『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』(ヴィルヘルム・マイスターのしゅうぎょうじだい、独: Wilhelm Meisters Lehrjahre)は、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテにより書かれた教養小説の古典的な作品。1796年に発表され、発展的な教養小説の範となった作品である。, この作品は8巻からなり、第1巻から第5巻は、内容的にはゲーテの存命時には未発表の断片からなるもので、「ヴィルヘルム・マイスターの演劇的使命」(Wilhelm Meisters theatralische Sendung)と題されていたものである。両テキストの比較では、若干の表現、つまり字句の相違が見られるに留まっている。, 『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』は発表と同時に圧倒的な支持をもって読者に迎えられた。フリードリヒ・シュレーゲルは、近代の三大所産として「フランス革命、フィヒテの知識学、ヴィルヘルム・マイスター」を挙げている。また教養小説(ビルドゥングスロマン)という形式も含めて、この小説は若い作家たちに小説の規範として受け取られた。ヴィルヘルム・マイスターを意識して書かれた小説には、ノヴァーリスの『青い花』などがある。, また、本作に収められた詩には多くの作曲家が曲を付けた。特に、「涙と共にパンを食べた事の無い者は "Wer nie sein Brot mit Tränen aß"」(第2巻第13章)、「君よ知るや南の国 "Kennst du das Land, wo die Zitronen blühn"」(第3巻第1章)、「ただ憧れを知る者だけが "Nur wer die Sehnsucht kennt"」(第4巻第11章)などが知られている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヴィルヘルム・マイスターの修業時代&oldid=79505470, 第1巻-第5巻: 主人公ヴィルヘルム・マイスターは、演劇人になろうとするが、注目すべき成果にもかかわらず挫折する。, 第6巻: 次に、若く、敬虔な孤児院の女性が、実に美しい心を持ち、宗教と対置するものの、結局、成熟した女性として自分の信仰を育んでいくようになる。, 第7巻と第8巻: ヴィルヘルムは、自分にとって世界のすべてかとも思われた舞台を捨て、最後に. 『ヴィルヘルム・マイスターの修業 ... 『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』は発表と同時に圧倒的な支持をもって読者に迎えられた。 フリードリヒ・シュレーゲルは、近代の三大所産として「フランス革命、フィヒテの知識学、ヴィルヘルム・マイスター」を挙げている。また教養小説( Le livre n'est pas lisible sur kindle. 3月30日(土)に今月の桂冠塾を開催しました。3月と4月の2回でゲーテ作『ヴィルヘルムマイスターの修行時代』を取り上げました。まずはじめに作品のあらすじを確認しておきたいと思います。 全体構成と物語のあらすじこの作品は全8巻で構成されています。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, タファネル作曲のフルート幻想曲を知り、元となるトマ作曲のオペラを知り、さらに原作の本作品にたどりつきました。真面目なヴィルヘルム君が社会に出て経験を重ねていく中で、身分も性格も異なるいろいろな人と出会いもまれていきます。「教養小説」と言われますがそんなに堅苦しくありません。, ゲーテの小説の中ではもともと大分読みやすく感情移入もしやすい小説だと思います。高校の時に百円で買った全集で読んだのですが、当時はあまり理解できていなかったんだなってことがこの文庫でわかりました。文字も大きくて目にもやさしいです(笑, 教養小説とは、ひとりの主人公を設定して彼をして様々な成功、挫折や様々な人々との出会いを通して、その人間的成長を描くというジャンルである。この「修業時代」はその元祖的存在である。ヴィルヘルムという演劇に情熱を燃やす青年が色々な遍歴、経験、邂逅を経て人生に対する一定の結論を出すという形で、作者(この場合はゲーテ)の思想を述べるという作品形態である。ある意味「ファウスト」自体もそうだし、トーマス・マンの「魔の山」、ケラーの「緑のハインリヒ」そしてロマン・ロランの「ジャン・クリストフ」などはこの「修業時代」の影響を濃厚に受けた典型的な教養小説である。そういう文学的観点からこの作品の存在意義はとても高い。この岩波文庫の新訳は文章がこなれていて、読みやすく、長篇ながら読了するのにそれほど困難はないと思われる。またミニヨンという少女の造形とその悲劇は、ゲーテが創造した女性像でも特筆すべき位置を占めていると評価される。, wanted a german copy and got it, excellent condition, perfect for the studies.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 14:57 UTC 版), この作品は8巻からなり、第1巻から第5巻は、内容的にはゲーテの存命時には未発表の断片からなるもので、「ヴィルヘルム・マイスターの演劇的使命」(Wilhelm Meisters theatralische Sendung)と題されていたものである。両テキストの比較では、若干の表現、つまり字句の相違が見られるに留まっている。, 『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』は発表と同時に圧倒的な支持をもって読者に迎えられた。フリードリヒ・シュレーゲルは、近代の三大所産として「フランス革命、フィヒテの知識学、ヴィルヘルム・マイスター」を挙げている。また教養小説(ビルドゥングスロマン)という形式も含めて、この小説は若い作家たちに小説の規範として受け取られた。ヴィルヘルム・マイスターを意識して書かれた小説には、ノヴァーリスの『青い花』などがある。, また、本作に収められた詩には多くの作曲家が曲を付けた。特に、「涙と共にパンを食べた事の無い者は "Wer nie sein Brot mit Tränen aß"」(第2巻第13章)、「君よ知るや南の国 "Kennst du das Land, wo die Zitronen blühn"」(第3巻第1章)、「ただ憧れを知る者だけが "Nur wer die Sehnsucht kennt"」(第4巻第11章)などが知られている。, ヴィルヘルム・マイスターの修業時代のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, All text is available under the terms of the, 第1巻-第5巻: 主人公ヴィルヘルム・マイスターは、演劇人になろうとするが、注目すべき成果にもかかわらず挫折する。, 第6巻: 次に、若く、敬虔な孤児院の女性が、実に美しい心を持ち、宗教と対置するものの、結局、成熟した女性として自分の信仰を育んでいくようになる。, 第7巻と第8巻: ヴィルヘルムは、自分にとって世界のすべてかとも思われた舞台を捨て、最後に. 書名:ヴィルヘルム・マイスターの修業 ... 『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』は、恋に破れて演劇界に身を投じた主人公ヴィルヘルムの経験する幾多の出会いと別れ、そしてそれらを通じて彼が成長していく様をたいへん美しく描いている。 漠然とはしているにせよ、ヴィルヘルムの目 第7巻と第8巻: ヴィルヘルムは、自分にとって世界のすべてかとも思われた舞台を捨て、最後にフリーメイソンを見つけ、そこで社会的な改革を成し遂げたいと願う。 ゲーテ, Goethe, Johann Wolfgang, 章甫, 山崎のヴィルヘルム・マイスターの修業時代〈上〉 (岩波文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。J.W. ゲーテ, Goethe, Johann Wolfgang, 章甫, 山崎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またヴィルヘルム・マイスターの修業時代〈上〉 (岩 … On ne peut pas élargir le font. On est trompe. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ウィルヘルム・マイスターの用語解説 - ドイツの詩人,作家ゲーテの教養小説。『ウィルヘルム・マイスターの修業時代』 W. M.s Lehrjahre (8巻,1795~96) と『ウィルヘルム・マイスターの遍歴時代』 W. M.s Wanderjahre (3巻,1821~29) の2部から成る。 AmazonでJ.W.