�;�%�����RZ�CE�*��=�8U�7��{a�j�|�b���t4\p1-�_6�;_Hv]��)�1�����Ya��y�M9�U��:�F�g��X�e`ؘO��u���U��.n'��Tګ���g`�9kY��=�5�5qےٓ{x�ƬHl����Hc.��t���0�� v$���+�4˴ {jh*�Z� Cj�_���S]��������#��x�:]0���tD���7�Yҷ/��ֶ��Y6�~��gG$�,!�#}{����QIxo�� Uz��A�{9�g4�d@�>�v�� �p��0ϣ��3Gk�hmvkC� �k�v]�p���2,�Nb(�O���_�"�����W�J������M�kT���>в��5��#]>H6嚟����>�G���T�;�s�g8�x12�g�6�|�­D�3;+y�|hԯ���x�ƷN�����u�]C{�b�"Ŗ����*��������1� �c���Ȃ����)�����!��%;jD��Tr�4p�t�}����e3}��G> �h}DPH�b�@�r�3����H���.L>�/,E�&N�L4�Q&�{�qn��[y*�Y);xρ�߫��@�hv� その謝罪文が掲げてあった。 三田線 #都営新宿線 #京王線 で ★振替輸送利用可能★ https://t.co/r6OcHkYz3A, ◇埼玉高速鉄道線 とりあえず会社へバス代請求, 埼玉高速鉄道の運転見合わせで流れてきた振り替え輸送の客で、バス通勤なのに満員で5便に通過された。これって遅刻の理由になるのか?, #埼玉高速鉄道 止まりその影響で nQ��k��i�Q*ԍ 鳩ヶ谷駅大混雑中。 駅の出口案内板を活用しませんか?. 1 0 obj 埼玉高速鉄道線(さいたまこうそくてつどうせん、Saitama Railway Line)は、東京都 北区の赤羽岩淵駅から埼玉県 川口市を通りさいたま市 緑区の浦和美園駅までを結ぶ埼玉高速鉄道の鉄道路線。 起点および終点の駅以外、全ての駅が川口市に所在している。駅ナンバリングで使われる路線記号はSR 。 <>/Font<>/XObject<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 595.32 841.92] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> ©Copyright2020 たくみっく.All Rights Reserved. 鳩ヶ谷駅は埼玉高速鉄道沿線で、東京メトロ南北線を経由して、東急目黒線まで直通運転しています! 飯田橋へ直通27分、永田町へ直通35分と都心へダイレクトにアクセスできるほか、王子から京浜東北線へ、駒込から山手線への乗り換えもスムーズです。

�����!�Á�E���F���H夦�5J�D���\�Co��cH+�e�| Y�. 振替アリ https://t.co/TpC0OMYT5x, 11/11 08:20 埼玉高速鉄道線【運転見合わせ】06:33頃、鳩ケ谷駅で線路内点検を行っている影響で、現在も鳩ケ谷~浦和美園駅間の運転を見合わせています。なお、振替輸送を行っています。 #TrainDelay. 埼玉高速鉄道線(さいたまこうそくてつどうせん、Saitama Railway Line)は、東京都北区の赤羽岩淵駅から埼玉県川口市を通りさいたま市緑区の浦和美園駅までを結ぶ埼玉高速鉄道の鉄道路線。起点および終点の駅以外、全ての駅が川口市に所在している。駅ナンバリングで使われる路線記号はSR[1][注釈 1]。, 2015年11月27日、「埼玉スタジアム線」(Saitama Stadium Line)の路線愛称が付けられ[2]、大半が愛称で案内しているが、その後も一部は埼玉高速鉄道線と案内することがある。, 東京メトロ南北線を、終点の赤羽岩淵駅から埼玉県に延長する形で浦和美園駅に至る路線である。路線の大半は地下を通り、浦和美園駅及び隣接する車両基地のみ地上にある。, JR東北本線(京浜東北線・宇都宮線)と東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・日暮里・舎人ライナーに挟まれた、国道122号(岩槻街道)や日光御成街道沿線の川口市東部・北部及びさいたま市東部と都心を結ぶ路線としての役割を担っている。特に本路線の開業まで鉄道が通っていなかった旧鳩ヶ谷市は、バスのみだった交通状況が大きく改善された。また、浦和美園駅は「埼玉スタジアム2002」への主要な交通手段として利用されると共に、駅周辺は「みそのウィングシティ」と名付けられた大規模な区画整理が行われた。, 2001年の開業以来6両編成で運転しているが、将来は8両編成で運転できるように、全駅のホームが8両分確保されている(臨時ホームの浦和美園駅3番線をのぞく)。現時点では6両編成のため不要な2両分のホームは柵で仕切られて立入りできないようになっている。2022年上期には8両編成運転の開始が予定されている[3]。, 東京地下鉄管理の赤羽岩淵駅をのぞき、各駅にレインボーカラーを使用したステーションカラーを採用し、それをホームドアなどに配色している。また、ベンチにも工夫を凝らしている。発車メロディは赤羽岩淵駅を除く全ての駅で南北線の旧発車メロディ(A線、B線)を使用している。, 本路線は荒川を横断する鉄道で唯一地下を抜けている(赤羽岩淵 - 川口元郷間の国道122号新荒川大橋すぐ西側)。線路トンネルの下部には、環境用水の導水管が川口元郷駅付近から12kmにわたって併設されており、水質の悪い綾瀬川や芝川など4つの河川に荒川の水を引き込み、水質改善の試みが行われている[4]。, 浦和美園駅から岩槻駅を経て蓮田駅に至る路線延伸が検討されている(「今後の予定」の節参照)。, 直通先の南北線や東急目黒線からの連絡乗車券などは、東京メトロ東西線の直通先を「東葉高速線」と表示するのに倣い「埼玉高速線」と案内および表示されている。ただし、東葉高速線はそれ自体が正式名称(事業者「東葉高速鉄道」の路線「東葉高速線」)であるのに対して、本路線は「埼玉高速鉄道線」(事業者「埼玉高速鉄道」の路線「埼玉高速鉄道線」)が正式名称である。, 2002年3月には、「彩の国スタジアム線」という路線愛称が付けられた[5]。しかし、車内や駅構内の案内放送ではまったく呼称されていない上に利用客にも定着せず、埼玉高速鉄道側からも「埼玉高速鉄道線」での案内となっていた。2015年4月、「彩の国スタジアム線」に代わる新たな路線愛称を公募して、社内選考により「埼玉南北線」「埼玉スタジアム線(埼スタ線)」「埼スタメトロライン」の3案に絞り込み、一般から最終投票を実施した。その結果、「埼玉スタジアム線(埼スタ線)」が選ばれ、11月に使用を開始した[2]。, 本路線は、1972年(昭和47年)の都市交通審議会答申第15号において、東京7号線の埼玉方面への延伸区間として「川口市中央部…浦和市東部間」が定められたのが始まりである。その後1985年(昭和60年)の運輸政策審議会答申第7号では、埼玉県内は「鳩ヶ谷市中央経由で東川口から浦和市東部」へと変更された。1992年(平成4年)に埼玉県、沿線3市および帝都高速度交通営団(現在の東京地下鉄〈東京メトロ〉)等により第三セクター「埼玉高速鉄道株式会社」が設立され、1995年(平成7年)に着工[6]、2001年(平成13年)3月28日に赤羽岩淵 - 浦和美園間が開業した。, 全体の建設費用は2591億円、1kmあたり170億円である。赤羽岩淵駅から鳩ヶ谷駅終端の6.2km間は地下高速鉄道整備事業費補助金対象工事の対象となり、事業主体である埼玉高速鉄道株式会社が自ら建設主体となって帝都高速度交通営団に施工を委託した。鳩ヶ谷駅終端から浦和美園駅間の8.4km間はP線対象工事となり、鳩ヶ谷駅終端から浦和美園駅始端の8.1km間は建設主体である日本鉄道建設公団が施工した。浦和美園駅から車両基地の0.3kmは日本鉄道建設公団が埼玉高速鉄道株式会社に施工を委託した。, 定期列車はすべての列車が東京メトロ南北線と相互乗り入れを行い、東急目黒線とも直通運転を行っている。, 日中は浦和美園発着の列車が毎時5本(内訳は2本が白金高輪止まり。残りの3本は目黒線へ直通し、その内1本は目黒線内で急行として運行)、12分間隔で運転される。平日朝には鳩ヶ谷発着の列車も運行されている。, 東急目黒線では急行列車の運転が行われており、赤羽岩淵方面行きの一部の列車が急行の種別を表示した上で運転されているが、埼玉高速鉄道線内および東京メトロ南北線内は各駅に停車する。当初は各駅停車においては行先のみ表示されていたが、2018年頃より一部列車で「各停」「各駅停車」と表示するようになった。, 全線でATOによる自動運転およびワンマン運転を実施している。車内放送は森谷真弓[11]。, 「埼玉スタジアム2002」でのサッカー試合開催日には臨時ダイヤが組まれ、列車が増発される。また試合終了後、浦和美園方面からは折り返し設備がある鳩ヶ谷行や市ケ谷行など、通常ダイヤでは運行されない行先の臨時列車も運行される[12]。, 過去には、臨時列車「みなとみらい号」が日吉駅から先の東急東横線を介して横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅まで直通運転を行っていた。, 当路線の開業により、東急の車両が営業運転として初めて埼玉県内でも見られるようになった。, なお、東京都交通局6300形電車は通常時のほか事故や車両トラブル、ダイヤ乱れがあっても東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道線の麻布十番駅 - 浦和美園駅間には乗り入れないが、試験のために浦和美園駅まで非営業列車であるものの走行入線記録があり、これらと並んでいる車両のパスネットも発売されていた。, 各列車の車両の所属は列車番号で判別でき、列車番号末尾アルファベットの「M」が埼玉高速鉄道の車両、「K」が東急の車両、「S」が東京メトロの車両となっている。, また、5桁の数字で表記されている東急方式の列車番号では、上2桁が運用番号を表し、01 - 29が東急の車両、30 - 78の偶数番号が東京メトロの車両、80以降の偶数番号が埼玉高速鉄道の車両となっている(31以降の奇数番号は東京都交通局の車両)。, なお、東急車の運用は三田線運用と南北線・埼玉高速線運用とで別々に組まれ、奇数番号が三田線運用、偶数番号が南北線・埼玉高速線運用となっている。また各社局間の走行距離調整の関係上、東急車は目黒線に乗り入れない列車(白金高輪折り返しなど)にも使用されている。, 埼玉高速鉄道株式会社が設立された1992年時点の需要予測では、2000年度の1日平均輸送人員は231,000人と算出していた。この予測値は開業直前に下方修正し、開業翌年度にあたる2001年度の1日平均輸送人員を105,000人と予想していた[13]。2004年度に146,000人まで増加し、以後は毎年2,000人ずつ増加すると予想していた。しかし、実際には2001年度の1日平均輸送人員は47,000人に留まり、開業直前に予想していた1日平均輸送人員の半分未満に留まった。, 赤字路線ではあったものの、沿線人口の増加や駅機能の強化等を背景として、2008年(平成20年)度までは輸送人員が着実に増加した。その後のリーマンショックや東日本大震災の影響で2011年(平成23年)度まで定期外輸送人員が減少傾向にあったが、2012年(平成24年)度からは再度増加傾向に転じ、2015年度に1日平均輸送人員が開業以来初めて10万人を越えた。, 開業以降の輸送実績を下表に記す。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。, 2000年(平成12年)の運輸政策審議会答申第18号において、「2015年までの開業が適当な路線」として浦和美園 - 県営サッカースタジアム - 岩槻 - 蓮田の延伸(約13km)が挙げられている。なお、蓮田駅から先をさらに白岡市、久喜市、加須市を経由して羽生市まで延伸する構想もある[19]。, 2005年(平成17年)9月には、「埼玉高速鉄道延伸検討委員会」が岩槻駅で東武野田線への直通運転も検討することとなり、大宮ルートと春日部ルートの2方向の案が検討されたが、東武野田線の設備等の構造により直接の乗り入れは不可能であり、東武野田線岩槻駅地下部に駅舎を建設する方向でまとまった。その後の延伸事業などについては資金の目処がついてからという最終答申が出ている。, その他、利用者の利便性向上などの理由で、埼玉高速鉄道線内で優等列車の運転を実施するかどうかを「埼玉高速鉄道延伸検討委員会」などにおいて検討を行ってきた[20]が、2012年(平成24年)3月13日に「地下鉄7号線延伸検討委員会」は延伸の可否自体について「一般的な目安に到達していない」とし、現時点では時期尚早との判断を下した[21]。ただし、検討委員会は同時に「沿線地域の活性化・開発を進めることで、プロジェクトの評価を高めることは可能」とし[21]、最終的な判断は埼玉県とさいたま市に委ねられることになった。これを受けてさいたま市は同年4月23日、市役所に「地下鉄7号線延伸実現方策検討会」を設置し、延伸実現に向けた課題の整理を開始した。10月1日、清水勇人さいたま市長は2012年度内としていた岩槻駅までの延伸事業着手の延期を表明、沿線のまちづくりを進めて5年後の着手を目指すこととなった[22]。, なお、延伸計画区間のうち、浦和美園駅 - 埼玉スタジアム2002間に関しては、埼玉スタジアム2002が2020年に開催される予定の東京オリンピックにおいて、サッカー競技の会場となることから、2013年の開催決定段階ではオリンピックまでに早期延伸を要望する声もあった[23]。, 2016年の交通政策審議会による「交通政策審議会答申第198号」では、「地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト」として位置付けられ、「課題」として「事業性に課題があるため、関係地方公共団体等において、事業性の確保に必要な需要の創出に繋がる沿線開発や交流人口の増加に向けた取組等を着実に進めた上で、事業計画について十分な検討が行われることを期待」との意見が付けられた[24]。, ▽印は施設保有のみ行う事業者。太字は地下高速鉄道整備事業費補助制度の適用対象事業者。, 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』平成18年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会、p.96, 埼玉高速鉄道 埼玉スタジアム線 8両編成列車を運行します! 2022年度上期の運行に向けて工事を開始いたします! ~ご利用のお客さまのために、地域のために、輸送力増強~, 大募集! 初めての取組みです!地元の施設・企業さまを対象に各駅の副駅名称を募集します! ご活用ください!, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=埼玉高速鉄道線&oldid=80242076, 9月:駅名決定。それまで仮称だった鳩ヶ谷中央駅を鳩ヶ谷駅に、川口戸塚駅を戸塚安行駅に、浦和大門駅を浦和美園駅とする。, 2018年3月ダイヤ改正以降 - 浦和美園発着毎時5本、鳩ヶ谷発着毎時2 - 3本.