うザ・デヴィアンツとピンク・フェアリーズ、攻撃的なライブパフォーマンスのMC5、ザ・ストゥージズ(ドアーズに影響を受けている)、スーサイド、奇抜なファッションと過激なパフォーマンスのニューヨーク・ドールズが代表的なプロト・パンクと考えられている。, ニューヨーク・パンクは、1960年代後半にアメリカのアンダーグラウンドで人気を得ていたMC5、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ザ・ストゥージズ、70年代前半のニューヨーク・ドールズなどに影響を受けて生まれた。, 70年代後半にはパティ・スミス、テレヴィジョン、ラモーンズ、トーキング・ヘッズらが、マキシズ・カンサス・シティやCBGBなどのライブハウスを拠点に演奏するようになった[4]。これらのライブ・ハウスを拠点に活動していたバンドやソロは他に、リチャード・ヘル(スパイクヘア、破れたシャツに安全ピンのファッションはマルコム・マクラーレンのパンク・ファッションに影響を与えた)、ジョニー・サンダース、ディクテイターズ、ミンク・デヴィル、ウェイン・カウンティ、デッド・ボーイズ、スーサイドらがいた。パンクから派生したディーヴォ、トーキング・ヘッズなどのニュー・ウェイヴ・バンドは、チャートでもそれなりの成功を収めた。, ロンドン・パンクはニューヨーク・パンクにわずかに遅れて、76年ごろから始まった。ロンドン・パンクの特徴としては、初期のロックンロールが持っていた攻撃性と反社会性、スリーコード中心の曲調が挙げられる。また、少し前に流行っていたパブロックといわれる音楽も、ロンドン・パンクに大きな影響を与えた。安全ピン、ワッペン、破れた細いジーンズや古着のTシャツ、革ジャンなどのファッションも若者の間で流行した。初期に人気があったのはセックス・ピストルズ、クラッシュ、ダムドらだが、ピストルズのアメリカ進出は成功せず、アメリカのチャートで成功を収めたのは、ザ・クラッシュだった。, 1976年末、ダムドがデビューした。ロンドン・パンクのバンドでは、最初にシングル「ニュー・ローズ」をリリースした[5]。彼らはほかのパンク・バンドに比べて政治色が薄く、圧倒的なスピードの演奏が特徴で、アルバム『地獄に堕ちた野郎ども』も発表した。, セックス・ピストルズは、ロンドンで「SEX」という名前のブティックを経営していたマルコム・マクラレン[6]彼は店にたむろしていた若者たちが作ったアマチュア・バンドを、1975年にライブデビューさせた。破れたシャツ、安全ピン、逆立てた髪という奇抜なファッションは、マルコムの助言によるものだと言われている。メンバーのグレン・マトロック[7]らが制作した曲の数々は、アナーキズムを煽動したり、エリザベス女王をからかった。これは保守的なイギリスのタブーを犯しており、そのことがマスコミの餌食となって一大スキャンダルとなった。ライブでは客に唾を吐きかけ、テレビに出演すれば必ず司会者とトラブルを起こすと言われ、イギリスでパンク・ロックが知られるきっかけとなっていった。なお、ジョニー・ロットンはイギリス右翼に襲撃され、重傷を負ったこともある[8]。, ザ・クラッシュは1976年にロンドンで結成され、翌1977年『白い暴動』でデビュー。2作目のアルバムはパンクだったが、パンクと通じる階級的な位置づけをもつレゲエへの接近を試みた、1979年のアルバム『ロンドン・コーリング』を発表、次第にロック・スターへと成長していく。シングル「ロック・ザ・カスバ」のヒットによってアメリカ進出に成功し、スタジアム規模のライブツアーを何度か行った。, 他に、ザ・ジャムがネオ・モッズ・ムーブメントを巻き起こし、UKチャートでNo.1ヒットを4曲も出すなど、1982年に解散するまで人気バンドとなった[9]。ストラングラーズは、短いギターソロ、攻撃的な歌詞と音楽を売り物にした。ストラングラーズは、アイスクリーム販売用のバンで、イギリス国内を移動してライヴを行った。このバンドはスウェーデン公演の際に、地元の右翼に襲撃されている。彼らは政治団体の標的となるなどトラブルもあったが、アルバムをイギリスのチャートの上位に送り込むようになった。, ブームの火付役であったセックス・ピストルズは、アメリカ・ツアーの途中で空中分解し、ジョニー・ロットンの脱退により、スタジオ・アルバム1作を残しただけで実質解散。ジョニー・ロットン改めジョン・ライドンは、新たにPIL(パブリック・イメージ・リミテッド)を結成。ドイツのカン[10]などの前衛ロックや、レゲエの先鋭的なミキシング方法であるダブを採り入れた音楽は話題となり、パンクからニュー・ウェイヴへという時代の変化を印象づけた。, イギリスでは、失業者の増加と言う社会問題が下地となって、若者たちの不満、怒り、反抗、暴力性などを掬い上げたパンクが大きな社会現象となった。ジェネレーションX(ビリー・アイドルが在籍)などのポップなバンドも次々に生まれた。ファッション、絵画などの芸術にまでその波は広がり、髪を逆立たせ、服を破いたスタイルのロンドン・パンク・ファッションは世界中で知られた。だがパンク・ファッションはパリ・コレに登場するなどして、鋭さを失っていった。パンクのブームが去った後は、エルヴィス・コステロ、ニック・ロウ、イアン・デューリー、グラハム・パーカーらのニュー・ウェイヴの時代となった。キャリアのあるミュージシャン達によって結成されたポリスも、デビューアルバムの内容はレゲエとパンクであった。また、スペシャルズやマッドネス、セレクターなどのネオ・スカバンドが人気を博した, 1978年にセックス・ピストルズは解散し、パンクの時代からニュー・ウェイヴの時代へと変化していった。しかし1980年代、クラス、ディスチャージ、G.B.H.、エクスプロイテッドといったネオ・パンクバンドが次々に登場し、いわゆる「ハードコア(極端)・パンクが話題となった。「アナーキー&ピース」をスローガンに掲げたクラスは、メンバーが共同生活を送るなど、反体制、アナーキズムを貫き、パンク・ロックにより過激な主張を持ち込んだ。, アメリカにおいても、1970年代後半に新しいバンドが次々と誕生、デッド・ケネディーズ、ブラック・フラッグといった有力バンドにより、各地で新しいパンク・シーンが生まれた[11] 。アンダーグラウンド・レベルのシーンを支えた西海岸のファンジンの中には長期にわたって音楽情報提供の役割を果たしたものもある。1977年創刊のロサンゼルスの「フリップサイド」誌は、ガレージやパンク時代からのファンジンである。西海岸バークリーのカレッジラジオ局のパンク番組「マキシマム・ロックンロール」が、ファンジンを創刊する1982年には、ハードコア・パンクのリポートが掲載されるようになった。ハスカー・ドゥやバッド・ブレインズのように大手レーベルと契約するバンドが増えた。またSSTやディスコード・レコードのようなインデイー・レーベルが配給を拡大した。, 一方、ワシントンD.C.では「禁セックス」「禁アルコール」「禁ドラッグ」など新興宗教的な主張をしたストレート・エッジを提唱したマイナー・スレットの解散後、自主レーベル「ディスコード」のオーナーでもあったイアン・マッケイは、暴力化・様式化するハードコア・パンク・シーンに反発した音楽活動を開始した。, アメリカにおけるハードコア・ムーブメントはアンダーグラウンドな動きに留まったが、その過程において各地のバンド、インディ・レーベルを結ぶネットワークも一部に見られた。そのような状況下、サウンドガーデンやマッドハニーといったバンドが、シアトルのインディ・レーベルサブ・ポップより次々とデビューし、シアトルのアンダーグラウンドシーンは盛り上がりを見せる。そして、1980年代初めからニューヨークのアンダーグラウンドシーンで活躍していた ソニック・ユースが、1990年にメジャー・レーベルのゲフィン・レコードよりデビューした翌1991年にはニルヴァーナが『ネヴァーマインド』でメジャー・デビューし、全世界で3,000万枚を売り上げる大ヒットを記録し、「グランジ」が話題になった[12]。その後、パール・ジャムなどが次々とメジャー・デビューした。グランジはパンクとヘヴィ・メタルを合わせたような音楽性だった。, また、1990年代にアメリカ北西部のオリンピア・ポートランドを中心に、グランジ/オルタナティヴ・ロックと同時期にライオット・ガール(Riot Grrrl)といムーヴメントが起きた[13]。しかしながら、1994年にニルヴァーナのリーダーであったカート・コバーンが自殺すると、グランジがオルタナティヴ・ロックに呑み込まれる形で、グランジ・ブームは急速に終息を迎える。ポップ・パンク、メロコアは、1980年代後半にバッド・レリジョンが、ハードコア的なサウンドをよりメロディックにスピーディーにさせたスタイルを確立した。, グリーン・デイやオフスプリングが大ヒットアルバムを発表した。グリーン・デイは日本では青春パンクなどとも呼ばれたが、大統領を批判したり、戦争に反対するなど、硬派な面も見せていた[14]。, アート・パンク - アイリッシュ・パンク - エモ - ガレージ・パンク - コールド・ウェイヴ - サイコビリー - 青春パンク - ダンス・パンク - 2トーン - ニュー・ウェイヴ - ニューヨーク・パンク - ノー・ウェイヴ - ハードコア・パンク - ポストパンク - ポップ・パンク - ホラー・パンク - ラスティック, 2017年3月31日 NPRネット記事。マンダリット・デル・バルコ(Mandalit Del Barco)によるジョン・ライドン・インタビューより. ハイファッションを着こなす事から、中流上位階級から上流階級の人たちの間で流行しました。, 1990年代頃になると、スローニーファッションやニューロマンティックといった豪華で派手なファッションの流行の反動から、シンプルなデザインのミニマリズムファッションが流行し始めます。ミニマリズムとは、元々アートや建築などの造形芸術分野で、抽象的なものや必要最低限のものを徹底的に追及する主義の事です。, ファッションの分野では、シルエットをすっきりさせてアクセサリーも最小限という、余計な装飾を取り除いたシンプルなデザインを指します。 第一次世界大戦(1914-18)があった時代。戦場へ行った男性たちの代わりに女性たちが働き、一気に社会進出しました。戦争末期と終戦直後はファッションらしい服装のイラストや写真がありませんでした。    DJがいたりなど長時間いても楽しめる感じのお店でした。, トップショップは、ケイト・モスが広告していたりなどは ちょっと軽食できるとこがあったり、 対し、男性のスーツは女性ほどの変化がありません。19世紀半ばにはすでに完成したデザインだったのだとわかります。 ↓1910年~1919年の衣装を紹介, ・1920年代ごろ   H&Mも、かなりポピュラーで、イギリスでは、結構頻繁に見ます。, プライマークほどではないですが、

観光客向けの紅茶などが買えるおみやげ屋さんなども充実していて ちょっといい、ちょっと安い。みたいな。笑, 後、この店舗だけかもですが、 ファッションが好きな人から言わせると、厳しい意見もあるみたいです。, 日本で高級感があるかどうかはわからないのですが オックスフォードサーカス(Oxford Circus)という駅に向かって行く長い一本道の事です。, 有名なファッションブランドや Retrieved on November 11, 2019. →人気(おすすめ)記事 90年代同様、スカートをシンプルにして、上部へボリュームを出しています。服装より帽子へ重点が置かれ、造花は羽根、つばもかなり広くなりました。女性の髪型もボリュームがあり、玉ねぎの形のように膨らみます。ポンパドゥール夫人(ルイ15世の愛人)をモデルにしたため、ポンパドールヘアと呼ばれます。 今回、僕が、ファストファッション巡りをしてきたのは ロンドンの渋谷にあたる「オックスフォードストリート(Ox ford street)」です。, ちなみに、このオックスフォードストリートは、 (次はイギリスの食について触れようかと思います!), 僕の体験談をまとめた電子書籍を出版しました! パンク・ロック (Punk Rock) は、1970年代半ばから後半にかけて発生したロックのスタイルの一つ。パンクと略称されることも多い。, 1975年ごろにアメリカ、ニューヨークのロック・シーンに産声を上げ(ディクテイターズ、ラモーンズ、パティ・スミスなど)、1976年にはその影響を受けたセックス・ピストルズがイギリスのロンドンでデビュー。その後、イギリスに同じ音楽性のパンク・ロック・バンドが続々と登場し、ロックの新しい時代を築いた。当初は反体制的(アナーキズム)、または左翼的(マルキシズム)なメッセージを歌うバンドが多かったが、次第に政治的な色彩は弱まっていった。パンク・ミュージックはザ・フー、ローリング・ストーンズ、キンクスなどのブリティッシュ・インヴェイジョンに影響を受けたガレージロックのハードなエッジのサウンドをルーツとしていた。中でもMC5やザ・ストゥージズは、その音楽性と過激なパフォーマンスからパンクの原型、すなわち原パンク(プロト・パンク)と見なされている。パンクの音楽性の一部はニュー・ウェイヴ[1]に引き継がれた。パンクはレッド・ツェッペリン、ピンク・フロイド、クイーン、ローリング・ストーンズらロック・スターとなっていたバンドを激しく攻撃した。ハードロックやプログレは「オールド・ウェイヴ」として却下されるようになった。, 1977年のロンドン・パンク・ムーブメントは短期間で終息し、入れ代わるようにニュー・ウェイヴが台頭した。エルヴィス・コステロ、イアン・デューリー、スペシャルズ、ワイヤー、キャバレー・ボルテールらがこれにあたる。, ジョン・ライドンは2017年のNPRのインタビューに対して「自分は生まれながらのアナーキストだ」「どの地域のいかなる政府も支持しないし、未来も決して(政府を)支持しない」[2]と答えている。パンク・ロックは1960年代のビート・グループやガレージ・ロックのスピリットを70年代に再現しようとした。, パンクは、メロトロンやシンセサイザーなどの高価な機材を使ったり、早弾きなどの技巧を競っていた当時のハードロックやプログレッシブ・ロック・シーンに対する反発により生まれた。音楽的特徴としては、簡素なロックンロールへの回帰を志向し、スリーコード中心の簡潔なスタイルをとった。アップテンポかつ攻撃的だが、レゲエを取り入れた代わりにロックのルーツのひとつであるブルースやブギーなどの黒人由来の音楽要素が排除される形となった。パンクやニュー・ウェイヴはDIY(Do It Yourself=自分達でやる)をスローガンとして掲げた。これは後進のパンク・バンドに影響を与えた。, パンクは、音楽性や歌詞が反宗教的と捉えられることもある。2018年にはインドネシアアチェ州のパンク・ロック愛好者が宗教警察に摘発されている[3]。, 同性愛やSMなどの性におけるタブーを歌うヴェルヴェット・アンダーグラウンド、 イギリス・英国発のおすすめ人気ファッションブランドを紹介します。今回は、鞄、革靴、時計、アパレルブランド、スーツの5つに分類して紹介します。最近イギリスブランドのアイテムが欲しいけどブランドが多すぎて選べない方は是非、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。 →プロフィールページ, Facebook:Shinsaku Enomoto 今回はお店の様子(写真)や、その他、友人から聞いた意見などを 価格もかなり安めですが、スタイリッシュさは リージェントストリートに入ると、Apple storeがあったりします。, また、この道とは違うところですが、 ヴィクトリア朝が終わり、エドワード朝(エドワーディアン)に。小説「赤毛のアン」とベル・エポックの時代です。 1960年代になると、既製服業界の成長とともにオートクチュールは衰退の一途をたどっていた。さらに戦後生まれのベビーブーマー世代で成人するものも出始め、人口比率も戦前2倍程度まで増えた。若いエネルギーの勢力が増し、エレガンスよりも、自身の価値を求めていた。ストリートの勢いが強まっていた。ユースカルチャーからモッズ、ミニスカート、ジーンズ、ヒッピーなど、オートクチュールから降りてくるファッションではなく、若者が自身でファッションを選び、ファッションによりアイデンティティを示しはじめた。ミニスカートはストリートでの人気からハイエンドにも波及。ユースカルチャーからファッション、新しいスタイルが登場し、大きな転換期を迎える。, 若者文化が生まれる以前、若者はどんなスタイルだったか?実は若者ファッションというカテゴリーは存在していなかった。若い女性でも母親と同様のスタイルで規律に従った同質的なもの。ディオールなどオートクチュールやハイファッションのデザイナーから生み出される「大人エレガンスの世界」から降りてくるものだった。このような中でも次第に若者は”自分達のスタイル”を求めるようになっていく。, 1960年代のロンドンで若者文化の集まる場所、ストリートファッションの発祥の地はキングスロードのチェルシー地区だった。そして、チェルシー地区のファッションを着こなす女性のことをチェルシーガールと呼んだ。この時期のロンドンを”スウィンギング・ロンドン”などと呼び、ミニスカートの他にも、モッズなどのスタイルも生み出します。音楽ではビートルズ、ローリングストーンズ、美容師ではヴィダル・サスーンなどイギリスの文化は旋風を巻き起こす。, ミニスカートはマリークワントが発明したものという意見もあるが、そうではない。チェルシーガールのスタイルの中から自然に生まれたもので、実は誰かの発明ではないのだ。起源としては、ジバンシィなどが発表していたサックドレス(シュミューズスタイル)が徐々に変化してミニスカートになったとも言われている。マリークワントは、ロンドンのトレンドセッターであり、チェルシー地区のファッションそのもの。より多くの人のために初めてミニスカートを商品化したデザイナーと言える。そのような点で、マリークワントは20年代のシャネルのようなカリスマ性をもった人物。シャネルと異なるところは、マリークワントは、より多くの若者、等身大の若者のレイヤーに自身を置いていたので、当然アイテムも多くの人々が購入できるような展開を見せる。, チェルシーの流行をそのまま表現するクワントのスタイルは、ミニスカートに、ヴィダルサスーンのカットしたショートボブの髪型。そこからマリークワントの影響を受けたデザイナーも登場し、ミニスカートは徐々に普及。65年には、なんとオートクチュールコレクションで、クレージュが発表。世界的にも普及が加速した。, 1960年代以前の理想の女性像は、マリリン・モンローのような豊満でセクシーな女性やグレイスケリーのようなエレガントな女性。しかし60年代になると、ロンドンのイメージを表現した女性は全く逆。小柄で、胸は小さく、痩せている、ごく身近にいそうな活動的な女性像。その代表格がツィギーだ。日本でもツィギーの来日とともにミニスカートが爆発的に流行。50年代にオードリー・ヘプバーンが登場したのは、その前兆だったのかもしれない。, メンズファッションは18世紀から固定した服装形式として、スーツが変化することなく着用されてきた。スーツは18世紀当初に実用着として取り入れられたのだが、その当時の目的はなくなり、それは社会的な、ビジネスの場での制服の役割に変化してしていた。体制社会のシンボル的存在になっていたのだ。そんな1世紀以上安定していたメンズファッションの流れにもストリートファッションの流れが押し寄せてくる。, モッズはロンドンの低所得層者から生まれたサブカルチャー。高所得層への反抗からくる自己表現として生まれた。最初は細身のテーラースーツから始まりますが、徐々にカラフルなデザインへと変化。ロンドンのカーナビーストリートを中心に発信された、モダーンズ(モダニズム)を略してモッズと呼ばれたファッションの特徴は、長髪、花柄や水玉など派手な色彩、細身のスーツをテーラーで仕立てて、細身のシャツ、股上の浅いスリムパンツ、ブーツなど。カラーはウィメンズファッションの要素を大きくもったもので、女性化したようなムードを持っているが、男が女性的になったわけではない。反体制的なシンボルとして生まれた自己表現がそのようなファッションを生み出したのだ。モッズスタイルはビートルズ、ローリングストーンズが身に着け、さらに世界的な注目が集まります。ミニスカートともににスウィンギングロンドンというイメージで世界へ発信されていく。※同時期、より反抗的なグループ、ロッカーズが存在していたことから、正確にはモッズ以上に「高所得層への反抗」していた人々がいた。, 日本でもブームになる。きっかけはもちろんビートルズ。ビートルズが来日した1966年、音楽的な衝撃とともに、彼らが着ていたモッズファッションは、日本のメンズファッションにも大きな影響を与え大ブームになった。, ヒッピーファッションヒッピーは1960年代後半の最大のサブカルチャー。ドラッグ、音楽、ファッションが融合して生まれた文化だった。1960年代、アメリカではベトナム戦争の反戦運動、人種差別の反対(公民権運動)、フランスでは学生を中心とした5月革命、日本でも学園紛争など若者は大暴れ。ヒッピーは近代の政治、社会などへの疑問から出発し、「ラブ&ピース」の理想を掲げ、一つの対抗文化を生み出していく。ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」(1967)はその時代を象徴する曲とされている。1969年、今や伝説となる「ウッドストックフェスティバル」がニューヨーク郊外で開催され、なんと50万人のヒッピーが集まる。, 新作コンビニスイーツ&ドリンク特集 - おすすめ人気アイスや和スイーツなど一挙紹介, 関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介, 御殿場プレミアム・アウトレットのグルメガイド、人気店集うフードホールやレストラン&カフェ, 匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も, クリスマスケーキ特集2020<全国版>予約必至!高級ホテル&人気スイーツブランドが贈る絶品ケーキ, エーグル×コシェ、レースを融合したジャージTシャツ&パッチワーク仕様のユニセックスアウター, リコール 21年春夏コレクション - 奇想天外な組み合わせが生む”着れる”アートピース, エルメスの新店が大阪・心斎橋パルコにオープン、パリの雰囲気漂う関西最大規模の広々空間, ディオール「バー」ジャケットの歴史、進化するメゾンのアイコン - ニュールック誕生から最新作まで, マリー・アントワネット着想のデザートフェアがヒルトン東京で、“宝石箱タルト”などを好きなだけ, ジョン ローレンス サリバン“天然パール”リング&ネックレス、ヨシコ クリエーションとコラボ.