アニメ「宇宙兄弟」は、小栗旬と岡田将生が主演の実写映画「宇宙兄弟」を観たのをきっかけに視聴。 アニメ版は、全99話とすっごく話が長いのですが、実写映画では描かれていなかった内容がたくさんあり、最後まで飽きずに楽しむことができました。 作品ゆかりの著名人の方々によるメッセージ入りの絵馬を展示・奉納しました。, うめだ阪急10階『うめだスーク』中央特区が『宇宙兄弟』一色に!! ここでしか入手できないクリエイターアイテムなど沢山ご用意し、たくさんの方にご来館いただきました!, きっと、ちょっとだけ無理な挑戦が、歴史をつくっていく。 絶対親父より楽しんでる野見山兄弟です。#男なら親父より楽しめ#宇宙兄弟 pic.twitter.com/85lTEuf1Cl, — 野見山 大地/daichi_nomiyama (@daichi_nomiyama) 2019年6月16日, こういう切迫した状況だからこそ、対外的に大丈夫だというアピールをすることが大切なのだということです。, こうなると、月面から飛び立つ瞬間までリアルタイムにSNSに発信し続けることが求められてしまいますね。, 取っているのはロボットだとしてもちょっと大変な作業ですが、ムッタとフィリップならそのキャラクターの良さも売りになりそうな気がします。, そして、ムッタたちはこれをクリスマスプレゼントだとしてパーティの仮装をして待っていました。, ムッタは『気分』を大事にしたいんだ、ソユーズが来てくれるんだからクリスマス気分で待ちたいんだ、としてワクワクしているようですね。, シリアスな状況も、二人のキャラクターに救われていることも多いのではないでしょうか?, 今更宇宙兄弟の最新話読んだら、ソユーズがL3(っぽい)着陸船を運ぶっていう、個人的にくっそ胸熱な展開じゃねえか!, ムッタとフィリップが外部カメラ越しにルナランダーの月面着陸を待ちわびる中、いよいよその時が近づいてきました。, ソユーズから分離されたルナランダーは、高度1500mから徐々に高度を下げていきます。, そして、25m、10m・・・ともう見えてきてもいいはずの高度になっても、ルナランダーは姿を見せません。, カメラの位置が間違っているのかと思いますが、万が一着陸していなかったら・・・と不安がよぎります。, 地球からの通信では成功していることが分かりますが、ムッタたちから見えない、ということは着陸場所が違っている、ということでしょうか?, ムッタからの通信で、すぐにルナランダーの着陸位置を確認するように伝えるヒューストン側。, カメラに写っていない、ということはやはりムッタたちがいる場所から遠く離れているということですよね。, もしそれでも救援物資を取りに行く決断をした場合、果たして無事にたどり着けるような場所なのかが心配ですし、途中で遭難してしまう事態にもなりかねません。, ムッタの持ち前のタフさで切り抜けられればいいですが、日々人と同じ運命をたどることになったら・・・。, 日々人が来るまでまだかなりの時間を要しますので、どうしても物資は必要になると思いますが、どうやって取りに行くのでしょうか?, 【★☆宇宙兄弟36巻発売日決定☆★】 宇宙技術の進んだ他国にムッタ達を月面から救援する作戦を託す展開で終わりです。 他国というのは物語からして日々人がいるロシアでしょうし、月に居るムッタを助けに行けば 2人で月面に立つ というエディとブライアン兄弟が出来なかったことを2人が実現して物語の中心も達成になります。 ひとりひとりのちょっとだけ無理な挑戦が歴史を変えたんだ。, 宇宙兄弟は、月面到達 50周年を祝して、 今から50年前の1969年7月20日。 人類が月面に到達した。 ひとりひとりのちょっとだけ 無理な挑戦が歴史を変えたんだ。 宇宙兄弟は、月面到達 50周年を祝して、 『宇宙兄弟moon landing 50th anniversary』 プロジェクトを開始。 きっと、ちょっとだけ無理な挑戦が、 本記事では、2019年7月11日発売の週刊モーニング掲載漫画『宇宙兄弟』最新340話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介していきます。, 前回は、日々人が会見をする6日程前、月へとソユーズが旅立ち、ムッタたちの元へと救援物資を送ります。, 自分が世間からどれくらい注目されているのか、ドキドキしながら検索ワードを調べます。, 大したワードがないことを知ると、それほど心配されていないのだから大丈夫だ、と自分を奮い立たせるのでした。, ルナランダーの分離となりますが、地球から着陸成功を告げる声とは裏腹に、その姿はムッタたちからは確認できず・・・, 今回は、ルナランダーがどこに着陸したのか、救援物資を取りに行けるのかが描かれることになりそうです。, それでは、2019年7月11日発売の週刊モーニング掲載漫画『宇宙兄弟』最新340話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しますので最後までお見逃しなく!, マクシム4の記者会見が行われる6日程前、ロスコスモスはムッタたちが待っている月へとソユーズを向かわせていました。, そんな中、いよいよ救助船が自分たちの元に到着するとして迎える準備をするムッタたち。, シュミレーターを使い、ルナランダーを扱えるようにドッキングの訓練をしていますが、ルナモジュールとの操作の違いに苦戦しているようです。, しかし、もうすぐ地球に帰還できる『希望』とご対面できるのかと思うと、ムッタはドキドキが止まらないようですね。, 誰もがいいたい放題で、応援する声だけではく、不幸な結果になっても映画化されるとか、今回のことはNASAの判断ミスだとか・・・。, いつも背中を押してくれるのが、”宇宙兄弟”です。 pic.twitter.com/e9IyZ2AAkD, 無事に帰還できると考えている者ばかりではないだろうな・・・。とドキドキしながらも、キーボードに自分の名前を打ち込むムッタ。, と打ち込んでいくつかの検索ワードが並んでいるのを見て、なんじゃこれ、と感じたようです。, 大した検索ワードが出てこなかったことに不満を抱いた様子のムッタでしたが、逆に考えれば、過剰に心配もされていない、ということはこの件はもう少し楽観的に考えてもいいことなのかもしれないと感じていました。, もしかすると、心配していたのは自分とフィリップ、当事者だけで、この帰還劇に関わる全ての人々はそこまで心配指定兄のではないかという気さえしてきます。, 父の日です。 ここまで、2020年7月30日発売のモーニング掲載漫画『宇宙兄弟』最新359話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか? いよいよムッタ達のミッションも最終段階に突入しており、何事もなければ完遂というラストになりそうです。 大人になった日々人は宇宙飛行士になり、六太は約束を果たすべく奮闘。兄弟は約束の宇宙を目指す! 生原画展やコラボカフェ、作者・小山宙哉のトークショーに加えて、 どんなお話が入っているのかは、読んでみてからのお楽しみ☆当サイトでしか見れない特別編集版、ぜひご覧ください!, 2019年10月26日に、「挑戦」をコンセプトにしたお祭りを神田明神にて開催いたしました。 人気漫画「宇宙兄弟」では、宇宙飛行士になるために様々な困難と立ち向かいます。人として強く生きるために悩みながらも進むというようなシーンが多くあります。哲学的で私たちにもあてはまるような名セリフや名言がとても多く出てきます。また様々な性格の登場人物がいて、捉え方や見方の違いで言葉の意味が変わります。物語としてはもちろん、名セリフや名言も楽しめる宇宙兄弟の名セリフ、名言をまとめました。, 映画化にもなった人気漫画「宇宙兄弟」主人公であるムッタと、ムッタの弟の日々人は幼いころUFOを目撃し「一緒に宇宙飛行士になろう」と約束します。それから19年後、日々人は無事に宇宙飛行士になりますが、兄ムッタは会社をクビに。そんなムッタの元に日々人が兄との夢を叶えるためにJAXAに送った宇宙飛行士選抜の書類審査通過通知が届きます。そしてムッタは宇宙飛行士を目指すという設定で宇宙兄弟の物語は始まります。, 宇宙兄弟の作者である小山宙哉さんは影響を受けた漫画家の一人に井上雄彦さんを挙げており、宇宙兄弟にもその影響がしばしば見られます。また哲学的なセリフが多いことも井上雄彦さんの特徴の一つであり、その影響もあって宇宙兄弟にも哲学的な名セリフ・格言が多数存在していると考えられています。, 1つ目の宇宙兄弟の名言はこちらです。世の中には様々な人で溢れています。みんながみんな自分の正しさを持って生きています。だけど、なぜか人は、自分の正しさを分かってもらおうとしてしまいます。大切なのは違うことを分かってあげることです。それが人と人が関わる楽しさです。誰が正しいわけでも強いわけでもありません。時と場合に応じて、その個性や特徴は活かされるのです。, 人生において何をするにしても、いつも道のりは長く険しいものです。多くの人が途中で道を投げ出し、コースから外れます。子どもの頃になりたかったことを実現できた人はこの世に何パーセントいるのでしょう。大事なのは何歳で何位でゴールできたのかではなく、目指していた場所にちゃんとゴールできたのかどうかです。宇宙兄弟では道のりの険しさを描くストーリーであるかあこそ説得力のある名言です。, 先ほどの他人との違いを理解を出来たとしても人は人を羨み、憧れ、嫉妬してしまいます。でも、問題なのはその周りとの差ではなく、嫉妬している自分と出会った時に”その自分“をどう対処するかということです。ムッタは日々人を羨ましくも嫉妬していたからこそ、そのことを誰よりも分かっているのです。宇宙兄弟では葛藤が多く描かれているムッタだからこその説得力のある名言です。, 新しいものとは前例のないものです。それは多くの人に笑われるでしょう。ですが、例として「消せるボールペン」が大ヒットしました。シャーペンではなく、消せないボールペンでもない。どっちつかずな中間商品。それは考えた人がボールペンが消せたらと考えたからです。笑われたかもしれません。「消したいのならシャーペンでいい。」と、ですが、その仮説を形にしたからこそ今の人気があるのでしょう。宇宙兄弟の話の始まりも仮説から始まったのです。, 何かを作るということは多くの投資が必要になります。成功が約束されているわけでもありません。言わば、冒険と同じです。初めから真っすぐにラスボスにたどり着けるわけではありません。言うなれば、目的地にすらたどり着けるかもわかりませんし、後にも引き返そうにももう帰り道でさえわからなくなっているのかもしれません。でも、モノを作ることはそうしないとできないのです。宇宙兄弟もこの過程を乗り越えてできた作品と言えます。, 必ずしも良いものが良い結果を産むというわけではありません。良い結果を産みやすいものではあるかもしれませんが、全てを高級な食材で作る料理が必ず美味しいのではありません。しっかりと個々の食材たちの特性を理解し、必要な要素を持った食材を選ぶからこそ美味しい料理は出来上がるのです。つまりは、料理人。自分自身ということになります。宇宙兄弟も小山さんという作者がいたからこそ面白い作品になったわけです。, 険しい道を誰もが歩きたがることはしません。だからこそ、それは多くの人たちが歩く所謂「普通の道」となるのです。多くの人が歩いていて困った時はすぐに助けてくれます。ですが、それは大きなことに挑まなかった人たちの道でもあり、人混みに埋もれ、どこに向かっているのかでさえわからなくなるほどです。, 先のことを考え、今からそれを見据えて生きることはとても大切なことでありますが、いつもそれが良いように考えられるわけではありません。先のことを考え怖くなってしまったりすることもあります。その恐怖心のせいで今を投げやりに疎かにしてしまっては本末転倒です。それならば、‘今’をやりきることの方がよっぽど大切です。明日の自分を作るのは今日の自分だからです。宇宙兄弟では今を誰よりも濃く生きようとするセリフが数多くあります。, ムッタが宇宙飛行士になることが出来た日、ムッタは「日々人...お前はいつ実感した?自分が宇宙飛行士に選ばれたってことを。俺は飲み屋のトイレで友がくれた11件目のメールを読んだ時だ。」と言います。実感はいつも遅れてきます。そして、遅れてきたかと思えば、まさかのタイミングで実感することも多いです。ムッタもまさか諦めかけた宇宙飛行士になれたことは信じ難く、正にそのような状況だったと言えます。, 夢とは寝ても覚めても見ているものです。人生の中心になるべきものです。誰かを好きになるのと同じように理屈よりももっと深い部分で追い求めてしまうものです。だからこそ適切な理由や口実をつけて諦めようとしているのはもはやもうそれは夢ではないのです。宇宙兄弟ではムッタとの約束を叶えるため日々人は宇宙飛行士になるためにがむしゃらに突き進んできました。そんな日々人だからこそ言える名言です。, 世の中に絶対なんて言葉はありません。言うなれば、絶対という言葉がないことだけが絶対です。ですが、それは世の中に対してであり、私たち人間の心の中までもがそうとは限りません。誰かを心の底から強く思ったり、何かを心の底から思ったとき、それを信じ続けることで絶対という言葉は個人の場合にだけ存在します。, 白いジグソーパズルは実際に宇宙飛行士選抜試験にも採用され、想像通り、かなりの根気と忍耐力と集中力が必要です。とても困難で険しく、さらには正しいのかでさえわからない先の見えない不安の中でピースをはめていきます。だからこそ、困難で険しいことを達成した者にしかわからない気持ちというのがあるのです。仮にそれを調べても本当の意味では実感できないのです。, 今これほどに情報が溢れている世の中で知らないものは調べればすぐに知ることができます。それは誰もが調べられることであり、今私たちに求められているものは知識ではなく、知恵であり、それは、どう上手く生きていくのかというコツです。それはネットにも適切には載っていません。それは私たちが自らの力で知るためのものなのです。, トップに立つということは優れているということです。それは裏を返せば自分が考える、行うことの方が正確で速いと考えがちになります。そのままだと誰にも頼らずに仕事を進めてしまうようになります。トップの人は一匹狼になってはいけないのです。仲間を信頼し、仕事を託せるようにすることがトップの仕事なのです。星加の言う一つ一つのセリフが名言のようです。宇宙兄弟という作品に良いスパイスになっています。, 人間にとって冷静で正確な判断をすることはとても大切です。ですが、人間だからこそそれだけではありません。正しいことや間違っていることは世の中にはありますが、もし世の中で間違っているとされていることをしたとしても「何故そうしたのか?」というところまで人間は聞くことができ、その上で判断ができます。宇宙兄弟のこの名言はAIなどが発達した現代だからこその名言です。, 金子・シャロンの格言です。人間は迷う生き物であるため、理想的にはこうしたいと思っても現実的にはこうするべきだということを考えてしまいます。その時に道徳的や現実的というのはいつも正しいように思えます。でも、それが諦める自分を弱くするものでもあるからこそ楽しいかで選ぶことも大切だということです。, 伊藤 せりかの格言です。今日が終われば明日が来る。「また明日ね」と人と手を振る。そのことに普段の私たちは疑いを持ちません。ですが、当たり前に続いていたものが突然、何かの影響でまたは一瞬で終わらされることもあります。あまりにも繰り返されていて忘れてしまいますが、私たちは常に何かを終わらせては始める生き物なのです。宇宙兄弟にはこうした刹那的名言もあります。, デニールの格言です。空は自分のものではありません。だから、思うような天気にならないことやコントロールはできませんが、人生というものは自分のものであり、好きなように生きることができ、自分が思うままに生きていいということです。, 宇宙兄弟のムッタや日々人も他のキャラも特別な人ではなく、普通の人なのです。ですが、宇宙兄弟では生き方や考え方を変えるだけで人生は変わることを伝えています。宇宙兄弟の作者の小山さんが悩みながら宇宙兄弟を書いたからこそです。宇宙兄弟は哲学的で生き方を見直したくなる言葉ばかりです。宇宙兄弟のこの言葉たちで私たちの人生をより良くできます。宇宙兄弟の名セリフ・名言・格言を作品でもっと触れてみましょう。, 宇宙兄弟の感動する名言・格言特集!ムッタや日々人の名ゼリフを振り返る!のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 漫画家・小山宙哉の作品、『宇宙兄弟』の公式サイト。漫画『宇宙兄弟(SpaceBrothers)』の最新刊・イベントなどの情報はもちろん、あらすじやムッタをはじめとしたキャラクターの紹介、NASAやJAXAで働く人たちなどが執筆した宇宙・宇宙兄弟に関するコラムを連載!, 宇宙兄弟あらすじとネタバレ、感想・考察についてのまとめです。最新刊までの主要話のあらすじと見どころを紹介します。ネタバレ含みますので、ご注意ください。あらすじ・ネタバレ・感想・考察・最新刊33巻の読者感想も紹介します。ムッタとヒビトの宇宙を目指す旅を振り返ります。見どころ盛りだくさんの宇宙兄弟は、最新刊まででもすごくボ.