あくまで自分を鼓舞する意味合いで声をあげてガッツポーズをしていることから、マナー違反にはならないでしょう。, 対戦相手が手の汗を拭いていたり、構えに入っていない状態で不意打ちのようにサーブを打つことはマナー違反です。 全て解けたら雑学王かも!? 元々は卓球先進国である中国の卓球選手が行っていたものが世界に伝わっていったそうです。, 試合中に意図せずエッジ(台のふち)やネットインで点数が入ることがあります。 張本選手の「チョレイ!」という叫び声が挑発に当たるのではないかと一時期話題になっていましたよね。, しかし、張本選手の場合は対戦相手に向かってガッツポーズをするわけではなく、コーチの方向や対戦相手から視線をはずして声をあげてガッツポーズをしています。 昔は卓球の世界大会がテレビ中継されることは考えられませんでしたし、プロ卓球選手の名前を知っている人も多くなかったのではないでしょうか?, また、最近では男子も女子も10代の選手の活躍が目立つようになってきたので、今後も卓球から目が離せません。 不可抗力とはいえこの得点は喜んではならず、相手選手へきちんと配慮する必要があります。, 相手の選手がサーブをミスした時に喜ぶことはマナー違反となります。 卓球経験者の筆者だからこそ知っている卓球のマナーや暗黙のルールについてまとめて一覧形式で紹介していきます。, あまり知られていませんが、実は卓球では相手をゼロ点に抑えて完勝(ラブゲーム)するとマナー違反になるのです。 そのため、10-0というスコアになった時には勝っている選手がサーブやレシーブをあえてミスして相手に1点が入るようにします。, そんなことをして逆転されたら元も子もないのでは?という人もいるかもしれません。 ・相手のよそ見中にプレーを開始する ・汗のついた手でサーブを打つ. ・挑発行為をしてはいけない 打ち合いの最中に相手がミスをした場合は、自分がレシーブした球の速さや回転により相手のミスを誘発したことから自分の実力といえますので、喜んでもマナー違反にはなりません。, 度が過ぎたガッツポーズをしたり、相手を煽るような言葉を発して喜ぶなど、挑発行為をするのはマナー違反となります。 D.エッジにあてて得点する, 昔はそんなに注目を受けていなかった卓球ですが、ロンドンオリンピック以降には特に注目を浴びるようになりましたよね。 卓球選手が頻繁に手を拭いているのはこうした配慮であったり、サーブのためにボールをトスする時にボールが手にくっついたりすることを防いでいるのです。, この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 C.手汗がすごい状態でサーブを打つ しかし、卓球において10-0から逆転するということは奇跡に近くまず起こりえません。, そもそも前例がないことからこのようなマナーや暗黙のルールが存在しているんですよね。 ・相手のサーブミスを喜んではいけない

そんな卓球ですが、実は一般的にはあまり知られていないマナーや暗黙のルールが存在するってご存じでしたか?, このマナーや暗黙のルールについてですが、卓球をしている人ですら知られていないこともあって、実はマナー違反をする選手も多いのです。 スポーツをする時に大きな声を出すという行動は、筋肉の限界値まで己の力を発揮させる効果が実証されています。, これは神経伝達によって運動能力を制御しようとするリミットが外れるためだと言われています。, 簡単に説明すると大声を出したり叫んだりする行動は、スポーツにおいて己のパフォーマンスを最大限に発揮できる効果に期待が持てるということですね。, これにより心肺機能が高まり、集中力や持続力の向上にもつながっていくと言われているんですよ。, ですので砲丸投げやハンマー投げなどの投擲競技、そして瞬間的な爆発力が必要なテニスには声出しが有効となってきます。, 卓球で必要以上に声を出す行動は、コントロールなどに影響を及ぼす恐れがあるので逆効果となります。, そのため卓球において大きな声を出す行動は、ポイントをゲットした時やゲームに勝った時だけにしておきましょう。, そして個人スポーツであれば自らを鼓舞し、団体競技であれば仲間と励まし合う効果も期待できます。, こうした声出しの精神的な効果は、スポーツにおいて少しでも理想のパフォーマンスを発揮するためには必要不可欠なものです。, プロ野球のピッチャーがマウンドでセルフトーク(独り言)をしている場面を目にしたことはありませんか?, このような精神的な効果は全て卓球にも活用できるものですので、集中力を高めるための声出しは積極的に行っていきましょう。, そのためサーブ前などの集中が必要な場面で、適度なボリュームの声出しを行ってください。, タイミングを合わせたりする場合には、声出しは最適なコミュニケーション方法ですよね?, 自分の存在を相手に知らせたり、無駄な接触を回避するために声出しは有効的な手段となっています。, 卓球というスポーツは個人競技ですし相手との接触もありませんので、このような実質的な効果は必要ありません。, ここからは卓球の試合中に行われる声出しによる応援について、その種類をまとめていきます。, 一般的なものから個性的なものまで幅広くお伝えしていきますので、自分のチームを応援する時の声出しを見つけてみてください。, 例えば仲間がミスをした場合は「ドンマーイ」、逆に相手がミスをした場合は「ラッキー」などの声援が観客席から聞こえてきます。, 各学校がそれぞれの声出しを行っているのですが、その中でも特に多く使われる声出しが「ショイ」となっているんですよ。, 他には「落ち着いて」や「ガンバ」などの分かりやすいものや、「ウォイ」や「ヨーヨー」などの独特な声出しもあります。, アマチュアならではの雰囲気が楽しめる声出しを試合会場で実際に楽しんでみてください。, しかし多くの中学校や高校では、この声かけについて間違った指導法が行われていることをご存知でしたか?, 声かけに対して正しくない指導法とは、とにかく声を出すことだけを生徒に強要するものなのです。, 「こうすれば得点が取れるかもしれない」、「どうしてミスが起きたのか」など、試合観戦には学ぶべきことが詰まっています。, そのためにはただ声を出させるのではなく、観察しながら仲間を応援することが大切です。, もしも勝敗を決める場面でフラッシュが点灯してしまうと、選手にとっては取り返しがつかないほどの影響が出てしまうかもしれません。, どのスポーツにも言えることですが、白熱した試合が行われるほど観客は選手のプレイに集中していきます。, 大きく分けると卓球経験者は張本選手に同情的で、未経験者は彼の「チョレイ」をうるさいと感じているようですね。, しかし張本選手はあくまでも自分を鼓舞するために声を出しているのであって、決して相手選手を侮辱している訳ではありません。, どうしても彼の声出しが不快に感じる人は、試合を見ないようにすれば済むと思いますよ。, 選手が発する独特な声出しに注目すると、卓球を観戦する楽しみが増えるかもしれませんよ。. 出典:https://www.asahi.com/ 卓球選手の声出しは良い意味でも悪い意味でも注目されています。 この声出しにはどのような効果があるのでしょうか? まずは3種類の項目に分けて声出しの効果を検証していきます。 それでは詳細をご覧ください。

ソフトボールは元々、屋内スポーツだった!? ・エッジやネットインの得点を喜んではいけない

野球雑学!面白いメジャーリーグの豆知識! 【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】, 他にも、こんな雑学がお勧めです。 卓球は、非常に マナーや、礼儀をおもんじるスポーツ です。 ですから、卓球をやる際には、マナーをしっかり身に着けることも、欠かせない要素の一つとなります。 卓球界の主なマナーについてみていきましょう。 卓球の基本的なマナー . 卓球でマナー違反となるものはどれ? ちゃんと相手が構えに入っていて、こちらを向いていることを確認してからサーブを打つようにしましょう。, 卓球は見た目以上に繊細なスポーツであり、汗でベトベトにしたボールでサーブを打つことはマナー違反です。 B.サーブのトスを1メートル以上あげる A.得点で声をあげる どすこいの意味と語源由来とは?相撲ではいつ「どすこい」を使うの?, 卓球には実はあまり知られていないマナーや暗黙のルールが多数存在している。 ・11-0(ラブゲーム)で完勝してはいけない