患者さんによっては、脚が熱い、ほてるといった症状、さらには痛みや冷えといった症状を訴える方もいます。 これらの症状は、夕方から夜に起 次に、股関節回しについてお話していきます。股関節回しはつま先を正面に向けて直立姿勢をとります。股関節を意識しながら片足で立ち、上げた足を大きく回していきましょう。左右の足で内回し、外回しをそれぞれ10回ずつ3セットを行っていきましょう。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 実は管理人も、足の裏がすごく熱くなります。季節が関係なく年中熱いのですが、夏は足だけではなく、体全体が熱くなり、夜に眠れなくなります。, それでも、足が熱くて眠れない時にいろいろなことをするなか、やっと効果的な対処法がみつかりました。原因も調べましたので、ご参考にして下さい。, ひと口に足の裏が熱くて眠れないと言っても、人それぞれ、いろんな症状や原因があると思います。, その時によっても多少違いますが、夜寝ようと思う頃に、イラストの黄色で囲ってあるあたりが熱く火照ってきます。, 管理人の場合は足が火照るだけで、痛痒いというまではいきません。ただ人によってはジンジンするという症状もあるそうです。, かかりつけの先生の診断で血液検査をしましたが、特に異常はみつかりませんでした。それでも医師から言われた原因に「血行不良」ではないかと言われました。, 血行不足は確かに原因の一つです。また、その他の可能性として以下のことがあり得ます。, 管理人も更年期に入りました。更年期にはいると足の裏が熱いというのがでてくるそうです。, ただ、管理人の場合は30代から夜に足が熱い状態が続いています。50歳を過ぎてから始まったことではありません。, 30代からずっと同じ状態で、年齢で症状が変わったと感じることはありませんので、更年期でなる方もいらっしゃると思いますが、ケースバイケースなのだと感じます。, 管理人は糖尿病ではないのですが、糖尿病で足の裏は熱くなるということもあると言われています。, 医師から血行不良が原因で足が熱くなるのではないかと診断の際に言われたのですが、足の裏には血液を循環させる機能があるとのことです。, 足の裏には循環をさせるポンプがついているそうです。それでこのポンプが上手く機能していなければ、血液の循環が良くて熱くならないということです。, それで、管理人は夜に寝る前にマッサージをすることにしました。原因が血行不良の場合は、マッサージで熱いのは取れます。, そのほかの原因に、「鉄分不足」があり得るそうです。鉄分が不足することで、血行不良にもなるそうです。, ダイエットの結果で、鉄分が不足していることで、血行不良にもなるということですので、ほうれん草などはしっかり食べるのいいようです。, 糖代謝や脂肪酸代謝において重要な反応に関わる物質です。不足している場合は、熱くなりやすい可能性があります。 赤ちゃんに限らず、人は眠る前に体温を下げて溜まっている熱を手足で放出して温度調節をしています。しかし、手足のほてりだけではなく、首や身体まで汗をかいているときは体温調整ができていない証拠。手足以外も熱くなっている場合は、着ている服を脱がして熱を逃がしてあげたり、赤ちゃんに注意を払ってあげてくださいね。, 足の裏が熱いと眠れなくて辛いですよね。しかし、足の裏だけが熱いのは身体からの何かしらのサインです。しかし、そのまま放置していては自分がつらいだけです。ぜひ、身体からのサインを素直に受け止めて、病院にかかったり、体質改善に努めたりするようにしましょう。. (5)水分バランスが崩れている, 単なる疲労でない場合もありますので、改善しない、あるいは悪化する場合は、早めに整形外科や神経内科、かかりつけ医に相談しましょう。, 一般的な足のほてりの場合は、足全体の巡りを良くすると、熱が放出され、改善が期待できます。, (2)左ひざを立てて、右足首を左ひざにのせます。左ひざに右足ふくらはぎをつけた状態で上下に動かし、右のふくらはぎを刺激します。ふくらはぎに溜まった老廃物の排出を促します。, ふくらはぎは、下半身の老廃物がたまりやすいパーツです。ふくらはぎをひざで刺激することにより、足はもちろん、下半身全体の老廃物が排出しやすくなります。結果、「足」の巡りもよくなり、ほてりが軽減されます。, それでも、足がほてって眠れない時は、ゴルフボールで足裏をコロコロと刺激して、ダイレクトに足の老廃物排出を促しましょう。, ただ、この場合も、最初に「ふくらはぎ」をほぐしてから行うことをおすすめします。足だけほぐしても、その上のふくらはぎの巡りがよくないと、老廃物を排出しにくいためです。, (日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。), 【関連記事】・足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ・体重増加と老けが加速!?朝にやりがち「NG習慣」7つ・寝る前3分!疲れとお腹ポッコリ解消の「陰ヨガ」・たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」, 先日つやプラ読者を対象に、更年期に関するアンケートを実施したところ「自分は更年期だと思う」「もうす…, Apple Watchを持っている人も、購入を検討中の人も、おそらくApple Watchによって日々の仕事やルーティン…, 大須商店街(名古屋市中区大須2~3)で毎週日曜の午後、仮装姿でゴミ拾い活動を行う「リアルライフヒーロ…, 日焼け止めアイテムを買ったものの、なかなか使い切れないということはありませんか?ヘアメイク、コスメ…, 炊飯器ひとつで作れる簡単エスニック主婦の皆さんは、毎日ごはんを炊いて、おかずを作って、汁物も……食事…, コミュニティデザインで考える「エコとエネのバランスした社会」をテーマに第35回エコ×エネ・カフェを開催. 慢性的な冷え性を改善するには、適度な運動を行って下半身に筋肉をつける、ストレッチをして血液の流れを良くするように心がけるといったことも大事です。また、お風呂はシャワーではなく湯舟につかったり、足を冷やさないように足湯を取り入れてみたりすることも必要なことです。, 足の裏が熱いからと言って、身体を冷やすのはもっての外です。冬はもちろん、夏場であっても冷たい飲み物は避けて、身体を温める飲み物や食事を積極的にとるようにしましょう。また、寝る前は腹巻をしてみたり、着圧ソックスを履いてみたり、身体の血流を促す行動をとることで、ほてりが和らいでくることが多いですよ。普段の生活の中に、温活をぜひ取り入れてみてくださいね。, 赤ちゃんの足の裏が熱いときは、何か異常があるのか気になる方も多いのではないでしょうか。実は、赤ちゃんの足裏は赤ちゃんの身体の状態が分かりやすくなっていると言われています。, 特に赤ちゃんの足の裏がぽかぽかで熱いときは、眠るために手足に血流を集中させて身体の内部の温度を下げている状態です。足の裏のぽかぽかが持続すると、段々としっとりとし始め、足の熱は逃げていくので問題はありません。