現在の日本では無期懲役の刑が確定してから、30年以上経ってから出所するケースが多いです。そのため、北村有紀恵もあと10年以上は服役されていると考えてよいでしょう。, そして北村有紀恵は、2016年に刑務所内の制限区分で「2種2類」に昇格をされました。刑務所では受刑者に対し、行動を制限するための4つの区分を行っています。それにプラスして外部との連絡を取れたりする優遇措置が5種類に区分されています。 1996年(平成8年)1月19日、東京地裁八王子支部は有紀恵に対し、無期懲役を言い渡した。 あまりの衝撃に有紀恵は足が震えた。実家に帰る途中、車を停め、何度か胃の中のものを吐いてしまった。 そして放火事件から2か月たった平成6年(1994年)2月6日。北村有紀恵は父親に付き添われて警察へ出頭します。, その後、平成8年(1996年)に裁判が行われ無期懲役が求刑されます。しかしながら北村有紀恵側の弁護団は、不倫相手から「妻とは別れる」「妻とは結婚するつもりはなかった」といった数々の虚言に騙されていたことによる心神喪失状態だったため情状酌量の余地がある、と訴えていました。 7月26日夜、雅子は有紀恵に電話をかけ、あざ笑うように言った。 1991年(平成3年)4月、杉田の妻の雅子が流産した。杉田はショックを受け、有紀恵がこれに同情する形で、2人の関係はますます親密になっていく。だが、有紀恵は上司と部下の関係は決して崩すまいと思っていた。 大学の同級生らによると、有紀恵は頭脳明晰で多くの男子学生から注目され、性格は明るく、几帳面で、何事にもまじめに取り組むタイプだったという。数学科に在籍する女子学生はわずかで、それだけに有紀恵に交際を迫る男子学生はいたが、有紀恵にその意志がなく、彼氏と呼べる男はいなかったらしい。, 1989年(平成元年)、有紀恵は日本電気(NEC)に入社した。技術系総合職としての採用だった。数ヶ月の研修を終え、8月下旬から東京都府中市にある工場にソフトウエア事業部ネットワーク開発部員として配属され、SE(システム・エンジニア)として働いた。そこで、同じ職場で働く杉田修(仮名)からコンピュータ技術のイロハを学んだ。7歳年上の杉田は身長が180センチに近く、「ハンサム」なスポーツマンで社内の女性の注目の的だった。

有紀恵には妻子ある男と不倫したのだから自分が悪いという気持ちがあった。だから、ひたすら、すみませんを繰り返すだけだった。その素直な応対に雅子は拍子抜けしてしまい、電話を勝手に切った。 5月23日、有紀恵の実家に近いグラウンドで会社のソフトボール大会があり、杉田は有紀恵を誘った。有紀恵は車で実家に帰る予定があったので、グラウンドに寄った。そこで、杉田は長女を連れて大きな腹を抱えた妻の雅子を有紀恵に引き合わせた。有紀恵は「初めまして、北村と申します」と挨拶はしたものの、そのあとは気持ちが動揺して、言葉にならなかった。 トラック業界で主流になってきているセミオートマについてと、そういった流れになった背景を解説しています。また、セミオートマ化が進んだ現状のメリットや変化した点についても記載しています。

幼い頃から父の背中を見て育った北村有紀恵は、小さい頃から自分で何でもできる頭の良い子供だったと言われています。, そして頭脳明晰な子供だった北村有紀恵は、小学生の頃からピアノや踊り、習字、お茶など様々な習い事をします。どの習い事もそつなくこなしていた北村有紀恵。近所からの評判も良く、「かわいくて頭の良い子だね」と声を掛けられることもありました。, そんな小学生時代を過ごした北村有紀恵は、将来を見据えて中学受験をします。受験の結果、赤坂にある私立の女子中学・山脇学園へ入学をし、高校卒業までの6年間を山脇学園で過ごしたようです。ちなみに山脇学園は名門女子中学として有名な学校です。, 順風満帆な高校生活を過ごされた北村有紀恵は、その後大学へ進学しました。大学は東京都立大学(現在は首都大学東京)の理学部数学科へ合格されました。 All Rights Reserved.

それまで誰とも付き合ったことのない北村有紀恵にとって、原田幸広とのデートはとても刺激的だったことでしょう。親密になるにつれ、2人の呼び方は「師匠」「キャシー」などと変化していくようになりました。, ただどんなに親密になっても、デート以上の関係は持ちませんでした。北村有紀恵の中で、肉体関係になったらマズいと考えたのかもしれません。

この杉田の言葉を真に受け、有紀恵は通関士の勉強をするなど将来に向けて準備した。 「生きた子どもを平気でお腹から掻き出すような人なのよ、あなたは」

火を放った当時は心神喪失状態だったとしても、子供が寝ている横でガソリンに火を付けたらどうなるのかはだれでも分かります。そして、子供が殺されてしまったのは紛れもない事実なのです。, この事件の裁判とは別に、被害者夫婦は子供が殺されたことによる損害賠償裁判が行われました。この裁判によって北村有紀恵の両親に対して1500万円の賠償金を支払うこと。そして北村有紀恵自身には3000万円の賠償金が支払うことが決定し、和解が成立となりました。, 子供2人が犠牲となってしまった事件ですが、裁判の結果の賠償金の額が少ないととるか多くとると考えるかは個々の意見によるでしょう。ただ例え賠償金を支払ったとしても、子供の命が戻ってくるわけではありません。, この凄惨な事件は、もちろん悪いのは犯人である北村有紀恵です。しかしながら、世間は不倫相手である原田幸広に対し非難の声があがりました。特に北村有紀恵の弁護士が裁判で主張した内容が、不倫相手の嘘ばかりな発言の数々が明らかになったからです。, 妻と離婚するつもりはなかったのにもかかわらず、北村有紀恵に対し「一緒になりたい」「離婚をするために話し合う」と言い騙し続けた上に、弄んだ原田幸広。北村有紀恵が事件を犯した背景には、不倫相手の数々の言動が深く関係しています。それ故に「不倫相手も悪い」と言う風潮となりました。, 日野OL不倫放火殺人事件が起きてから2019年で26年が経過しています。北村有紀恵は今現在、何をしているのでしょうか?裁判が行われたその後から、現在に至るまでの北村有紀恵についてご紹介していきます。, 約20年前に無期懲役の判決を受けた北村有紀恵の現在は、服役中となっています。無期懲役のため、今後は出所する可能性もあります。

手記の中で北村有紀恵は裁判について触れ、「刑については何も不満はない」とした上で、「中絶をしたことによって死刑になって当然だと思っていた」と綴り、さらには「ただ控訴したのは、審理について納得がいかなかったから」と述べられました。, 事件が起きてから既に30年が経過して、人々の記憶から消えてしまってきている「日野OL不倫放火殺人事件」。事件後、被害者夫婦はどうなったのでしょうか?その後について迫っていくとともに、日野OL不倫放火殺人事件をモデルとした小説作品についてご紹介します。, 不倫相手の原田幸広は、事件が起きてから早々に日本電気を退職されました。形式上は自ら願い出て退職したことになっていますが、実質解雇されたと考えてよいでしょう。, 子供2人を殺されてしまった被害者とは言え、不倫をしていたのは事実です。自身の欲望のままに行動したことによって事件は起こってしまったことに対して、どう思ったのかは分かりません。ただ軽い気持ちで不倫した代償は、あまりにも大きな結果となってしまったと言わざるを得ません。, 罪深いことを犯した不倫夫を、妻は許さないと思うのが普通です。ましてや夫の不倫によって、可愛い盛りの幼子が2人も亡くなってしまったのです。妻は事件後、夫に対し離婚を申し出たのかもしれませんが、夫婦は離婚と言う選択をしませんでした。, そして、数年が経った後に夫婦の間に再び子供を授かり、現在は1男1女の2人の子供が生まれています。子供の具体的な年齢は分かっていませんが、2人の子供を授かったことから夫婦の関係は元に戻ったようです。 『現代』(講談社/9、10月号)に、「獄中手記 私が落ちた愛欲の地獄」というタイトルで、事件のことが掲載されたが、最後には、<タイトルは現代編集部がつけたもので、本文は北村有紀恵が書いたものではなく編集部がまとめたものです>という断り書きがある。 妻は仕事から帰宅した夫に詰め寄ると正直に白状。怒った妻は夫を平手打ちをした後、その場で北村有紀恵に電話をかけて別れるように言いました。, 不倫がばれてしまった北村有紀恵は、相手の妻に対し「すみません」と何回も何十回も謝ります。2年もの間、夫が不倫していたことに対し、当たり前ですが妻は謝罪だけでは許せる気持ちにはなれませんでした。

メキシコ最凶カルテルと地元カルテルの抗争が激化メキシコで麻薬組織カルテルによる犯罪が急増している人口580万人のグアナフアト州は今年1月から10月までに2865人が殺害された。同州で2つのカルテ … , なぜ認知件数が増えてい るのかを説明することにあっ た.治安悪化が問題 となっ た2000年前後を含めて,当時も今も長期 的に見ると殺人や傷害致死による被害者は ・ 貫し て減少してい るからである.まず , この点を確認 しておこう. 2月末、杉田と有紀恵が伊豆高原に旅行に出かける。 Copyright (c) 2020 日本凶悪事件史 All Rights Reserved.

9月上旬、雅子が長男を出産、上京した。 杉田は会社から帰宅すると、有紀恵と約2年間、不倫関係にあったこと、その間に有紀恵が2回、中絶していることまで白状した。雅子はその場で杉田に土下座させ、平手打ちを浴びせた。杉田は「気が済むまで殴ってくれ」と言うのがやっとだった。その後、杉田は雅子の前で、有紀恵に電話をかけ、「キャッシーに嘘をついていた。実はまだ何も女房に話をしていないんだ」と言った。有紀恵は電話をかけ直し、雅子と直接、話をした。雅子はヒステリックな調子でまくしたてた。 雅子は「彼女に支払い能力があるとかないとか、金銭の問題じゃない。世間が彼女のことを可哀相な女と言っても、私だけは許さない」と言いきった。

杉田は事件後、依願退職させられたが、妻と離婚することもなく、一男一女をもうけている。. 1992年(平成4年)4月、有紀恵は妊娠した。だが、杉田に「時期が悪い、今回は堕ろしてくれ」と言われ、5月、有紀恵は中絶した。その頃、杉田の妻の雅子が臨月に近かったのである。

杉田は鹿児島県の農家で6人兄弟の末っ子として生まれた。地元の商業高校を卒業後、上京して日本電気ソフトウエアに就職、SEとして働いていた。 3月、杉田は有紀恵に、「長女が幼稚園が休みに入る3月19日までには離婚の話を妻にするつもりだから」とか「4月5日には"決着"をつけるつもり」などと言っていた。

12月24日(クリスマス・イヴ)、杉田は会社を終えると、シャンパンをもって有紀恵のアパートを訪ねた。このとき、杉田はこともなげに「8月が妻の出産の予定日なんですよ」と言った。そのひと言に有紀恵は「そう、おめでとうございます」と言っただけだった。有紀恵の頬が涙でぬれた。 1997年(平成9年)7月、杉田夫妻との和解が成立した。すでに支払い済みの1500万円に加え、さらに3155万円の支払いの義務に応じることに同意した。

だが、それだけでは終わらなかった。毎夜のように雅子は有紀恵に電話をかけ、罵詈雑言を浴びせた。有紀恵は執拗な電話攻勢と自責の念で不眠症にかかり、食欲も失せて60キロあった体重が1週間から10日で40キロ台になった。 2人は最初は上司と部下の付き合いだったが、やがて「師匠」「キャッシー」と呼び合うようになり、次第に親密になっていき、デートを重ねる関係になった。

次の日から毎日のように北村有紀恵に電話をかけ、ありとあらゆる暴言を浴びせるようになります。そして北村有紀恵は自分が悪いという気持ちと、毎日の電話から次第に精神的に疲労してくようになりました。, 精神的に疲れてしまったある日、妻は電話で北村有紀恵に対し「あなたは、生きた子どもを平気でお腹から掻き出すような人なのよ」と言い放ちます。

杉田は妻が里帰りしている1ヶ月半もの間、有紀恵のアパートで夫婦同然の生活をした。

12月14日朝、雅子(当時36歳)は日野市の高幡台団地36号棟401号室の自宅を出ると、いつものように出勤する夫の杉田(当時34歳)を近くの駅まで車で送っていった。物陰から夫婦の車を見送った有紀恵(当時27歳)は、自分が運転してきた車を団地36号棟の近くに寄せて停めた。 有紀恵はこのとき、杉田との結婚を意識した。

8月6日、この日は有紀恵の25歳になる誕生日の前日で、多摩川で花火大会があった。その夜、2人で花火大会を見たあと、杉田は有紀恵に誕生日のプレゼントとしてラジカセとCDを贈り、有紀恵のアパートで初めて関係した。

そして1歳の長男も寝室で、両腕と膝から下がなくなった状態で発見。何も罪がない幼い子供2人が犠牲となってしまいました。, あろうことか幼い2人の子供を殺した北村有紀恵。その後逮捕されますが、裁判の行方はどうなったのでしょうか?ここからは日野OL不倫放火殺人事件で逮捕に至った経緯や裁判の結果について紹介していきます。, ガソリンが引火したことよって爆発が起こり、自身も傷を負った北村有紀恵。放火事件後に川崎市にある病院に通うようになります。この病院通いがきっかけで、警察は北村有紀恵を犯人としてマーク。北村有紀恵自身も警察に疑われていることを薄々きがつくようになります。 5月18日朝、杉田が出勤したあと、妻の雅子が友人のところに電話をしようと自宅電話のリダイヤルボタンを押した。するとなぜか、有紀恵の電話につながり、「はい、北村です」という声が返ってきた。このとき、雅子は主人が浮気をしていると直感した。女の声にも覚えがあった。すぐに主人に電話し、「私に隠れて電話するような女の人がいるのか?」と詰め寄った。すると、杉田は素直に浮気を認めた。 しかしもっとデートをしたいと思った北村有紀恵は、1人暮らしをするようになります。北村有紀恵は不倫相手の自宅と同じ日野市で、1人暮らしすることを選んだのです。親密になるにつれ、徐々に北村有紀恵は結婚を意識するようになりました。, 決して体の関係を許してなかった北村有紀恵ですが、多摩川で行われた花火大会デートでその関係に変化が訪れます。花火大会が行われたのは平成3年8月6日で、北村有紀恵の誕生日の前日でもありました。

だが、やはりその日が過ぎても何も変わらなかった。 ただ「日野OL不倫放火殺人事件」をモデルにしたと言われていますが、あくまで噂です。そのため、本当に題材としたのかについては断定できません。, 日野OL不倫放火殺人事件の犯人である北村有紀恵について迫ってきました。事件が起きてから長い月日が経ち、徐々に風化していっているとはいえ、事件の悲惨さは忘れてはいけません。 翌24日朝、杉田は有紀恵に、「妻を紹介したのはわざとやったことじゃないんだ」「すまない、許してくれ」と言って、平謝りした。それに対し、有紀恵は「じゃあ、師匠、奥さんと別れてよ」と言った。杉田はしばらく考えて、「今、即答できない。少し考えさせてくれ」と言った。

1990年(平成2年)秋、有紀恵は自宅から会社のある日野市まで約2時間かかる遠距離通勤をしていたが、同じ日野市のマンションに引っ越した。引っ越した理由を両親には時間に余裕をもって仕事したいからと言っていたが、毎日でも杉田とデートしたかったというのが本当の理由だった。杉田は日野市の公団住宅に妻子とともに暮らしていた。妻の雅子(仮名)とは職場で知り合い、1987年(昭和62年)に結婚していた。

なぜ軽トラックが続々と消えているのか? 日本が誇る自動車文化が衰退の危機キャリイ、ハイゼット、アクティら、農業には欠かせないクルマとしていまだ需要があるであろう軽トラックだが、なぜ減少していっているのか。その原因はどこにあるのか。 1月25日、弁護士の説得で有紀恵が控訴した。 車を降りると、ガソリンを入れたペットボトル5本が入っているビニール袋とガソリン入りのポリタンクを入れた紙袋をそれぞれ両手に抱えて、以前に渡されていた合鍵で開錠し、ハンカチで指紋がつかないようにドアノブを回してドアを開けた。有紀恵は6畳の居間のこたつの周りにガソリンを撒いた上で、ライターでテーブルに残されていた杉田のタバコの吸い殻に火をつけて、こたつ付近に投げ込んだ。だが、火がつかなかった。仕方なく今度はテーブルの上にあったダイレクトメールに火をつけようとするが、火がつかなかった。で、ふと気付いたら右手に持ったハンカチに火がついていた。有紀恵は慌ててライターとハンカチを取り落とした。そのとき、その前に火のついたタバコの吸い殻による引火によって爆燃現象が起こり、その爆風によって有紀恵が吹き飛ばされ、玄関を通り越して、402号室のドアに身体を打ちつけた。一瞬気を失ったものの、すぐに気を取り戻し、階段を駆け降りた。

爆発によって北村有紀恵は玄関外まで吹き飛ばされ失神。けれどもすぐに意識が戻り、爆発した現場から逃走してしまいました。, 爆発した不倫相手の家には、当時6歳の長女と1歳の長男が寝ていました。6歳の長女は居間の奥にあった寝室で寝ていましたが、爆発の衝撃で両腕が焼失、頭蓋骨が損傷し大脳が見えた見るに堪えない無惨な状態で発見されます。