「受領」の定義を詳細に書くと「他人から正式に物または金を受け取り、自分の中におさめしまうこと」となります。, また「受領」を「ずりょう」と読む場合は、別の言葉になります。 主に「受領証」と同じ意味で使われています。, 「領収書」は「代金を受け取った人が、支払った人に対して何かしらの対価として金銭を受け取ったことを証明する書面」です。 取引先や顧客など、敬意を払う相手に使うことができます。 上記例外を除くと『情報知識学会誌』と『情報メディア研究』は『日本図書館情報学会誌』より平均日数が長くなったことはないですが、両誌同士は入れ替わりもあるし、『Library and Information Science』ともいずれも順位の入れ替わりを経験しています。 それぞれ受け取るものは

領域・主題や読者層の点で投稿先に挙がる雑誌が複数ある場合には、投稿から受理まで(=査読)が早いことや発行にかかる時間が短いとかなり嬉しいかも、とかなんとか。, しかしそこら辺の投稿から受理、発行までにかかる時間の話って感覚的には「あそこは長くかかる」とか「こっちはけっこうすぐに出せそうだ」ってのはわかっているような気がするんですが、あくまで感覚どまり。 行政手続法が到達主義を採用したことから、行政行為としての「受理」は法の特別の規定がない限り観念し得ない。届出書が行政庁に到達した時点で届出者は行政上の義務を果たしたことになり、あとは行政庁側が改善命令等の処分をするかどうかの判断だけの問題になる。 そのため、受け取っただけでは「査収しました」と使うのは誤用になるため、よく精査した後に使うようにしましょう。, 「提出」の意味は「資料や書類などを人に差し出すこと」です。 年4号発行なので、受理時のタイミングによってはかなり短い期間で出せることもあるようです・・・一発採録が必須条件ですが(汗)

タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。 |

ビジネスメールなどでよく使う「受領」という言葉ですが、正しく使えているでしょうか?「受領」だけでは敬語表現にはなりません。 今回は「受領」という言葉の正しい意味と使い方を例文付きで解説します。 また、似た意味を持つ「受理」「拝受」との違いも解説します。

 と、いうのは、このブログの読者の皆様であれば、既にご承知もご承知、耳にタコが出来そうな話だと思いますが。 付き合いの長い相手やよく知っている相手であれば、ビジネスシーンでも「受領しました」や、その他にも「受け取りました」「受け取らせていただきました」「お受け取りいたしました」を使うことができます。 ビジネスメールなどでよく使う「受領」という言葉ですが、正しく使えているでしょうか?「受領」だけでは敬語表現にはなりません。

それもそのはず、なんか今回は原著論文6本、短報1本掲載とのことで年2号発行体制になってから最多掲載論文数らしいです。 以上の方法に基づき、4誌の受付⇒受理⇒発行に至るまでの日数について調べた結果が以下の通り。 表1.2001-2009の図書館情報学4誌の論文受付から受理・発行までの日数. 「授業料を納入する」「納入期限が迫っている」などと言いますよね。





一般的に「発行日」「受領者の情報」「受領した金銭や物品」などの情報が記載されています。

すぐに中身を確認できない場合や確認に時間を要する際は、まず「受領しました」と送るようにしましょう。この場合、送ってくれたことへの感謝とこれから中身の確認をすることを伝えましょう。, 親しくない取引先など、より丁寧に受領確認メールを送る場合は「拝受しました」を使うと良いでしょう。 また、中身を確認した再度メールする旨をしっかりと伝えておきましょう。

イラストや例文などが満載なので、これを機会にスラング英語をマスターしちゃいましょう!, 「受領」について理解できたでしょうか? そのため「預り証」が発行される場合、その資産は預けた相手に返す義務があります。, ビジネスシーンにおいて重要なものを受け取ったときは、すぐに相手に伝えることがマナーです。 「受領させていただきました」敬語表現としては間違っていませんが、「相手が許可してくれたから受領する」わけではなく、相手から送られてきたものを受け取る行為のため「受領させていただきました」は不自然な意味合いとなります。, 「拝受する」は「受領する」の謙譲語です。 ちゃんと金銭や物品を受領した証になります。, 「受領印」は「物品や金銭を受け取った人が、渡した相手に対して受領したことを証明する印」になります。 そのためまだ中身を精査していない状態でも「本日確かに○○を受領しました」などとビジネスメールで使うことができます。, また、「受領」は物理的なもの以外を受け取る場合には使うことはできません。 今回の調査対象は以下の4誌。, と言った感じ。 また、「人の言動をある意味として解釈する」といった意味もあります。たとえば「これは彼の悪意なのだと受け取った」などです。 ちなみに、「拝領(はいりょう)」も「拝受」と同義語で「受領」の謙譲語となります。, 「受領」は主にビジネスシーンで使われています。 見てみるとけっこう受付から受理までの日数って論文によって違うんですよね・・・今回の『Library and Information Science』61号掲載の6本で言うと、最短で受付から受理まで85日、最長で403日と5倍近い差が。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。, 授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。

今回は「受領」という言葉の正しい意味と使い方を例文付きで解説します。 出版年は冊子媒体の奥付に準拠していますが、オンラインで早期公開されている場合にはそちらの日付を出版年として取りました。, 以上の方法に基づき、4誌の受付⇒受理⇒発行に至るまでの日数について調べた結果が以下の通り。, あー・・・なんとなく、『日本図書館情報学会誌』って査読に時間かかるイメージあったんですが、その通りの結果ですね・・・平均でLIS誌より2か月、『情報メディア研究』よりは3か月くらい査読に時間がかかる、と。

「受け取る」は「受領」よりも広い範囲で使うことができます。

となります。 「納入」とよく似た意味を持ちますが、「納品」には「品」という字がついているため「品物」に限定されています。 査読で一発で採録になるか、条件付き採録になるか、照会が間に挟まるかとかでもだいぶ違うんでしょうが・・・実際にはさらに受理されてから出版されるまでにも間がある(受理が早くても掲載号の出るタイミングによっては発行までは時間かかる)わけで、博士論文執筆の関係なんかで急いで論文を出版したいとか、研究費の関係で年度末までに論文をどこかで受理されたいなんてときにはここらの数字はけっこう気になるんじゃないでしょうか。 なお21世紀中、LISに掲載された原著論文で受理されるまでにかかった最短日数は33日で、これは今回の4誌中でも『日本図書館情報学会誌』の56日を20日以上離して最短です。

このような場合も「受け取りました」などを使うようにしましょう。, 「送付」の意味、敬語「ご送付」の使い方!「添付」との違い、類語や反対語、英語も紹介, 「受理」にも「受け取る」という意味がありますが、「受領」と「受理」「受け取る物」が違います。 内容もかなり興味のある論文が載っていたので楽しく読んでいました。, で。 「納入」は「納め入れる」行為そのものを指して使います。, 「授与」の意味は「物を授け与えること」です。

そのため、主に手元に残るものに対して使います。

 しかし現実、そうはいかないのが行政窓口の現状。届出義務者における法令の理解不足等があって、届出書の内容に不備がありまくる場合、適切な行政指導によって補正を求めて、つまり持ち帰って直してもらって再提出してもらう方が、結局行政庁と届出者のお互いにとって、もっとも適切な結果になることが少なくない。そのため、届出書を窓口に持ってきた届出者に対して、担当職員たる私は、受付印を押すより前に中身に目を通して、間違った箇所をさんざん指摘して、結局持ち帰らせてしまうわけだ。, このような行政指導は、もちろん行政指導だから、強制力はないわけだが、水質汚濁防止法5条1項の届出には、行政指導の実効性を確保するための仕組みが用意されている。

|

✔「受領」の謙譲語は「拝受」

ってか分厚っ!

平均的な受理までの日数・発行までの日数なら『情報知識学会誌』または『情報メディア研究』が短めですが、最短記録狙いならLISと『日本図書館情報学会誌』が狙い目ということでしょうか・・・, 次は暇があったら海外雑誌で試してみたいところです・・・むしろそっちの方が切実な気もするし。, *1:ふだん『Physical Review』シリーズとかを冊子そのままで読んでいる人がいたら怒られるかもですが・・・いや、そりゃないか。辞書だしあの厚さは, min2-flyさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

ただ尊敬語や謙譲語ではないため、敬意はやや低くなります。, 「受領いたしました」は謙譲語になります。 四等官とは、「大宝令」における4等級の官司のことで「長官(守=かみ)」「次官(介=すけ)」「判官(掾=じょう)」「主典(目=さかん)」です。, 「受領」という言葉は主にビジネスシーンで使われており堅い言葉ですが、言葉自体は敬語ではありません。 なおここでは対象を原著論文に限定(短報や研究ノート、文献展望等は含まない)、さらに特集論文など一般論文とは出版にかかる日数が変化しそうな論文も除いて集計しています。 そんなわけで、平均的に見ると『日本図書館情報学会誌』は一番受付⇒発行までの時間が長いわけですが(1年は待つ)、「この論文は査読を無問題でパス出来る!」という絶対の自信があり、かつ掲載しないといけない論文がたまっていない状態であればかなり早く出せる目があるところでもあるのかも、と。, さらに2001-2009年の出版年ごとの受付-発行までの日数を見てみたのが下のグラフ(ついでに各年の掲載論文数はその下の表)。, こうしてみると、『情報知識学会誌』の2001年は掲載論文の少なさゆえ、『情報メディア研究』2004年は研究論文が載る号としては事実上の創刊号なので例外として、それ以外の年でも割と受付-発行の平均日数の順位は上下動がある様子。 「受領」と違う点は「あらゆる物、そして愛情や優しさなどの精神的なもの」に対しても使うことができる点です。 「受領」は受け取ったことを表すため、中身を確認していなくても「受領しました」と使うことができます。 そのため「受領しました」の代わりに「拝受しました」と言うと、より丁寧な表現になります。

✔「受領」の意味は「お金など重要な物を受け取ること」

「する」の謙譲語である「いたす」に丁寧語の「ます」がついています。

意味は、「国司四等官のうち現地に赴任して行政責任を負う筆頭者の平安時代以後の呼称」です。

ただ「授与」は目上の人から目下の人に対して使う言葉ですので、目上の相手に対して使うと失礼になるので注意しましょう。, 「受領証」は、「物品や金銭を受け取った人が、渡した相手に対して受領したことを証明する書面」です。 この4誌の、2001-2009年の出版論文について、受付から受理、発行までにかかった日数をそれぞれ計算し、全体の傾向を確認していきます。  なるほど、このような仕掛けを設ければ、届出制のもとで、必ずしも強制力のある行政命令に頼らずとも、一定の実効性を確保できる。なんと姑息な真似有効な方法。よく考えたなぁ。, D-lizさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

2008年はLISがこの9年で受付-発行平均日数が最短、『日本図書館情報学会誌』は最長となっていたわけですが、今年は早くも近づく様子を見せておりこの後逆転はあるのかないのか!, ・・・っていうか2008年のLISはいつになく発行までの日数が早いですね。

もともとはArticle in PressやEarly Viewなど、冊子版より前に電子版が発行されている雑誌か否かを確認するために主に英文誌で見ていたのですが、最近ではつい和文誌でもそこを最初に確認してしまう始末。 顧客や取引先から送られてきたメール・書類・資料など重要なものに対して、受け取ったことを伝えるために使います。 ブログを報告する. 宅配便などを受け取る際の印も「受領印」となります。 書類や資料などをメールで受け取った場合は手元に残るわけではないので「頂戴しました」と使うのは不自然となります。この場合は「受領しました」「受け取りました」を使うようにしましょう。