今までの城だと井戸跡かな?と思ってたかもですが、丹波八木城はこんな穴がいっぱいあって自然地形なのかなと思いました。 洞窟(どうくつ、英: cave, grotto, cavern )とは、地中にある一定の大きさの空間。 洞穴(どうけつ、ほらあな)とも言う。一般には地下空間のうち人間が入ることが可能なものをいい、洞口の長径が奥行きよりも小さければ洞長2m程度でも洞窟と呼ばれる 。. 日本ケイビング協会, 山口大学洞穴研究会1983年測量の未公表データ(日本の大洞窟, 1987. Instagram  登城口は写真右側の道路を進み、次の内藤ジョアンの碑のある丁字路を左です。, 沢沿いの谷間に段状の区画が並んでいる山城の麓でよく見る光景です。 に、反対側には石垣囲みの細い入口のような遺構、さらに洞窟とちょっと変わった作りをしています。, 内藤法雲郭(烏嶽)の南側の曲輪の堀切には堀底へ下りる石垣囲みの細い入口のような遺構がありました。, 内藤法雲郭(烏嶽)は馬蹄形で中央が低く両端が高くなっています。 一覧[ 城 | 団員 ]. 自分が持参した縄張図に複数書き込まれた黒点はこういう竪穴だったようです。, 内藤法雲郭(烏嶽)の南側の曲輪の堀切は山頂側の切岸の一部が石垣(写真中央) またこの洞窟の上が内藤法雲郭の南端の曲輪なのですが、曲輪には無数の竪穴があってこの洞窟等に繋がっていそうで滑落が怖かったです。, 遊歩道を登って行っても道標はないです。ここっぽいかなとキョロキョロするとピンクリボンがあったので道をそれて山に分け入ったら正解でした。, 内藤法雲曲輪南郭の堀切の南側です。

岩の上は立入禁止ですが左側に道がついています。, 八木城探索で一番急な箇所で距離はないのですが、ほぼ崖をロープ頼りに下りることになります。, 八木城探索で一番急な箇所で距離はないのですが、ほぼ崖をロープ頼りに上り下りすることになります。写真の後ろ側はさらに岩場になってます。, 八木城探索で一番急な箇所で距離はないのですが、ほぼ崖をロープ頼りに上り下りすることになります。, 八木城本丸から南に延びる尾根上の曲輪です。 グッズ販売  2016/09/03(土) 01:38:19, 肝試しや心霊スポット探索のときにはぜひ持っておきたい一品です。その場が盛り上がること間違いなし!, もっと詳しく知りたい方はAmazonのページからどうぞ ライブラリ  デジカメの画像を指差して絶対ある。, 足も出てるって狂った様に喚き始め女子を怯えさせ挙句の果てに確認に行くと言い始めた。, 女子はもう帰りたがっていたし、既に暗くなり始めていたこともあって、もしあったなら暗くなって警察も見落としたんだ、きっと明日ちゃんと探してくれるとなだめて、俺は強制的に解散にした。, 榎本は最後まで納得していなかったが車も無いし、どうせ一人じゃいけないだろうと、俺は面倒になってさっさと帰った。, 警察の話も半分だけ聞いているような状況で写真の提出を求められて、そういえば何で榎本に先にかけなかったんですか?と質問した。, 写真は彼が持っているので、と話している途中、少し気になってやはり昨日は発見できなかったのかと尋ねた。, 前日別れたままの恰好で、ズボンもジーンズじゃないが、説明されて浮かんできたのはあの写真とそっくり同じしにざまだ。, 上半身が見えなかったのは尖った岩に叩きつけられて、背骨が粉砕され、胴が伸びて頭が重いから、異様に向こうに垂れさがっていたらしい。, 俺たちが屍体を見つけた時点では榎本は生きていた、俺たちが見つけたのは別の屍体だと言ったが、カメラは行方不明になっており、証拠も無い。, 警察から榎本に電話がかかってきたと言ったが携帯も行方不明、携帯の会社に通話記録も残っていない。, そして、一番意味が分からないのは榎本が見つかった場所は橋からかなり遠いのに榎本は高さ100m程度から地面に叩きつけられた死に方をしていたらしい。, 五年前、私が中学だった頃、一人の友達を亡くしました。 表向きの原因は精神病でした …, 夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 133 名前:とき 投稿日: …, 夏休みに何か高収入のバイトないだろうか、と友人と探してたとき 9 本当にあった怖 …, 俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんのとこにいっ …, 以前勤めていた会社で、年配の女性社員の方から聞いた話。 489 :可愛い奥様:2 …, 幼い頃で記憶が曖昧になっているのもあると思うけど、今でもあの光景は忘れられない。 …, 夏休みちょっと前くらいの事、俺と友人の晴彦と守夫とで、夏休み中にN県の山奥へキャ …, コトリバコで懐かしくなって思いだしたので、ちょっと語ってみる。 747 :本当に …, 2009年、大学のとき遭遇した『霊殺し』の話。 40 :本当にあった怖い名無し: …, これは私が大学時代に、友人から聞いた話なのですが…… 実際に友人が遭遇した話で、 …, このコンテンツは音声のみとなります。 テキストデータを紛失してしまいました。申し …, 小学校四年生の夏休みのことで、今でもよく覚えてる。 2013/02/02(土) …, 皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。 750 :本当にあった怖い名無し:2 …. コース状況/ 危険箇所等: 今回の洞窟までは岩場の下降、又は洞窟の下から洞窟まで登りのいずれかで、今回は一度洞窟の下まで行きましたが、上から懸垂下降の方が安全と思い、上から懸垂下降で洞窟まで行きましたがロープが少し短く、洞窟の中までは行けませんでした。 ブログを報告する, No:044【茨城県】筑波山の「ガマ洞窟」!B級スポットの聖地であるオバケ洞窟に潜入した!, No:042【岡山県】昭和テイストな激渋銭湯を発見!瀬戸大橋の下はノスタルジックな世界!, No:041【栃木県】「夢だけど、夢じゃなかった!」トトロはいた!!田園の中の神社に!!, No:038【福岡県】高菜、食べちゃったんですか!?ネットを震撼させた伝説のラーメン屋!, No:037【千葉県】岩山に無数の洞窟!その暗い洞内には、風化した太古の仏像がずらり…!, No:035【富山県】古代人の暮らした洞窟発見!!土を掘れば、地下は歴史のミルフィーユ!. 写真は上から2段目から1段目の切岸です。, 四段目の腰曲輪から撮影。巨岩による切岸です。 → 山口大学洞穴研究会;日本の大洞窟, 1987. (本丸案内板の内藤五郎の字の上あたりの曲輪です。), 堀切前の曲輪の土塁です。U字に曲輪を囲むように造られています。 日本テレビ放送網株式会社、山口ケイビングクラブ:秋吉台の洞窟目録と測図, 1996. 整備はされていませんでした。, 本丸の北東側には腰曲輪が続くのですが、一段目の北側は本丸にそって西側に犬走のように伸びています。その下に石垣が残っています。, 本丸北東側には4段腰曲輪が続いています。 八木山橋の心霊情報 【住所】〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町越路19−1(マップを見る)【画像】【動画】【心霊現象】自殺の名所です。 橋の下が断崖絶壁になっており、自殺防止のフェンスが取り付けられましたがそれでも後が絶ちませんでした。

秋芳町・秋芳町教育委員会;日本の大洞窟, 1987. ニュース  自然豊かな伊豆大島の風景や樹木・花々・動物や海の生き物・島のみどころ、島のイベント情報・大島を描いた作品や大島今昔などもろもろ紹介するブログです。参加していただける方は gojinka100@yahoo.co.jp へ連絡ください 切岸には姫の洞窟という穴があいています。(周辺には別の穴があいていますし、かなり離れた烏嶽にも洞窟が沢山ありました。), 曲輪中央にこの岩があるところが並河重郎郭です。

裏側にも文字が掘られてあり八木の字だけはわかりました。, wiki情報だと烏嶽には大正時代のマンガン採掘跡の大きな洞窟が二つあるそうです。その一つかもしれません。 ヘイポー   2017/10/07, 実はあそこの下の竜ノ口渓谷って降りていけてね、足場は悪いんだけど、地層とか生物とか、面白い場所なんだよね。, 三年前の、俺がオカルト板に来る前の話で、あんまりオカルトに興味無かった俺が興味を持つきっかけになった話。, 特に夏場とかは川縁特有の涼しさと上流こその水の綺麗さで、結構遊べる場所だったんだよ。, ただ行く時にはルールがあって、そのうちの一つとしてカメラの所持は禁止していたんだよね。, これは前述の通り足場が悪くて、川に落ちる奴もいるから、水にぬれるとだめになるような電化製品は危ないってだけ。, まあ竜ノ口渓谷に入ってから出てくるまでは省くんだけど、もちろんそこで自殺者を見つけたりはしなかった。, 帰り際に俺が撮った写真なんだけど、川を挟んで向こう側の岩の上に、仰向けの状態で人の下半身らしきものが置いてあるって言うのかな。, なんとかジーンズが落っこちてるだけって思いこもうとしたんだけど、ジーンズからは足らしきものが飛び出てるし、岩の上は泥だとは思えないような、乾いた血みたいな色してんの。, 何で気付ないで撮ってんだとか、ここで撮れって言ったのはお前だとか、見えなかっただとか、俺と榎本で言い合いして他の人の提案で榎本が警察に電話したんだ。, 俺たちは気味が悪いと思いながらも、無理矢理見間違いだったってことにしたが、榎本は何故か異常にとりみだして、現に屍体が写ってるし無いはずがない、絶対屍体だと言って聞かなかった。, 俺たちは川で遊んでいた奴が、奥の方にある沼にでもはまって、泥だらけのジーンズを捨てて行っただけだって言ったが全く聞きつけない。, 心霊写真じゃないかとも言ったが、はっきり写ってる屍体があるんだと言って聞かない。