深沢 邦之(ふかさわ くにゆき、1966年(昭和41年)9月15日 - )は、日本のお笑いタレント。 お笑いコンビ・Take2のツッコミ担当。 東京都 練馬区出身。 佐藤企画所属。練馬区立大泉西中学校、城北高等学校、明治大学商学部産業経営学科卒業。 妻は女優の田中美佐子。

cmをはさんで、「噂の!東京マガジン」と「来週もこの時間に」を出演者のうち1名がコールし、最後は全員で「お会いしましょう」で締めている。 この演出は2015年9月27日放送分をもって一旦廃止となったが [注 11] 、2020年4月5日放送分より再開。 - あん! 無断転載禁止. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); - 上岡龍太郎にはダマされないぞ! 2020.09.29 (火) 噂の東京マガジン 出演者. 『噂の!東京マガジン』(うわさのとうきょうマガジン、英字表記:TOKYO MAGAZINE)は、TBSで1989年10月1日から放送されている娯楽ワイドショー・情報番組。, 番組開始当初は毎週日曜10:00 - 10:54の放送だったが、1992年10月4日からは毎週日曜13:00 - 13:54に放送している。, この番組は、かつて日曜午前10時にTBSで放送されていた情報トーク番組「TVジャンクション」(これもローカル枠での放送)のモデルチェンジ版である。制作会社(当時の「時空工房」、現在の「フラジャイル」)が制作を担当していた枠で、他ではやっていない切り口の情報番組を作ろうということでこの番組が企画され、スタートした。本番組は、タイトルにもあるとおり「テレビ版のマガジン(週刊誌)」をコンセプトとしており[1]、番組開始直後にはその週の内容のダイジェストとして「今週の目次」が流れ、各コーナーは週刊誌で言う“記事”に相当し進行はコーナー毎に基本的に担当するタレントを決めその担当タレントから報告させるという体裁をとっており、これは記者・ライターからの原稿記事の入稿ということになる。須賀和晴プロデューサーは「政権交代より隣の家のもめ事が大事」という姿勢で身近な出来事から世の中が見える番組と解説し、鑑賞後にいい意味で余韻を残さない事も意識されている[1]。日曜日の放送であることから「噂の現場」のような硬派な取材に基づくコーナーばかりでなく、「やって!TRY」など娯楽性のあるコーナーも取り入れ、視聴者のターゲットを絞りこまず家族全員で楽しめる番組作りを念頭に置いている[1]。“見出し評論家(中吊り評論家)”として井崎脩五郎が出演していることから、競馬ネタについては若干触れることがあるが、他のギャンブルネタは扱っていない。, 番組開始から10年程度は、オープニングに被せて野沢雅子の声で「噂の!東京マガジンは今日発売でーす」と宣言しスタートした。これはかつて流れていた「週刊新潮」のラジオ・テレビCMのキャッチコピー「週刊新潮は今日発売でーす」のパロディである。, 「東京」を冠するのは、当初の放送時間帯であった10:00 - 10:54の時間帯をTBSのローカル枠(ただしHBC・TUFでも放送)としたため放送地域が限られるからで、扱う話題も東京周辺地域中心としている。『仮面ライダーBLACK RX』が放送されていた日曜10:00(全国ネット)枠をローカル枠に転換し、『TVジャンクション』から放送時間が30分前倒しした。午前中放送時代は、CM前のジングルで、番組タイトル(東京)にかけた「都(みやこ)」という名前の雌ネコのアップを映していた。, 1992年10月、それまでMBSテレビ制作全国ネットであった『新伍Niタッチ!』の後枠として放送開始時刻を13:00に移動。移動後はローカル枠であるとはいえ徐々にネット局を増やしており、東京周辺地域以外でも視聴できる地域が増えている(ネットしている局は#ネット局を参照)。ただし、通常通りの放送でも系列局によっては特別編成やスポーツ中継などにより休止する場合がある。別府大分毎日マラソン(2月第1週)とクイーンズ駅伝予選会(プリンセス駅伝、10月下旬)、クイーンズ駅伝(11月下旬)と『報道の日』(12月最終週)がある週と、年末年始特別編成の場合は、番組自体を放送休止する。, 毎週木曜日にTBS本社のスタジオで収録されている。年末年始など一部の「特大号」においては生放送を行った回もあったが、2009年ごろから生放送での回はない。以前は競馬の大きなレースが地方で開催される日には井崎脩五郎が別のスタジオから「今週の中吊り大賞(現『週刊!見出し大賞』)」に出演し、生放送でスタジオにいられないかのような演出をしていた。, 2011年初めに放送1000回を迎え、2014年10月に放送25周年を迎え、長寿番組となっていた。, しかし、2020年11月9日、13~59歳の視聴者向けの番組編成への変更、新型コロナウィルス流行による広告収入の減少、レギュラー陣の高齢化に伴い高騰したギャランティーが番組製作費に見合なくなったことなどから、2021年3月で終了し32年の歴史に幕を閉じることが発表された[2]。, 25周年時点での平均視聴率は10.2%。番組最高視聴率は17.6%(1998年8月30日)。1997年からは年間平均視聴率で17年連続して同時間帯トップを獲得している(ビデオリサーチ社調べ・関東地区)。, 森本、小島は毎年夏休みで出演しない回がある。森本が休みの場合は井崎が代理を務めるが、通常森本が担当するOPでの本日の番組の内容については井崎と小島が分担して行っている。「今週の目次をご覧ください」のコールも小島が行う。「噂の現場」の説明、EDで「では、また来週」のコールは全て井崎が行っている。一方、小島が休みの場合は代役は立てずに中吊りでのページめくり、EDの紹介は森本が行っている。中吊り大賞終了後にCM入りする際には、通常小島がCM明け後のコーナーの説明をしてからCMに入るが、休みの場合はそのままCM入りとなる。「やって!TRY」でも通常2人で行うところはパネラーが1人で行う。, 『アッコにおまかせ!』終了直後の12時52分50秒に10秒のジャンクションが放送される。, 2014年上半期(6月29日)までは“中吊りから世の中が見えてくる”と銘打った「今週の中吊り大賞」というコーナー名だった。その週に電車内に掲示された週刊誌の中吊り広告または見出しを並べ、“見出し評論家(中吊り評論家)”の井崎が興味のあるタイトルを紹介し記事内容について解説しながら、その週の最優秀週刊誌を決定していく。最優秀週刊誌は1週につき星を1つ獲得できる。なお、対象となるのは週刊誌のみで、季刊誌・月刊誌・日刊誌等は対象としていない。, 半期ごとに最も多くの星を獲得した週刊誌には表彰状が贈られ、その週刊誌の出版社へ出前表彰が行われる[注 4]。表彰状は、その週刊誌の中吊り広告のパロディーになっている。以前、TBSと読売新聞社が東京佐川急便事件の報道をめぐり対立していたとき、中吊り大賞を取った『週刊読売』の表彰状の中央の見出しは「TBSと読売の和解が始まった」だった。, 6月と12月の最終日曜日の時点でグランプリが決まらない場合、単独首位となる週刊誌が現れるまで何週でも延長戦が続けられる。2011年12月最終日曜日から、『報道の日』が放送されるため、下半期グランプリ決定が1週(2011年は2週)早まる(2014年の下半期グランプリは当初の予定より3週繰り下がり2015年1月の第2日曜日に下半期のグランプリが決定した)。, コーナーの最初には、競馬評論家である井崎の職業をイメージし、「今週の傾向」として多くの週刊誌に取り上げられている事件のトップ3が発表されていた。2007年からは「今週のアングル」という、週刊誌に取り上げられているものを実際に映像で撮ってくる企画に変更されている。また、番組のオープニングで番組全体の内容を紹介する「今週の目次」もなくなったが、2008年にそれが復活するとともに中吊り大賞との間にCMが入るようになった。, ゴールデンウィークや夏休みの合併号ばかりで新しい週刊誌が発行されない週には、前週と同じ広告が掲示されていることがある。新春特大号では、年末年始の合併号ばかりで年内に発行された週刊誌しかなかった週には、気になる見出しと大賞は行わずアングルのみとなり本格的に翌週からスタートとなる。, 最近の傾向として中吊り広告を出稿・掲出しない週刊誌が増えてきたことから、2014年7月6日(下半期1回目)放送回から、中吊り広告を出していない週刊誌の見出しも取り上げるようになり、「週刊!見出し大賞」に名称を変更した。, 1990年に「平成の常識・やって!TRY」として開始されたコーナーで、2019年5月の改元に伴い、同月5日放送分より現行のコーナー名となった。番組内では出演者・ナレーションともに「TRY」は「とーらい」と読んでいる。読みが伸びるのは「やって頂戴(ちょうだい)」の読みと「TRY」をかけているため。若者に対して「技術の世代伝承をうかがい知る」VTRコーナーである。「平成の常識」としては2019年4月28日の放送をもって999回で終わった。2020年3月8日の放送から2020年10月11日の放送まで新型コロナウイルス感染拡大に伴うロケ自粛の為30年分の放送分からの傑作選を放送。2020年10月25日の放送から新型コロナウイルス感染予防対策を実施して再開。, 課題の大半は、後述の通り若い女性を料理に挑戦させるものであるが、若い男性がDIY(過去に出された課題は「棚」もしくは「椅子」を作る日曜大工、「自動車のタイヤ交換」など)に挑戦したり、男女問わず街頭の若者がことわざもしくは四字熟語のクイズに挑戦し書道で解答するといった課題が出される回もある。, 料理の回については、主に若い女性[注 5](番組内では「TRY娘」と称されている)に声をかけ課題の料理に挑戦させるが、調理は手順のみならず食材などへの知識も試され、使用する焜炉は家庭用よりも火力が強い業務用の鋳物コンロ(火力の調整等をおろそかにして炎上することもある)、さらに課題とは関係ない道具や食材が用意されるなどの「引っ掛け」もあるため、正しく出来た人として発表されている人数は挑戦者10~15人中、大抵は1~5人でまれに0人という回もある[注 6]。乱一世が「ボヤキ親父」調でTRY娘の話や調理手順に対して突っ込むナレーションをしている。また、火災の恐れなど危険が生じた場合はスタッフによる忠告が入ることもある。, VTR終了後、スタジオで料亭やレストランの厨房に務めるプロの男性料理人が手順を披露する。その際、小島が進行及びアシスタントをするが、彼女の休暇時はパネリストが進行をしたり、料理人が独りで進行する。この時、出来上がったものは森本[注 7] が試食する。レギュラー陣も併せて試食に参加するが、既に用意されているものである[注 8]。2020年10月4日以降はソーシャルディスタンスの為、10月4日は笑瓶、11日は山口、25日はしんご、11月1日は深沢、8日は清水が席に戻る。, 番組プロデューサーの王堂健一によれば、コーナーを始めた当初は「母から娘への台所の知恵と技の伝承」をコンセプトとし、初期は母親から学んだ事を聞きながら料理してもらい、好評だったとのこと[3]。また、TBSテレビが2006年3月20日に開催した番組審議会によれば、料理の勉強のきっかけになるとの肯定的な意見が上がっている[4]。しかし、近年においては2017年5月28日付朝日新聞8面に掲載された17歳の女子高生からの投書「『料理は女性』って考えてない?」や、2019年1月6日東洋経済ONLINEに掲載された作家・生活史研究家である阿古真理の手記[3] などのように、「料理は女性がするものという古い先入観からの差別」「若い女性を中高年男性が嘲笑する構成に疑問」「コーナータイトルは『平成の常識』にも関わらず内容が時代にそぐわない」といった声が上がっている。尚、先述の阿古の記事の公開後から、若い男性にも料理に挑戦させ、失敗する様子も放送されるようになった[5][6]。, 主な収録現場は首都圏の遊園地や商業施設で、2013年までは夏に海水浴場での収録による通称「水着シリーズ」が行われ、冬にはスキー場シリーズ(主に神立高原スキー場で収録される。BSNがネットする以前から使われていた)が放送される。, 派生コーナーとして、TRY娘が達人や食材の生産者のもとへ押しかけて体験学習する「知って!TRY押しかけ社会見学」や、(企画の意図するところが「技術の世代伝承をうかがい知る」であることから)TRY娘の家族の元へ赴く「TRY娘の親の顔が見たい」との企画も時々行われる。また、2009年の新春スペシャルで山寺での修行をしたTRY娘が好評だったため、自分を変えるために継続的にさまざまな体験をさせる「TRY娘の自己改造!