大気圏突入後のコロンビア号の写真. 受け継ぐように、後期作品でも時代を反映する形で描かれていることが多い。, ・大気圏突入!たった2分の時間で奇襲?シャアが描いたシナリオとは。 ・大気圏突入は恐怖の連続?短い時間での温度と落下する速度の影響とは。  げ、減速できません。シャア少佐、助けてください」, この結果からガンダムは大気圏内に引き込まれ自由落下で落ちて燃え尽きる!と、シャアは思っていたようなのですが、搭乗者であるアムロの感覚では「あの親父のことだから、こんなこともあると思って絶対に対策しているに違いない!」と信じてしたのか?, ガンダムのマニュアルをひたすら見直しては大気圏突入に対する対策をしているので、絶望よりも、前向き思考で探している地点が親子だなあ~と思えたのは筆者だけだろうか?, またTV版のガンダムは大気圏を突入する際に、ガンダムBパーツの下腹部に収納されている耐熱フィルムで風呂敷のように全体を覆いながら熱膨張からの爆発を防ぎ、見事生還しているようですが、劇場版では何故か、耐熱フィールドに変更されている。, この理由も大気圏内で布状のもので身体全体を覆うことは事実上不可能!ということから股間から、ガンダム本体を覆うフィールドを形成する形に変更しており、この形式でも地球連邦軍の試験結果では全て失敗に終わっているので、アムロが降下成功出来たのも、, 以降、大気圏突入の主体はバリュートシステムと呼ばれるパラシュートのような形で背中から降りるタイプや、フライングアーマーなど飛行機型の乗り物で盾にするように落下するなどで、耐熱フィールドにしても本来は不可能では?という点が大きな疑問点であり、, RXシリーズのほとんどがコア・ブロック採用のため、いざというときはコア・ファイターで脱出する形として、機動戦士ガンダムThe originでも修正されているようです。, この点は1979年作品のため、科学の発展と共に不可能では?という疑問点から修正がされ、よりリアルに近い設定が組み込まれた結果であることから、リメイクされるのであれば、バリュートシステムやホワイトベースを盾に隠れて突破が無難のようですが、, ガンダムでの単機突破!というインパクトで、ガンダムは凄い!という印象を付けたかった 大気圏突入 大気圏外に出た など、気象天文の世界では頻繁に使われる専門用語ですが、ほとんどの人は「大気圏って要は空気の層でしょ」って思っているはずです。 まあ簡単に言えばその通りなんですが、大気圏は、大まかには下から順に …

 その辺にミサイルの撃ち方の教科書があんだろ」, とミライに諭されるシーンや、ホワイトベースを先導するために一緒に出たサラミスの 寄せることになるので、シャアがドヤ顔でドレンに対し発するようなセリフである、, また大気圏突入時の戦闘は2分が限界!と部下に言っているのも、重力に引かれて降下すると、機体が押しつぶされるたびに熱が発生し、進入角度が大きいほど、熱膨張が原因で機体が爆破されるためですが、それを数値で語ることで、部下への安心感を生んでいる。, これらは取り方によれば、気休めに聞こえるかもしれませんが、シャアの実績と自信を持った具体的な説明をすることで、部下に対する信頼を得ていることから、無謀だと思える作戦も実践出来たのでは無いでしょうか?, 大気圏突入ではシャアの奇襲に対し、ガンダムがどう対応するのか?という点だけが注目されがちですが、アムロの焦り以外にも、たった2分という短い時間内での温度や速度がホワイトベースクルーに悪影響を与えている部分が見どころとなっている。, 最初は牽引するサラミス、ホワイトベース共々、楽観的な印象から始まるのですが にほんブログ村, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます).  この作戦を成し遂げられるだろう。期待する」, 普通ならば、こんな無謀な作戦をする上司に従う部下もどうかしているのですが、作品内にも「戦いは二手、三手先を考えているもの」と公言しているだけあり、第5話の最後のほうでも、小型脱出戦闘機であるコムサイに一緒に乗った副官ドレン少尉のセリフでも、, 「ようやくわかりましたよ、シャア少佐。よしんば大気圏 バズーカを打ちつくしてしまい、ガンダムハンマーしか打ち出せないことを知ると、, と半ば投げやりになってどうにかして危機を脱出したいという焦りをうまく描いている。 ・ガンダムの大気圏突入は無謀?劇場版で変更された耐熱フィールドの謎。, 機動戦士ガンダムの基本的構成は1話に対し必ず1つのテーマがあり、それに対し予想のつかない結果に導かれるという点が富野描写として語られているので、この点をしっかりと見極めていくほど、いかにしてリアルな点を重視していたのか?理解出来るのですが、, 中でもシャアの作戦は、予想もしないところから災難にように次々とやってくるので 大人になった今だからこそ感じ取れる!富野由悠季氏のロボットアニメの特徴を僕なりの意見や感想で書いたここにしかないブログです♪, 機動戦士ガンダムは戦争の中でのリアルを描いていることで、予期せぬ奇襲攻撃や相手の裏を読む戦略など、それぞれの立場で表現されている点が、ガンダムファンを魅了している部分であると筆者も感じているのですが、その中でも第5話である大気圏突入は、, さまざまな部分から、切迫する人間描写が大きいため、戦争でのリアルとして アムロが、出撃前にセイラに「後方R3度。ザクは4機よ」と伝えられると、, と焦るシーンから、通信士のセイラに「あなたなら出来るわ」とおだてられたり 大気圏突入  突入前に敵を撃ち漏らしても、敵の進入角度を変えさせて、, とあることから、実際にガルマ大佐が制圧しているキャリフォルニア地区におびき ガンダムファンが増えるのも、この点に魅了されるためだと筆者はそう感じている。, 今回の「大気圏突入」というシーンでは、地球へ降下するタイミングや進入角度を間違えると自由落下から、燃え尽きてしまう恐怖があるため、シャアが作戦前に発している。, 「このタイミングで戦闘を仕掛けたという事実は古今例がない。」  一瞬のうちに燃え尽きてしまうだろう。」, というセリフ通り、本来ならモビルスーツで仕掛けるのは無謀であり、まともな 応援よろしくお願いします。 など、気象天文の世界では頻繁に使われる専門用語ですが、ほとんどの人は「大気圏って要は空気の層でしょ」って思っているはずです。, まあ簡単に言えばその通りなんですが、大気圏は、大まかには下から順に「対流圏」「成層圏」「中間圏」「熱圏」「外気圏」と、5つの層に分かれているんです。, だいたい地上から約100km上空まで空気があって、それ以上高くなると真空地帯に近くなります。, 人類は大気圏があるからこそ長い間生き続けることができているわけで、環境破壊が問題になっている今だからこそ自然の大切さを感じなければいけませんね。, 大気圏の一番外側にある高度約800km以上のことを外気圏と呼んでいてほとんど真空状態です。, 800Kmと書いてありますが、資料によっては500Kmと書いてあることもあり、割と曖昧のようです。, 高度400Kmでは1000℃、それ以上の高度になると2000℃まで達することもあるそうです。, 2000℃という数値を見ると、これが大気圏に突入する時に高温になる原因なのかと感じるかもしれませんがそうではありません。, というのは、スペースシャトルや国際宇宙ステーションが飛行しているのはこの熱圏内です。, えっ?って思うかもしれませんが、そもそも「気温」というものは大気が薄ければエネルギーも小さくなるのでさほど熱く感じるものではないそうです。, スペースシャトルや国際宇宙ステーションが1000℃以上に達する「熱圏」で船外活動できるのもこうした理由があるからです。, 高度約50~80kmまでの範囲で、対流圏と同じように高度とともに気温は下がります。, ちなみに下部の温度は-70度前後とされ、上限では-15℃から0℃になることもあるそうです。, 最近では成層圏からのスカイダイビングをする人がいるそうですが、高度が何と3万9000メートルだそうで、時速は1100キロを超えたそうです。, ヘリウムバルーンで成層圏まで運んでもらい宇宙服を着てのダイビングだったそうですが、さすがに考えるだけでも恐ろしいですね。, いわゆる私たちが生きている圏内のことで、地上から約12kmが対流圏に相当し、大気の90%は対流圏に存在しています。, 真夏に良く見られる「積乱雲」なんかは高度が10km以上にも達することがあり、その中では氷の粒が擦れあって雷が発生するのです。, 地上で30度もあるのになぜ、氷の粒ができるのか不思議に思うかもしれませんが、雲の中では-30度以下にもなっているからなんですね。, スペースシャトルが大気圏に突入すると下部が真っ赤になるイメージ映像がありますが、あれは熱圏の下層部から燃え始めます。, これはスペースシャトルの機体と空気との間で圧力が高まり「断熱圧縮」と呼ばれる現象で高温になるのです。, 断熱圧縮とは「大気圏に突入すると高温になる理由は?」でも書いていますが、圧力が高まると空気が高温になる現象のことを言います。, これは宇宙飛行においては最も危険な作業の一つで、宇宙飛行士にとって大気圏突入が一番緊張するはずです。, たとえば地球に垂直に突っ込んでくると急激な圧力の上昇を受けて期待が空中分解する恐れがあります。, ちなみに進入角度は速度と位置により変わってくるそうですが、数度くらいと聞いたことがあります。, あの美しいオーロラですが、私が思っていたのは高度50Kmくらいで発生しているものだと思っていました。, いろんなオーロラの画像を見てきましたが、どれも手が届くかのような雄大さだからです。, コレって「熱圏」ではないですか~ カプセルがザクに襲撃され、リード中尉から中から燃え尽きるので収納依頼をかけた際、, こんな感覚で立場から、大気圏突入時の襲撃の恐怖や混乱を見事なまでに描いているので、冒頭に出てきたおじいちゃんと少年、カツ、レツ、キッカが「怖くないもん!」と恐怖と戦うシーン。リード中尉が負傷して宇宙服が破れることの危険性など細かい部分が、, 機動戦士ガンダムでは、戦争の臨場感を恐怖や焦りといった感情で受け止められるように、失敗した末路という感覚で、敵の最後を演出するシーンが多いのですが、第5話でも大気圏突入に失敗した部分を、ザクの大気圏突入でしっかりと描かれている。, この部分に関してはシャアが部下に説明しているように、ザクの場合、シャアとて大気圏へ突入したら助からないことから、戦闘時間は2分と無いと忠告しては、しっかりと計算してコムサイに収納され、大気圏突入に見事成功しているのですが、, 「しょ、少佐、シャアーッ。助けてください、 スポンサーの裏事情から、このような矛盾が出たのかもしれませんね。. ↓↓↓ 「地球の引力に引かれ大気圏に突入すれば、ザクとて 大気圏に突入する宇宙船や隕石は、圧縮熱により3000度以上という高熱にさらされます。 宇宙飛行において最も危険が大きいフェイズのひとつですが、ソユーズ帰還船には窓が設置されているため、issから帰還する飛行士は突入時の景色を見ることができるそうです。 戦闘が始まると共に、ありえない現実から焦りや責任転嫁が強くなってしまう。, そのためか?第4話で2機のザクを倒したので、手持ちのザクが無いことを知っていた 間もなく大気圏突入だ。たすけてくれ。 33コメント ... やばち . ... クラウン…ザクには大気圏を突破する性能はない…気の毒 …  チャンスだ。。第一目標、木馬、第二目標、敵のモビルスーツ。, 戦闘時間は2分とないはずだが、諸君らであれば 精神ならば「まさかこんなときに攻めるわけがない」と考えるのが普通なのですが、, 「敵が大気圏突入の為に全神経を集中している今こそ、ザクで攻撃する

ニューメキシコ州カートランド空軍基地において休暇中の職員が撮影したコロンビア号大気圏突入時のデジタル写真画像に、シャトル機体の線画を重ねたもの; 撮影時刻は平成15年2月1日午前8時57分(米国東部時間) 目次 ・大気圏突入!たった2分の時間で奇襲?シャアが描いたシナリオとは。 ・大気圏突入は恐怖の連続?短い時間での温度と落下する速度の影響とは。 ・ガンダムの大気圏突入は無謀?劇場版で変更された耐熱フィールドの謎。 大気圏突入! 2 ジャンピングエルボーアタック [PL] 2020/11/10(火) 20:32:28.27 ID:ZOwu+wSX0.

考えると、スポンサーのおもちゃ売り上げ要望では無いかと筆者はそう思っている。, また大気圏降下中でもハヤトやホワイトベースクルーによる混乱が大きく、ザク相手に機銃で反撃する際にも、「機銃なんてやったことない」と嘆くシーンは、「僕だってやったことない」と、人員不足からくる責任転嫁から現場でクルーをまとめているリュウが切れるシーンが印象的。, と指示するものの出来ない!やったことのない!で責任転嫁でリュウ自身混乱状態となり、, 「くそう、死にたくなかったら何かしろ。 大気圏外に出た   まあ綺麗に見えるんだから何処でもいいんですが(^^ゞ, ブログランキング参加中です。

何故、ホワイトベース内にガンダムハンマーがあったのかは未だに不明なのですが、エネルギーの消耗が少ないわりに威力は大きく、宇宙空間でもその作用が高いことから、反映されているらしい。, ちなみに劇場版ではハンマーの存在自体消されているので、リアル面や命中率などを 宇宙科学 ブログランキングへ