自動車や、製品などでリコールになるという話はよくニュースや新聞などで耳にします。それとよく似た意味合いで自主回収という言葉も聞きます。リコールと自主回収の違いやそれぞれの意味を見てみましょう。, リコールとは、製品に設計や生産上の欠陥がある場合に法令もしくは生産者が発表して改修や修理をする事を言います。よくあるのが、自動車で生産者がリコールを表明する場合は、国土交通省に届け出るようになります。法令によってリコールがされる場合は、道路運送車両法によってリコールがされます。電化製品などのリコールで法令による場合は、消費生活用製品安全法によって経済産業大臣によってリコールが命じられます。2013年に、シャープの洗濯機73万台に対して発火の危険があるとされリコールが行われました。対象製品に関しては、無料の修理、点検が行われました。, 自主回収との大きな違いは、それが義務であるか自主的なものであるかの違いです。リコールは、国に対する届け出の義務があり商品を購入した消費者などに健康への被害がでる危険が生じた場合や、使用する事が危険だと考えられる場合など重大な問題に対して使われます。これに対して、自主回収はそこまでの深刻な被害や危険性はないにしろ、生産者が自主的に回収を行う事をいいます。また、企業イメージの低下を避ける目的もあります。, リコールを実施する最大の目的は、製品事故の発生を防止する事にあります。企業は、万全を期して製品を市場に送り出しますが製品の欠陥事故などはどうしても起こってしまいます。重大製品事故件数の内訳を見てみると、最も多いのが火災で全体の7割以上を占めています。次に多いのが、重傷を負うような事故で、約2割程度となっています。このような実態を見ると、事故は決して他人事ではなく私達のすぐ身近で起こっている事なのです。法律では、このように重大な製品事故が起こった場合事業者の責務として原因の調査を実施し、危害の拡大を防止する必要があると認識された時には製品の回収を行わなければなりません。, リコール実施においては、製品の回収だけでなく消費者への告知、コールセンターの設置、発送回収の拠点の設置、人員の確保、官公庁などへの報告など様々な業務が発生します。これらを、円滑に行う事やリコール時の企業の対応によって消費者を始めとする社会の評価が大きく変わる事を企業側は理解しておく必要があります。, 事務所や資材置き場・倉庫などの万が一のリスクに対して、補償される賠償責任保険があります。保険に加入し…, 近年、建設業者の社会保険未加入が問題になっています。建設業者は特殊な受注請負体制から、一社単独で工事…, 日本の法人税の税率は年々下がっており、平成30年4月1日以後に開始する事業年度は…, もし工場で事故や災害、機械のトラブルが起きれば、自社だけでなく顧客や関連企業など…, 例えば建物を改築しようとしたら、10数年前に購入した敷地に瑕疵があり、改築に制約…, インターネットを悪用して犯罪を行うサイバー攻撃。近年深刻化するこの問題を解決に導…, もし会社が製造した製品で負傷者が出た場合や、さらにその製品と同じバッチで生産され….

�n�����Zr�#)^C��^ii�Ryr#����v�N� �t3�9I�p��2���U7M9��u�޺%|�����S�)�r��!d�o��'�u��+��@pP�s4dN3�3�a�ǤQ�[��&���ĵ�o��呐k�@.�� ��ǾJX_��.

リコールとは、製品に設計や生産上の欠陥がある場合に法令もしくは生産者が発表して改修や修理をする事を言います。よくあるのが、自動車で生産者がリコールを表明する場合は、国土交通省に届け出るようになります。法令によってリコールがされる場合は、道路運送車両法によってリコールがされます。電化製品などのリコールで法令による場合は、消費生活用製品安全法によって経済産業大臣によってリコールが命じられ … ステップワゴンなど4車種のリコール.

自主回収との違いは? リコールとは、 製品に設計や生産上の欠陥ある場合、法令もしくは、 生産者が発表して、回収や修理をすること。 自動車の場合は、生産者が国土交通省に届け出る。 Y �L�O�*����&FF%� �$��| �� 3-4.リコールの検討と実施 事業者は、製品事故・製品不具合に関する情報の収集・分析結果、原因究明結果を踏まえて、リコールの是非・内容に ついて迅速かつ適切な判断と行動を行うことが可能な態勢を整備する必要がある。

と、「市場取引を免除」する措置から脱却し、「市場への統合」を進め、再エネ事業者の市場を意識 した行動を促進すべきではないか。また、その制度設計は、将来の自立化も考慮して行うべきではな いか … endstream endobj startxref Copyright ©  現場のミカタ~建設・製造業の保険~ All rights reserved. リコールハンドブック 要約-2- リコールハンドブック 要約 第Ⅰ章 はじめに 「リコール」とは、消費生活用製品による事故の発生及び拡大可能性を最小限にす シビックのリコール

間接送電権取引市場-利用方法(4/6) • 約定結果を確認した商品を選択します。商品ステー タスは「約定済」となっています。 ④約定を確認する商品を選択 65 0 obj <>stream リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 リコール対象車の台数 備考; ヤマハ: jbk-sg28j 「マジェスティs xc155」 sg28j-001001~sg28j-011518 平成25年9月16日~平成26年7月28日: 10,476台: ①②: sg28j-011555~sg28j-021692 リコールとは、設計・製造上の過誤などにより製品に欠陥があることが判明した場合に、法令の規定または製造者・販売者の判断で、無償修理・交換・返金・回収などの措置を行うことである。.

%PDF-1.5 %���� 424 0 obj <>stream �T� ���sV�W.�|8��H:�Pd��V���F8�*�9z% 2020年6月4日. 合情報ホットライン, メーカーのリコールへの取組状況の調査, 取組状況が不適切であれば指導又は監査等, 届出内容が不適切であれば改善指示, メーカーが自主的にリコールを行わず、かつ、事故が頻発している場合には勧告・命令. %%EOF

"8:�;:"::*�4GGG#��d�C� aQ � Hy`& �L]*�� �5Ff�pafu0x��H*"`R�.qYQ�Ѹ@����# xL�������^�36/���X��u�>�.��43����{(�7��)���A'�dka�~�p�� endstream endobj 66 0 obj <>stream リコールとは、設計・製造上の過誤などにより製品に欠陥があることが判明した場合に、法令の規定または製造者・販売者の判断で、無償修理・交換・返金・回収などの措置を行うことである。, 消費生活用製品安全法では、重大な欠陥製品に対して経済産業大臣が「危害防止命令[1](旧法では『緊急命令』[2])」としてリコールを命じる権限を規定しており、この命令によるリコールは、過去に3例がある。, 道路運送車両法に基づく自動車やオートバイのリコール(無償修理)については、リコール (自動車)を参照。, 健康食品に医薬品成分の混入が検出された場合(薬事法)、食品衛生法の規定以外の食品添加物や残留農薬が検出された場合などに、保健所(都道府県、政令指定都市)から製品回収の指示が出される。, 欠陥がある製品を製造・販売し、結果的に購入者が損害を被った場合、業者に過失が無かったとしても、製造物責任法の規定により原則としてこの損害の賠償責任を負わなければならない。また、欠陥がある製品を製造・販売したことによって、企業イメージ低下のリスクが発生することがあるが、実際に消費者の被害が発生することで企業イメージがより大きく低下するリスクとなる。これらのリスクの回避を目的として、製造者・販売者が自主的なリコール(製品の回収・交換・返金など)を行うことも多い。, 日用品、機械類の場合では、販売後に品質(主に安全性)が十分に確保されていないことが判明したケースが多い。, 食品では、品質の問題以外にも、単なる表示上のミス(製品の品質自体には問題はない)が判明した場合がある。, 実際に行われているリコールについては、独立行政法人国民生活センターによる情報収集・公開が行われている。, 登録の必要がある製品、例えば自動車の場合は車検証の情報から「誰が、どのクルマを所有しているか」を特定することができるためユーザーへの認知が行いやすい。しかしながら、他の登録の必要がない多数の製品の場合は「どこの誰が持っているか」がわからない。それが故に回収漏れの製品も多く発生しやすく、回収漏れ製品による事故やリコールの長期化を引き起こしている。特に1970-80年代の家電販売業界では、販売店が資金繰り確保のために家電品を「金融品」として家電ブローカーや家電安売り店(城南電機など)へ転売することが多かったこともリコールの難しさを助長している。上記のナショナル石油暖房機の件及びTDK加湿器の件については、事故を起こしたのは回収漏れの製品である可能性が高いとされている。, 昨今では一部家電量販店において、ポイントカード会員に商品の購入履歴からリコール情報を提供するというサービスを行っていることもある[10]。, ここまで来ると「メーカーの責任の範疇を越えている」といえ、特に長期使用製品に関しては実際に下記のサンヨーの扇風機の事例[11]でも「経年劣化である」として告知CMも「30年」と言う具体的な数字を出した上での「品番確認・使用中止・廃棄の要請」であった。, またその後長期使用製品安全表示制度が制定され、対象製品においては「その製品の寿命が何年程度とメーカーは見ているのか?」が表示されるようになった。, 2007年に三洋電機の扇風機が発火事故を起こしたが、それは30年以上経過した機種であった[12]。例えば自動車であれば旧車扱いされ部品の供給も途絶えることが間々あるように、30年という時間はメーカーに責任を負わせるにはあまりにも長すぎる。この件に関しては「経年劣化」であるとして三洋電機(及びパナソニック)も回収や補修を行う事はなく、ユーザーに対する使用中止の要請や廃棄の案内を行うにとどまり[13]、また同様に事故を起こした古い(発表当時で37年前の)エアコンに関しても同様の案内を出した[14]。結果としてこの事故により少なくとも2016年2月現在のパナソニックにおいてはこの扇風機と前述のナショナル石油ストーブの対応の差から責任を負う限度は15年程度から30年未満にあると示されるような格好となった(実際、「CFH-S221F」とは別の三洋電機製石油ファンヒーターは2017年に「製造終了から20年以上経ったから」とリコールを打ち切っている[15])。しかしその一方で1984年製サンヨー(三洋電機)石油ファンヒーター「CFH-S221F」に関してはリコール開始当時でも残り10%程度とする[16]行方不明の対象品のために1985年からと実に30年以上にもわたってリコールを継続しており、その旨を公式サイト上に掲載している[17]。, また三洋電機は1969年から2018年頃まで充電式カミソリ及びライトを49年間回収を続けていたという事実もある[18]。, なお補修用パーツ供給の都合も関係して、他社においても概ね似たようなものと考えられる。例えばボッシュは2011年、25年経過した洗濯機における発煙事故(上述のリコール案件とは別)において「東京消防庁は経年劣化と判断」「もうパーツはない」という点に触れてユーザーに製品の買い替えを行うよう周知を行った。[19], この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。, 1982~1984年製の豊臣工業(現トヨトミ)製石油ファンヒーターを探しています。, “ボッシュ(株)が輸入・販売した電気衣類乾燥機、電気食器洗い機のリコールにかかる再社告について”, https://web.archive.org/web/20070220064226/http://www.meti.go.jp/press/20070216012/20070216012.html, https://web.archive.org/web/20070928020322/http://www.bosch.co.jp/jp/rbjp/contact/dishwasher_n_drier.pdf, 重要なお知らせ:ボッシュ製「電気食器洗い機」および「電気乾燥機」をご愛用のお客様へのお願い, 三洋電機(パナソニック)公式 長年ご使用のルームエアコンについてのお知らせとお願い, サンヨー(パナソニック)公式 【対応終了のお知らせ】サンヨー・ユアサ・NEC製石油ファンヒーターご使用のお客様へお詫びと無料点検・部品交換のお願い (改訂), 三洋電機 サンヨー石油ファンヒーターCFH-S221F 回収CM(YouTube), サンヨー(パナソニック)公式 1984年製のサンヨー石油ファンヒーターを探しています, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=リコール_(一般製品)&oldid=79780204, 対象機種は4機種で、自主的なリコールの初出は1994年7月20日付に2機種、1999年1月27日付にほかの2機種で発表されている。, 通常の使用で発火・発煙などや、強度不足などによる製品の折損などの損傷の可能性があり、生命や財産に危害を与える恐れがある。, TDKの事例 - グループホームで火災事故を起こした1998年製の加湿器は、発売の翌年である1999年と実に事故発生の14年も前に、, サンヨーの事例 - 石油ファンヒーター「CFH-S221F」においては1985年当時でも残り10%程度とする行方不明のリコール対象品のために2017年現在もリコールを継続している。, 回収漏れ - 上記のTDK加湿器・ナショナル石油暖房機・ボッシュ食洗機/乾燥機の事例がこれに当たる。TDKの場合、リコール届け出・リコール開始の10年後に事故が起こってしまった。, 古すぎる機種 - 下記のサンヨーの扇風機・エアコンの事例がこれに当たる。30年以上経過した、いわゆる高度成長期やバブル期の前後に販売されたような機器での事故が発生してきている。, リコール期間の長期化 - 上記のTDK、ボッシュの事例で10年以上になる。サンヨー「CFH-S221F」や上記トヨトミ石油ファンヒーターのように30年以上続けているという事例も見られる。.