総合マーケティングビジネスの富士経済は、スキンケア、フレグランス、ヘアケア・ヘアメイク、メンズコスメティックス、メイクアップ(ベースメイク・ポイントメイク)、ボディケアのカテゴリー別に調査を行った国内化粧品市場を、価格帯別、注目コンセプトなどの視点から横断的に分析。その結果を「化粧品マーケティング要覧 2020 総括編」にまとめた。, なお、1月から3月にかけて調査を行ったスキンケア、フレグランス、ヘアケア・ヘアメイク、メンズコスメティックスの4カテゴリーについては、4月以降の緊急事態宣言の発出にともなう影響を織り込み、市場の見直しを行った。, 2019年は、中国での新EC法施行にともなうソーシャルバイヤー(代理購入者)の買い控えや、円高・人民元安により高価格帯品を中心にインバウンド需要の獲得に苦戦。また、内需は化粧品が軽減税率の対象ではなかったことから消費税の増税前に駆け込み需要がみられたが、そのあとの反動による減少も大きく、化粧品の国内市場は伸びが前年より鈍化し、2018年比1.1%増の2兆8,149億円となった。, 2020年も市場は拡大が期待されていたことから、1月から3月にかけて調査したスキンケア、フレグランス、ヘアケア・ヘアメイク、メンズコスメティックスは2020年初時点で各カテゴリー2019年比0.5%から3.0%程度の伸びが見込まれていたが、4月以降の緊急事態宣言の発出にともなう影響を織り込み、市場を下方修正した。, 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による渡航制限によってインバウンド需要が激減し、内需についても緊急事態宣言の発出による百貨店や駅ビルの休業、外出自粛にともなうメイクアップ機会の低下など化粧品そのものの需要減少により、2019年比7.8%減の2兆5,948億円が見込まれる。, スキンケアは、ほかのカテゴリーと比較しインバウンド需要が大きかったため、渡航制限による訪日観光客の減少の影響を受けたほか、タッチアップの自粛などでカウンセリングによる需要喚起が難しくなっている。市場は、1兆1,802億円へ下方修正し、2019年と比較し1,000億円以上の縮小が見込まれる。, フレグランスは、百貨店やライフスタイル提案型ブランドの直営店舗、バラエティショップなどの休業に加え、エントリー需要獲得を目的に行っていたイベント開催や試香の実施が難しくなり、市場は拡大が期待されていたものの、2019年比2桁減が見込まれる。, ヘアケア・ヘアメイクは、都市部を中心に一部の理美容室が休業したことに加え、消費者が理美容室利用を控えたことから業務用が苦戦しているが、市販用は必需品としての位置づけが強いことから需要減少の影響は小さく、市場縮小は小幅にとどまるとみられる。, メンズコスメティックスは、外出機会の減少から顔拭きシートや、においケアを訴求する商品、シェービング料、メンズスタイリング剤などの需要が減少し、市場が縮小するとみられる。, 高価格帯は、制度品系や外資系メーカーがポイントメイクアイテムをフックに若年層を中心とした新規需要の取り込みを行っているほか、パーソナル訴求の高付加価値ヘアケアブランドのラインアップ拡充、アンチエイジングブランドの好調などにより、2019年の市場は拡大した。高価格帯は百貨店や訪問販売での販売比率が高く、2020年はその百貨店や訪問販売が休業や営業自粛を行ったこともあり、市場は2019年比2桁減が見込まれる。, 中価格帯は、しわ改善機能を持つスペシャルケアアイテムが好調だが、機能性やプレステージ性の高い高価格帯ブランドへの需要シフトや、低価格帯でも機能性の高いブランドの増加など競合は厳しさを増しており、2019年の市場は微増にとどまった。2020年は、メインチャネルとするドラッグストアやGMSは休業が少なかったことや、通販ブランドは店舗休業が広がったなかで需要を取り込んでいることから、化粧品そのものの需要減少を受けて市場は縮小するものの、高価格帯ほどの落ち込みにはならないとみられる。, 低価格帯は、価格志向の強まりから高・中価格帯からの需要シフトにより市場の拡大が続いていた。しかし、2019年はゴールデンウィーク以降の長雨や台風によってサンスクリーンが、暖冬によりリップクリームやボディクリーム・ローションが伸び悩み、インバウンド需要ではソーシャルバイヤーの大量購入が落ち着いたことで人気の高かった洗顔料やシートパックなどが減少し、市場は縮小に転じた。, 2020年は、ドラッグストアなどセルフルートを主体とした展開であるため、店舗休業やカウンセリングの自粛などの影響が少なく、景況感も不透明感が増す中で高・中価格帯からの需要シフトも期待できるため、市場の落ち込みは限定的とみられる。, 業務用はヘアカラーの好調と、それに合わせたトリートメントの展開強化により、2019年の市場は拡大した。しかし、2020年は理美容室の休業や消費者の来店自粛によって苦戦しており、市場も縮小するとみられる。, 富士経済専門調査員による参入企業および関連企業・団体などへのヒアリングおよび関連文献調査、社内データベースを併用, Yahoo!ショッピングの今後を左右するか 意外と知らない、Yahoo!プレミアム会員のすごさ, 賢いECサイトは使ってる!カード決済手数料0円の「SPIKE」についてメタップス佐藤航陽さんに聞きました, 「なぜ、ネットで建築商材が売れたのか?」 サンワカンパニーの「きっかけづくり」ECサイト活用法, なぜ自社ECサイトは必要なのか 「O2O・オムニチャネル時代のオウンドメディアとしてのEC戦略」, 大規模ネットショップほどカートシステムに満足 カスタマイズ性は依然課題も/ECマーケティング調査, ベルメゾン、toB向けインテリアトータルコーディネートサービス本格開始 プランニングから設置まで対応, アリババグループ、天猫ダブルイレブンで過去最高流通総額達成 越境ECランキングで日本が5年連続1位に, Instagram、アプリ画面下部に「Instagramショップ」専用のタブを追加, Shopifyで「ひとりEC運営」貫く「ミウラタクヤ商店」 分析なしLINE即レスの究極のお客様目線, 国内外の事例に学ぶ コロナ禍で消費者のSNS活用が広がる今、企業が行うべき発信とは, これで決着!単品通販(D2C)でコンバージョン率とLTVを最大化する “最強”の決済方法とは?, デジタルマーケティングは特殊スキルではない 西井×逸見×藤原が語る売上アップに必要な組織と人材育成, 「葬儀で黒マスクにする必要はありません」 2万RTを生み出した秘密を西田葬儀社さんに聞く, クックパッドがファミリーマートと連携、生鮮食品販売の本格展開へ 東京都・神奈川県の70店舗で開始, メルカリと日本郵便、「ゆうパケットポスト」開始 売れた商品をポストに投函するだけで非対面発送可能に, 「PayPayクーポン」11/17以降開始 加盟店はターゲットの利用状況分析も可能に, 東京在住者3割以上が新型コロナ流行前より旅行したい気持ち高まる 旅先の消費行動に変化も/全研本社調査, ZOZOのD2C事業第一弾ブランド、販売開始5分で「在庫なし」相次ぐ 一部アイテムを受注生産へ, LINE Payと三井住友カード、両者の強みとノウハウ融合で新たなキャッシュレス経済圏構築へ, 本格導入は半年~1年後でいいかも EC事業者目線で考えるGoogle アナリティクス 4, 青山商事がスーツ・ビジカジなどの「ガイドライン」策定 フォーマル度を可視化、ECや商品提案に活用へ, [マンガ]巣ごもりの日々④帰省のかわりに懐かしい味をお取り寄せ お皿が素敵ならおうちご飯もさらに満足, EC需要が増える今こそ見直したい物流運用フロー 入荷・検品から入庫の基本をおさらいしよう, SBペイメントサービス、自社オンライン決済サービスを導入した事業者向け「AI不正検知」提供開始, ※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(Eメール&パスワード)でログインいただけます。, ネットショップ運営ノウハウなど、電子商取引(EC)に関する情報を発信することで、企業規模、地域問わずに日本のお店運営をスムースにすることを目指す無料Webマガジンです。 年では,中国越境ec における化粧品販売の規制が 緩和されたことにより,対象となるスキンケア,メイクア ップ,髪用,指用,香り用などの非特殊用途化粧品を 購入しやすくなっている.三つ目は,韓国化粧品企 東京都品川区東五反田1丁目7-6 ・訪日中国人観光客の爆買いの失速 化粧品を中国で正式販売するには?化粧品NMPA申請に関する解説。大手のみならず、中小企業の化粧品も中国では大人気であり、流石に made in Japan !現在越境ECを通して中国で販売してる企業も多いと思いますが、とても人気な商品であれば、中国へ正式に貿易輸出し大量販売した方が良いでしょう。 今後の流れは? ぜひ、貴社の対中ビジネスにご活用ください。, 日本では今、中国越境ECが注目されています。 など、これから越境ECを始めようと考えている方に

Asian Beauty 研究所 © 2020. TEL:03-5475-8945. ver.1.5 掲載記事、写真、イラストの無断転載を禁じます。 記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。, [ECzine Press 2020]ECで困ったらこの1冊!~BtoB-EC編~, [ECzine Press 2020]ECで困ったらこの1冊!~ショップ店員のDX編~, 電子書籍『売れないのはシステムのせい? ECサイトリニューアル キホンのキ』(唐笠亮).

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved.

クルエルティフリーの海外の製造者にとって、製品を中国に輸出し、中国で包装されると、国産化粧品と見なされるようになる。なお、クロスボーダー(越境)ecで化粧品を販売すると、動物実験の回避も実現できる。 6.申告書類. 藤和東五反田ビル4階 更新済み 2018-01-23, 日本製自社製品を海外市場へ展開を検討する際、最もリスクが低く、早期に着手しやすい販売チャンネルとして挙げられるのが「越境EC」での販売です。, その越境ECを使った販売実例の代表格ともいえるのが中国EC市場で、その市場規模は2017年時点で約13兆円と巨大なマーケットになっています。しかしこの大規模な数字の反面、中国T-mall, JDなどに出店をしたものの、思いのほか苦戦を強いられている国内企業様が多く見受けられます。, その背景には、化粧品とは「使用してみないと効果がわかりづらい」特性を持つ商品であることから、ECサイトに掲載した画像や商品説明文だけの情報では、消費者が購買に踏み切るまでに至りにくいケースとなる為でしょう。化粧品は化粧品に特化した方法にて海外での展開を考える必要があります。それは正規に商品を輸出し、現地の化粧品店販チャンネルなどにて販売展開をしていく方法です。, 「越境EC」はご存じのように、海外のユーザー様が日本の商品情報をECサイト内で入手し、オンライン上で発注手続きをし、日本→海外一般ユーザー宛ての直送方式となります。, この方式は、海外のユーザー様が日本製品を「個人輸入」する前提となります。商品の売り手は煩雑な輸出入手続きるすることなく、商品は海を渡り、ユーザーの手元に直接届きます。一方、日本の化粧品に元々興味のあった海外のユーザー様(買い手)にとっても、手軽に自国のECサイトで自国の言語で商品購入手続きする事ができますので、単純に輸出入手続きなどの手間だけを考えますと、売り手と買い手、双方にメリットが多いと言えます。, 一方、化粧品を「正規輸出」にて海外展開を検討する際、まず考えなくてはならない事は、各国それぞれの「薬事法に基づく輸入・販売許可申請」についてです。輸出しようとする化粧品は当然に現地の化粧品成分規制に適合したものである必要があります。, また、販売を予定している海外現地の化粧品販売許可関係以外にも、そもそも日本から海外へ化粧品製品を輸出する際、中身の成分により日本の行政から輸出に規制がかかる物もでてきます。, 代表例としては、アロエ、キャンデリラロウなどですが、これらはワシントン条約で制定されている成分を含む商品の為、輸出の際は経済産業省の「輸出許可」を得る必要があります。もし、この許可申請無しで商品を国外へ出そうとした場合は、輸出差し止め措置になってしまいますので、商品詳細に対して注意が必要です。, ※例:キダチアロエ含有の化粧品を輸出する場合には、経済産業大臣の輸出承認を申請し、ワシントン条約に基づくCITES許可書を取得する必要があります。, 越境ECサイトなどで、既に海外市場での販売を経験されたことのある企業様は、このような煩雑な手続きなどが不要である事はご存知かと思います。越境ECを使った販売方式の場合は購入者の「個人輸入品」と見なされております。(仮にこの場合でも、とても個人使用と思われないような数量の注文ですと、各国の行政機関から輸入NGになることがあります), 個人輸入の場合は、ユーザー様が海外から勝手に購入した商品で何か肌にトラブルなどが起こっても行政は責任を一切負わない=自己責任でという前提になります。こういった事から、日本の化粧品に興味があっても、なかなか購入に踏み切れないユーザー様の層が海外市場にはかなり潜在的に存在していることが予想されます。, 日本に化粧品を輸入する際、「化粧品製造業許可」「化粧品製造販売届」や「外国届」といった各種申請手続が必要であるのと同様、海外それぞれの地域においても、各国の化粧品販売に係る許可や登録、届出などの手続きが存在します。, 日本側からすると化粧品を「輸出」する事になりますが、輸出相手国の立場に立って考えれば、化粧品を国内に「輸入」するわけですから、一定の規制をかけることでその安全性を確保し、自国民の健康や自国経済を守るのは至極当然のことです。, まして、化粧品は直接肌に対して使用するものですから、その品質や配合成分による人体の健康に対する影響はダイレクトです。したがって、日本と同等、現地では現地の法の規制に従って輸出販売展開を考える必要があります。, 日本国内で化粧品販売に携わられる皆様でございましたらおわかりかと存じますが、海外市場へ正規輸出販売をする際は、輸出相手国の現地の販売協力者に現地の法令に添った化粧品製造販売業許可を新たに取得してもらう必要があります。, また、この手続き自体も非常に煩雑な為、最も時間と手間を割愛する方法としましては、既に化粧品の販売許可関係のライセンスを所持している企業、または個人へ販売を委託する事が最短の方法と言えるでしょう。. 日本初のWeChat公式越境EC構築システム すでにいくつかのメディアでも告知がされていますが、3月より上海・浦東新区において一部の化粧品輸入が審査制から届出制として試行運用が開始されました。, 大元となるCFDA 2017年第7号「上海市浦東新区における非特種用途化粧品の記録管理の試験運用に関する公告」( http://www.sda.gov.cn/WS01/CL0087/168637.html )は2017年1月に告示されており、その概要をまとめると、上海市浦東新区において、2017年3月1日~2018年12月21日の期間、上海市浦東新区に登記した企業が一般化粧品を初回輸入する際に「許可制」から「届け出制」へ変更を試験運用するといった内容となります。, 出典:https://www.jetro.go.jp/biznews/2017/03/c686f9ab3cbad7a3.html, 従来、中国へ化粧品類を始めて貿易(一般貿易/越境EC共に)する場合、CFDAより一般貿易審査を受け輸入化粧品衛生許可証を取る必要がありました。, 従来の商慣習上においては越境ECかつ直送モデルを取っている多くの事業者はほとんどが許可証は取らずに実施されています。しかし許可証が義務化された事や、この輸入化粧品衛生許可証を取る事で一般貿易として実店舗での販売などが認められるため、CFDAには相当量の許可申請が来ているものと考えられます。, 恐らくこれらの申請を捌ききれない事から、非特種用途化粧品においては審査制から届け出制への規制緩和を行ったと見ていますが、この事実上の規制緩和は中国越境EC市場において海外化粧品については非常に追い風であると言えると思います。, 2015年までのTmall(天猫)国際におけるカテゴリごとの売上ランキングは、1位はベビーマタニティですが、化粧品類はほぼ変わらないシェアで2位につけており、2016年から2017年にかけてはすでに海外化粧品は1位となっており、圧倒的に人気のカテゴリと言えます。, これは中国人消費者の意識や文化の変化、それに購買層が低年齢層化している事も理由と考えられます。, ただ、このカテゴリで売上の主たる商品はスキンケアなどの基礎化粧で、メイクに関してはまさに現在急激に成長している分野です。, それゆえに、中国のインターネットテレビではメイクアップの番組などが非常に人気を博しています。, 今回の制度については細かい部分でまだ未確定な事も多く、ある程度今後も変更されていく可能性もありますが、大きく言える事はこのように中国でも規制緩和はきちんと起きており、特に日本の化粧品類については追い風になっている事であると思います。, 株式会社アイディール

中国の商務部は越境ecの小売り輸入品に関する新制度(新越境ec制度)の一部を、2017年末までに延期すると発表しました。中国政府は越境ecに関する税制度改革を行うため、2016年4月8日から新たな制度をスタートしましたが、突然の発表だったため中国の現場は大混乱。

中国SNSはビジネスにどの様に活かせる? 化粧品の国内市場 2019年は、中国での新ec法施行にともなうソーシャルバイヤー(代理購入者)の買い控えや、円高・人民元安により高価格帯品を中心にインバウンド需要の獲得に苦戦。 中国越境ecのねらい目「化粧品」をとりまく状況をご紹介。外国人観光客の中でも中国人たちは、日本の化粧品を好んで買い求めており、中国越境ecでは、化粧品がねらい目だといわれています。中国の購買者にとって、日本の化粧品が好評な理由と化粧品をとりまく状況をご紹介します。 など、気になるポイントを解消していただけます。 Copyright © Hangzhou REACH Technology Group Co.,Ltd. 近年、中国越境ECでねらい目といわれる「化粧品」。かつての「爆買い」期からコロナ以前までは、訪日中国人たちが、日本の化粧品を好んで買い求めている姿をテレビニュースや街頭でよく見かけました。コロナ禍を経て、化粧品の売り上げはどう変化したのでしょうか。, 今回は、中国の購買者にとって、日本の化粧品はなぜ好評なのか、そして、近年の化粧品をとりまく状況をご紹介します。, 株式会社アドウェイズが天猫国際と淘宝国際と京東国際の3つの越境ECサイトの売上を合計して推計した、中国越境ECでの2016年の日本メーカー商品のカテゴリ別売上シェア上位5位は、次の結果でした。, ●中国越境EC市場商品カテゴリ2016年の中国越境EC/日本メーカー商品のカテゴリ別売上シェア第1位 美容関連 53.1%第2位 マタニティ/ベビー 17.3%第3位 食品/健康 10.4%第4位 家庭用品 6.1%第5位 デジタル製品/家電 4.4%(アドウェイズ調べ:天猫国際+淘宝国際+京東国際の合計にて推計) http://4c281b16296b2ab02a4e0b2e3f75446d.cdnext.stream.ne.jp/com/d3week2017/26B3.pdf, そして、同アドウェイズによる2017年の独身の日セールの天猫国際の人気商品カテゴリの結果は、次の通りでした。, ●2017年「シングルデー(独身の日)」天猫国際人気商品カテゴリ第1位 化粧品第2位 食品/健康第3位 マタニティ・ベビー第4位 服・靴・バッグ第5位 インテリア・車用品(アドウェイズ調べ・2017年) https://ecdatalab.nint.jp/2017/11/24/2017_w11/, また、観光庁「訪日外国人消費動向調査(2019年)」では、「化粧品・香水」や「菓子類」、「医薬品」などが、日本への中国人観光客がよく買う商品の上位に挙がっています。, このことから、中国人たちは越境ECにおいても、日本で観光する際にも、化粧品を買う意識は高いといえます。, なぜ日本の化粧品が愛されるのか、ということについては、そこかしこで日本の製品の「高品質」「ブランド力」「信頼性の高さ」などが、中国におけるそれと比べて大きく勝っている点が挙げられています。, 中国のメディアが発信していた内容によれば、中国人たちが好んで日本の化粧品を買うのは、「ブランドや品種が豊富で選ぶ幅が広い」ことや、「医学研究による開発を経て、生産も厳格な基準のもとで行われている」ことや「成分は天然に近く安心安全」であることなどが理由として挙げられるといいます。, 中国では偽物も多く、信頼の置ける商品がなかなか見つからないという中、日本の化粧品はそのような環境下では、中国人女性たちに非常に魅力的に映ると考えられます。, ところで、日本の化粧品は、かつて「爆買い」といわれていた時期に大いに訪日中国人の人気を集めましたが、その爆買いが過ぎ去った後、再度注目を集めたのをご存知でしょうか。, 「円高元安」となり、訪日中国人たちにとって安価に手に入る化粧品が、格好のターゲットとなったのです。, 「円高元安」時には、高級ブランド品など、高価なものについては、気軽に購入できなくなり、日本でしか手に入らないものだけに目が行く傾向が出ていました。, 一方、安価に手に入る化粧品、トイレタリー、医療品などは、「複数商品の少数買い」の傾向が出てくるといわれます。自分が自分のために買うものがメインとなり、友達や家族にはお土産程度に買うのが一般的となるようです。, 中国の国家統計局が公表している、2020年5月の小売総額は、前年同月比2.8%減の3兆2,000億元でしたが、化粧品の小売総額は12.9%増の270億元と好調となっています。, さらに、長城証券という中国企業の調査では、中国のEC最大手であるアリババグループの5月の流通取引総額は次の結果となっていました。, もはやコロナの影響は中国ECでは減少どころか増しているという結果でした。海外ブランド製品も多く含まれています。, 「爆買い終焉」「円高元安」、そしてコロナ感染拡大の影響によって、中国越境ECにおける化粧品市場には変化が起きていますが、いずれの時期においても日本の化粧品人気は途絶えてはいないようです。, 今後、アフターコロナを迎えるにあたり、中国人たちにどのような購買変化が起こるのか、中国越境ECにおける化粧品市場の動向を追っていきましょう。, 会員数約5億人と言われているWeibo、アカウント数11億人のWeChatに関する

大元となるCFDA 2017年第7号「上海市浦東新区における非特種用途化粧品の記録管理の試験運用に関する公告」( http://www.sda.gov.cn/WS01/CL0087/168637.html )は2017年1月に告示されており、その概要をまとめると、上海市浦東新区において、2017年3月1日~2018年12月21日の期間、上海市浦東新区に登記した企業が一般化粧品を初回輸入する際に「許可制」から「届け出制」へ変更を試験運用するといった内容 … http://4c281b16296b2ab02a4e0b2e3f75446d.cdnext.stream.ne.jp/com/d3week2017/26B3.pdf, https://ecdatalab.nint.jp/2017/11/24/2017_w11/. ©2011-2017 i-DEAL Co.,Ltd. ShopCNサービス資料をご案内いたします。, 「微信(ウィーチャット)」は、中国テンセント社が運営する中国No.1のチャットアプリです。当社では微信を使った様々な広告サービスをご用意しております。, 「微博(ウェイボー)」とは中国の新浪公司が提供している中国No.1のミニブログです。当社では、微博公式アカウント開設・認証のお手伝いの他、運用に関わる様々なユーザーサポートサービスを提供しています。ユーザーの権利を保護し、なりすましアカウントの被害を最小限に抑えます。, 「大衆点評」は世界中の店舗情報と消費者によるレビューを掲載する中国最大の生活情報アプリです。掲載情報はレストランに留まらず、ショッピング、エンターテイメント、ホテル、サロン、クリニックなど3000万件以上の登録店舗数で日本へ旅行する中国人にとって欠かせない情報ツールになっています。. 中国SNS最新市場動向は? 中国向け個人購買代行に逆風、当局が「ec法」監督強化を通知 | 国際商業オンライン | 化粧品、日用品業界の国内・海外ニュース化粧品、日用品業界の専門誌「国際商業」のニュースサイト。メーカー、卸、小売りからインバウンド、中国市場トレンドなどの専門情報を網羅。 All Right Reserved.

中国の国家市場監督管理総局は2019年6月20日、「ネットワーク市場監視特別措置プログラム(方案)」を発表した。同年1月1日に施行されたEC法のもと、大小を問わずECプラットフォームの監督を強化する内容で、例えば、オンライン取引の違法行為、偽造品・危険な食品・偽造医薬品のオンライン販売、虚偽広告などが挙げられる。期間は、19年6月から11月で、すべての地方自治体が具体的な実施計画を策定する必要があること、12月12日までに典型的な行政処罰決定を伴う事例を報告すること、重大事案は即時報告することが明記されている。, 中国の国家市場監督管理総局は2019年6月20日、「ネットワーク市場監視特別措置プログラム(方案)」を発表, 中国現地の大手EC代理商「leqee」の銭江峰日本事業統括は、次のように分析する。, 「EC事業者主体登記が必要なことおよび購買代行に対して管理を厳しくなることは、日本側での購買代行には影響が出ますが、業者による大量並行品の購入には影響は出ません。, つまり、個人購買代行(日本の店頭で購入し、中国の個人消費者に販売するモデル)は、EC法監督管理強化により、資格面(EC経営主体登記)と配送面(通関のチェックが厳格化)の両面の影響を受け、やり難くなります。, 一方、業者による並行品販売(業者が日本で大量に仕入れ、中国のEC経営者に販売し、EC経営者が中国の消費者に再販するモデル)は、今回のEC法監督管理強化に抵触することがほとんどなく、影響を受けることはないと考えられます。, また、権利侵害、偽物などの取り締まり強化およびECプラットフォームによる制限(価格、競合プラットフォームとの提携など)の禁止は、逆に中国市場を開拓しているメーカーにとっては良いことです。とはいえ、方案実施により事業運営のコストが上がるかどうかは、注視する必要がありますね」, 以下は、leqeeによる「ネットワーク市場監視特別措置プログラム(方案)」の要訳である。(原文 http://gkml.samr.gov.cn/nsjg/wjs/201906/t20190620_302494.html), 各省、自治区、直轄市及び新疆生産建設兵団市場監督管理局(庁、委員会)、発展改革委員会、通信管理局、公安庁(局)、商務庁(局)、ネット信用弁公室、郵便管理局、税関総署広東分署、各直属税関:, 党の十九回二中三中全会の精神を深く貫徹するために、ネット市場監督部および連合会議の各メンバー組織の職能優位を十分に発揮し、「電子商取引法」を貫徹し、電子商取引の主体資格の規範に注力し、ネット市場の突出した問題に厳しく打撃を与え、電子商取引経営者の責任を着実に実行し、良好なネット市場秩序を維持し、ネット市場の監督管理を強める。ネット市場監督部および連合会議の各メンバー組織は6~11月に2019年のネット市場監督特別行動を共同で展開することを決定した。「ネットワーク市場監視特別措置プログラム(方案)」を印刷、発送し、実際状況を鑑み、真剣に実行することを望む。, 市場監督管理総局、発展改革委員会、工業・情報化部、公安部、商務部、税関総署、網信弁, 党の十九回二中三中全会の精神を深く貫徹するために、「電子商取引法」を統括、実施。ネット経営行為を規範化し、ネット市場の取引環境を浄化し、良好なネット市場秩序を維持するために、ネット市場監督部および連合会議の各メンバー組織は6~11月に協同でネットワーク市場監視特別措置プログラム(方案)を展開することに決定した。具体案は以下の通りである。, ネット市場監督部および連合会議の各メンバー組織の役割を十分に発揮し、「電子商取引法」の関連規定を厳格に徹底し、ネット市場の突出した問題に厳しく打撃を与え、公平競争の市場秩序を創出。法律に基づいて規制し、慎重な監督管理、知能的な監督管理、総合的な監督管理と協同監督管理を堅持し、信用制約を強化し、電子商取引行為を規範化させ、取引環境を浄化し、消費者と経営者の合法的権益を保護し、ネット商品とサービス品質を向上させ、電子商取引の持続的な健全な発展を促進する。, 各地の各部門は特別行動の実施の重点を突出させ、根幹からの管理を強化し、科学的に行動実施の進捗度を手配し、12月12日までに本特別行動の総括報告を行い、特定項目行動状況統計表、典型的な判例(5件以上、行政処罰決定書を添付)およびそのほかの関連執行資料と共に各上級主管部門に報告し、同級市場監督部門に送付する。重大な状況があったら、現地の党委員会政府と各上級主管部門に即刻報告しなさい。, このページをご覧いただくには、ブラウザでスクリプトが動作するよう指定するか、スクリプトに対応したブラウザを使用してください。, http://gkml.samr.gov.cn/nsjg/wjs/201906/t20190620_302494.html, [第1特集]越境ECで仕掛け国内外の需要を取り込む ― 越境EC参入のメリットを法的視点から読み解く ― 中国当局が輸入化粧品の動物実験免除を検討か ― 上海里格法律事務所首席パートナー・主任 ― 安 翊青, [特集] 化粧品・日用品メーカー 東アジア市場で商機を見出す ― 香港市場(サンワマーケティング) ― 狭隘な飽和商圏の次を見据えECシフトを準備, 「アリババの成長に陰り」18年1~8月の化粧品トラフィック数は前年同期比15ポイント減, 電子商取引の主体資格の規範化に力を入れ、良好な参入環境を作る。法により電子商取引経営者が「電子商取引法」第15条に規定された情報開示義務に違反する行為を摘発する。電子商取引経営者が法に基づいて市場主体登録を行い、電子商取引の主体資格を規範化させ、SNS型EC、越境ECの経営者に対する規範的な指導を強化する。電子商取引プラットフォームの経営者に対して、「電子商取引法」などの法律法規の要求に基づいて登録を促し、プラットフォームを利用する経営者の正確の情報を確認し、登録書類を作成し、電子商取引経営者が各種ライセンス、資料を明示することをを監督する。郵便企業、宅配企業に電子商取引企業の取引先の経営範囲に対する審査を強化するよう促す。電子商取引の主体を規範化し、不法な主体によるネット応用(ウェブサイト、APPなど)を集中的に取り締まる。(市場監督管理総局、工業・情報化部、公安部、税関総署、郵便局は職責に応じて分担して協力する), ネット上で偽物や劣悪品を販売したり、安全でない食品や偽薬、劣悪な薬を販売したりする行為を厳しく取り締まり、安心して消費できる環境を創出。食品(保健食品を含む)、医薬品、電子製品、自動車部品、家具、家庭用品、子供用品、服装靴帽子および労働保護ヘルメットなどの社会的に注目度が高く、健康安全に関係する消費財を重点として、監督、法律執行と刑事司法を強化し、重要案件を突破口として、組織的に集中的に取り締まり、人民の生命安全と健康を断固として守る。オフラインとオンラインの融合管理を堅持し、飲食部門などの商品の抜き取り検査、ネット上の飲食サービス食品の安全監督とリスク監視を強化し、生産源を浄化し、法によりインターネットを利用して偽・劣悪商品を販売する違法犯罪活動を摘発する。法規に基づきインターネット上での権利侵害、偽、有害情報を処理する。(市場監督管理総局、公安部、税関総署、郵便局は職責に応じて分担して協力する), 不正競争行為に厳しく打撃を与え、公正競争の市場環境を創出。「不正競争防止法」「電子商取引法」などの関連規定に基づき、ネット上の虚偽の宣伝、空売り、違法な販促、違法なセット売りなどをする行為を厳しく取り締まる。違法に乳幼児の調合食品を宣伝する行為を厳しく取り締まる。組織的に不法に空の小包を送るなどして、他の経営者の空売りによる信用向上を支援する違法行為を厳しく取り締まる。電子商取引プラットフォームの経営者に対して、信用評価システムを完備させ、法律執行に協力して実施するよう促す。法により電子商取引プラットフォームの経営者がプラットフォーム内の経営者を他の第三者の電子商取引プラットフォームの経営活動に参加させないなどの制限行為(いわゆる二者択一)を摘発する。(市場監督管理総局、発展改革委員会、商務部、郵便局は職責に応じて分担して協力する), インターネット広告の管理作業を深く展開し、良好な広告市場環境を作る。社会的影響が大きい、広範囲にわたるポータルサイト、検索エンジン、電子商取引プラットフォームを重点に、APPやニューメディアアカウントなどのインターネットメディアを重点とし、医療、医薬品、保健食品、不動産、金融資産投資などの人民大衆の健康と財産の安全に関する虚偽の違法広告に対して、事件の取締り力を強め、大きな事件を調査対処する。(市場監督管理総局、工業・情報化部、公安部、ネット信用弁公室は職責に応じて分担して協力する), 法律に基づいて他の各種ネット取引の違法行為を取り締まり、ネット市場の環境を効果的に浄化する。「電子商取引法」「ネットセキュリティ法」「消費者権益保護法」「価格法」「ネットショッピング商品の7日間の理由なく返品暫定弁法」などの関連規定を実行し、消費者クレームの告発ルートを通じて、消費者の知る権利と選択権を保護し、不正な価格行為、不公平なフォーマット条項、法により7日間の返品義務を履行しないなどの消費者権益を侵害する行為への取り締まりを強化する。全面的に個人情報の保護に力を入れ、個人情報に関わる契約形式の条項を規範化する。消費者の同意を得ず、収集、使用、過度の収集または漏洩、不法販売、不法に他人に個人情報を提供する行為を厳しく取り締まる。法に基づき、個人情報保護義務を履行せず、ネット違法犯罪のサポートを提供するネットプラットフォームを厳しく取り締まる。国民の個人情報を侵害する犯罪の取り締まりを通じ、ビッグデータ技術の個人情報の濫用を確実に防ぐ。法に基づき、野生動物およびその製品を違法に販売、購入、利用、又は使用禁止の狩猟道具を利用して取引サービスを提供しているプラットフォームを厳しく取り締まる。密接に協力し、携帯APP端末(ネット取引プラットフォーム、ネット予約プラットフォーム、オンライン旅行プラットフォーム、SNS型EC、越境EC及び他のネット市場の新業態)の違法犯罪行為に対する調査、監督管理、取り締まりを強化する。ネット販売の単用途の商業前払カードの不正行為に対する調査を強化する。海外の代理購入行為に対する監督管理を厳格にし、越境ECの輸出入に対する整備を強化する。ネット販売禁止商品に対する監視・管理を強化し、ネット市場の環境を絶えず浄化する。(市場監督管理総局、工業・情報化部、公安部、商務部、税関総署、ネット信用弁公室、郵便局は職責に応じて分担して協力する), ネット取引情報の監視と製品品質の抜き取り検査を強化し、良好な消費環境を作る。監督管理技術の応用を絶えず強化し、ネットワーク取引情報の監視・測定の新しい方式を模索し、監視・管理プロセスを充実させ、ネット取引の違法な手がかりを効果的に発見する。ネットの集中的な販促イベント期間、祝祭日などの重要な期間をマークし、ネット市場の定点観測と製品品質の抜き取り検査を展開し、直ちにリスクを発見し、信用喪失の共同懲戒機能を発揮し、全網警告を実施する。(市場監督管理総局、発展改革委員会、工業・情報化部、公安部、商務部、税関総署、ネット信用弁、郵便局は職責に応じて分担して協力する), 電子商取引経営者の責任を徹底し、誠実と信用を守る経営環境を作る。電子商取引の経営者、特にプラットフォーム経営者に法定責任と義務を履行するよう促す。電子商取引の経営者を監督し、消費者権益、知的財産権、個人情報保護などの義務を履行し、法に基づいて製品とサービスの品質責任を負い、ネット販売商品の修理と返品の責任を厳格に実行する。電子商取引プラットフォームの経営者に対して、プラットフォーム内の経営者に対する資格審査、主体情報公示を強化し、知的財産権保護の「通知ー削除」義務を実行し、ネット広告により掲載された商品(サービス)は「広告」であることを著しく明示する義務がある。ネット上の飲食サービスプラットフォームに傘下機構、代理店を強化するよう指導し、督促する。積極的に監督管理部門にプラットフォーム上の飲食サービス提供者のデータとプラットフォームの傘下機構、代理店、パートナーなどの情報を報告し、食品の配送過程の管理を強化して、逐次テイクアウトの食品包装シールを推進して、食品の配送過程が汚染されないことを保証する。配達、郵便、宅配などの企業に実名制度を完備させ、権利侵害商品、偽物の受け取り、郵送を拒否し、法律執行部門の違法犯罪の検証を支援する。(市場監督管理総局、発展改革委員会、工業・情報化部、公安部、商務部、税関総署、ネット信用弁、郵便局は職責に応じて分担して協力する), 組織保障を強化し、着実な展開を推進する。各地の各部門は所属地の監督管理責任を確実に実施し、現地の実際状況に立脚し、全体の配置を真剣に行い、確実に実行可能な具体的な実施方案を制定し、実効を得ることを求む。, 監督管理の効果を高め、ネット市場の監督管理方式を革新する。各地は十分にネット市場の監督・管理連合会議の役割を発揮し、監督・管理の協力体制を形成しなければならない。行政指導、行政協商、行政処罰などの手段を総合的に運用し、電子商取引経営者、特にプラットフォーム経営者に法定責任と義務を履行するよう促す。「ダブルランダム、一公開」の監督管理を着実に推進する。「信用中国」ウェブサイトと国家企業信用情報公示システムを通じて、電子商取引経営者の基礎情報と各部門の公務員が職責を果たす(履職)中で形成された行政許可、行政処罰、抜き取り検査結果などの監督・執行情報を適時に公示し、さらに部門間の協同監督管理と共同懲戒を強化する。, 法律意識を強め、「電子商取引法」の宣伝力を高める。各地の各部門は様々な形式で広く宣伝を展開し、電子商取引経営者の座談、指導を組織し、消費警報を発布し、警告と違法の典型的な事例を提示し、電子商取引経営者の、法律を学ぶ、法律を知る、法律を守る、法律を理解、法律を使用、の良好な雰囲気を作り、様々な方法を使い、「電子商取引法」を周知を徹底的に行う。.