ハードごと絶対購入する, いや僕勉信者がファビョって大騒ぎしてるだけだろ

あれだけ頑張ったのに風太郎に真っ正面からフラれることもなく自動で勝ち消滅で三玖とセット扱いとかあまりにも可哀想 むしろそれは予想通りだ。もっとも遠回りなものこそが最短の道のりだという俺の勘が 風太郎のためにと頑張ってたのは四葉だね, 四葉以外にあり得ないというエピソードばかりだったのに、馬鹿には理解できなかった模様, 自分が好かれたいから、とかいうエゴからくる親切じゃなくて 京都の子も四葉って見抜いてるんじゃないか? → 漫画五等分の花嫁の最新話ネタバレ記事一覧!毎週... 二人のデートを査定しながら風太郎には四葉と早く恋人になるようにとエールを送り、四葉には後釜を狙う気満々な発言をする二乃.

ヤマカムさんの五等分感想とても楽しいので2週分書いてくださって嬉しいです!, 子供のころの漠然とした夢が、風太郎と出会ってより具体的な中身を伴ったものとなったから「見つけてあげた」でいいんじゃないかな, 108話の感想でも山田兄貴が書かれてた通り四葉は姉妹で唯一見開きシーンが

五等分ってラブコメの最適解だと思うぜ

ニ乃「私は両手」  こういうのを待っていたって感じです, ただ、他の姉妹をわざわざ出す意味がよく分からなかったです…客観的に見てもう決着ついてるし、今更ニノとかに未練タラタラなセリフ吐かせるくらいなら登場させずに2人だけの世界で描いて欲しかったなと, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 『五等分の花嫁』118話:五月の思い出 感想 なぜ五月はプリクラをお守りに入れたのか!?, 『五等分の花嫁』117話:五里霧中ランチタイム感想 天下取りに遅れてやってきた伊達政宗系ヒロインの五月!, 『五等分の花嫁』116話:五時間一部屋感想 自分のことが好きになれた三玖ちゃんに涙が止まらないよ!, 『五等分の花嫁』第72話:学級中の噂 四葉がいるからこそちょっぴり大人味のビタースイートなんやで!, 『五等分の花嫁』115話:五通りの朝 感想 エンディングが見えた!「…私は、…だぁれ…?」や!, 『五等分の花嫁』114話感想 それはきっと逆向きでも後ろ向きでもない「好き」だから…, 『五等分の花嫁』120話:五年前のとある日 大切なのはどこにいるかではなく五人でいることです, 「イリュージョンコネクト」事前予約受付開始!バトルもシナリオもキャラも期待しかない!. ・約9,000冊の漫画が無料で読める そう思うとフータローが四葉の事を恋愛としてそんな好きになるのかな?と思った。 作品愛、キャラ愛がなさすぎるよ。飽きていたにしてももっと丁寧な終わらせ方はあったはずだ。五等分の失敗があるとすれば最大は作者そのものだな, まあちょっと分かる 暗躍する一花が三玖ちゃんに変装してるのを本人に見られて、四葉が「一花は邪魔しようとしてる」「三玖から上杉さんへの告白だよ」って説明... 『かくしごと』2017年1月号分

風太郎が王子様とは程遠い締まらない表情でブランコ破壊してるのも逆になんかいいね, いい話ではあるけど最後のページの他の姉妹が遺影みたいでどうにも。 あと五月が勝ちとかドヤ顔してたアホや、スクランブル編で一花の変装見破ってるとかドヤ顔してた馬鹿が、予想外れて大恥かいてファビョりまくって荒らしてるだけ, 僕勉なんかジャンプ連載なのに大して売れてないことからも明らかじゃねーか それに過去編で約束の子やっただけで他を上回る圧倒的な強いイベントじゃん 結ばれた手は文化祭と6年前両方に掛かってるし、なんならタイトルになってる星は勤労感謝はもちろんのこと星空の下の出来事にも掛かってて感動した。 他にないよ 「試し読みの続きが読みたい!」 ネットだとワンピアンチの声が大きいから、ワンピの評判悪くて鬼滅より下とか思っちゃう馬鹿なの?, 5が勝つとか先週も騒いでた馬鹿が沢山いたが、頭おかしいか読解力のない馬鹿なだけ その女の子の人柄の優しさに惚れてもおかしくないと思う, アニメ化の際に作者がリボンに自分の推し声優ぶち込んできててキモッて思ってたら悪夢はまだ終わってなかったでござる, 1〜3はヒロインレースに脱落したと腹をくくれるが五が哀れすぎて存在意義は無くなるわな, 花嫁隠しと絵的な伏線、総じて一般に言う所の引き延ばし要素に必死で

上杉さんの凄さを皆に知ってもらいたいと頑張ってたのも四葉 見逃して当たり前の小さな違いを無意識に見抜けたからなわけで, 風太郎のドン引きされかねないプロポーズを

風太郎に夢を与えた思い出の子も四葉

例えばクラスに馴染んでいく過程とかで

無意味に話広げ過ぎたあげく回収もせず、結果だけだすって舞台装置しかそいつら完全に思ってなかっただろ。チェーホフの銃をそろえるだけそろえて投げっぱなしってひどすぎるにもほどがある

成幸みたいな有能聖人主人公であって欲しかった

今回の笑顔は、100点満点、本心からの笑顔でしたねぇ。, 決着後はちょっと失速していた印象があったが今回は感動した。 尾田先生「エネルが下界にいたら、ワンピースは1年で終わります(笑)」←これ(画像あり), 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww, 4おめでとう!!いざ花嫁決まると脱力感あるな、、。 それでフータローがお前のどこどこが好きだって言っても説得力ないわ, 恋がきっかけで一時的に承認欲求の塊になったけど、 文化祭なんてボヤ騒ぎ起こしてる, 今回は5人がそれぞれどの部屋にいるかを事前に伝えてるんで、入室して来なかった時点で自動的に振られてる, 原作は四葉ルートか……

読み返すと鐘キスの後から勉強以外無駄と思ってた風太郎は四葉より力仕事できるんだ 休みの日に連れ出してすまないと謝罪する風太郎に対して、デートに誘って貰えて嬉しかったと照れくさそうに感謝を伝える四葉。 三玖「私は胴体もらおうかな」

春場ねぎ先生の五等分の花嫁【第119話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。, ちなみに118話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。, もし文章のネタバレではなく絵付きで五等分の花嫁【第119話】が読みたい!ということであればU-NEXTで今すぐに週刊少年マガジン2020年9号が無料で読めますよ。, 休みの日に連れ出してすまないと謝罪する風太郎に対して、デートに誘って貰えて嬉しかったと照れくさそうに感謝を伝える四葉。, 本来なら、ドアドンとは男性が女性にする体勢であることから、「これ逆じゃない?」と思わずツッコミを入れてしまうドア側の風太郎。, 四葉は風太郎の的確なツッコミに対して「ですかね…」と納得しながらも、気まずい雰囲気を誤魔化すように電車の外を見ながら「飛行機雲を見たら良いことがある」と話題を振る。, 「このままでは男としての面目が立たない」と危機感を持った風太郎は、曖昧な関係を終わらせ、新たに二人の関係を築き上げる為にもしっかりと自分がリードをして、最高のデートにしようと改めて決意するのであった。, 風太郎がデートプランの一つにファミリーレストランを選択したことに対して三玖達の反応は…「デートにファミレスは有り得ない」と苦言する二乃、「風太郎にしては頑張った方だ」と評価する一花、「初々しくていい」と微笑む三玖、そして五月は「ご飯も美味しい」と食事の感想を述べていた。, そんな中、三玖達が二人のデートを見守っているとは知らずに、四葉の前でファミレスのクーポン券を使う抜け目がない風太郎。, その様子を見ていた二乃は「デート中にクーポンはNG」と風太郎の行動に駄目出しをした後、四葉に対しては「そんな男なんてすぐに捨てて、その席を自分に譲れ」と言い、風太郎に対しては「面倒なことしてないでさっさと告白して付き合え」と不機嫌そうな視線を二人に送りながら呟く。, 二人のデートを査定しながら風太郎には四葉と早く恋人になるようにとエールを送り、四葉には後釜を狙う気満々な発言をする二乃に対して、思わず苦笑いをしながら「どんな心境?」とツッコミを入れる一花。, 五月は二乃と対峙した際の四葉の覚悟を聞いてしまった為、簡単に気持ちを伝えることが出来ないのだろうと風太郎の気持ちを推測する。, 五月の話を聞いた一花は、ぎこちない様子の風太郎と四葉の姿を心配そうに見つめながら二人の心境を察するのであった。, 風太郎は次なるデートプランとして向かったのはいつも家庭教師の際に五つ子と利用している図書館であった。, 図書館に来た風太郎は四葉との話題作りに困った時の為として「今後の目標」、「勉強の調子」等をスマホにメモしており、それ等を参考に何とか話題を探そうとしていた。, 風太郎は二乃と四葉の進路だけ聞いてないとして、四葉にも将来の目標や夢などが出来たのではないかと進路について尋ねる。, 風太郎の問い掛けに対して、照れくさそうな表情を浮かべながら「誰かを助けたり、支えたりすることが自分の性に合っている」と告げ、「諦めから始めたことを自分の糧だと誇れるようになったのは風太郎がそうだったからだ」と微笑む四葉。, 風太郎が四葉の言葉に驚く中、二人の向かい側の本棚では尾行を続けていた三玖達が聞き耳を立てており、中々進展しない二人に二乃がやきもきし、五月達が宥めていた。, 四葉は幼少期の頃の夢を思い出すも夢の内容に言いずらそうな様子を見せた後、自分の夢は忘れてしまったと笑いながら誤魔化すように告げる。, 風太郎と四葉が夢について語り合っていた時、風太郎が以前二乃の昔の夢について聞いたという話題になる。, 風太郎が二乃の夢は「日本一のケーキ屋さん」と言った瞬間、顔を赤くした二乃が「そんなに詳しくは言ってない」と叫びながら風太郎と四葉の前に飛び出して来る。, 二乃が風太郎達の前に我慢出来ず飛び出してしまったことで姉妹の尾行がバレてしまうも、「邪魔するつもりはなかった」、「自分達のことは気にしないで欲しい」と苦し紛れの弁解に現れる五月。, 五月達の登場に動揺を隠せない風太郎だったが、五月に「初デートで割引き券を使ったり、スマホを見るのは気にした方が良い」と呆れ顔で忠告されてしまい、落ち込みながら四葉を連れて立ち去ろうとする。, 風太郎の後を真っ直ぐ追い掛ける四葉の後ろ姿を穏やかな眼差しで見つめながら、「もう背中を押さなくても大丈夫」と安堵した様子で四葉に語り掛けるように微笑む五月であった。, 五月達と離れた風太郎は五月の駄目出しされたことを気にして申し訳なさそうに四葉に謝罪する。, しかし、四葉はそんな風太郎に「自分は風太郎となら何でも楽しい」と笑みを浮かべながら告げるのであった。, 図書館で三玖達と別れた後、最後のデートプランとして四葉を思い出の公園に連れて行く風太郎。, 風太郎はブランコを立ち乗りしながら四葉には自分の思い入れのある場所に連れて行くと言いながらも、実は風太郎が考えたデートプランは風太郎と四葉の二人にとっての思い入れのある場所だったことを打ち明ける。, 四葉はそんな風太郎に対して、三玖達を差し置いて自分だけ幸せになって良いのかと悩んでいることを素直に打ち明ける。, 風太郎にブランコの高飛びを頼まれた四葉は、華麗に高飛びを成功させ、得意気な表情を浮かべる。, 風太郎はそんな四葉に「自分も同じ所まで飛べたら聞いて欲しい話がある」とブランコを立ち乗りしながら動かす。, 四葉は風太郎に無茶を止めるように制止するも、風太郎は「見ててくれ」と四葉に宣言し、勢い良くブランコを動かしたことでブランコの鎖が破損し、勢い良く吹っ飛んでしまう。, ブランコから自分の所まで吹っ飛んできた風太郎の姿に「亡くなったのでは?