スッキリ感がない感じが続いてます。 いい加減お腹も苦しいし、どうにかしないと!と思って昨日の夜に野菜ときのこのスープを作りました。... 便秘解消法について 幼い頃から便秘に悩まされています。 便はコロコロで数日から1週間近く出ないことも。 現在している事は ・水分を意識して摂る ・3A(便を柔らかくするもの)とミヤリサン錠(ビオフェルミンは合わ... はじめて便秘薬(コーラックファースト)を飲みます。 今まで便秘になっても自力で出してましたが今回は便がかなり固くて出しずらいので買ってきました。 ですがコーラックは吐き気や嘔吐などの症状がでる可能性があるというのをみ... 感じがあります 病院も今まで5件変えて薬も10種類変えましたが、効かなくなります コーラックも少し出るだけで残ります 前... 膣内を触ったところ、 直腸瘤はそれほどでもない感じでしたが、子宮が画像のようになっているかと思われます。こんなに子宮口から膣... 便秘と痔(?)に困ってます 先程便意を催してトイレへ書き込みました。 便秘なので踏ん張らないと出ないのですがこれっぽっちも出ません。踏ん張ったら血がポタッと垂れてきました。 少量の血ではなくてポタッ、ポタッと踏ん張る... 入れた)食べたらお腹下しちゃったんですけど、わかめ食べすぎると下すってありますか? それとも海鮮丼が当たっただけですかね、、?. 妊婦さんにとって妊娠中の体調は敏感に反応してしまいます。特に妊娠初期の頃は、たくさんの変化が起こるものです。妊娠初期の下痢 症状、原因をきちんと理解することで不安を解消し、妊娠中を目一杯楽しめるようにしていきましょう。 下痢が続く原因は様々です。発熱を伴い急激に起こる下痢の場合は大変危険な場合がありますのですぐに病院へ行きましょう。 妊娠初期の下痢は危険?妊娠したばかりだと、「下痢にならないように気をつけたほうがよい」というようなことを言われます。 妊婦生活(135) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 妊娠中は下痢と便秘を繰り返す? 安城市 妊婦専門整体院の情報ですが、私も便秘症なので困っています。脂っこい食べ物を好んで食べていませんが、お通じが全くありません。そもそも、便秘は遺伝でしょうか?私の兄も便秘症で、私も小さい頃から便秘症。, 安城市,妊婦,整体,安産,癒いこい,産後,産後整体,安産整体,肩こり,腰痛,恥骨痛,体型崩れ,妊娠中,下痢,便秘,繰り返す の情報があります。何かポイントとなるキーワードがありましたでしょうか?? 知らないワードがあった場合はグーグル検索で確認しておきましょう、、, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%BF%E7%A7%98, 便秘は、週に2~3回以下と排便回数が減少し 硬い便、兎糞状の便の排出、排便困難感、残便感が現れる状態ですけれども、便秘は、運動不足と食物繊維の少ない食事が原因と考えられます。, 本当にそれだけでしょうか?それ以外にも原因があると思いますよ。私は運動も沢山しますし、食物繊維も豊富に食べていますが、なかなか便秘症から改善しません。, https://med.sawai.co.jp/oncology/advice/vol01/pdf/c_all.pdf, 便秘症を改善する食事は厚生労働省からアナウンスされていますから、見ておきましょう。



必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。 妊婦です。先日、食あたりになりました。3~4時間程、吐いたり下痢になっていました。お腹の赤ちゃんは大丈夫でしょうか?体調は良くなりましたが、赤ちゃんにも負担はかかっているのでしょうか?宜しくお願いします。こんばんは。私は普

  妊娠中は便秘になりやすいと言われますが、下痢になることもあります。妊婦さんに起きる下痢の原因は実にさまざま。治療の緊急性は高くないことが多いとはいえ、軽視していいわけではありません。妊娠中の下痢の原因や正しい対処法を理解しておきましょう。 「妊婦さんは赤ちゃんの分まで食べなくちゃ!」というのは一昔前の話。食べ過ぎは肥満に繋がりますし、妊婦の食事は下痢や貧血、つわりにも影響するので注意しなければなりません。妊娠中に役立つ食べ物・飲み物の情報を紹介します。 妊婦さんにとって妊娠中の体調は敏感に反応してしまいます。特に妊娠初期の頃は、たくさんの変化が起こるものです。妊娠初期の下痢 症状、原因をきちんと理解することで不安を解消し、妊娠中を目一杯楽しめるようにしていきましょう。, また長い期間下痢を繰り返してしまう方もいらっしゃいますが、流産の危険性があるのでは?と不安に感じることもあるでしょう。そこで、なぜ妊娠中に下痢症状が起こってしまうのか、そのメカニズムなど、知っておきたいさまざまな情報をご紹介していきます。, 妊娠中の妊婦の身体には、たくさんの変化が訪れます。特に妊娠初期の頃は、赤ちゃんを育てるための身体になろうとする働きた強く、変化も急スピードなので、戸惑う症状も多いでしょう。, 妊娠初期だけに限らず、妊娠中の妊婦さんを悩ますものに下痢の症状があります。妊婦といえば便秘になりやすいというイメージがあるかと思いますが、実は下痢に悩んでいる妊婦さんも多いのです。, 一般的に、便秘になりやすかった方は妊娠すれば便秘に悩まされるようになり、お腹を下しやすかった方は妊娠すると下痢になりやすいと言われています。そういう方は元々消化器官が弱く、腸で吸収されるはずの水分が吸収されずに残ってしまい、下痢となって一緒に排出されます。, また、その他に果物や飲み物を好んで多く食べるようなタイプの人は、水溶性植物繊維を過剰に摂取している事になり、排泄物が水分を含みすぎて水様物となって排出してしまいます。それから以前よりストレスによる胃腸の慢性不調に悩まされている方は、妊娠時には顕著に現れる事が多いです。, 妊娠中の下痢には、さまざまな要因が隠されています。まず、妊娠中の妊婦の身体は、ホルモンバランスが変化し、不安定になりやすいのが特徴です。, ホルモンの影響として、プロゲステロンという物質が分泌されますが、これは妊娠を継続するために必要な作用を促します。しかし同時に腸の運動を抑制する働きも生じてしまうため、下痢症状が引き起こされてしまうのです。, プロゲステロンは、妊娠を継続するために必要なホルモンですが、腸の運動を抑制する働きも生じます。, このため、腸に溜まった便の水分コントロールが難しくなります。便の水分がどんどん抜けていってしまうと便秘になり、水分が多すぎると下痢になります。このため、妊娠中の妊婦さんは便秘や下痢など腸の症状に悩まされるのです。, ひとくちに下痢症状といっても、その原因はさまざまです。慢性的に便秘を繰り返すことが原因で下痢になることもあります。一定期間腸内に便が溜まると、強制的に排出しようとする働きた強まるため、下痢になってしまいます。, 妊娠中の妊婦にとって、つわりは妊娠初期症状として頻繁に発生します。このことから、食生活のリズムが狂い、定時に食事を取りにくくなってしまいます。, 固形物を一切受け付けず、流動食ばかり食べているという方は、水分がどうしても多めになってしまうため下痢症状を引き起こしてしまうのです。また、便通に良いとされているヨーグルトや果物も、強く反応して下痢になることもあります。, 妊娠初期症状として、つわりがありますが、食べ続けていなければならないつわりも存在します。いわゆる「食べづわり」と呼ばれる症状で、口に食べ物を常に入れておかないと、気持ち悪くなってしまうのです。, また、妊娠中の妊婦の体は、強く栄養を欲します。このことから、いつもの食事量の2~3倍も多い量を食べてしまうようになるのです。身体が栄養を欲しているとはいえ、食べ過ぎるとうまく消化することはできません。, 結果、食べ過ぎにより下痢が引き起こされてしまうのです。これ以上食べてはいけないとわかっていても、やめられないのが食べづわりの辛いところでもあります。, 今まで同じ食べ物を食べても平気だったのに、妊婦になってから食べると下痢をするようになった。このようなケースもあります。ヨーグルトのような乳酸菌が多い食品や、果物に多く見受けられます。, また、お寿司(生魚)や生野菜といった生ものも下痢しやすくなる食材です。妊娠中生ものはできるだけ避け、加熱処理した物を食べるようにしましょう。, 受精卵が着床した頃から、妊娠維持と赤ちゃんの成長のためにお母さんの血液が子宮へ優先的に回されるようになります。日本の成人女性は貧血が多いですので、妊娠前から貧血治療として鉄剤を服用されている方も多いです。, しかし、鉄剤には副作用があって、服用すると胃腸を刺激するため下痢を引き起こすのです。また女性ホルモンの影響で体質が敏感になっているので、今までは問題なかった薬もお腹を下す原因となる確率が高くなります。鉄剤を日ごろから服用している方は、お腹の調子が悪くなった時には合わなくなった可能性もありますので、医師に相談してください。, 下痢は、妊娠初期症状として現れることもありますが、感染したことにより引き起こされることもあります。妊娠中は、免疫力が低下することから食あたりも置きやすいのです。妊娠中の妊婦が生ものを避けるようアドバイスされているのはこのためです。, また母体にとっては危険ではないものの、赤ちゃんにとって良くない影響を及ぼす可能性のある食べ物は、身体が自然と下痢で排除しようと働きかけます。妊娠中は、とにかく赤ちゃんを守ろうとする作用が強まりますので、下痢は防衛反応の一つでもあると言えるでしょう。, 身体の冷えやストレスが溜まって生理不順になってしまった経験を持つ方も多いですが、これは自律神経の乱れが原因です。自律神経は身体の機能をコントロールする為の非常に大事な神経系統で、脳の視床下部でコントロールをしているのですが、実は女性ホルモンも同じ視床下部で分泌のコントロールを行っています。, この2つは非常に密接しているので、妊娠時のように急激に女性ホルモン分泌量が増加した場合は、腸のぜん動運動をコントロールしている自律神経も乱れてしまい、下痢や便秘が起きやすくなるのです。, まず上記の原因の対策を行うことが大切です。また妊娠中なので手軽な対策をご紹介いたします。, 妊娠初期の下痢は女性ホルモンや自律神経の乱れから来るので、根本から治すことは出来ませんが症状を軽くする事なら可能です。つわりが始まると湯気や温めた料理の匂いがダメ、と冷たい物ばかりを飲んだり食べたりしてしまいがちです。, 冷たいものはムカつきも抑えられるので、アイスやゼリー・冷たいお茶などが食事代わりになっている方もいるかもしれません。お腹が冷えれば下痢になってしまうのは明白です。しかし温かいものが無理ならばお腹をタオルで巻いたりカイロを乗せたりして、これ以上お腹を冷やすのを避けましょう。, あまりにも下痢が酷いようだと、体内の塩分までも排出されてしまい、ただの水では吸収しづらくなります。そんな時に便利なのがスポーツドリンクですが、甘すぎて余計に気持ち悪くなるパターンも考えられるので、そんな時はスポーツドリンクを倍の水で薄めて飲むようにすれば、甘さも適度に感じ吸収効率も上がります。, ただ種類によっては、下痢を更に悪化させる甘味料が含まれているものもあるのでよく確認して下さい。気になる場合は手作りしても美味しく飲めます。, 妊娠中に下痢が続くと、このままでは流産すると思い込み、急いで下痢をストップさせようと薬を飲もうとする妊婦の方がいらっしゃいます。, 下痢が続いているとは言え、自己判断で薬を服用するのは絶対に避けてください。効き目が優しいタイプの薬であっても、妊娠中の妊婦の身体に悪影響を及ぼす危険性があるからです。, 下痢を薬で緩和させたい場合は、婦人科の先生に相談し、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。, 下痢症状は、妊娠中の妊婦にとってよくあることです。しかし、何日も続いてしまうような、ひどい下痢の場合は注意が必要です。妊娠初期症状としての正常な下痢であっても、長く続くことで身体が脱水症状を引き起こす可能性があります。下痢では身体の水分が多く体外へと排出されてしまうため、水分不足に陥ってしまうのです。, また、妊娠中の妊婦の身体は、赤ちゃんのために子宮に水分を優先して集中させます。このことからも、水分不足は体調にも影響してくるのです。, また、下痢による脱水症状が続くと慢性的な栄養不足に陥る危険性もあります。赤ちゃんが成長するための栄養が欠如すると、発育が遅れる原因にもなりますので、早めに病院を訪問し点滴などで対処してもらうようにしましょう。, 通常はあまり心配する事のない下痢ですが、あまりにも長期に渡りそれが原因で体重が減ってしまうような場合は、入院を勧められる事があります。, 妊娠初期はちょうどつわりの時期なので、つわりの重い方が下痢になってしまうと何も食べられずに水分は体から出て行くばかりで、脱水状態になりかねません。また体内の水分不足は、血液の流れを鈍らせて子宮の環境を悪くしてしまい、赤ちゃんの発育にトラブルが起きてしまう可能性も考えられます。, 下痢が続いて肌がカサカサになったり、だるくて腕を動かすのも億劫なほどになってしまう前に医師に相談しましょう。入院するほどではないとしても、医師の状況にあった処置が必要になります。, 女性ホルモンの増加や受精卵が着床した後に絨毛繊維から分泌されるhCGホルモンなど、身体が今までにない状態へと進むので、それに伴う下痢などの諸症状は妊娠初期にはよくあります。, お腹の不快感や下痢のみならば良くある事と何も心配ないのですが、発熱や嘔吐などの症状がある場合は受診した方がよいでしょう。, これらを伴う下痢は、ノロ・ロタといったウイルス、または大腸菌・サルモネラ菌などの細菌に感染した可能性が高いです。周りに感染させて自身も再発する可能性が高くなってしまうので、もしかしたらと思ったらなるべく早く治療を行いましょう。, よく、妊娠中の妊婦が下痢を長引かせると流産すると言われていますが、流産の原因は下痢ではありません。, 下痢は、体内のものを排出しようとする作用を強く感じるものですので、どうしても流産のイメージを抱きやすいのでしょう。外出できないほどの下痢なら、一度受診する必要がありますが、通常のトイレの回数で済むようなら、そこまで強く心配する必要はありません。, 下痢になるとお腹がぎゅーっと縮むような感じがしますね。これが何回も続くともしかしたら流産してしまうのではないか、と不安になる方も多いでしょう。下痢になると腹圧がかかり、それにつられて子宮も収縮するのですが、だからといって子宮内にまで影響を与える事はありません。, 妊娠後期のお腹が大きな状態で下痢になっても、子宮収縮を強く感じる以外お腹の赤ちゃんへの影響はほとんどありませんので安心してください。, それよりもお母さんが不安に思って精神的にダウンしてしまう方が、お腹の赤ちゃんへの影響は大きいので、あまり思い悩まずに自分が出来る対策を始めてみてはいかがでしょうか。, 妊娠中の妊婦の下痢症状は、妊娠初期に多く見受けられるものです。しかし、強い痛みを伴う下痢には注意が必要な場合があります。何かに感染している場合もありますし、流産の兆候として現れる時もあるからです。, ポイントは痛みの程度で、我慢が必要なほど痛む場合はすぐに婦人科の医師に診断してもらいましょう。切迫流産の場合、早めに処置を受けて安静にすることで流産を免れることができます。, 妊娠中の下痢は、続いてしまうと不安がどうしても募るものです。妊娠初期症状だと診断されても、不安が残る場合はもう一度病院で診察してもらうのも良いでしょう。, 下痢により妊娠中の不安が増えてしまうことのほうが、悪影響だからです。妊娠中の妊婦は、たくさんの変化が訪れる中でどうしても不安が募りやすくなります。特に妊娠初期の頃は、慣れない身体に戸惑うことも多いでしょう。, だからこそ、少しでも不安を減らすためにも、下痢の悩みは相談して解消するべきなのです。下痢は、多くの妊婦が体験しているものですので、話すのをためらい恥ずかしがる必要は全くありません。, 妊娠中の妊婦の身体に起きる下痢についてご紹介しました。妊娠初期症状のひとつとはいえ、下痢が長引くとさまざまな不安がついてくるものです。, そんな時には医師に相談し、適切な処置を受けてください。妊娠中はたくさんの変化が起こりますが、ひとつひとつの不安を払拭し、生まれてくる赤ちゃんとの出会いを楽しみに毎日を過ごしていけるようにしましょう。. Write CSS OR LESS and hit save.

イルカ、クロムツ…1回80gを週2回まで, キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチ(メバチマグロ)、エッチュウバイガイ、マッコウクジラ…1回80gを週1回まで, お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。, cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。. 妊娠中の下痢と腹痛は妊婦さんのマイナートラブル。私は妊娠中期から、突発的な下痢と冷や汗が出るほどの腹痛に悩まされ、外出するのが怖くなってしまった経験があります。そんな私の体験談を通して、妊娠中のつらい下痢と腹痛の原因や対策を紹介します。 妊娠中の便秘対策には食物繊維を含む食べ物がおすすめですが、下痢のときは胃腸への負担を軽くするため、食物繊維は避けましょう。 また、香辛料を多く含む食べ物や飲み物は刺激が強いので、おすすめ … ※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房]、[厚生労働省]妊婦に関する情報、[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。, 【漫画】恐怖の妊婦健診、涙の転院。 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.2, 2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産までの記録をお届けします。, 【漫画】つわり×家事×育児×仕事! 地獄の妊婦生活『夫を捨てたい』より「夫を捨てた日」Vol.5, 「好きだから結婚したはずなのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。私は夫を捨てたいと思っている……」ギクリとするような言葉ではじまる、いくたはなさんのコミックエッセイ『夫を捨てたい』。この話題作から、衝撃のクライマックスにあたる4章「夫を捨てた日」を切り出して短期集中連載! 毎日17:30の更新です。, 【漫画】妊娠検査薬で陽性判定! 出血はどうして……?『夫を捨てたい』より「夫を捨てた日」Vol.3, 【漫画】2人目妊娠の兆候? 生理はあったけど……『夫を捨てたい』より「夫を捨てた日」Vol.2, マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のともるさん。ともるさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。, マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のチリ ツモルさん。チリ ツモルさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。, 【漫画】いつもの赤ちゃん言葉…からの自己主張!!赤ちゃんの言葉づかいがおもしろい!, マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のまりげさん。まりげさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。, 日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 ・食物繊維を多く含む食品は、たけのこ・緑黄色野菜・ごぼう・さつまいも・ふき・七分搗き米・大豆・ひじき・かんぴょう・切干大根などは安くて良いね。 妊娠中に特に意識して摂りたい栄養素の代表が「葉酸」。葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミン。細胞分裂に不可欠で、妊娠前や妊娠初期に十分に摂取することで、神経管の先天異常の発症リスクを低下させる効果があるといわれています。 妊娠中期に下痢が続くと、子宮収縮によって流早産してしまう可能性もありますので、薬の服用も含めてまずは医師に相談してくださいね。 今回ご紹介した5つの対処法は、下痢に限らず、妊娠中を通して心がけておきたいポイントです。 Copyright© 2020 下痢改善相談室 All Rights Reserved. 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。医師+(いしぷらす)所属, https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1067, https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/963, https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/158, https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/index-a.pdf, https://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/dl/ninpu.pdf, https://www.fsc.go.jp/factsheets/index.data/factsheets_caffeine.pdf. 妊娠超初期(67), 「妊婦さんは赤ちゃんの分まで食べなくちゃ!」というのは一昔前の話。食べ過ぎは肥満に繋がりますし、妊婦の食事は下痢や貧血、つわりにも影響するので注意しなければなりません。妊娠中に役立つ食べ物・飲み物の情報を紹介します。, 妊娠すると、気持ちの悪さや吐き気、食欲がなくなるなどの変化が現れることがあります。いわゆるつわりですね。明確なメカニズムは解明されていませんが、妊娠すると分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が一因となっているとも言われています。つわりの症状そのものや重さは人それぞれ。妊娠の影響で今まで大好きだった好物が食べられなくなったり、特定の食べ物ばかりが欲しくなるなど、食欲に変化が見られる妊婦さんは少なくありません。吐き気や胃のむかつきがあまりにもひどいときは「食べられるものを、食べられるとき、食べられるだけ」でOKです。でも、元気なときやいくらか食べられるときにも「食べられるものを、食べられるとき、食べられるだけ」を当てはめてしまうのはちょっと待って!次の項目では、具体的に妊婦が食事でどう気をつけるべきかというポイント、積極的に取り入れたい食べ物、極力避けたいNGな食べ物を紹介しますのでチェックしましょう。, 毎日の食事は、1日3食、栄養バランスのよい食事をして、適切な栄養とカロリーを摂りましょう。一日に摂る食品が多すぎたり、少なすぎたりすることがないよう、いろいろな食材をまんべんなく食べることが大事です。また、食事の時間が不規則になると食べ過ぎてしまいがち。そうなると太りすぎてしまい、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気を引き起こしやすくなります。これらは難産の原因になるだけではありません。妊娠高血圧症候群は、悪化すると母子ともに命の危険にさらされますし、妊娠糖尿病の場合、赤ちゃんが巨大児となるリスクを高めたり、生まれてすぐに赤ちゃんが低血糖症を引き起こしたりすることがあるのです。また、体重の増加が気になったからといって絶食するのはNG。特に健診前日に絶食をすると、尿や血液などの数値が変化してしまって、正確な結果が出せなくなります。なるべく普段通りの食生活をしましょう。, よく噛むことで満腹中枢が刺激されるので、食べ過ぎの防止が期待できます。また、食事時間が長くなるので、血糖値の上昇が緩やかになるというメリットがあります。食べ物が細かく砕かれて胃腸での消化吸収が良くなるでしょう。唾液も多く分泌されるので、妊娠中に起こりがちな歯周病などの口腔トラブルを防ぐことにもつながります。, 摂取カロリーを抑えられ、妊娠中に必要なビタミンやミネラルを摂取できます。また、食事の最初に野菜を食べると炭水化物の消化吸収を穏やかにし、血糖値の急激な上昇が抑えられ、インスリンの過剰な分泌を防止できます。野菜のほか、きのこ類、海藻類、こんにゃくといった水溶性食物繊維が豊富な食べ物も、便秘の予防・解消に役立ちます。, 塩分の摂り過ぎはむくみや妊娠高血圧症候群、糖分の摂り過ぎは妊娠糖尿病を引き起こします。それだけでなく、味の濃いおかずが食欲をそそり、ついついお米などの炭水化物を食べ過ぎてしまうリスクもあります。妊娠中の塩分摂取は1日7g程度にとどめましょう。食品を買うときには栄養成分表示の「ナトリウム(塩分相当量)」をチェックしてみてください。自炊のときは、レモンや酢の酸味を効かせたり、スパイスやハーブの香りやだしの旨みを活用したりすることで、少ない塩分でも素材の味を楽しめます。, お惣菜やインスタント食品、お菓子などには、食品添加物が含まれているほか、手軽に食べられるだけに過剰なカロリー摂取をしてしまうことになりかねません。できるだけ避けたくても、体調がすぐれず自炊ができない日もあり、全く摂らないというのも難しい話。せめて食べる回数を減らしてみてはいかがでしょうか? 例えばラーメンを食べるときは野菜を足してスープは必ず残すなど、栄養バランスを考えて塩分や脂肪分を摂り過ぎないように意識しましょう。, 妊娠中、1日2Lの水分摂取を心がけましょう。非妊娠時は、1日の目標水分摂取量は1Lから1.5Lぐらいが目安になりますが、お腹に赤ちゃんがいる時はいつもより500ml~1L増やしましょう。むくみが気になるからといって、水分補給を控えてしまう妊婦さんは少なくないようです。しかし、水分をしっかり取ることで血液の流れが良くなり、赤ちゃんにも健康的な血液を届けることができます。逆に不足すると脱水症状を起こしたり、膀胱炎になりやすくなったりします。妊娠中の水分補給には水かノンカフェインのお茶が適しています。同じ水分でも清涼飲料水やジュースは糖分過多になり、妊娠中に必要な体重コントロールの妨げになる可能性があるので控えましょう。, 近頃は妊婦さん向けの葉酸や鉄などのサプリメントがたくさん出回っていますね。とても手軽で便利ですが、市販のサプリメントの中には妊娠期に適さないものが含まれている場合もあります。栄養摂取の基本は食事からを第一とし、サプリメントはあくまで補助と考えましょう。また、市販のサプリメントを服用するときは、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。, 赤ちゃんの健やかな成長のために、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠初期までに葉酸が不可欠な理由を知っておきましょう。, 妊娠中に注意したいのは、食べ物のことだけではありません。調理前、食事前の手洗いをしっかり行うことも、大切な注意事項の1つです。手に付着した菌やウイルス、寄生虫などが料理を介して体の中に入ってしまう可能性があります。誰しもが普段から気をつけるべきポイントですが、妊婦さんは特に注意が必要です。, 緑黄色野菜には、妊娠中だけでなく普段から健康的に過ごすために必要不可欠なビタミン類や葉酸、鉄分、食物繊維、カルシウムなどが豊富に含まれています。旬の時期は栄養価が高まるので、季節の野菜を積極的に取り入れるといいですね。特にモロヘイヤ、ほうれん草、春菊にはお腹の中の赤ちゃんの成長を促し、授乳中には母乳作りのサポートをしてくれる葉酸が豊富。血液の流れを良くして体を温める作用があるビタミンEも、妊婦さんと赤ちゃんの健康を支えてくれますよ。生のまま食べるよりも、加熱してかさを減らしたほうがたくさん食べられます。さっぱり食べられる温野菜サラダや、汁に溶け出した栄養も摂取できるスープや味噌汁がオススメです。, 赤ちゃんの体や脳をつくるために重要となる栄養素がたんぱく質。良質なたんぱく質を含む肉や魚は妊娠中も欠かさず食べたいものです。ただし、脂身が多い部分はカロリーも高いため、肉であれば赤身やささみ、魚もトロより赤身を選んで食べるのがいいでしょう。赤身の肉や魚を上手にとれば、貧血の防止にもつながります。, たんぱく質が豊富な大豆製品は、つわりで肉や魚を体が受け付けないときに取り入れたい食材です。納豆には骨を強くするビタミンK、枝豆には葉酸が含まれています。絹ごし豆腐などにはちみつやメイプルシロップをかけると、スイーツのような味わいになるので、「たまには甘いものが食べたい!」というときのおやつにも最適。, きのこ類は低カロリーで食物繊維が豊富。妊娠中の体重管理や、便秘解消にも役立ちます。また、きのこ類はグアニル酸といったうまみ成分も強いので薄い味付けでもおいしく食べることができ、減塩中の妊婦さんにとっても強い味方。炒め物や蒸し物、鍋などさまざまな料理法で食べることができるので、飽きずに取り入れられるのも魅力です。, 妊娠中は、赤ちゃんの骨や歯をつくるためにカルシウムが多く必要になります。牛乳やヨーグルトなどの乳製品は手軽にカルシウムを摂取できるうえ、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルも含まれている優れもの。また、ビフィズス菌など善玉菌が含まれているヨーグルトドリンクなどは腸の調子を整えてくれるので便秘気味の妊婦さんにもおすすめです。, お腹の中の赤ちゃんは母体から胎盤を通して栄養をもらっているので、妊婦がアルコールを摂取すれば、栄養と同じようにして届いてしまいます。胎児性アルコール症候群を引き起こす原因となるため、妊娠中は飲酒をやめるようにしましょう。胎児性アルコール症候群になると小脳低形成などの脳の障害や成長の遅れを引き起こす可能性があります。妊娠に気づいたら、すぐに禁酒しましょう。心配なら、かかりつけのお医者さんにいつごろまで飲酒していたかを話し、相談すると良いでしょう。, 魚は、妊娠・出産のための栄養バランスの良い食事には不可欠です。ところが、魚の一部には、自然界に存在する水銀が食物連鎖によって蓄積されているものがあります。このため、魚を極端にたくさん食べるという偏った食べ方によって、お腹の赤ちゃんに影響を与える可能性が指摘されています。適切な量は、例えばキンメダイやクロマグロ(本マグロ)は1週間に刺身で1人前(80g程度)、切り身で1切れ(80g程度)とされています[*1]。また妊娠中は、普段なら何ともないものが原因で食中毒になってしまう可能性もあり、刺身や生の貝類は注意が必要です。このような理由から、魚介類の生食は少量に限るようにしましょう。, 卵はとても栄養価が高いので、妊娠中も積極的に摂取したいです。ただし、生卵は注意が必要です。卵の殻には、サルモネラ菌が付着していることがあり、母体にも危険を及ぼす可能性があるため、生卵は控えたほうが無難です。サルモネラ菌は75℃で1分以上加熱すると死滅するので、卵は加熱調理をすれば安心です。オムレツなどがベターですが、とろりとした黄身の食感を楽しみたいときは、温泉たまごにするのもいいかもしれません。なお、自家製のマヨネーズやドレッシングにも生卵が使われていることがあるので、注意したほうがよいでしょう。, 生肉には寄生虫であるトキソプラズマが付着している可能性があります。トキソプラズマは全ての哺乳類と鳥類に感染する可能性がある寄生虫で、ネコの尿や糞や、生肉から感染するといわれています。妊娠中に初めて感染した場合、胎盤を通して赤ちゃんに伝染し、脳や目に障害が起こる可能性があります。脳に髄液がたまる水頭症や視力障害などがその一例です。トキソプラズマは67℃以上の熱で死滅します。お肉を食べるときはしっかり加熱してくださいね。もしうっかりレアのお肉を食べてしまった場合、トキソプラズマに感染している可能性があるため、病院で検査を受けましょう。, カフェインを含むコーヒーや紅茶といった飲物を、妊娠前から楽しんできた方は多いと思います。気持ちを落ち着かせ、ストレスを和らげる等の効用もあります。しかし、大量のカフェイン摂取は、低体重児として出生するなど胎児の発育や妊娠の経過に悪影響を与える可能性も示唆されています。WHO(世界保健機構)では、一日のカフェイン摂取量が300mg(200mlカップならばコーヒー2.5杯程度)を超える妊婦は摂取量を制限するようにとしていますが、200mg以下(200mlカップならばコーヒー2杯弱程度)の摂取にとどめるよう勧める国もあります[*3]。総合して考えると、コーヒーは1日2杯程度なら問題ないようですが、カフェインレスのコーヒーや紅茶がスーパーや赤ちゃん用品店等で買えますので、取り入れてみるのもいいかもしれません。できれば、カフェインが含まれていない麦茶やハーブティーなどの飲み物を選ぶようにしましょう。, 妊娠中は手軽ですぐに食べられるインスタント食品やレトルト食品につい頼ってしまいがちですが、これらの食品は一般的に塩分や食品添加物が多く使われています。こういった点に気を配りながら、上手に利用しましょう。, 妊娠中、特につわりの時期はフライドポテトなどの揚げ物を欲する妊婦さんも多いようです。しかし、揚げ物は衣にたっぷり油が吸収されていて高カロリー。食べ過ぎると体重管理にも影響が出てしまいます。どうしても揚げ物が食べたいときは、衣を薄くつけるようにする、食材をヒレ肉などの脂身が少ないものにするなどして工夫しましょう。, 妊娠中、味覚が変化し、辛いものが突然食べたくなる妊婦さんも多いようです。つい辛い調味料で味付けしたくなる……なんてエピソードも多いですよね。妊娠中は辛いものを食べてもごく普通の量なら、問題はありません。キムチは発酵食品なので便秘対策にもぴったりです。ただ、いわゆる激辛フードには要注意です。辛い食べ物は塩分もたくさん含まれているので、塩分の影響でむくみやすくなることも。もともと塩分過多、高血圧気味の妊婦さんは特に気をつけなければなりません。また、激辛フードは胃腸にも刺激が強く、下痢を引き起こすこともあります。下痢による脱水症状も心配なので、ほどほどの辛さに留めましょう。, 加熱殺菌されていないチーズは、リステリア食中毒の原因になることも。リステリアという細菌は、塩分に強く、冷蔵庫内でも増殖する可能性があるため、非加熱のカマンベールやブルーチーズなどの乳製品は避けたほうが安心です。また、生ハムやスモークサーモンなど食肉・魚介の加工品もリステリア菌の汚染が心配されます[*2]。, この他にも、ひじきのヒ素、ビタミンAの過剰摂取や妊娠中の食事(アレルゲン)について……医学の進歩によって気をつけるべき食品の種類が増え、調べれば調べるほど心配になってしまうかもしれません。とはいえ、上記に挙げたもの以外は、摂取量に気をつければ問題ないという食品がほとんどなのです。要は「バランスよく、ほどほどに」。どうしても不安な食品は食べるのをやめ、産婦人科医や助産師に相談してみるのもいいと思います。, 妊娠中の食事は、妊活中の食事と気をつけたい点に大きな違いはありません。基本的には栄養バランスのとれた食事を三食きちんととることが大切です。ただ、妊娠期間はホルモンバランスの変化の影響などで味覚が変化し、食事の好みが変わることもあります。特に妊娠初期はつわりなどもあり、食事のとり方に悩んでしまうかもしれません。妊娠中の食事はママにとってもお腹の赤ちゃんにとっても重要ですが、過剰に気にしすぎるとかえってそれがストレスとなってよくない影響を及ぼすことも。「あのレシピは辛いものだからNG、あの食材はダメ」と神経質になりすぎることなく、まずは少しずつ、できることから取り入れてみましょう。小さなことでも信頼できる相手に相談しながら、マタニティーライフと美味しい食事を楽しんでくださいね!, 妊娠中はつわりがあったり食事バランスを考えたりして、食べ物の好みが変わるという話を聞いたことがあるでしょう。実際どれぐらいの人が、変化を感じたのでしょうか?妊娠出産を経験したママ、プレママに、妊娠中の味覚変化について聞いてみました。, 妊娠中、体重が増えすぎると焦ってしまいますよね。つわりが軽くなって食欲も増し、気づくと血圧や血糖に影響がでることも。体重管理はとても大切ですが、闇雲に減らすのも問題です。普通の減量ブログで紹介されているようなダイエットは避けましょう。今回は妊婦さんが適正体重を保つための食事&運動をご紹介します。, ※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.27), ※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。