新型コロナウイルスに係る全日制の連絡です。⇒ こちら  (各学年の課題もこちらにまとめました。), ◆全日制・定時制共通 健康観察カード(5月11日以降) 各自しっかりと記録をお願いします。   埼玉県教育センターが配信している高校生向けの学習動画があります。 ⇒  こちら, 日頃は本校の教育活動に格別のご配慮とご協力を賜りありがとうございます。さて、今般の緊急事態宣言の解除を受け、本校としても手探りの状態で進路活動を再開しております。, つきましては、ご来校を予定されている皆様におかれましても、感染予防の観点から以下の注意にご協力をいただきますようお願い申し上げます。, ・来校に際してはマスクを着用し、最少人数でお越しください。なお、発熱や風邪の諸症状のある方、体調不良の方の来校はご遠慮願います。, ・来校者のエリアを玄関前から応接室までとさせていただき、エリア以外への立ち入りはご遠慮願います。, 本校の進路指導部では、生徒への企業紹介を円滑に行う為に「企業PRシート」を使用しております。, ご記入後はFAX(048ー240ー6263)までご返信くださいますようお願いいたします。, 100名程度の就職希望者(卒業者の約60~70%)に対し、昨年度は1800社(2300件)以上の企業から求人がありました。伝統校に相応しく、大手鉄道会社や自動車メーカーなど、一般では応募できない指定校の求人も多数あります。, 機 械 科自動車メーカーや、鉄鋼、機械加工、鋳造、旋盤など、いわゆる「ものづくり」を主体とした企業で強さを発揮できます。, 電 気 科電気を供給する配電工事や、建物の電気工事、ビルや機械のメンテナンス業務など、資格を活かせる仕事で求められています。, 情報通信科光ファイバーの接続工事や、ネットワークシステムの構築など、コンピュータが使える環境を整える仕事で強さを発揮できます。 本校には一般に公開されていない求人もあるため、具体的な企業名を挙げることはできませんが、就職先が学科によって固定されることはありません。機械科の生徒が電気工事に従事したり、情報通信科の生徒が自動車メーカーに就職する事も可能です。もちろん専門以外にも、販売や警備など様々な職業での求人があります。, 本校の有効求人倍率はここ10年間10倍を割り込んだことが無く、近年は20倍を越えています。この様な恵まれた環境から、生徒も概ね7割が就職(自営・縁故を含む)、3割が進学となります。就職先としては、製造、建設、技術サービス関連など工業の知識を活かせる仕事が多く、地元での就職を好む傾向から半数以上が県内で就職をします。また、卒業生の1年後の定着率は8割前後で、残念ながら2割弱の生徒が1年以内に離職してしまいます。, 生徒一人一人に応じた進路実現を目指すため、企業・上級学校の協力のもとで1年次の体験ガイダンス、2年次のインターンシップなど、常に「働くための学校」としての意識を持たせる指導を心がけており、進路活動が本格化する3年生になると前年度の求人を参考に、5月には一次の希望調査を行い、その希望を軸に進路選択が行われていきます。ここ数年は第1回目の採用選考で希望者の8割が、10月末までにはほとんどの就職希望者が内定をいただいています。, 一部のAO入試を除くと進学希望者のほとんどが推薦入学を利用しています。例年、3年生の在籍数をはるかに上回る指定校推薦枠があるにも拘らず、就職に恵まれているため進学希望者が少ないため、一般の高校に比べ、進学しやすい条件が整っています。(成績等の条件さえ整えば、学年の全員が指定校制度を利用して進学することも可能です)専門学校への進学は自動車整備士や、保育士、調理師、理・美容師など資格の必要な職業に就きたい生徒が、工業に限らず様々な分野に進学しています。  指定校一覧.pdf, 埼玉県立川口工業高等学校〒333-0846埼玉県川口市南前川1-10-1TEL 048-251-3081FAX 048-250-1252, 自動車メーカーや、鉄鋼、機械加工、鋳造、旋盤など、いわゆる「ものづくり」を主体とした企業で強さを発揮できます。, 電気を供給する配電工事や、建物の電気工事、ビルや機械のメンテナンス業務など、資格を活かせる仕事で求められています。, 光ファイバーの接続工事や、ネットワークシステムの構築など、コンピュータが使える環境を整える仕事で強さを発揮できます。, 本校には一般に公開されていない求人もあるため、具体的な企業名を挙げることはできませんが、就職先が学科によって固定されることはありません。機械科の生徒が電気工事に従事したり、情報通信科の生徒が自動車メーカーに就職する事も可能です。もちろん専門以外にも、販売や警備など様々な職業での求人があります。, 本校の有効求人倍率はここ10年間10倍を割り込んだことが無く、近年は20倍を越えています。この様な恵まれた環境から、生徒も概ね7割が就職(自営・縁故を含む)、3割が進学となります。, 就職先としては、製造、建設、技術サービス関連など工業の知識を活かせる仕事が多く、地元での就職を好む傾向から半数以上が県内で就職をします。また、卒業生の1年後の定着率は8割前後で、残念ながら2割弱の生徒が1年以内に離職してしまいます。, 生徒一人一人に応じた進路実現を目指すため、企業・上級学校の協力のもとで1年次の体験ガイダンス、2年次のインターンシップなど、常に「働くための学校」としての意識を持たせる指導を心がけており、, 進路活動が本格化する3年生になると前年度の求人を参考に、5月には一次の希望調査を行い、その希望を軸に進路選択が行われていきます。ここ数年は第1回目の採用選考で希望者の8割が、10月末までにはほとんどの就職希望者が内定をいただいています。, 一部のAO入試を除くと進学希望者のほとんどが推薦入学を利用しています。例年、3年生の在籍数をはるかに上回る指定校推薦枠があるにも拘らず、就職に恵まれているため進学希望者が少ないため、一般の高校に比べ、, (成績等の条件さえ整えば、学年の全員が指定校制度を利用して進学することも可能です), 専門学校への進学は自動車整備士や、保育士、調理師、理・美容師など資格の必要な職業に就きたい生徒が、工業に限らず様々な分野に進学しています。. 埼玉県教育センターが配信している高校生向けの学習動画があります。 ⇒ ... 自動車整備士や、保育士、調理師、理・美容師など資格の必要な職業に就きたい生徒が、工業に限らず様々な分野に進学しています。 指定校一覧.pdf トップページ|全日制|定時制|アクセス.