(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); れきし上の人物.comサイト管理人。元々はかなりの歴史オンチ。今では歴史にハマってしまい、城巡りとかしちゃってる。よかったらフォローしてってください。. 晶子は与謝野鉄幹との不倫の関係となった直後、1900年に歌集「みだれ髪」を発表します。当時は女性の性的な側面を作品に表すことはタブーとされていました。しかし、この「みだれ髪」では女性の官能について包み隠さずに描いたため話題となります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 短歌の作り方 - 短歌大学 ~カンタン短歌の作り方~ 公募短歌入選を目指して All Rights Reserved. 与謝野晶子は反戦なんか主張してないぞ、むしろ煽ってた それどころか平塚らいてうを糞ビッチ呼ばわりしたり、思いっきり体制側だぞ 144 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 2150-Xbxe) 2020/09/01(火) 19:36:51.74 ID:Wb3dKsU50 短歌のカンタンな作り方を紹介しているサイトです。短歌と俳句の違いなどを解説しています。. 与謝野晶子(よさのあきこ)といえば、女流作家ですね。 明治から昭和期に大活躍した作家で、「みだれ髪」が有名です。 今回、与謝野晶子のかんたんな経歴、特に有名な短歌、代表作品は?について、紹介していきますよ。 目次 1 [&he 与謝野 晶子: 作家名読み: よさの あきこ ... れた新詩社の社友となり、その新詩社の機関誌「明星」に短歌を発表。翌年、処女歌集「みだれ髪」を刊行。浪漫的な情趣をたたえた「明星調」は当時の青年層から熱狂的に支持された。與謝野寛との結婚後は、「小扇」「舞姫」「夢之華」などの� 与謝野晶子の代表的な短歌とは? ここでは、与謝野晶子の代表的な短歌についてご紹介します。 「みだれ髪」に収められている代表的な短歌. 今回、与謝野晶子のかんたんな経歴、特に有名な短歌、代表作品は?について、紹介していきますよ。, 名前:与謝野 晶子(よさの あきこ)出身地:堺県和泉国(現・大阪府南西部)生誕:1878年12月7日死没:1942年5月29日享年:63歳 (脳出血)時代:明治時代~昭和時代, 与謝野晶子(よさのあきこ)は、堺県和泉国(現・大阪府南西部)に、和菓子屋を営む父・鳳(ほう)宗七と、母・津祢の三女として生まれました。, 堺市立堺女学校(現・大阪府立泉陽高等学校)に入学すると、家の和菓子屋の手伝いをしながら、小説を読みまくる生活をおくります。, 22歳くらいのときに、大阪で行われた浪華青年文学会で、妻子ある男性・与謝野鉄幹(よさのてっかん)に一目惚れしてしまいます。, 与謝野鉄幹が作った文芸誌「明星(みょうじょう)」に、鉄幹への性愛を綴った「みだれ髪」を発表しました。, この「みだれ髪」は、おしとやかな女性が求められた時代に、インパクトが強すぎて世間から大バッシングを受けます。, しかし「本当の気持ちを詠まないのは詩ではない」として、作家としてのプライドを貫き、浪漫派の歌人として注目を浴びました。, 翌年、晶子の猛烈なアピールが鉄幹に届き、妻子を捨てた鉄幹との略奪婚が成功しました。, 日露戦争が起こった1904年には、平和を願い、出兵する弟への想いを綴った「君死にたまふことなかれ」を発表しました。, 1911年には平塚らいてうによって創刊された「青鞜」で「山の動く日きたる」を発表しました。, 新聞連載の「新しい女」第1回に、晶子のパリ行きが取り上げられるほど話題を呼びました。, 1921年に建築家・西村伊作や、夫・鉄幹らと日本初の共学校である文化学院を、東京の御茶ノ水に創立しました。, 文化学院の教師としてバリバリ仕事に取組みながらも、作家として5万首の詩を世に送り出し、1938年に源氏物語の現代語訳「新訳源氏物語」を発表します。, また、女性の立場から教育や自立に関して「婦人は男子にも国家にも寄りかかるべきではない」と主張し、女性解放運動にも参加しました。, 代表作品は、1901年の「みだれ髪」、1912~1913年の「新訳源氏物語」があります。, まず短歌の「君死にたまふことなかれ」は、日露戦争に召集された弟へ向けて読んだ詩です。, 「君死にたまふことなかれ(弟よ死なないでください)」から始まり、弟と家族の事を想い、心から平和を願った詩です。, 当時はまだ男尊女卑の傾向が強く、弟へ対しても敬語が使われていることがポイントです。, 代表作品となった「みだれ髪」は、のちに夫となる与謝野 鉄幹への想いを綴った詩集です。, 女性が愛や恋などの男女関係を口に出すことはタブーとされていた時代に、リアリティ溢れるセクシャルな内容が注目を浴びました。, ・「春みじかし 何に不滅の命ぞと ちからある乳を 手にさぐらせぬ」(人生は永遠ではないのだからと自分の張りのある胸にあなたの手を導く), ・「みだれ髪を 京の島田にかへし 朝ふしていませの君ゆりおこす」(みだれ髪を綺麗に結いなおして朝寝するあなたを揺り起こす), ・「やは肌の あつき血汐にふれも見でさびしからずや 道を説く君」(熱くほてった肌に触れず人生を語り続けてばかりでは寂しいはず), 「新訳源氏物語」は、平安時代の歌人・紫式部の「源氏物語」を当時の言葉で訳したものです。, それまでも源氏物語の現代語訳はありましたが、分かりにくいものばかりだったため、最初の現代語訳とされています。. 波」「夏より秋へ」「朱葉集」「火の鳥」「太陽と薔薇」などがある。昭和に入ってからも作歌活動は続き、「心の遠景」「白桜集」(遺稿)などの歌集が刊行されている。また、上記の短歌、「君死にたまうことなかれ」をはじめとする詩や小説、童話のみならず、源氏物語などの古典研究、婦人問題に関する評論活動、文化学院をよりどころとした女子教育など、多方面にわたって活躍する。, 名著複刻全集 日本近代文学館.

与謝野晶子は、「君死にたまふことなかれ」以外に、「みだれ髪」を残しています。 短歌を自動作成するページです。更新ボタンを押すだけで、短歌がどんどん作成されていきます。短歌の応募にぜひ活用ください。, 与謝野晶子は、現在の大阪府の南西部に当たる堺県和泉国で、和菓子屋を経営していた父親の鳳宗七と母親の津祢の三女として生まれました。, 現在の大阪府立泉陽高等学校に当たる堺市立堺女学校に入ると、小説を読みまくる生活を家の和菓子屋を手伝いながら送りました。, 22歳頃に、妻子ある与謝野鉄幹に大阪で行われた浪華青年文学会で一目惚れして不倫をしました。, 与謝野鉄幹に対する性愛を綴った「みだれ髪」を、与謝野鉄幹が作った文芸誌「明星」に発表しました。, おしとやかな女性が要求されていた時代に、この「みだれ髪」はインパクトが非常に強くて、大バッシングを世間から受けました。, しかし、作家としてのプライドを「本当の気持ちを詠まないのは詩ではない」として貫いて、浪漫派の歌人として着目されました。, 次の年に、与謝野鉄幹に猛烈な晶子のアピールが届いて、略奪婚が与謝野鉄幹と成立しました。, 日露戦争が起きた1904年には、「君死にたまふことなかれ」という平和を願って出兵する弟に対する想いを綴った作品を発表しました。, 1911年に、「山の動く日きたる」を平塚らいてうが創刊した「青鞜」で発表しました。, 晶子のパリ行きが、新聞に連載した「新しい女」の第1回に取り上げられるくらい話題になりました。, 日本で初めての共学校の文化学院を、建築家の西村伊作や与謝野鉄幹らと、東京の御茶ノ水に1921年に創立しました。, 文化学院の教師として仕事をしながらも、5万首の詩を作家として世の中に送り出し、源氏物語の現代語訳の「新訳源氏物語」を1938年に発表しました。, また、自立や教育について「婦人は男子にも国家にも寄りかかるべきではない」と女性の立場から主張し、女性解放運動にも参加しました。, しかし、与謝野晶子はこのような時代に素直に女性の恋愛感情を表現した「みだれ髪」の詩集を発表しました。, 女性自身が恋愛観を表現することを許さない人から批難されるようになりましたが、詩人の上田敏は与謝野晶子を新しい文学が生まれたと高く評価しました。, この短歌の意味は、「その人は20歳で、櫛で髪の毛をすくと、黒髪が流れるようにゆらぐ。なんとこの誇りに満ちた青春は美しいことよ。」ということです。, この短歌の意味は、「朧月の夜、祇園を清水へ行こうと歩くと桜も月も美しい。今宵、私の心が浮き立っているためか、みんな会う人は美しく見える。」ということです。, この短歌の意味は、「仏の道を教えるあなたは、私の柔らかい肌の体や気持ちに触れなくても、寂しくはありませんか。」ということです。, 高い純度ののろひ歌を目指して、どんどん反古紙が多くなっていき、黒き胡蝶ものろひの具象化であると理解できるでしょう。, 与謝野晶子は実際に聖書に興味を持っていたようで、これ以外にもキリスト教を思わせるような羊などの言葉が入った短歌がいくつか「みだれ髪」の中でも詠まれています。, 「みだれ髪」の中で春は何回も出てくる言葉ですが、ほとんど全て「青春」のことを表現しています。, 「乳さぐらせぬ」という表現を女性が使ったのは、その当時としての表現としては大胆であったでしょう。, この前の「何に不滅の命とぞ」と相まって、生々しくも活き活きとした生と性のイメージが深まります。, スペイン風邪が100年以上前に流行っていたときに、与謝野家の家族の全てが感染し、与謝野晶子が対応の遅い政府にいった名言です。, 100年程度と人の命は短いものですが、他の人にその人が与えた記憶や影響は永久に残り続けます。, 与謝野晶子は「君死にたまふことなかれ」など多くの作品を残しており、多くの人に生きている瞬間も影響を及ぼしながら、重大なメッセージを現代の私たちにも残しています。.