今回も賑やかですv表紙の描き込みも相変わらず細かくて見ごたえアリですwwwwこれまでの感想はこちら。 予約商品以外は即日出荷!鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ) 全巻セット(1~8巻 以降続巻) 価格:4,570円(税込、送料別) 八巻だけに冒頭は八寒地獄のお話からスタート! It includes tags such as "鬼灯の冷徹", "女体化" and more.

2014年にアニメ化されて人気だった「鬼灯の冷徹」。亡者を裁く閻魔大王とその補佐官鬼灯、そして彼らを巡る地獄の住人達の中で最も強いのは誰なのでしょうか?腕っぷし、色気、特殊能力等の様々な条件から、登場人物の強さを議論の上、ランキングを作ってみました。 『鬼灯の冷徹』(ほおずきのれいてつ)は、江口夏実による日本の漫画作品。『モーニング』(講談社)にて2011年14号から2020年6号まで連載された。単行本は全31巻。, 本作は日本の地獄の住人たちを中心としたブラック・コメディ漫画。それ以外にも神話・御伽噺・怪談などの登場人物が多数出演しており、日本に限らず海外の悪魔・妖怪なども登場する。, 「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」で1位を受賞した。2014年にはテレビアニメ化され、2017年から2018年にかけて第2期が放送された。, 本作の作者である江口は、両親の影響もあり『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』、『笑ゥせぇるすまん』、そして『まんが日本昔ばなし』などに親しんでいた[2]。江口はナタリーとのインタビューの中で、「母が少女漫画がダメで、父はバトル漫画を好まず、二人そろって妖怪の漫画なら見てもいいよといわれた」と幼少期について振り返っている[2]。江口の母は古典文学の教師だったため、神話や民話についても触れる機会が多く、『水木しげるの妖怪101ばなし』といった書籍を読む機会もあった[2]。江口はナタリーとのインタビューの中で、『ゲゲゲの鬼太郎』の影響が大きいことを認めており、「おどろおどろしくもかわいらしく、毎回様々なキャラクターが出てくるので、退屈せず楽しめた」と振り返っている[2]。江口は非ホラー作品からも影響を受けていることを認めており、特に『ドラえもん』については、教育的な要素の強いアニメ版と狂気的な要素をもつ原作との対比が、鬼灯に影響を与えているとしているほか[2]、毎回最初のページ扉絵を設ける手法も本作に取り入れている。, 高校で進路を決める際、江口は絵が好きだったことから美大へ行くことへ決め、日本の伝統美術に興味を抱いていたことから、日本画を専攻した[3]。モチーフの並べ方や陰影の使い方、カラリングなどは日本画からの影響によるものであり、着物を着たキャラクターの構図は上村松園の女性図を参考としているほか、武将や着流しの男性は月岡芳年の作品をモデルとしている[4]。また、江口はコンピュータゲーム『大神』を通じて古事記にも親しんでおり、古事記に登場する神々の人間臭さに親しみを感じていた[5]。, 本作は第57回ちばてつや賞一般部門佳作受賞作『非日常的な何気ない話』を元に、2010年に講談社の漫画雑誌『モーニング』にて『地獄の沙汰とあれやこれ』と改題して読み切りとして掲載され、2011年14号より『鬼灯の冷徹』に改題して連載されている[2]。2014年35号より、作者である江口の体調不良のため、週刊連載から隔週連載に移行した。同社刊の『なかよし』にて、柴もなかが作画を担当する、獄卒のシロを主人公とした『鬼灯の冷徹 シロの足跡』が2016年1月号から2020年5月まで連載された。, 2019年10月16日発売の2019年46号で「あと5話で完結です」と告知され、2020年1月9日発売の2020年6号で完結。江口は「読者様、担当編集様、モーニング編集部の皆様のおかげでここまで長く、そしてきちんと終わるまで続ける事が出来ました。大変幸せな恵まれた作品です」と感謝の言葉を述べている[6]。, 本作のストーリーは様々な方法で作られるが、作品の執筆にあたり「最初のネームで疑問に思ったことがあっても、初めに描いたことからぶれないようにするため、後から考えたことはネームに反映させないようにする」という方針を採っている[7]。また、人気の出たキャラクターでも無理に出番を増やさないことも方針としている[7]。, #連載までの経緯でも述べた通り、本作の主人公である鬼灯は、江口のデビュー作「非日常的な何気ない話」の一編である「鬼」の登場人物を基にしている。連載初期、主人公の鬼灯はあおり文などで「ドS」として表現されていたが、江口は「鬼灯は他人をいじめて悦ぶサディストではない」と考えており、関係者にはなるべくその言葉を使わないでほしいと頼むこともある[7]。また、江口は一言ではなく丁寧な方法でキャラクターを表現することを心がけており、鬼灯が来た場面で他の登場人物が説明するような手法は避けている[7]。江口はインタビューで、鬼灯の外見を流行り廃りのない美しさを持つ「神様の顔つき」を意識して造形したところ、美男子としてもてはやされて驚いたと振り返っている[5]。さらに、江口は、「あまり完璧な人物を出さないほうが面白く、様々な顔の個性的なキャラクターが活躍する漫画が面白い」と述べており、たとえば石長姫についても原典通り醜女として描いている[5]。また、「鬼灯の衣装は道服ではあるものの、扉に描く時くらいは着物らしさを演出したい」とも述べている[4]。, 本作に登場する動物の獄卒たちは、かわいらしさと怖さを併せ持っており、このことについて江口は「かわいいだけで飼うからペットを捨てる人が多いわけで、怖いこともちゃんと伝えなくてはいけない」ということを込めて描いている[8]。, これらの獄卒の設定は江口の実体験を基にしている部分があり、例えばイヌの獄卒であるシロは、江口の幼少期の経験がもとになっている[8]。また、ウサギの獄卒である芥子は江口が昔飼っていたウサギの一羽の逞しさがもとになっており、芥子が初登場回である「かちかぢごく」の中で糞を食べるかと発言する場面については、江口がウサギの食糞の習性を友達に話して引かれた経験が基になっている[9]。, 江口は本作のユーモアに影響を与えた作品として、岡田あーみんの『こいつら100%伝説』と柴田亜美の『南国少年パプワくん』をあげ、「鬼灯が金棒を振り回すのは子どもには絶対まねできないので、やり切った方がまねする者が出てこないのではと考えている」と述べている[10]。また江口は、漫画家になる前に勤めていた会社の上層部にやりたかったことが強いツッコミになったと述べているほか、言葉遊びやコントの中の知識の挿入はお笑いコンビのラーメンズから影響を受けたことを認めている[10]。, 江口はカラー原稿執筆の際、日本画を意識した色合いや配色のもと重ね塗りを用い、一つの系統の色で段階的に濃淡を変化させる繧繝彩色という手法も用いた[4]。江口はこの手法を導入した理由について、「コピックのような高価な画材を買えず、安いカラーペンで描いていたため、色ムラを隠すために模様をのせていたところ下のムラが活きることに気づいた。コピックを購入できるようになった後もムラが気になり、それ以来毎回模様を入れるようになった」と述べている[4]。, また、カラーイラスト集「獄彩絵画」に収録された第1話のカラー版では、扉ページに描かれた雲が隣のページにつながるという演出が施された[4]。江口はこの演出を洛中洛外図に譬えており、荒木飛呂彦の影響も認めている[4]。, 地獄では、戦後の人口爆発や悪霊の凶暴化により、亡者はあふれかえり、獄卒たちは人材不足に悩まされ、あの世は前代未聞の混乱を極めていた。そんな中、どこか頼りない閻魔大王に代わって地獄全272部署を治めているのは、閻魔大王に抜擢され、閻魔大王第一補佐官の座にまで上った有能な鬼神の鬼灯であった。鬼灯の幼馴染で衆合地獄主任補佐のお香、女癖が悪く、鬼灯に会うといつも張り合っている中国の神獣・白澤、お伽話としても有名な英雄の桃太郎とそのお供、新人獄卒の唐瓜・茄子などの個性豊かなメンバーと共に過ごす、鬼灯たちの日常を描く。, 主に各キャラクターの内容と担当する声優について記載する。特記なしはテレビアニメのキャストである者、☆は限定版単行本の付録であるオリジナルDVDのみの出演。アニメのエンディングのテロップに表記されていない場合もある。本作は兼ね役[注 1]が多く、名無しの獄卒などのチョイ役・ガヤに至っては1人の声優が2人以上複数の役を演じている場合がある。, シロの同僚の柴犬(クロは黒柴)。血統書付きの純粋な柴犬では無かったため、捨てられた過去を持つ。, シロの同僚。和犬の足の短さや、和食の味付け、暖炉がない等不満を言う西洋かぶれ犬。