運営会社. そういった「気持ち悪さ」をうまく描いている作品を芸大の方が作成しています。, これは就活生の葛藤を描いています。普通に大学生活をしていると思っていたら、仲のいい友達が就活を始めだす。周りの就活生は皆、狂ったように大人に媚を売り、テンプレ通りの「就活」をしていく。そして、それに戸惑っていた主人公もやがてその流れに飲み込まれてしまうのです。, 会社説明会では「すばらしい説明」に拍手喝采。 builder by ZDNet Japan | 運営会社. どなたか教えて下さい。, 大竹しのぶさんが歌う、中島みゆきさんの『ファイト』をミュージックフェアで聴いて号泣してしまいました。中島みゆきさんのももちろん良いですが、大竹しのぶさんも、すごくグッときました。 TechRepublic Japan | Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'TechRepublic', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. 特に就活を経て社会人となった人や、今まさに就職活動中だという人にはぐさっと刺さるアニメではないでしょうか。 一部、画像でご紹介します。 就活狂想曲。「狂」という文字が強調されているのが印象 … 一方でもうすでに次の世代の就職活動がスタートしているわけですが、そんな「ニッポン式就活」を描いたアニメーションにYouTubeで出会いました。, 日本における就職活動の現状を音楽に合わせてテンポよく描きながら、見る人に強烈なメッセージを投げかけてきます。, 特に就活を経て社会人となった人や、今まさに就職活動中だという人にはぐさっと刺さるアニメではないでしょうか。, 就活狂想曲。「狂」という文字が強調されているのが印象的。ちなみにこの動画は全編セリフなしで、音楽に合わせて物語が進んでいきます。その音楽も途中からですので、最初は無音です。念のため。, しかし、ある時期を境に友人は変わります。髪を黒く染め、ヒゲを剃り、リクルートスーツに身をつつみます。そう、就職活動の時期がやってきたのです。, 周囲に合わせるように、主人公も遅ればせながら就職活動を開始します。しかし、いまいち就職活動に身が入らない主人公。, 説明会の会場へ向かう途中の駅が紫色で描かれています。そういえば先ほど電車の中にいた他の就活生も皆、肌が紫でした。, 企業による合同説明会でしょうか。壇上に立つ先輩社員はまるでヒーローかアイドルのような扱いを受けているように見えます。, 笑顔でメモをとりまくる就活生たち。ああ……こういう光景、僕も体験したことがあります。そして主人公はやはりついていけません。, 採用試験がスタートしました。グループディスカッションでしょうか。元気よく手を挙げる就活生たち。笑顔は絶やさず、行動基準は「面接官の印象に残ること」。少しでも自分をアピールするため、努力は惜しみません。そしてここでもやはり主人公は置いてけぼりです。, 何となく周りに合わせてやってきたものの、イマイチ就職活動の波に乗り切れない主人公は、なかなか内定を獲得することができません。マニュアルを読んでも、笑顔の練習をしてもダメ。, ということで、ここからは動画でご覧ください。セリフは一切ありませんが、それだけに色々と想像力をふくらませられる秀逸なアニメでした。, ASAHI INTERACTIVE sites: そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 個人情報保護方針 |

1: 2019/02/22(金)12:39:20 id:vxb 説明会には志望度の強さをアピールするため必ず一番前の真ん中に座るいやどこでもええやろ NPB NEWS@なんJまとめ : 就活で一番「えぇ…」ってなった無駄作 … 就活狂奏曲が描いている世界. KingGnu、キスマイ、ヘイセイ、三山ひろし、DA PUMPかなと 「就活狂想曲」について、作者の吉田さんはYouTubeの説明文にこう記しています。 「ごく普通の大学生として何となく過ごしてきた主人公。ところが近頃友人たちの様子がおかしい。聞けば、彼らは噂(うわさ)の“就活“に躍起になっているらしい。 Builder.com | 就職活動をテーマとした短編アニメーション作品。ごく普通の大学生として過ごしてきた主人公。ところが近頃友人たちの様子がおかしい。聞けば、彼らは“就活”に躍起になっているらしい。それがいったい …

Copyright (c) A Red Ventures Company. kinggneの曲で就活狂想曲と似たような雰囲気のPVの曲なんでしたっけ 仕事してる会社員の目がぐるぐる回って最後銃で頭撃ち抜かれる感じの。 JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, king gneの曲で就活狂想曲と似たような雰囲気のPVの曲なんでしたっけ 旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... さっきアメリカが国家非常事態宣言を出したそうです。ネットで「これはやばい」というコメントを見たのですが、具体的に何がどうやばいんですか?, 40代で30万円の貯金ってすごいんですか?先日、同棲してる彼氏が『親が30万円の貯金があるからスポーツカー(WRX)買うらしい』と言ってきました。それも自慢げに。 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 受講者3000名以上!超・実践型マネジメント研修 6日間講座、異業種交流をしながら、真のリーダーシップを学ぶ!ミドルマネジャーに必要となる「知識・スキル・マインド」を徹底的に鍛えます!. Copyright © 2020 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. All Rights Reserved. どうも藤井風のコピーバンドです。 利用規約 | これは就活生の葛藤を描いています。普通に大学生活をしていると思っていたら、仲のいい友達が就活を始めだす。周りの就活生は皆、狂ったように大人に媚を売り、テンプレ通りの「就活」をしていく。 ZDNet Japan | 他にも、まだまだある気がしますが、曲名が出てきません。 ... Mステで今、宇野実彩子さんが香水を歌いましたが・・

ハイヤーセルフとは、神様とか天使とかヒーローみたいなものだとおもってください。 Builder UK | 利用規約 | あくまでも「ヒット曲の要素ってこういう感じなのかな」という仮説であり、「こうすればヒットする!」というわけではないのであしからず。, これ、別にボカロに限った話ではないのですが、特に「これからボカロPデビューするぞ!」という人の場合、実績がなく固定ファンがいません。, となるとたくさん並んだ動画の中からたまたま見つけてもらう必要があり、その際に「どうやってクリックさせるか」が最初の勝負となります。, この場合、ユーザーに伝えられる情報としては、タイトルとサムネイルしかありません。なので、そこに全力を注ぎ込む必要があります。, まずタイトルですが、「【初音ミク】『曲名』【オリジナル曲】」のように、一目見ただけでその動画の内容(ボカロオリジナル曲であること)を伝えられるものにすることがキモです。, その上で、曲名もなるべくパッと見で読みやすいもの、印象に残るものにしたほうがいいのではないかと思います。, 実際、再生数の高いボカロ曲は、英語で表記できるタイトルでもカタカナで表記しているものが多い印象を受けます。, アルファベット表記でもかっこいいのですが、カタカナの方が初見では断然頭に入りやすいですよね。, また、一単語だけといったシンプルなタイトルの場合は、なるべく被らないような特徴的な単語を使う方がいいと思います。, あまりにも一般的な単語だと、他と被りやすいので印象に残りにくくなりますし、検索にも引っかかりにくくなります。, 僕は曲を検索で探すときに、「その曲のタイトルで印象に残っているフレーズで検索」→「再生数で並び替えて一番多いもの」という風にやることが多いので、そのときに関係のない動画がわっと出てくると探しにくくなって機会損失につながってしまうかもしれません。, 少なくとも、曲名を思いついたら一度検索して、被っていないかどうかを確認する作業はやった方がいいでしょうね。, たとえば「1925」とか「マトリョシカ」などは、シンプルですがインパクトもあって他とも被らない良いタイトルだと思いました。, もしくはそういうのを全部ぶっちぎって、「家の裏でマンボウが死んでる」みたいなインパクトを最重視した方向に行くのもいいかもしれません。, 次にサムネイルですが、タイトルと同じくクリックしてもらうための非常に重要な要素です。, 昔は初音ミクの公式の立ち絵のみというパターンも多かったのですが、今では様々な絵師の方がイラストを提供しており、クオリティの高いサムネイルが非常にたくさんあります。, 動画のサムネイルは、CDにとってのジャケットです。CDをジャケ買いする人がいるように、イラストで目を惹くことも大切。, たとえば他の動画ではあまり使われていない色をサムネイルのメインカラーにして目立たせるとか、あえてシンプル路線でいくとか、色々戦略はあるかと思います。, 「ぶっちぎりにしてあげる♪」などは、最初サムネイルを見たときに二度見して、思わずクリックしてしまいました……。, ボカロ曲は一般的なJ-POPと同じでだいたい3~5分くらいであることが多いのですが、3~5分は動画としては結構長めです。, 最初からそれ目当てで来てくれたファンならいいのですが、たまたま立ち寄っただけのユーザーだと、イントロで惹かれるものがないと帰ってしまいます。, 「千本桜」とか「ダンシング☆サムライ」は、他のボカロ曲より特別聞き込んだというわけでもないのですが、イントロはすぐに口ずさめてしまいます。, 先日行われたライブイベント・ニコニコ超パーティーでも多数のボカロ曲が披露されましたが、イントロを1~2秒聴いただけで「あの曲だ!」と会場がざわめく場面が多々あり、やはりヒット曲は違うなぁと感心してしまいました。, なお、イントロを印象的にするための手っ取り早い方法としてサビのメロディーをイントロに持ってきたり、そもそもサビからスタートする「サビ出し」の手法が一般的です。サビはその曲のメインディッシュ。それをあえて最初に聴かせてしまうわけです。, 昔から使われているポピュラーなやり方ではありますが、そもそもユーザーがいつ離脱するかわからず、サビまで聴いてくれるかどうかすらわからないニコニコ動画ではかなり有効な手法ではないかと思います。, ニコニコ動画の場合はコメント機能があるので特にそうだと思いますが、コメントしやすい曲であることは重要です。, ニコニコ動画は24時間擬似的なライブが行われている状態なので、それを意識した盛り上げ方は大事なんじゃないかなと思います。, といってもそういうのが露骨に見えてしまうとユーザーが萎えてしまうこともあるので、難しいところではあります。, 最近だと「FREELY TOMORROW」などは、コメントでの合いの手がうまく掛け合いとしてハマった好例と言えます。, あえていうなら、ユーザーの共感を意識した歌詞にすると息の長い作品になりそうな気がします。, 何を当然のことを、と思われるかもしれませんが、ニコニコ動画、特にボカロファンには若いユーザーが多く、ヒットさせるにはボリュームゾーンである彼らの共感を得る必要があります。さらに一般的なJ-POPに比べると恋愛系の歌詞は比較的少ない印象です。このあたりをどう見るか、でしょうか。まぁそういうのを意識すると逆効果だったりもしそうですけど。, たとえば「コンビニ」という曲は、曲の良さもさることながら、コンビニという身近なモチーフを扱った歌詞が共感を呼んでヒットしました。, また、歌詞を物語風にして、ストーリー面でユーザーを楽しませるのも有効だと思います。, 歌詞が良い場合、PVなどの二次創作が作られることも多く、そうした広がりもファンの楽しみの一つです。, たとえば「ダブルラリアット」は、「チャーハンつくるよ!」のAAと組み合わせたPVが登場し、そちらもすばらしい動画でした。, ……ということで、ヒットボカロ曲の要素を色々と考えてみましたが、あまりこういうのを狙って作ると面白みがなくなりそうでもあります。, 締切りもノルマもなく、自由に発表できるのがニコニコ動画の良さなので、結局は表現したいものをありのままにぶつけるのが一番かなとも思います。, ASAHI INTERACTIVE sites: No reproduction or republication without written permission. Tetsudo.com, International Business Site for Developer: All Rights Reserved. 個人情報保護方針 | WRXなんか買ったら破産しませんかね…笑, コロナで北海道がステージ4になったら具体的にどうなるのでしょうか?コロナで学校が1年留年、または休校という可能性はありますか? 授業の穴埋めはどうなるのでしょう、、、、修学旅行も控えているので不安が沢山あります。。, 付き合って2ヶ月。彼女から家に呼ばれ泊まりに行きました4日泊まって、光熱費請求されました。やたらめってら使ってないんですが。。払うべきですか?, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13233389633.

「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, 優れた戦略立案は確かな情報源から。

builder by ZDNet Japan | 2014.05.25 ADHDってなん ... 2013/12/04 . と先輩にアドバイスされ悩んでいるという。, 「同じサークルの仲間にもキャバクラでバイトしている子がいて。『オジさんたちにお酒作って、話すだけでいいから楽しいよ』って聞いて、興味を持ちました。バイト代も高いので、いいかなぁって。それで実際にやってみると、心配していたようなこともなくて。いろいろと勉強になりました」, 「私、もともとコミュ力低いんです。人見知りだし。最初はショップでバイトしていたんですけど、店長が40歳で、上の世代の人にどうやって話しかけていいのかわからなくて、息苦しくてたまりませんでした。でも、キャバクラだと、自分でもびっくりするくらい話ができたんです。事件とか政治のこととかも話題になるので、勉強にもなります」, 人事ではありませんが、現場の採用担当者です。長々と語らずとも単純な話だと思うのですが、仮にキャバ嬢をアピールされた場合男性:一緒に仕事をする対象にはならない。選ぶとしても下心。女性:嫌悪感←同性に嫌悪感を抱かれたら最悪…。ということで、純粋なメリットとはなりえないでしょうね。また、晴れて入社できた場合、周囲の好奇の目や軽蔑の目に晒されるのは容易に想像がつくでしょう。職業に貴賤は無いとは言っても、現実としてそうは行かないもの。それらに耐えられるのであれば、どうぞキャバ嬢を強みにすればいいと思いますがそもそもそれだけのメンタルの強さがあれば、キャバ嬢と名乗らなくても自分をアピールできるでしょうね。, 風が吹けば桶屋が儲かるみたいな話ですね。キャバ嬢だろうが何だろうが、新卒がどこどこで働いていたことが有利に働くなんてことがあるはずがありませんし、何年もキャリアを積んだ人なら当たり前のようにわかる話だと思います。まだ会社で働いたことがない学生は、「風が吹けば桶屋が儲かるみたいな」ことを聞いて、風を吹かすかどうかを真剣に考えてしまうということなのでしょう。たとえ、入社したとしてもまだ経験が浅いうちは「風が吹けば」みたいなことをいう人も多くいるでしょうね。若い人はそう思ってしまうことがあるというだけで、いい大人はそんないい加減なことはいわないだろうと思います。若い人にはきちんと諭してあげるのがいい大人のやることでしょうね。, 物申すと言っておいて、最後は切れて終わりですか。全体的にあれですが、あえて一つだけ。文中で、キャバ嬢である必要が無い職業を列挙していますが、否定したいようで、実際はキャバ嬢がお勧めと言いたいんですかね?(部分だけ代用が効くなら、すべてを満たすものに帰結します※矛盾と言う事), 素敵なアドバイスが満載だ。ぜひ就活生には読んで参考にし,「勇気」と「覚悟」を学んでほしい。でも「涙目の河合さんみたかったなぁ。かわいかっただろうなぁ。」…おやじのハラスメント発言ですが,河合さんなら受け流してくれますよね。, 誰に対して、何がいいたいのか、よくわからない記事でした。就活で本当に必要とされることは、単一のスキルではなく、かつ、固定されたものでもない。したがって、これさえやっておけば鉄板だ、ということ自体が「嘘」だと思います。なのに、学生さんはそれがあると思って探している。テストでの唯一の正解を探すように。学生にとって「初めての解のない問題を解くこと」を求めているのが就活なんじゃないかな、と、私は思います。, 涙目になった文句言いのお客に対してはどう説得するのが正解だったのかが知りたかった。自分だったら下手・下手には出て説得するのだがどうしてもダメで横柄な物言いをするのであれば、「降りてもらうことになる」くらい言うかもしれない。または、差額料金を提示して「うん十万円お支払いいただけますか」といえばあっさり引き下がるかも。こういうせこい客はいやですね。, 就活狂想曲はいつの時代も形は変われど存在しているとは思いますが、現在は情報社会という事もありことさら学生は混乱しているようで、、そもそも学生として求められる本分と社会人として求められる本分は異なる訳で、卒業時点では企業は自社への適正を判断しようがありません。それを無理やりコミュ力だので図ろうとするから無理があるんです。古くは学歴信仰なんてのもありましたね(今もあるか、、)結局、学歴がディベート力だとかに置き換わっただけで本質は変わっていないように見えます。河合さんの言う大人の責任ある発言も大事ですが、正解のない問題に対して責任を持ちようがないのも事実です。それならば大人が持つべき責任は、新人の教育を放棄して即戦力を期待するのはやめて、成果主義から離れじっくりと新入社員と向き合っていく事。そして学生が持つべき責任は、入社した会社・社会に対して現状無知であると認識した上でやはりじっくりと会社の業務と向き合っていく事。双方で石の上にも3年作戦ですね。経験上、無責任の極みだった子が3年生になる頃にはいっぱしの社会人になるケースは非常に多いです。最後に、定員があるんだから選考はしないといけないだろ! 、、と言いたい部分もあるとは思いますが、そこは個人的にはフィーリング派です。敢えて言うなら会社の色に近い人(エンターテイナーな・体育会系な・個人主義尊重な・etc)ですね。それが苦難を乗り越える環境要因になりうるからです。間違っても社会で既に経験を積んでいる自分のレベル・価値観と比べて、甘いだの社会人失格だのとご高説を立てるような人が新卒担当にならない様祈ります。, 学生の自己責任だ、というコメントが蔓延りそうですね。自分が無責任な発言をしておいて学生に何の責任をとらせるのでしょうね, うーむ、失礼ですが河合さんは本当にキャバ嬢のお仕事をよく理解していらっしゃらないのですね。他のアパレルのバイトよりキャバ嬢の方がずっと密に客と接してます。介護対象相手は既にリタイヤした方が多いでしょう。現在の生の声を聞けるキャバ嬢の方が有利です。成果主義に関しても新聞営業のバイトよりシビアな世界で働くキャバ嬢の方が身に付くと思います。それら総合的に考えればキャバ嬢の仕事がかなり就活に対し有益に働くと言えるでしょう。私は「キャバ嬢は就活に有利である」という意見は事実であると考えます。また、「キャバ嬢経験はプラス」と言うのが何故安易だと決めつけているのですか?実際に就活で有利だというデータを持っている人なのかも知れない。河合さんはキャバ嬢が就活に有利ではないというデータを持っていますか?河合さんは根本で「キャバ嬢が就活に有利な訳ない!!」という結論を持っている(嫌悪感を覚えるほど)ために、そのような決めつけた書き方をしてしまっているのでしょうね。改めた方が良いと思います。むしろ嫌悪感を何故覚えるのか?という自己分析をお勧めします。ヤマモト拝, 最近出版された「採用学」(服部泰宏著)で、日本での新卒一括採用の特徴として記述されていた内容と関連しそうですね。コミュニケーション能力など曖昧な評価基準の重視→就職活動が同じような評価基準による同じような優秀さをめぐる同質化した競争になる→同質化した競争の下で試験対策が蔓延したことからフィーリング主体の採用基準拡張→本来見るべき能力や期待のマッチングの重要性が低下する?、という下り。ここでいうフィーリング主体というものは、「この相手とは合いそうだ」「一緒に働いてみたい」という主観的な相性・雰囲気のすり合わせであり、長期雇用により社員と企業との関係が長期間にわたることが前提、と説明されていました。河合さんの仰る「オトナの思いつき」も『フィーリング主体の採用基準拡張』に含まれるかも。, 本当にお水で鍛えられたのなら、それぐらいの空気は読めると思うんですけどね。基本的に企業は新入社員に真っ白であることを望みます。(真っ白=素直で変な色に染まっていない)言い換えるなら部下にしたいかどうか。新入社員に即戦力なんて端から期待していませんから、育てやすさ・伸び代しか見ません。そこにプラスアルファがあるなら、なおよしというだけ。キャバ嬢経験?そんなカミングアウト積極的にしてくる子なんてリスクしか感じませんよ…。, 人事採用に関わっていますが、わざわざ言う必要はないですよね。ただ、専門2~3年間や大学4年間なり6年間を、一つのキャバクラ(ないしクラブ、ホスト)でずっと働き続けながら、留年することなく卒業しているならば履歴書に書く価値はあると思います。書いたうえで面接まで行ければ、そして面接で聞かれたら、堂々と仕事内容を答え何が大変で何が楽しかったか、何を学びそれの何を生かせるのか、自信を持って話すべきでしょうね人事採用に携わっているような年齢の人間なら、夜の仕事と学業とを両立させながら長く続けるのが楽じゃないことくらいはわかっていますからね、責任感や忍耐、計画性といった部分でかなりのアピールになるでしょうね。まぁ水商売に限った話ではありませんがね。逆に言えば世間受けしそうなアルバイト(塾講師・有名アパレル店員・会計系事務所手伝い等)でも短期でコロコロ変わっているような子は全く信用出来ませんよね。結局「何を」やっていたかよりは「どれだけ」やって「何を学んだのか」が大事。わかりやすい形より本質を重視できる学生が増えて欲しいし、上っ面しか見ない大人にはその無責任な口を閉ざしてほしいですね。, ググってまではしていませんが、記事にあるキャバ嬢経験の利点は、皮肉で書かれたものではないでしょうか。今企業が入社希望の学生に求めているのは「水商売のスキル」だと言っているわけです。それが本当ならキャバクラに新入社員を研修に出せばいいわけで、おそらく本当ではないのでしょう。△就活で企業側はもっともらいしことを学生に言いますが、実は水商売のスキルを求めている程度の内容説明しかできないのが現実なのでしょう。本当に必要なスキルを上手く説明できないのが実情だと思います。就活する学生も企業は上手く説明できない理由で採用を決定している現実を受け止めるべきでしょう。だから内定が取れない理由をあれこれ考えるのではなく、自分の利点を主張していくしかないのだと思います。, CA時代に怒らせたお客、何でそんなに怒ってしまったのか、最終的にはどうしたのか、気になります。, これって「キャバ嬢として優秀な人は(人間関係構築力や基本的業務スキルが高いから)一般企業に就職しても優秀な社員となる可能性が高い」ってことで、無能なキャバ嬢がいくらアピールしても逆効果ですよねえ。「優秀な」キャバ嬢が有利になることがあるかもしれない、というだけの願望記事を真に受けるようなCAがいる航空機に乗りたい人、居ます?(笑), 学生諸君に、自分の学生生活をどう過ごしたか自己評価して欲しいと思います。半世紀前の製造会社の入社試験で、自動車部の後輩をどう指導したかと問われて、整備が好きでひたすら整備をやっていたら、肩越しに覗き込む奴が毎年4~5人は必ず残りますと答えたら、志望した開発部門では無く製造部門に配属されました。 昔から採用者も良く観て感じています。, まず、キャバ嬢であれば身につくものがあるといっているだけで、キャバ譲でなければダメといっているわけではないと思います。そこは誤解ではないでしょうか。それから、大人が就活生を振り回して(楽しんでいる?)かのようにおっしゃいますが、就活生が勝手に自分で回っているだけではないでしょうか。中には面白半分の思いつきのような発言もあるかもしれませんが、自分の経験や考え方に照らして(親身になって)アドバイスしているものも多いはずです。そもそも情報はネット上であれ、人口であれ、至るところに氾濫しています。就活生が自分の頭で考え情報を取捨選択し自分なりの答えを出していくしかありません。筆者のご指摘の通り、職業に特有のスキルは就職後にじっくりと身につけていくしかありませんが、キャバ譲が就活に有利かどうかぐらい自分で判断できないようでは社会人になる資格もないのでは? 若くて未熟な学生を一括採用していちから手取り足取り教えてあげる時代ではありません。社会が甘やかしすぎるから、いつまでたっても学生が子供のままなのではないかと考えます。, 「学生のときは○○の研究に打ち込みました。なかなか結果が出ませんでしたが、踏ん張っていろいろ工夫し結果が出ました。」と「コミュ力が低く、人見知りだったのをキャバクラのバイトでお客さんとコミュニケーションをとることで克服しました。」は両方とも、「あのとき踏ん張りました」と、少しだけ胸を張ってアピールできるストーリーなんですが、「キャバクラ」って一言のノイズだけで前者は賞賛されて、後者は筆者から物申されちゃうんですね。件の女子学生だって「キャバクラ」を「居酒屋での接客」にでも置き換えれば「胸を張ってアピールできるストーリー」になりますよ。, キャバクラ好きの人事担当者です(笑)。以前、新卒面接に顔見知りのキャバ嬢の学生が来て肝が冷えました。向こうは堂々としていたので、物おじしない姿勢にAを付けました(^_^;)さて、本稿を読んで感じたのは、確かに無責任なアドバイスをする輩が多いよなぁということです。今回のキャバ嬢の話に関わらず、大学の先輩やOBOG、就活塾、そしてたまに就活課の職員も「こう言った方が正しい」「自己PRは●●ネタの方が良い」と断言し、就活が心配な学生は影響されてしまう。そして、つまらなくて説得力のないPRをする学生が量産されるわけで気の毒になります。様々な意見を聴くことは価値があるけれども、人が人を評価する以上、絶対はありえないこと、あなたにアドバイスをしている人間のコメントは論理的か?と冷静に振り返ることをおすすめしたい。にしても、学生キャバ嬢多いですね。夜のお仕事を学生のうちに経験し、楽にそれなりの金額を稼げてしまうと、就職後に仕事が踏ん張れなかったり、夜の仕事に逃げてしまうことにならないかと心配になります。総合電機メーカーでも1年目~3年目くらいまでは年収400万円程度なわけで、キャバクラで月数十万円も稼いでしまうと、昼間の仕事の対価に満足感を覚えることは難しいでしょうね。なお、一番残念なのは、安月給でキャバクラに通っている自分ですね…。, 失礼を承知であえて言いますが、何 この致命的に頭悪そうな子は? というのが正直な印象です。CAも銀行も世間で思われているよりも保守的な業界ですし、広報や受付など会社の顔になって貰う方は、お水経歴が発覚して降板&企業イメージが悪くなることを恐れて採用しないと思います。キャバ経歴が有利になるかは業界にもよるんじゃないですか? ただこの子に関しては、それを生かすしたたかささえも持ち合わせていないように思えますが…。, 入社できたからって、社内の全員がキャバクラでのバイト経験とそれを自分でアピールしたってことを知ってる状況になるけどいいの?職場の同僚全員に知れるだろうし、将来の結婚相手にもばれる日が来るだろうね。そもそも、役に立つ面があるというのと就職試験で自分から話したり、アピールするのは全く次元が違うんだから、きっちり分けて考えよう。学生時代に力を入れたのが「恋愛」だったりしても、自分から35人の異性と交際をしましたとか言わないでしょ?言わなくていいんだよ。筆者の記述で気になったのは「就活のためとか、就活に有利、という理由でバイトを選ぶのは無意味だし、そんなもんはなにひとつ自己アピールにはならない。」が完全に浮いていて、必要のない一文であり残念。意味不明。, 記事の最後の「目を背けず、踏ん張って乗り越えることができたかどうかが肝心なのだ。」が就職活動の哲学ですよ。これって、シンプルが故にどう行動すればいいかわからないから、学生はわかりやすい答えを求めるのだと思う。大人が言った答えらしきもの、友達1000人、バイトリーダー、ボランティア、キャバ嬢・・・・にすがる学生が増えるのは理解できる。こうしたアドバイスをうのみにする学生がいる一方、ちゃんと自分をアピールできる学生もいる。面接官はちゃんと見極めていると思いますけどね。, 大人に都合のいい若者ばかり育てていると、この国ダメになりますよ。大人の皆さんも都合のいい人にならないように気をつけなきゃね。, 「オトナの思いつきを学生に演じさせる場ではない」は、全くその通りなのですが、思いつきであることを見抜けないほど、学生さんの知的レベルは低いのでしょうか? もしそうだとしたら、「キャバ嬢が就職に有利」という言説があったとして、それを鼻で笑うぐらいの知性を身に付けないで大学を卒業できてしまうというのが、問題だと思います。, って事はホスト経験のある男性は就職に有利なのだろうか?ちやほやする対象が違うからダメカナ?, 私達の世代は自分の価値感や基準が身についてからインターネットが普及したので、「PV集めるために煽りタイトルつけてる記事あるよなあ、キャバ嬢経験を面接で言うとかあり得ないよ」と判断できるのですが、物心ついてからインターネットがあって、価値観や基準が身につく前に煽りタイトル記事ばっかり目にしていた子供は、この先どうなってしまうんだろうとぼんやりと危機感を覚えました。彼らは何を基準に判断していくのですかねえ。, まぁ、情報を収集してもそれを自分なりに解釈し、自分なりのスタンスを決めるのは難しいってことなんじゃないかと。個人的にはキャバ嬢に関する前向き発言って、業界側がアピールして、援助交際を容認する輩も一緒になって肯定しているだけに見えますけどね。○ジテレビさんとか、お下品なメディアの人は番組で大絶賛アピールしてましたよね。人間、肩書が有る人というか、自分よりも上であると思う人の意見は真に受けてしまうもの。それを悪用する下品な人間は意外と多い事を若者は知らないという現実。それを若いうち教え過ぎて斜に構える若者が増えるのは問題だし、無菌培養のもやしみたいなのばかりでも困る。教育というのは難しいですね。, 職業に貴賎はない。水商売も立派な職業。なんら恥じる必要はない。法律違反でない限り差別は無用。これって、コンプライアンス的には正しいんですよね。でも、会社はこの通りにはやりませんよね。日テレのように水商売は不純行為としてみなしますよね。これまでの価値観であれば、水商売は色を売る日陰の商売で、正当とは言いがたいですよね。どうなんでしょうね。コンプライアンス的に正しい就職活動。そんな視点で一筆お願いします。, ある特定のキャバ嬢経験者への個別アドバイスが、先輩から後輩へ伝わり、誰かがどこかに書き込んだ。その結果、それを見たコラムニストが事例紹介して、別のコラムニストが興味深い事例なので、理屈付けして述べた結果、尾ひれもついて普遍的事実かのように拡散した、そんなところではないかと思います。無責任なアドバイスをする特定の大人がいるわけではなく、少しずつの「善意」が積み重なって、結果的に混乱を招く。受け取り手の成熟が必要ですが、就活の学生さんにそれを求めるのも酷ですね。, ▼ 皆ページビューを稼ぐために煽り気味のタイトルをつけてますからねえ。で、中身を読むと大抵はこじつけで、強引に常識的な結論に持っていく、という書き方が大半です。モノゴトのある一面しか見ずに議論してるから、大抵は残念な内容です。▼ キャバ嬢が就活に有利というのもまさしくそれで、気配りや場の雰囲気を壊さない為に、セクハラ言動、または行動(場所によっては黙認)に耐えられますか? 他者との競争に勝つ為に、時に自分のカラダを差し出すことも厭いませんか? 逆恨みされた客に掲示板でボロクソに叩かれても精神保てますか? ってことですよ。そういう負の側面を書かずに言われてもねえ、って感じです。大丈夫、頑張れます、というなら、キャバ嬢で生活していくことをお勧めしますけどね。立派な職業だし。▼ ま、普通の精神状態なら、そのような奇をてらった記事は若い人たちも参考にしてないと思います。ただ、就活が上手くいかず焦ってくると、ついついそういう変な記事に乗っかっちゃうのではないかと。なので、周りの精神的なフォローも大事だし、本人が逆境に耐えられるチカラをつけることも重要。それは普通の学生生活でも出来ますし、本当にチカラがつけば、それは言葉に表れます(〜してきました的な結果論ではなく)。その点で筆者と同意見です。▼ 受験エリートがいるぐらいなので、就活エリートもいるんでしょうね。会社の中で就活生に出会ったとき、どこで教わったか知りませんがすげえ満面の笑みで会釈されました。こちらはすげえ気持ち悪かったです(笑), 就活について、無駄に情報過多な為に学生も混乱してしまうのでしょうね。人生の線上に「就職」というイベントが存在しているのに、そこだけぶつ切りにされている違和感に異議を述べていただいて感謝いたします。願わくば多くの学生が、自分の本来の良さや目標に気付いて就活に臨み、内定を得られますように・・・, 私は、40年近く前に工学部を卒業して就職したので、今の『就活』は理解出来ません。私の時は、教授の推薦状が1枚しかなく、複数社に願書を出すことは無理でした。学生時代にしか出来ないことを力一杯するためには、いまは、大人(?社会人、会社、文科省その他)からの干渉や、ちょっかいが多すぎます。大学の受験制度もそうですが、周りから口出しが多過ぎて、どんどん訳が分らない制度になって行ってます。私の娘もそうでしたが、3年生になったら『就活』で一生懸命で、学校へも行かず『何のための授業料なの?』と思いました。すっきりと解決する答えは無いかもしれませんし、上手くいかないかもしれませんが、一度リセットできないものでしょうか?それと、内定を山ほどもらった優秀な(?)学生が、その後会社でどうしているのか追跡調査とか、興味が有ります。, 筆者が載せた10個。後半4つはともかく、前半6個が全くできない人が多く、使いたくはない言葉ですが「最近の若者」は生身の人間での生活空間で、そういうことがほぼできない子が増えている。当然年寄りでもできない人は大勢いますが。なので、そういう能力を少しはもっていてほしいと思いますが、わざわざ親に言えないバイトで身に着けるものではないのでは。, “就職に有利”のキーワードには学生だけでなく、その親も翻弄されているように思います。高3の息子に対して妻は体育会系部活に入ることを前提に進学先を検討するよう勧めています。有利なルートはあるのかもしれないですが、ある意味選択肢を狭めることになるはずですが。と、私が言うと、ネットでも取り上げられている記事や口コミ情報を根拠に、体育会系=就活有利が今の常識と反論されます。まぁ、もともとどちらの考えも正解ではないでしょうから、息子本人には自分で賢明な選択をしてもらうしかないですが。, キャバ嬢をセールスポイントにしようなんて、どんなにキレイに理由付けしてみても、所詮は面接のおじさんのスケベ心に取り入ってやろうという浅ましさ(これをあえて逞しさと言うのでしょうか)を感じます。それはともかく、筆者の失敗の体験談にもあるとおり、人は成功より失敗から多くのものを学びます。私は就活面接では学生の誇張された成功談は聞き飽きた、失敗談を聞くようにしています。, 企業の採用担当も様々な教育を受け、沢山の経験をし、多様な考え方をもってます。少なくとも日本ではそういう自由があります。そういう人物が人を評価するのですから、就職にどうすればいいか正解なんて無いのが正解でしょうが、今回の冒頭の話だと“キャバ嬢”の経験は隠しておいて、学んだことだけを応用すればいいでしょう。それも、そうだったことを臭わせないように。それこそ場の空気を読んで。ところで、日本のこういう入口で完璧さを求める悪癖はどこから始まるのでしょうか。やはり大学入試のところですかね。でもその完璧さはどうも「受験」に関することだけのようで、大学に入学できても中学校レベルの数学も解けないから、大学生活はまずその補習から始まると。で、三年生になった途端に「就活」の文字が頭から離れない程になるので、実質大学で大学の勉強をできる時間は半分程度だとか。それで就活にキャバ嬢?