「上村松園展」 9/7-10/17 東京国立近代美術館で開催中の「上村松園」展へ行って来ました。 初期の珍しい作品から素描までを含めた計100点規模の、まさに「殊玉の決定版」に相応しい展覧会です。 そんな厳しい世界で生き残り、名前を成したのは非凡な彼女の才能と絵に対する情熱、周りの協力によるものだと思います。 (20131023)(20150107), 美人画で有名な日本画家、上村松園の生涯を描いたお話。 そんな中で最も魅力を感じたのは津也の母である勢以という女性。 特に後半は良く、分厚い本だが一気に読み通してしまった。きっと才能というのはその人の生き方そのものなんだろう。一途な女性の生き方に涙を浮かべて読んだ。, 子どもの頃の好奇心、学びたいという熱情が全体を流れる芯の強さにつながっているように思いました。作品を観るときの視点が広がるこのような作品はいつの時代もありがたいです。, 久々の再読。面白かったことは覚えていたのだが、10年ぶりくらいだったので読み返すと細かなところはすっかり忘れており、また新鮮な気持ちで楽しめた。

周りとは違う特殊な道を行く我が子に不安を持ちながらも信じ、恥じることなく真っ直ぐ前を向いて歩いていく勢以の姿にとても励まされた。 Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them. 生きたっていいし、死んだっていいし、と思った時にちょっとしたことがあって、「ああ、また生き永らえてしまった…」というような(特に女性の)人生の、 4975117302056, 宇治抹茶使用1缶で抹茶10杯分■特長昔ながらの石臼で挽き上げた、口当たりのまろやかな抹茶です。お濃い茶でもお薄茶でもお楽しみいただけます。(プルトップ缶)■序の舞の名前の由来美人画の巨匠としても名高い、日本画家の上村松園先生は、京都の葉茶屋「ちきりや」の次女として生まれたという記録があります。ちきりやともゆかりの深い、この松園先生の代表作「序の舞」。松園先生の孫、上村淳之(あつし)先生の御了解も得て命名致しました。 「女は早く嫁にいき、ただ家の仕事をしていればよい」 ♀宮尾 登美子 作家 19260413 高知 東京 20141230 88 /19660121 再婚上京 | ≪紋章上絵師≫≪ルイ・ヴィトン柄のルーツ!≫≪モノグラム・キャンパス柄≫ », ・・・・・「ひとつ枕絵描いてみいひんか」 「あんたまさか生娘やおへんやろ」 「この絵の裸の娘さん、清らかな色気があってなかなかよろし」このいきで男女のナニ描いたらきっと喜んで買うてくれはるひともおっせ, January 28, 2019 in 【浮世絵・春画・あぶな絵】 | Permalink そして津也にとっても勢以がそういう存在であったからこそ、険しく聳え立つ自分の道を進むことができたのだと思う。, ── 宮尾 登美子《序の舞 1983‥‥ 朝日新聞社 19840114 映画 19850110 中公文庫》 主人公さながらの存在感を放っている。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 映画を見て面白そうなので購入しました。彼女の作品はいくつも映画化されていますが、彼女が訴えたいことを表現した映画は私の知る限りなかったように思います。でもこの原作を読む限りよく表現されていた等に思います。, 裏切らない、大好きな宮尾登美子さんの作品の一つです。全集なので 分厚く字も小さいです。, 作家渾身の力作です。上村松園の生き様にその画業にその線に恥じないよう緻密に丁寧に心を込め襟を正して原稿用紙に向い書き込んでいる姿が彷彿とされます。鉛筆あるいは万年筆の音さえさっさと聞こえて来るようです。, 最初は面白かった。だんだん絵の事より”女”と”男”への重点の置き方というか想像力に、本人が読んだらどう思ったかな〜?と疑問符。子供時代の想像力に関しては面白かったが、実話ではないと念頭に入れて読むべきだろう。この時代の背景が分かり、女の人が画家になる事の大変さはよく分かった。母親の潔さと仕事っぷりに感嘆!「上村松園全随筆集 青眉抄・青眉抄その後」をこの後に読み、本人直筆は読んだ方がいいと思った。, 最近のベストセラー小説って、そこそこ面白いんだけれど、空気が軽くて読み応えが物足りないと思う女性に、ぜひオススメしたいです。, 「櫂」「春燈」「朱夏」「きのね」「寒椿」「天涯の花」「蔵」「クレオパトラ」…いろいろ読みましたが、私の宮尾作品ベスト1はこれです。, 宮尾登美子の小説は何冊か読んでいて、いずれも引き込まれるものがあるが、「序の舞」は途中から一気に読み上げた。「櫂」などの自伝的小説群、「一絃の琴」「蔵」なども素晴らしいが、作品の持つ力感というのか、読む側を引き寄せて離さない力は「序の舞」が圧倒的ではないかと思う。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. 実在の日本画家である上村松園の生涯を描いた宮尾登美子の同名小説を、松田寛夫が脚色し中島貞夫が監督したドラマ。幼いころに父を亡くした津也は絵画に強い興味を示し、小学校卒業と同時に松溪画塾へ通うことになった。自分の作品が博覧会で一等となった津也は、師匠の松溪から松翠という雅号を授かり、天才少女と騒がれるようになる。同じ塾に通う村上徳二という青年に好意を抱く津也だったが、料亭で松溪に抱かれ、彼の子供を授かった。津也の母である勢以はそのことを知り、娘を激しく責め、絵を禁じてしまう。見知らぬ土地で子供を産んだ津也は、徳二を頼って東京へ行くが、かつて図画を教えてくれた恩師の西内と再会。徳二のもとを離れ、再び絵の道へ進むことを決意したのだった。, 「Yahoo!映画」はYahoo! 近代美人画の最高傑作・上村松園作《序の舞》と、そこに至るまでの美人画の系譜をたどる, 55 上村松園 重要文化財《序の舞》昭和11年(1936) 絹本着色 1面 231.3×140.4 東京藝術大学蔵, 1 重要美術品《舞踊図》(六面のうちの一面)江戸時代(17世紀) 紙本金地着色 6面 各63.0×37.1 サントリー美術館蔵, 8 勝川春章《吾妻風流図》天明年間(1781-89)絹本着色 2幅 各94.5×32.0 東京藝術大学蔵, 12 喜多川歌麿《「当時三美人 富本豊ひな 難波屋きた 高しまひ さ」》寛政5年(1793)間判錦絵 32.0×21.6 千葉市美術館蔵, 20 菱田春草《水鏡》明治30年(1897)絹本着色 1幅 257.8×170.8 東京藝術大学蔵, 23 池田蕉園《宴の暇》明治42年(1909)絹本着色 1幅 176.0×86.0 福富太郎コレクション資料室蔵, 24 池田蕉園《さつき》大正2年(1913)頃 絹本着色 1幅 148.0×56.5 東京国立近代美術館蔵, 27 水谷道彦《春》大正15年(1926)絹本着色 1幅 266.5×191.2 東京藝術大学蔵, 28 山川秀峰《序の舞》昭和7年(1932)絹本着色 1面 181.5×127.0 東京国立近代美術館蔵, 36 菊池契月《友禅の少女》昭和8年(1933)絹本着色 1面 152.0×88.0 京都市美術館蔵, 37 菊池契月《散策》昭和9年(1934)絹本着色 1面 173.0×173.5 京都市美術館蔵, 54 上村松園 重要文化財《母子》昭和9年(1934)絹本着色 1面 168.0×115.5 東京国立近代美術館蔵, 横浜美術館にて2018年3月24日〜6月24日の日程で開催中の「ヌード NUDE ー英国テート・コレクションより」との相互割引が利用できます。, This error message is only visible to WordPress admins, 『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』を東京都美術館にて 展覧会情報・解説・感想・混雑状況もお伝えします。, 北斎とジャポニスム展を国立西洋美術館にて 展覧会情報・解説・感想・混雑状況もお伝えします。, 『歌川国貞展~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~』静嘉堂文庫美術館 レポートをお送りします。, 『生誕140年記念特別展 木島櫻谷 PartⅡ 木島櫻谷の「四季連作屏風」+近代花鳥図屏風尽し』泉屋博古館分館, 【全作家を紹介】『絵画のゆくえ2019 FACE受賞作家展』を損保ジャパン日本興亜美術館にて. 久しぶりに骨太な本を読んだような気がする。いまどきの本ばかり読んでいると軽くて内容もある意味ではとても分かりやすいが、あまり「あぁ、本を読んだ」という感じにはならないが…今回は存分に本を読んだという感じがする。女流の画家としての松翆の一生、女として求め続けた幸福、そして子供。どれが手に入ってどれが手に入らなかったのではなく、ある意味では全てを手に入れたのだなという終わり方。どれをとっても流石は宮尾登美子である。結構な長編であったが読みづらいと一度も思うことなく、彼女の一生を鮮やかな絵巻で目の前に展開してもらったように思える。, 女流画家上村松園(作中では島村松翠)の一生を書いた作品。父をしらずして育ち、幼い頃から絵一筋を貫き、炎のように恋をし、男社会の中で謂われない中傷に苦しみ、それでも絵を描き続けた。 未婚で子も産んだ主人公もさることながら、 ※1枚につき1名様、1回限り有効、他の割引との併用はできません。, 会場となっている東京藝術大学大学美術館は、上野公園の一番奥、動物園と東京都美術館の裏手側に位置しています。上野駅公園改札からは徒歩10分といったところだと思います。少しわかりにくい場所にあるので、写真を使ってルートを紹介します。, 進行方向左手側に美術館が見えてきますので、そのまま正門から入りすぐ右に曲がります。美術館入口は写真奥の茶色い塀のすぐ裏側にあります。. 母の愛は海より深し、とは言うが本当に彼女を見ていると母親の大きさを感じずにはいられない。 能の舞の名称。; 歌舞伎の下座音楽の名称。 『序の舞』:山川秀峰(日本画家、1898年-1944年)の作品(1932年) 『序の舞』:上村松園(日本画家、1875年-1949年)の作品(1938年、重要文化財)→上村松園#序の舞 『序の舞 (小説)』:上村松園をモデルとする宮尾登美子の小説(1982年)。 « ≪大谷翔平が心酔した≫≪中村天風とは何者か≫≪あの一本足打法の王さんも≫≪情報や本舗≫ | JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. (税込), 商品番号: 京都のお茶屋さんで生まれ育った、女性で美人画を描いた日本画家である上村松園をモデルにした小説。主人公を始め、出てくる著名な画家などはそれぞれに本当の人物がいるから、フィクションというよりも、ノンフィクションのスキマを想像で埋めた作品だと思っている。

「序の舞」は上村松園の代表作です。『幾分古典的で優美で端然とした心持ちを私は出し得たと思っています』という松園の言葉がこの「序の舞」には添えられています。上村松園の絵には強くて儚い女性の魅力が溢れています。 開館時間:午前10時~午後5時(入館は閉館の30分前まで) 中盤までの絵に対する執念や描写は楽しく読むことができたが、途中からの男女関係のゴタゴタは読んでいて辛かった。   石臼で挽くことにより、粒子が細かくなり、泡立ちがよく、口当たりのよいまろやかな抹茶になります。石臼で1時間挽いてできるのは、たった40gです。, ランチ 11:30~14:30(LO14:00)ディナー 17:00~21:30(LO21:00). Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題

本当のことを知ったような読後感がある。 ♀上村 松園 美人画 18750423 京都   19490827 74 /松篁の母~《序の舞 1936》/籍=常子(津禰) Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4122011841 ※ ( )は20名以上の団体料金 女性差別に苦しみながらも絵を描き続け   (税込), ¥ 1,296 ちきりやともゆかりの深い、この松園先生の代表作「序の舞」。松園先生の孫、上村淳之(あつし)先生の御了解も得て命名致しました。 2012年9月特許庁より商標登録の認可を受けました。(商願番号 2012-042362) じっくりと石臼で挽きました。 松園の母こそが、この話の真の主人公だと心から思う。 Copyright© Art-Exhibition.Tokyo , 2020 All Rights Reserved. という明治後期~昭和という時代において 序の舞. Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details. 画家のリアルな私生活や感情が細かに描かれている。だからこそ、これを読んでから上村松園の絵を見るとまた、絵の情感がとてもよく伝わってくる。どんな専門家の絵の絶賛や技術的なことを言われても、素人としては、はあ…で終わるけれども、こんなに壮絶な人生で、こんなことがあって、そしてこの絵が描かれたのか、と知ると、真実かどうかはおいておいて、鳥肌が立つ。 男尊女卑の当時、女性が外で働くだけでも大変だというのに、さらに閉ざされた画壇の世界で生きていくことの難しさ、そして男のずるさを感じる作品。 Main 京都という土地で生まれ、人の裏表のある京都の粘っこい性質や、姿のうつくしい京都の女性文化の中で育っていく主人公の津也(=上村松園)。 302056, JANコード: Amazonで宮尾 登美子の序の舞 (中公文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。宮尾 登美子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また序の舞 (中公文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 「2016年 『まるまる、フルーツ おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」, http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4122011841. しかし女である彼女の前にたちふさがったのは閉ざされた画壇の世界。 めちゃくちゃひきこまれて一気に読んだ。 上村松園「序の舞」シルクスクリーン 美人画 日本画: 管理番号 Control number: YE074: ランク Rank: Aランク: コメント Condition: シンプルな線と無駄のない造形、明快な色彩を特色とし、内面的な深みを感じさせる女性像を多く描きました。 Listed below are links to weblogs that reference ≪尾形光琳の春画≫≪上村松園の春画≫≪渡辺崋山の春画≫≪まさかの作家たちの春画≫≪情報や本舗≫: 春画(しゅんが)とは、江戸時代の頃に にぎわい申した 特に男女の性風俗を描いた絵画  浮世絵師はいわゆる芸術家であるわけですが、作品は誰かに依頼されて制作することがほとんどだったので、多くの絵師たちは絵を描くことを仕事として割り切っていたのでしょう, 人気絵師であっても依頼があれば春画であれ何であれ、お金を稼ぐために描いたのですね .ですから今どきの人はは存ぜぬかもしれぬが 我々の中学・高校の歴史教科書とか美術の本にはよく出てきていた名前の日本画作家とて同様です, 尾形光琳といえば 近世以前の日本絵画史の中で、もっとも知名度と人気の高い画家のひとりでしょうし 京都の呉服商「雁金屋」の当主・尾形宗謙の次男として生まれています…ウィッキペディアより, 光琳30歳の時、父宗謙が死去し その頃、雁金屋の経営は破綻していて  生来遊び人であった光琳は遊興三昧の日々を送り、莫大な相続財産を そんなこんなで使い果たし、あちこちからの借金で生活も大変なようでした, 冒頭のお話のように お金のかせぎ処に こだわりなんぞは二の次 春画の作品があり申す 尾形光琳の春画には驚きもしますが なぜなら春画でない作品は 国宝や重文扱いのもの  主な作品に「紅白梅図屏風」「燕子花屏風」「伊勢物語図」「八ッ橋蒔絵螺鈿」など国宝に指定されているものなど数多くあり申す, 美人風俗画において精彩を放つ女流日本画家・・・美人画に終始し「近代日本画」の巨匠として不動の地位を得たのが「上村松園」である。明治8年生れ、昭和24年、74歳没(1875~1946)、本名は津弥。, 京都四条の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生れ、幼くして絵に親しみ、12歳にして京都画学校に入学、入門3年目の15歳の時、内国勧業博覧会で「四季美人図」が一等の褒状を得、この作品はイギリスの殿下に買い上げられた, 古来、画家の職は男の独占であって、その中に伍して女として身を立てるのに言うに言われぬ苦労をした。その一生を描いたのが宮尾登美子の小説『序の舞』(1985年中公文庫刊)である, 【注釈】1984年に実在の日本画家である上村松園の生涯を描いた宮尾登美子の同名小説を映画化したもので 葉茶屋「千切屋」が映画の中で商い番頭の半纏が多く登場していた, 現在も京都に創業している呉服総合問屋「千切り屋株式会社」(なんと創業二百九十年の老舗である会社に上村松園の「序の舞」など数点あることから映画の着物提供をしていた, 66歳(昭和16年)で芸術院会員となりその一生を描いたのが宮尾登美子の小説『序の舞』(1985年中公文庫刊)である苦労する日々の中で、彼女は薬を買うための金策として、勧められて「春画」を描いた。もちろん「芸の肥し」になるという美名のもとに、ではあるが, 宮尾登美子の小説では、その部分を、こう描写している・・・・・・・・・「ひとつ枕絵を描いてみいひんか  あんたまさか生娘やおへんやろ」, さてさて ネット検索でも作品の春画は多く見つからず そのうちの一枚が掲出した浮世絵春画「尻やぐら曲取り」と題する絵である・・・・全12図画帖)のうち, 枕絵とはまた何といやらしいことを、津也は顔から色の引く思いだったが、しかし見知らぬ男に体を売ることから考えると、こちらはまだしも、という気はする。もしこれが、平安なときの津也だったら、「筆が汚れます」とにべもなかったろうが、いまは追い詰められた果て、頼るは我が絵筆より他にないのであった・・・・・, 渡辺崋山の「タコと海女」と題する春画である 海女(あま)にタコがからんで犯しているという独特の構図である。この絵は崋山の絵として、よく引かれる作品である, 他に彼の春画があるかどうか判らないが、崋山は写生派画家であり男女のからみという春画はそう多くは見つからなかった, 渡辺崋山(1793~1841)は三河国田原藩士の渡辺定通の長男として江戸半蔵門外の藩邸で生れる  幼少の頃から赤貧の家計のために画業に励み、後、谷文晁に師事し、写生派画家となる, 高野長英らと共に幕府の外国船に対する強硬論に反対して慎重論をとり、蘭学者らと交友したため、崋山の影響力を警戒され、長英とともに処罰された。, ■”哲人”といわれた中村天風が自筆の書は「真人生の探求」ほか3冊しかない!それは講演・ライブこそが魂を揺り動かすと”天風”先生が信じていたからでしょう!「成功の実現」を読めば、.哲人!”天風”の講演会場に今まさにいる臨場感! ...プラス発想のアメリカ型ニューソート理論とはかけ離れて独自の「天風哲学」とも「天風教義」ともいえる30代後半から92歳で天寿全うするまで話し続け、語り続けた講演内容が本に閉じ込められています【もっと知りたい方は:カテゴリーの◆中村天風◆から, « ≪大谷翔平が心酔した≫≪中村天風とは何者か≫≪あの一本足打法の王さんも≫≪情報や本舗≫, http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-2ed5a9.html, ≪尾形光琳の春画≫≪上村松園の春画≫≪渡辺崋山の春画≫≪まさかの作家たちの春画≫≪情報や本舗≫, ≪“見ざる聞かざる言わざる”で知られる「三猿」≫≪実は「四猿」といってもう一匹いたのです≫≪情報や本舗≫, ≪“666”とは、悪魔の数字として有名≫≪11は重要な数字≫≪46は重要な数字≫≪情報や本舗≫, ≪こんな暦があったのです≫≪グレゴリオ暦にユリウス暦からシフトした時に≫≪1752年のことです≫≪情報や本舗≫, ≪「11」!「46」!≫≪二つの数字が並んだ世界中を震撼させた大震災!≫≪情報や本舗≫. ※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料 それを絵に写し取っていくのだが、ただのお絵描きではなく、自分の身を切るような恋愛や憎悪といった様々な感情を筆に浸すことになる。宮尾登美子さんがそういう人なのかもしれないが、特に、苦しいところを描くのがうまい。人が苦しみ抜いて、この世の地獄か、死んだ方がましだ、と死と生のうちをフラフラとさまよっている、まさに津也の描いた「焔」の作品のような情感にぐっと惹きつけられる。 「名画と向き合いながら暮らす贅沢」~息づく住まいの空間。【f6】日本の名画額 序の舞(じょのまい) 上村松園 モダンアート インテリア 安らぎ 潤い 壁掛け [送料無料] 休館日:月曜日(※4月30日、5月1日は開館)

なんてことないようなささいな描写をするのがものすごくうまい。そこらへんは、津也の描く絵とも似ているように思った。

2012年9月特許庁より商標登録の認可を受けました。(商願番号 2012-042362)■じっくりと石臼で挽きました。 摘み取った茶葉は、蒸したあと揉まずに乾燥させます。これを碾茶(てんちゃ)といいます。この碾茶を石臼でじっくりと時間をかけて挽きました。 (〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8), 一般1,400円(1,300円)円  高校・大学生900円(800円)円 (中学生以下は無料) その一生を描いたのが宮尾登美子の小説『序の舞』(1985年中公文庫刊)である 【注釈】1984年に実在の日本画家である上村松園の生涯を描いた宮尾登美子の同名小説を映画化したもので 葉茶屋「千切屋」が映画の中で商い番頭の半纏が多く登場していた 品のある絵、という評価はあまりピンとこなかった。自分にその目がないからだと思うけれど。そこにいた人の気配が漂っている情感が、いいなあと思った。 【割引内容】 双方、チケット半券を東京藝術大学大学美術館、横浜美術館の 下記展覧会チケット販売所でご提示いただくと、 当日券を100円引きで購入いただけます。 丁寧に描かれていて、読みがいのある作品でした。, 実在の女流画家・上村松園の一生。

会場:東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2 上村松園は、昭和11年61歳のときに《序の舞》を描きました。 高さ2mを超す本作は、同年の文展招待展に出品され高い評価を受けます。 その後政府の買い上げとなり、当時の東京美術学校(現東京藝術大学)に収蔵されました。 女として絵の世界で生きることの難しさや、同情的な部分も多々あったのだが、だんだんドロドロで盲目的になり、何とも言えない恐怖心が。

上村松園はこんな絵を描く、女性です。 よく美術館で見ていましたが、上村松園がどんな生い立ちで、どんな人なのかは全く知りませんでした。 これは小説ですが、事実を元にしているので、今私は松園さんが大好きになりました。

女性の感情や、綺麗なだけでは生きていけないという陰の部分を読むのは非常に好きなのだか、いかんせん内容が濃くて長かったので気持ち的に負担が大きく感じた。 そこで津也は、彼女のその後の運命に大きく関わることとなる師匠と出会う。 Error: API requests are being delayed for this account.   0

周囲にどんな嫌味や皮肉を言われようとも津也の道を支え、あるときは厳しく諫め、優しく諭し、あたたかく包みこむように見守ってくれた勢以に所々で感情がこみ上げて涙がこぼれた。 合計 ¥ 0, 通常価格:¥ 1,620 上村松園の絵を見たけれど、ちょっとした縁側で人を待ったり、舞妓さんが仕舞支度をしたり、針の穴に糸を通そうとしたり、そういう日常の中にある動きを捉えた絵がばつぐんにすてきだと思った。 また、図書館で探してみたが、師の、竹内栖鳳の絵は(斑猫とか)あって、ああこれ美術の教科書でみた、と思った。しかし、鈴木松年の絵がないのが、こうして時がたってみると名実津也は師匠を越えたのかと、何かまた鳥肌が立つ気がする。しかしそうなっている松年の、意固地でどうしようもない感じも、たまらなく枯れ木の好きな人間としては胸にくる。やっぱ好きな作品だなあと再実感。ただ、700ページ越えは長くてなかなか読む機会を得るのが難しいのが諸刃の剣。, 美人絵で著名な上村松園の評伝小説である。幼い頃から絵に夢中な松園は、茶屋を商う母親の手一つで育てられ、画学校を卒業、女性蔑視の風潮のある画壇と戦い、その一角を担う一流画家となっていく。師との関係を持ち、未婚の母となり、40過ぎて結婚を夢見るも年下の恋人に振られ・・と、激動の人生である。一方で、彼女は、温かく力強く支える母親、同じく著名画家に育つ子(上村松篁)や画業に理解のある嫁・孫、そして何よりも、揺るぎない才能に恵まれて、非常に幸せな人であったのではないかと思う。それにしても、宮尾登美子は、裏千家を書いた「松風の家」でも思ったが、この手の小説がめちゃくちゃうまい。くだくだした文体に芸がある。厚いが一気読み。, 最高でした。主人公は、絵の世界では男に交じり、男性社会と闘っていく強い女性なのに、私生活では不倫したり、若い男をあきらめられず未練たらしく迫っていったり…でもそのどうしようもなさがいとおしくなる。, 厚さがあり、読みごたえは十分だが、上村松園のモデルことつうさんがどうにも合わず。 胸が苦しくなった。, 1926年高知県生まれ。『櫂』で太宰治賞、『寒椿』で女流文学賞、『一絃の琴』で直木賞、『序の舞』で吉川英治文学賞受賞。おもな著作に『陽暉楼』『錦』など。2014年没。 自分の人生をすべて娘のために必死にささげた Tweet, Email Address: 宮尾 登美子『序の舞 下』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約14件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 実在の日本画家である上村松園の生涯を描いた宮尾登美子の同名小説を、松田寛夫が脚色し中島貞夫が監督したドラマ。 幼いころに父を亡くした津也は絵画に強い興味を示し、小学校卒業と同時に松溪画塾へ通うことになった。 ちきりやともゆかりの深い、この松園先生の代表作「序の舞」。松園先生の孫、上村淳之(あつし)先生の御了解も得て命名致しました。 2012年9月特許庁より商標登録の認可を受けました。(商願番号 2012-042362) じっくりと石臼で挽きました。 この母親の姿が自分の母と重なって All Rights Reserved. http://d.hatena.ne.jp/adlib/19260413 風の家 ~ カラオケ紳士録 ~ (Not displayed with comment.). 幼い頃から非凡な絵の才能をもつ津也(後の上村松園)は母親の援助を得て、めきめきとその才能を伸ばしていく。