しかし、いびつなものが輝いて、まぶしいものが怖く、醜いものが尊く、いろんな風に見えてくる。松子の死がたとえ滑稽であっても愛おしさもおぼえます☆

ネタバレですが、 ・将来性のない文学青年に”貢ぐ女”と化す。

細かいところで記憶のもつれがあるかもしれませんが、並べてみると、やることがやたらと女っぽいよね? その時々、行く先々で手近な男にすがって、状況に流されていく。一見ありとあらゆる手段で生き抜いているようでありながら、松子は本当は主体的に生きられなかったとも読み取れます。 百年法以来の山田宗樹san。現在(平成13年)と当時(昭和45年)からの同時進行。とても読みやすい構成と文章で、あっという間の読了。悲劇、不幸、躓き・・どうしてやってもいないことを言うの!とハラハラしながら読んでいました。第五章で幼少期のショウと松子が出会っていたシーンには、胸が熱くなりました。, だいぶ前ですけど、読みました。 真面目な中学教師から転落に転落を続け、気付けば、風俗譲、更にダメ男に誘われて雄琴にうつり、ジャブを覚え、ロクデナシを殺してしまう。

・風俗嬢に転身。 頑張って生きている自分が認められないことから来る根源的な不安は、案外、ごく当たり前の神経を持つ人を極端に走らせてしまう。 ・まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白! ネタバレになるので書けませんが…女が読んだほうがいいのかな。男が読んでも感情移入はできないでしょうね。 だけど、女の私が読んでも、感情移入はできませんでした。 なんでしょう…上下巻で長い割に、ひたすら松子の人生転落を綴るのみ。 どこもかしこもつらいこの転落ストーリーで、読んでいる最中にただ一度だけおかしさを感じた場面がありました。それは、愛を得るために自分磨きを怠らなかった松子の美貌を、元教え子が「まぶしすぎて怖かった」と評した瞬間。そうだね怖いよね、と大きく頷いてしまった。

・刑務所入り。 ・昭和気質の父親から認められたいという一心で、優等生になった。 ・教え子(ヤクザ)と関係を結ぶ。 でも嫌われ松子と言われるほどには嫌われてないし嫌えなかったなぁ。あきれたりバカだなぁとは思うけど。, 中学校教諭だった松子さんが、どんどん転落していく。一生懸命生きているのに… 幸せになれなかった松子さんに合掌。

■あらすじ『昭和22年、福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子(中谷美紀)。やがて教師となり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ上司のせいで辞職に追いやられる。ここから、まさに坂を転がり落ちるがごとく、松子の転落人生が始まった。愛を求める松子の前にはさまざまな男が現れるが、彼女の選択はことごとく不幸へと繋がってしまう。そして53歳、河川敷で死体となって発見された彼女の生涯を探る甥が見たものは…!?『下妻物語』の中島哲也監督が贈る、おかしくて切ない新感覚のシンデレラストーリー!!』, 本作は、『下妻物語』で日本映画界に新風を巻き起こした中島哲也監督の劇場最新作である。『下妻物語』は大好きな映画なので「あんな感じ」をイメージして観に行ったら、微妙に違っていた。特筆すべきはストーリーの凄まじさであろう。, 主人公の川尻松子は23歳の時、担任を務める中学校で窃盗事件を起こし、教師を辞職。その直後に実家を飛び出し、作家志望の男と同棲を始めるも、毎日のように暴力を振るわれ、挙句の果てに男は電車に轢かれて死亡。その後、男の友人と不倫関係となるが、妻にバレて速攻で破局。, そしてとうとうソープ嬢に成り果ててしまった松子はまたもや別の男と同棲するものの、裏切りが発覚したとたん逆上して男を包丁で殺害。刑務所で8年服役した後出所した彼女は、元教え子と同棲を始めるが、彼はバリバリのヤクザだった……。, と、この後まだまだ彼女の不幸話は続いていくのだが、書いててイヤになるぐらいの悲惨極まりない人生である。まさに、非の打ち所の無いどん底ライフ。いくらフィクションとはいえ、あんまりだ。しかし、同情は禁物。なぜなら、このような不幸な人生を歩んでしまう原因は、彼女自身に問題があるからだ。, 中学校教師時代、松子は自分の身を守りたい一心で、教え子に窃盗の自白を強要する。この時点で既に教師失格、人間失格である。その後次から次へと男を乗り換えるのだが、女に金を貢がせて暴力を振るうようなロクでもない男とばかり付き合っているのだ。, どうしてそうなる?学習能力が無いのか?「男運が悪い」とか、そんな問題じゃないぞ。はっきり言って“自業自得”としか言いようがない。いったいなぜ彼女は、毎回同じ過ちを繰り返してしまうのだろうか?それは、幼少の頃の家庭環境に原因がある。, 松子の父親は、病気がちだった妹ばかりを可愛がり、松子の事をほとんど構ってくれなかった。そんな父親の気を引く為に、松子はヘンな顔を作って笑わせたりなど、懸命な努力をする。そして大人になった松子は、孤独を極端に恐れるようになった。男に殴られ蹴られ鼻血を流しながら、「でも、一人ぼっちよりはずっとマシ」と、ひたすら耐え忍ぶ姿が痛ましい。彼女を突き動かす行動原理とは、たった一つの一途な想いによるもの。, ただ、それだけを求め続けてきた女なのだ。なんて切なく、健気な女であろうか。一言で言って、松子は“バカな女”である。やる事成す事行き当たりばったりで、本当に救いようが無い。だが、この映画はそんな彼女の生き様を全面肯定する。始めはイラつきながら観ていた僕も、やがて松子のひたむきな姿に惹き付けられていった。, そして物語のクライマックス、「こんな男と付き合ってたら、アンタ絶対不幸になるよ!」と、親友の沢村めぐみに忠告された松子は、「あたしはね、この人と一緒にいられるんだったら、地獄に落ちたってかまわない!」と言い放つ。揺るぎ無い決意に満ち溢れたその姿は、バカ故により一層いじらしく、いとおしい。, 中谷はこの前後のシーンを、想像を絶する凄まじいテンションで演じていたらしく、「脳みその“開いてはいけない分野”を開いてしまったような感覚を覚えました。このままおかしくなってしまうか、もしくは死んでしまうかもしれないという恐怖が襲ってきて、演技終了後とにかくひたすら氷嚢で頭を冷やしたんです」と語っている。その言葉通り、まさに鬼気迫る熱演と言えるだろう。, 最後まで人の愛情を求め続け、死んでいった松子。本作は、一見すると不幸のどん底のように思えるこの物語を、ビビッドな色彩感覚とハイテンションなドラマ展開と強烈なキャラクター達を駆使して面白おかしく描き切った、“暴走機関車”みたいな作品である。, したがって、2時間以上にも渡って観続けるのは正直しんどい。だが、松子の想いが昇華する世にも美しいラストシーンには、そんな疲れなど一撃で吹き飛ばすほどのパワーが間違いなくみなぎっている。思い切り笑えて、思い切り泣ける、まさにエンターテイメントの鏡みたいな作品だ。, 途中に挿入されるミュージカルシーンのハデさや、全編に渡って繰り広げられる過剰な小ネタギャグに、うんざりする人がいるかもしれない。あるいはPG-12の表記が示す通りの残酷描写に、拒否反応を示す人がいるかもしれない。しかし、それでも敢えて言わせていただきたい。「傑作である」と!, ●人気記事一覧

松子自身は、ただ、ただ、真面目なだけなのに、こうも裏目に出ると、哀れの一言。

でも、この答えは、一度でも死にもの狂いになったことのある人間だけが手にしてほしい、と、祈りに近い思いを抱かせる物語でした。, 一九六五年愛知県生まれ。九八年「直線の死角」で第十八回横溝正史ミステリ大賞を受賞。二〇〇三年に発表した『嫌われ松子の一生』が大ベストセラーとなる。一三年『百年法』で、第六十六回日本推理作家協会賞を受賞。近刊に『SIGNALシグナル』がある。

・刑務所入りした教え子を”待つ女”になる★ 何事にもストレートに。 ・「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?, type-rさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

・”捨てられる女”となる。 ブログを報告する. ・町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」

自分の思った通りに生きた松子。

・この時、ダメ男(教え子)を”かばう女”としての一面が開花★

きっと、幸せな道を歩めたであろう事からも反れて、 たられば論になるが、龍くんが盗らなければ、哲也が自殺しなければ、赤城さんを選んでいれば、小野寺についていかなければ、龍くんと再び出会わなければ、出所の龍くんが逃げなければ、松子の人生は、全く変わっていたはず。 ・中学教師になれたものの、校長と悶着があって離職。 なぜなら、愛に飢えていたから――。 あなたの人生に圧倒されました。

自分からは明らかに縁遠い人生にもかかわらず、「身につまされる」「誰にあってもおかしくない」と言いたくなるほど、引きずりこむ筆力のある小説でした。 結局、ダメな男に惚れる女は、幸せになれないと痛感させられる話だった。 『嫌われ松子の一生』(山田宗樹) のみんなのレビュー・感想ページです(217レビュー)。作品紹介・あらすじ:三十年前、松子二十四歳。教職を追われ、故郷から失踪した夏。その時から最期まで転落し続けた彼女が求めたものとは?一人の女性の生涯を通して炙り出される愛と人生の光と影。

それを境に、松子は容姿も知性もあえなく劣化、傍から見れば不幸のどん底状態に落ちこみながらも、やっと「愛されようとすることをやめる」に至ったのでした。愛を乞う癖を手放すまでに、これだけ時間がかかった痛さ……★ 直後、ただの一度、笑ってしまった。彼に逃げられた松子が「どうしてなのっ?」と打ちのめされる場面。ごめんね松子。その時ばかりは「必死すぎると冗談みたいに見えてくるなぁ」と感じてしまったのです。 ・腐る……。 それでも、自分はちょっと特別だと思っているとこが松子らしい。そうじゃなきゃ、こんな波乱万丈になりません。 type-r 2006-07-15 00:00 Tweet. 三十年前、松子二十四歳。教職を追われ、故郷から失踪した夏。その時から最期まで転落し続けた彼女が求めたものとは?一人の女性の生涯を通して炙り出される愛と人生の光と影。気鋭作家が書き下ろす、感動ミステリ巨編。, タイトルだけしか知らなかった作品をやっと読んだ。読む前は、なんだか任侠道に生きた女傑の話なのかと勘違いしていたけどまったく違い、ひたすら真の愛を探し続けたけれども しかし哀れで悲しい愚かな道を歩んでしまった可哀想な女「松子」の話だった。ちょっとタイトルが一人歩きした感がある作品だけど、福岡県人としたら馴染み深い地域や界隈や言葉がいっぱいあり親近感が持ててウンウンと頷きながら読了。, ダメな男としか付き合えない女とはよく聞く。そんな女の人生を描写した作品。 ・しかし父の関心を病気の妹に奪われた(と松子本人は認識)。 『嫌われ松子の一生』(きらわれまつこのいっしょう)は、山田宗樹の小説『嫌われ松子の一生 』を ... 世界バレー選手権中継の放送時間延長に伴い、第5章は15分、第6章は10分繰り下げての開始となった。  「百年法」「ギフテッド」で私の評価5の山田宗樹さんの3作目の評価5です!, 三十年前、美人教師、松子二十四歳。泣きながら故郷を捨てたあの日。一瞬にして人生の歯車が狂ったー。 嫌われ松子の一生 小説と映画のネタバレと感想 嫌われ松子の一生3行あらすじとネタバレ 親のいう事だけを何の疑問も持たずに聞いてきた松子。 良かれと思ってやったことが裏目に出てしまった事から人生が転落していく。  その数日後、笙の元を父親が訪ねてくる。松子の部屋を引き払ってくれとのこと。意味がわからない。なぜ、他人同然の伯母の後始末までしなければならないのだ。渋りながらも彼女のアスカと片付けをしに行く笙だが、何故、松子が殺されたのかを追うようになる。次第に明らかになる松子の一生とは。, なんだかねぇ、そのときには必死でこれがベストな選択と思ってるんだろうけどことごとく裏目に出ちゃって。 ・恩人の影響で美容師に。 昭和20年代の話で、自立した女など愛されない(特に松子の父が望みそうにない。ここが病根だろうな★)と知っている聡い(さとい)松子は、意外なほど運命に従順でした。 中島哲也監督『嫌われ松子の一生』ネタバレ感想/評価 ... ・「映像化不可能」と言われている小説 ... → トップページへ. 嫌われ松子の一生(きらわれまつこのいっしょう),タイムリー検索ブログでは各キーワードランキングで上位の人、物、出来事、ニュースなどを紹介。インターネットマーケティングなどにお役立てください。このブログはトラックバック大歓迎です♪ 別に松子が悪いわけじゃないのに、すべてが悪いほうに向かっていく人生。

松子の人生は、選ぶ道はいつもイバラの道ばかりで、悪い方へ進んでしまった。 話的にはテンポよく進み、だれることなく読めた作品で、松子とともに、もう一人の主人公の笙の精神的成長を感じた作品。, 人生を一生懸命に生きた松子。 ・自殺を思いつめる。 ・自分を働かせた男を殺害。

サブタイトル「嫌われ政次の一生」の元ネタは、「嫌われ松子の一生」ですね。2003年に出版された小説です。その後2006年に映画化もしました。松子という幸薄い女性の壮絶な人生を、ミステリー仕立で … かつてはほぼ誰の目から見ても「聡明で美しい女性」だった松子は、なぜ近所の住民から「嫌われ松子」と呼ばれる醜い存在になり果てたのか――。紆余曲折、波乱万丈な女の一生をミステリー仕立てで綴り上げた巨編でした。 「2020年 『人類滅亡小説』 で使われていた紹介文から引用しています。」.

インパクトの強い、今も惹かれる昔の男に結婚してから再会し、不倫してしまう。仕事も何もかもその男が段取りしてしまうパワー系の男が不倫相手。家では同居、姑、舅、自分の子供とペラペラな夫。夫は頼りないというか童貞で主人公と結婚した何も知らない坊ちゃんだったのだ。所が、不倫相手が病気になり別れて夫とやり直す・・・という事をバブルのテレビドラマ並に展開していく物語。, 他人から見たら幸せそうに見える家庭を、強制的に作り上げている夫の家族とは合うわけがない。世間体が命の田舎の人のようだが、小説の設定は都会。どこにでもいるんだなと納得しますね。自分が心地いいというよりも、世間体だけが大切なのよ!世間体だけで生きてるのよ!って人は、周りを不幸にしてしまう。, 鞍田と付き合ってるといっても、鞍田の気持ちは塔子にはイマイチわからないまま強引に付き合ってたと言っても過言ではないだろう。もちろんそんな手に入りそうで手に入らない男が塔子は好きで止まなかった。, 一方塔子の旦那は、同居して押さえつけて、家族の部品のように扱って、夜は自分だけフェラして抜いてくれれば満足!という子供のような男。(糞だな。), 塔子の事を好きになる会社の若い男もこれまた、地位も名誉も手に入れた、振る舞いもスマートな男だ。, よく思うんだけど、すべてを手に入れてる男って振る舞いもスマートで余裕があるからモテるんだよな。, そして本当に仕事で家に帰れなくなった時、家に電話すると誰が家の事するんだよ!と夫に怒鳴られる。, と思った塔子の前に現れたのは瀕死の状態の鞍田。この時鞍田は体力的にも限界だが、塔子が鞍田に電話してしまう。鞍田は10時間かけて塔子の元に現れる。, しかし鞍田はそこで別れる。次の週からまた病気が再発して死ぬ可能性の方が高くなったからだ。しかし塔子には言わない。, 三人で暮らそうといいつつ、姑には俺はそんな気ないんだけど~~~なんて八方美人的なことをぬかす夫には興ざめ。姑は常に自分ちが正しい!と押し付けている人。塔子の家のことは嫌味ばかり。, 無視していると塔子の家には童貞で結婚したから何もわかってなかったんです。と言い訳する僕ちゃんが待っている。そしてそのことを塔子に手紙で書いてしまう。, ・・・そのあとなぜか、塔子は三人でマンションで暮らしている(私は納得できない!!!!), そして子供を連れて、余生を過ごしているという鎌倉の一戸建てに会いに行く。いつ死ぬかわからないから、コンパクトに生活している。, ただ単に、塔子の子供を見たかった。というここまで深い思いが見える状況とセリフにやられた!. 贖罪 小説とドラマの3行あらすじとネタバレ 注意※三行で結末まで書いてます。 小学生の女子が犯されて殺された。一緒に遊んでいた子を大人になっても責め続ける母親。しかし殺された子は母親が昔、遊んだ時にで ... 母性の3行あらすじとネタバレ 注意※三行で結末まで書いてます。 母になったからといって、皆が初めから母性がある訳ではない。〇〇のために・・・は自分のためであり母性ではない。自分すらない。そんな母が受け ... 私の男の3行あらすじとネタバレ 震災孤児になった二階堂ふみ。迎えに来た遠縁の男は本当の父親だった。そして父親と近親相姦。とがめた人を殺し東京へ逃げて住む。二階堂ふみは父親とも関係を続けながら、御曹司と ... さよなら歌舞伎町の3行あらすじとネタバレ 注意※三行で結末まで書いてます。 小さなウソから大きなウソまでウソをつきながら日常を送る大人が、ラブホテルに集まりその日にすべてがばれてしまうという物語。自分 ... 桐野夏生原作の東京島。元ネタはアナタハンの女王事件という32人の男と一人の女が無人島で五年間生活した実話である。一人の女を取り合いして殺人までしてしまうとなるとどんな美女かと誰もが思ったであろう。まあ ... Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4. 濃密な松子の生涯をかいつまんでみると、 自分の人生って、自分しかキチンとわからないけど、 死んでから、ちゃんと知ってもらえた事で、松子の人生は報われたのかな。, 平成十三年七月十日、東京都足立区のアパートで女性の死体が発見された。名を川尻松子という。