・被検者寝台:寝台の左右動により,体軸中心から外れた部位も画質の良い磁場中心撮像が可能 MRI 0.25T 永久磁石型 . 0000316363 00000 n 0000010765 00000 n 0000328247 00000 n 0000347463 00000 n 0000029772 00000 n

多くの情報を把握できる,操作性の向上。 endstream endobj 35 0 obj <> endobj 36 0 obj <> endobj 37 0 obj <> endobj 38 0 obj <>/ExtGState<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageC/ImageI]/XObject<>>> endobj 39 0 obj <> endobj 40 0 obj <> endobj 41 0 obj <> endobj 42 0 obj <> endobj 43 0 obj <> endobj 44 0 obj <> endobj 45 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 247 145 0 R] endobj 46 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 254 146 0 R] endobj 47 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 248 147 0 R] endobj 48 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 148 0 R] endobj 49 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 149 0 R] endobj 50 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 150 0 R] endobj 51 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 151 0 R] endobj 52 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 253 152 0 R] endobj 53 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 240 153 0 R] endobj 54 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 202 154 0 R] endobj 55 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 227 155 0 R] endobj 56 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 250 156 0 R] endobj 57 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 253 157 0 R] endobj 58 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 253 158 0 R] endobj 59 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 254 159 0 R] endobj 60 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 251 160 0 R] endobj 61 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 253 161 0 R] endobj 62 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 253 162 0 R] endobj 63 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 242 163 0 R] endobj 64 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 208 164 0 R] endobj 65 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 162 165 0 R] endobj 66 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 118 166 0 R] endobj 67 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 0 167 0 R] endobj 68 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 26 168 0 R] endobj 69 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 174 169 0 R] endobj 70 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 171 170 0 R] endobj 71 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 193 171 0 R] endobj 72 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 207 172 0 R] endobj 73 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 202 173 0 R] endobj 74 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 199 174 0 R] endobj 75 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 188 175 0 R] endobj 76 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 194 176 0 R] endobj 77 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 174 177 0 R] endobj 78 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 159 178 0 R] endobj 79 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 163 179 0 R] endobj 80 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 159 180 0 R] endobj 81 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 155 181 0 R] endobj 82 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 148 182 0 R] endobj 83 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 137 183 0 R] endobj 84 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 117 184 0 R] endobj 85 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 76 185 0 R] endobj 86 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 26 186 0 R] endobj 87 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 158 187 0 R] endobj 88 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 175 188 0 R] endobj 89 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 189 189 0 R] endobj 90 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 204 190 0 R] endobj 91 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 202 191 0 R] endobj 92 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 198 192 0 R] endobj 93 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 187 193 0 R] endobj 94 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 186 194 0 R] endobj 95 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 173 195 0 R] endobj 96 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 157 196 0 R] endobj 97 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 160 197 0 R] endobj 98 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 162 198 0 R] endobj 99 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 154 199 0 R] endobj 100 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 149 200 0 R] endobj 101 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 136 201 0 R] endobj 102 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 115 202 0 R] endobj 103 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 76 203 0 R] endobj 104 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 206 204 0 R] endobj 105 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 251 205 0 R] endobj 106 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 206 0 R] endobj 107 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 207 0 R] endobj 108 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 208 0 R] endobj 109 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 209 0 R] endobj 110 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 210 0 R] endobj 111 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 234 211 0 R] endobj 112 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 245 212 0 R] endobj 113 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 250 213 0 R] endobj 114 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 214 0 R] endobj 115 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 252 215 0 R] endobj 116 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 255 216 0 R] endobj 117 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 230 217 0 R] endobj 118 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 171 218 0 R] endobj 119 0 obj [/Indexed/DeviceRGB 251 219 0 R] endobj 120 0 obj <> endobj 121 0 obj <> endobj 122 0 obj <> endobj 123 0 obj <>stream ・被検者寝台

0000516052 00000 n 0000026207 00000 n 0000334620 00000 n ・シングルピラー(1本柱)構造により,解放感の高いオープンMRI 0

0000011304 00000 n ナビパルス選択:【N】※リージョナルシム,ナビパルスについては超電導MRI装置のみで使用可。. 0000010520 00000 n 日立製作所. 0000010667 00000 n

:`��R?J�;W3�(L����r�k�!O��$�D��������D��� =�.�6������E�� �!=d^�d���(�u[ m��������9��N��,��*�f 0000019745 00000 n ・パラメータ変更補助機能 サジェスチョンUI IRパルス選択:【I】 0000346619 00000 n

0000012524 00000 n 0000524933 00000 n 0000306649 00000 n 日立では超電導MRIの技術をオープンMRIへとして,各種高磁場MRI用の撮像技術をオープンMRIに展開してきました。 ・造影MRA撮像技術 ・FatSat脂肪抑制手法 (CHESS法) ・Black Blood計測機能 . ・校正用ファントム一式 301 0 obj <>stream 0000387784 00000 n 0000334052 00000 n

0000011108 00000 n http://www.hitachi.co.jp/healthcare

2016年 4月 1日(第1版) 医療機器認証番号 224abbzx00041000 機械器具21 内臓機能検査用器具 超電導磁石式全身用mr装置 37654000 管理医療機器・特定保守管理医療機器・設置管理医療機器 日立mrイメージング装置 echelon oval 【警告】 (1)音による耳への悪影響に対する保護等の手段を講じ ること … 0000307457 00000 n

38──mri画像再構成の基礎 図4-1 mr信号発生の模式図 静磁場中に置かれた被写体にrfパルスを照射す るとmr信号が放出される. 図4-2 通常のスピンの状態 さまざまな方向を向いているので全体として磁 場は打ち消し合っている. 図4-3 静磁場中のスピンの状態 0000520208 00000 n 0000012085 00000 n 〒110-0015 東京都台東区東上野2-16-1 上野イーストタワー ・水脂肪分離機能FatSep(磁場不均一に強い脂肪抑制技術) 0000012671 00000 n 4bBj�����/h!�-�b�@������t aʸ;pg��`ϣ���T�#. 操作性・画質・快適性といった,MRIに必要なすべての機能を向上させながら,ここまでコンパクトなサイズに凝縮しました。 0000013514 00000 n 0000316937 00000 n 34 268 0000013264 00000 n 検査を行う人,検査を受ける人,その両者にやさしい検査装置であること。このコンパクトなボディには,MRIの“やさしさ”が凝縮されています。オープンMRIの新しい価値が,またひとつ,ここに生まれました。, 特長<1> 0000476840 00000 n

0000383102 00000 n ・被検者寝台:寝台の左右動により,体軸中心から外れた部位も画質の良い磁場中心撮像が可能 0000322882 00000 n 0000379437 00000 n 0000010569 00000 n -Sd1|? 1.5T超電導MRI「ECHELON Smart Plus」で新しく搭載された撮像時間を短縮する新技術“IP-RAPID”は,アンダーサンプリングと繰り返し演算処理(Iterative Process:IP)を活用した画像再構成演算を適用しています。IP-RAPIDを使用した撮像時間の短縮技術は,従来の技術で撮像時間を短縮した時に発生していたさまざまな画質劣化の影響を低減させます。 0000012280 00000 n 0000021672 00000 n

b:IP-RAPID on, Phase=1.6, IP-Recon=Light, Freq/Phase=256×256, scan time=1:58c:IP-RAPID on, Phase=2.5, IP-Recon=Medium, Freq/Phase=256×256, scan time=1:18, ●足関節FatSep T2WI図7 aは,IP-RAPIDを使用していない画像です。それに対して図7 b,cは,IP-RAPIDを使用しています。RAPID(IP-Recon)強度の選択によって画像のSNRと空間分解能の調整を行うことは,部位にかかわらず同様です。, 図7 足関節FatSep T2WI(上段:in Phase画像,下段:脂肪抑制画像) 0000493404 00000 n

特長<4> オープンデザイン :��:D �&:��%z5�����j�%z���Rs��x+j�>4���]�yH*�F *}����&���K�[�� �F�Cx��:'��4>$���nr\�MG:�r�⻦#*d��g;�~R�H�'�&~Ң=n�Y����ۧsjWu�gXc�^]f�dJ���r���m�f�ba5j͛,,€q��e��a}ZԁO? 0000432474 00000 n 0000422988 00000 n 0000448627 00000 n

0000324634 00000 n 0000401267 00000 n 0000380520 00000 n ・設置面積:20m2 ・コンパクト性:機械室レスの設置も可能, ・Radial scan技術RADAR(体動低減機能) 0000312302 00000 n Radial scan技術RADAR ~モーションアーチファクトの低減~モーションアーチファクトを低減するRadial scan技術を搭載しました。日立のRadial scanはCartesian scanとのHybridも選択でき,多くのシーケンスでRADARを併用できます。, 特長<2> 0000014307 00000 n

b:IP-RAPID on, Phase=1.5, IP-Recon=Light, Freq/Phase=224×224, scan time=2:31c:IP-RAPID on, Phase=2.0, IP-Recon=Medium, Freq/Phase=224×224, scan time=1:54, IP-RAPIDを空間分解能向上に活用する場合のパラメータ設定の考え方を,シーケンスごとに紹介します。, ●頭部MRA図9 aは,IP-RAPIDを使用していない画像です。それに対して図9 b,cは,IP-RAPIDを使用している画像です。空間分解能向上を目的とする場合,Freq/Phaseを大きくする必要があります。しかし,その結果,撮像時間の延長やボクセルサイズが小さくなることによるSNRの低下が発生します。IP-RAPIDを活用することで,これらのリスクを低減させ,高い空間分解能を持った画像を得ることができます。, 図9 頭部MRA xref 0000012183 00000 n 0000429763 00000 n 担当部署:放射線診断事業部 事業推進本部 プロダクトマーケティング部. 0000314837 00000 n そのすべてが高次元で融合したとき,Open MRI はPrime になる。 a:IP-RAPID off, Phase=1.5, Freq/Phase=320×288, scan time=2:55 0000000016 00000 n

日立製作所. Z��T�C��k(�.DZ �X��ֱ��cYa��:���ݒ����~�ӻ/�x��ϊi��H�OGG ]�&��sS��(�eu�UI�iv�{g�D�P�q(n�i���JD4�/_GWB�K*��a�����|�fmN�l!? 0000340756 00000 n 0000460357 00000 n 0000013714 00000 n

より正確に伝える,ワンランク上の高精度画像。

0000013864 00000 n 0000409329 00000 n 0000527085 00000 n 0000011693 00000 n 0000012965 00000 n リージョナルシム選択:【R】 株式会社日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット 0000011010 00000 n 0000010716 00000 n ・被検者寝台 0000336775 00000 n 0000336279 00000 n 主なシーケンスパラメータはFOV 150mm,スライス厚5mm,スキャン時間 6:44である。 図5 a はファーストエコーの画像で,TEは0.25msの超短TEによる画像である。全体的に高信号となった画像が得られている。 図5 b はセカンドエコーの画像で,TEは4.6msである。 0000413610 00000 n

0000016124 00000 n 0000344928 00000 n 0000013115 00000 n ・フットスイッチ:被検者寝台の上下前後動が可能で,被検者セッティングをサポート 0000304096 00000 n

a:IP-RAPID off, Phase=2.0, Freq/Phase=256×256, scan time=4:48

0000013164 00000 n 日立製作所 スペシャル > jiyukukan(磁遊空間)vol.38(2020年4月号) > mr古今東西 ip-rapid活用術 撮像時間短縮と空間分解能向上に活用するためのパラメータ設定

0000298517 00000 n 〒110-0015 東京都台東区東上野2-16-1 上野イーストタワー 0000529572 00000 n 0000392857 00000 n 0000397989 00000 n コンパクトで高い経済性AIRIS Ventoは撮像室寸法4×5mに設置でき,MRIユニットも専用の機械室ではなく,操作室内に設置できます。消費電力も少ないため,電源容量を小さくでき,イニシャルコストもランニングコストも低減できます。, ・マグネット/ガントリ

0000542327 00000 n 0000309758 00000 n 0000331591 00000 n

0000442079 00000 n ・被検者マット一式・標準受信コイル一式, ・0.4T永久磁石オープンMRI 0000344105 00000 n 0000311452 00000 n

startxref 0000379750 00000 n

・校正用ファントム一式

0000005656 00000 n 日立では、ヘルスケアを21世紀の社会を支える必要不可欠なインフラと考え、総合力をいかした革新的な技術開発や関連システム・ソリューション・サービスの提供を通じて、一人ひとりが健康で安心して暮らせる社会の実現に貢献していきます。 0000012720 00000 n ・DICOM通信対応各種アプリケーション・他各種アプリケーション, ・Sentinelカスタマーサポート(リモートサービス)対応・サービス体制,サービスメニューはお問い合わせください, ●お問い合わせ先

0000443431 00000 n

%%EOF

0000012573 00000 n 0000010006 00000 n 0000304949 00000 n 0000318805 00000 n ・造影MRA撮像技術 0000308151 00000 n 0000013914 00000 n 0000011791 00000 n 日立では超電導MRIの技術をオープンMRIへとして,各種高磁場MRI用の撮像技術をオープンMRIに展開してきました。 (1) 【スタック追加】,【プリサチュレーション追加】(任意の場所)をクリックします。(2) それぞれ追加したい箇所をドラッグします。, ※全パラメータの「Stacks」,「Pre Sat.」の数値を増加することでも,追加が可能です。ただし,この場合スタックは最後のスタックの次に,プリサチュレーションは最初のスタックの上に追加されます。, ●削除方法 0000006467 00000 n 0000338209 00000 n h޴�mo�FǿʾL�f��

0000440795 00000 n ・フットスイッチ:被検者寝台の上下前後動が可能で,被検者セッティングをサポート

そして,環境にも配慮しているか。 必要な情報を瞬時に把握できるか。 0000404972 00000 n 0000308920 00000 n 再現性の高い画質であるか。

0000424414 00000 n 0000011595 00000 n 0000010471 00000 n 0000011546 00000 n 0000439567 00000 n

0000458868 00000 n 0000333493 00000 n 0000425379 00000 n 0000416377 00000 n 0000423901 00000 n 0000025419 00000 n 腹部非造影MRA撮像技術 ~VASC-ASL~ASL法により,非造影でMRAを撮像できます。とりわけ腹部の流れの速い部分の血流を撮像する際にお使いいただけます。STIR脂肪抑制法を併用することで,均一な脂肪抑制効果が得られます。, 特長<3>