岡田武史

その中から、共感や感動、そして希望を見出そうという本です。 相田みつを

ジョン・レノン ニーチェ 太宰治のプロフィール太宰治(だざい おさむ)・1909年6月19日に生まれ,1948年6月13日に亡くなる。・青森県五所川原市出身の小説家。・左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。 中田英寿 太宰治 「夜空の呪いに色はない(河野裕)」の名言まとめました 2018.12.04 2020.10.17 「その白さえ嘘だとしても(河野裕)」の名言まとめました エジソン 3 太宰治の人生の名言 -いかに生きるかという方法を教えてくれる言葉; 4 太宰治の仕事の名言 -「 笑われて、笑われて、つよくなる。」仕事について考えさせられる言葉; 5 太宰治の人生と仕事の名言が溢れ出 … ピカソ 太宰治の名言を5選紹介! 本題に入ります。 太宰治は何度も自殺を図ったりと、苦悩な人生をたどりましたが、 太宰治がのこした言葉には、僕たちが生きる現代にも通ずる言葉をのこしているので、 数多くの中から5選紹介します。 僕も毎日のよう... お正月も過ぎ去ってもう4月ももうそろそろ終わろうとしています 太宰治は、1909年、青森県五所川原市で、大地主であった父津島源右衛門と母たねの六男, そして、かねてから尊敬していた井伏鱒二の弟子となり、小説家を志すようになるんですね。, その後自殺未遂や薬物中毒をたびたび繰り返してしまうのですが、「走れメロス」や「人間失格」, つらいことがありながらも人間はそれにめげずに生きていられるので、実に人間ってすごいですね。, 幾度となくつらいことがおしよせても、人間はあきらめずに、何か目標となるものを持って、, 生きていれば、きっといつの日か幸運が訪れることを信じて生きることが大切なんですね。, 人間は悩みを抱えながら生きていくもので、人によっては、悩みだらけで絶えず心配している人も中にはいることでしょう。その悩みを考えないときが少しでもあれば、そういう人たちと比べると幸せなんですね。自分よりもつらい人がいると思えば、自分の悩みはいかにちっぽけだということがわかり、頑張る気力がわいてきます。, 生きていることは奇跡の連続であって、もしかしたら、明日事故で死ぬかもしれないのに、, 一体どういうことかと言いますと、太宰治は女優であった関千恵子のインタビューを受けた際、, 名前の由来を語ったのですが、その内容というのが本名だと自分が小説を書いていることが、身内の人にばれてしまうので、ペンネームを友達に考えてもらったんだそう。, 当初は柿本人麻呂の柿本を使用したらどうかとすすめられたのですが、柿本修治だとあまりぱっとしなかったため、酒の歌を詠んでいる太宰帥(だざいそち)の太宰を使ったらどうかと、, また修治はどちらもおさめると読み、しつこいので、治という字だけを使うことになったんだそう。, 太宰治は若くして亡くなってしまったわけですが、亡くなるまでの間に数多くの名言や名作を, このほかにもまだまだ名言はあるので、興味のある方は、ぜひともほかの素晴らしい名言も, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. その日本語は無数にあるので、できるだけ、正確に様子や行動を伝えることができて、非常に便利ですね。 芥川龍之介

ガンジー 本屋についてのアイデア企画を具体的に構想するnoteマガジン「リアル本屋をやるとしたら・・・」発行。 ボブ・マーリー 本人の肉声の他、彼が残した作品から100厳選します。 坂本龍馬 手塚治虫 選んだ悪口は、文豪同士の喧嘩や家族へのあてつけ、世間への愚痴など。随筆、日記、手紙、友人や家族の証言から、文豪たちの人となりがわかるような文章やフレーズを選びました。これらを作家ごとに分類し、計8章にわたって紹介していきます。”, “「言葉の力」こそが一番の教養! 文豪たちの言葉の力は、やっぱり凄い!! ドラえもん 「生と死」や「愛と女」といった太宰自身の人生を語るに相応しいテーマを設定し、言葉を選び抜きます。

その通り!早稲田大学を創設したことでみなさんにはおなじみかと思います。 松岡修造 大隈重信と聞いてみなさんは何を思い浮かべますか? アントニオ猪木

太宰治(だざい おさむ)・1909年6月19日に生まれ,1948年6月13日に亡くなる。・青森県五所川原市出身の小説家。・左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。・主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。・戦後は、その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称されたが、典型的な自己破滅型の私小説作家であった。Wikipedia, (1) 人から尊敬されようと思わぬ人たちと遊びたい。けれども、そんないい人たちは、僕と遊んでくれやしない。, (2) 君のような秀才にはわかるまいが、「自分の生きていることが、人に迷惑をかける。僕は余計者だ」という意識ほどつらい思いは世の中に無い。, (3) 人間は、しばしば希望にあざむかれるが、しかし、また、「絶望」という観念にも同様にあざむかれる事がある。, (4) 今の女性は個性がない、深みがない、批判はあっても答えがない、独創性に乏しく模倣ばかり。さらに無責任で自重を知らず、お上品ぶっていながら気品がない。, (5) 人間の生活の苦しみは、愛の表現の困難に尽きるといってよいと思う。この表現のつたなさが、人間の不幸の源泉なのではあるまいか。, (7) 好奇心を爆発させるのも冒険、また、好奇心を抑制するのも、やっぱり冒険、どちらも危険さ。人には、宿命というものがあるんだよ。, (8) 人間のプライドの究極の立脚点は、あれにも、これにも死ぬほど苦しんだ事があります、と言い切れる自覚ではないか。, (13) 一日一日を、たっぷりと生きて行くより他は無い。明日のことを思い煩うな。明日は明日みずから思い煩わん。きょう一日を、よろこび、努め、人には優しくして暮したい。, (15) 弱虫は、幸福をさえおそれるものです。綿で怪我するんです。幸福に傷つけられる事もあるんです。, (16) 僕は今まで、説教されて、改心したことが、まだいちどもない。説教している人を、偉いなあと思ったことも、まだ一度もない。, (19) 駄目な男というものは、幸福を受け取るに当たってさえ、下手くそを極めるものである。, (20) 子供より親が大事、と思いたい。子供のために、等と、古風な道学者みたいな事を殊勝さらく考えても、何、子供よりも、その親の方が弱いのだ。, (23) 安楽なくらしをしているときは、絶望の詩を作り、ひしがれたくらしをしているときは生のよろこびを書きつづる。, (24) 私は、ひとの恋愛談を聞く事は、あまり好きでない。恋愛談には、かならず、どこかに言い繕いがあるからである。, (25) 男って、正直ね。何もかも、まる見えなのに、それでも、何かと女をだました気で居るらしいのね。犬は、爪を隠せないのね。, (26) 学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。けれども、全部忘れてしまっても、その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん。, (27) 疑いながら、ためしに右へ曲るのも、信じて断乎として右へ曲るのも、その運命は同じ事です。どっちにしたって引き返すことは出来ないんだ。, (30) 僕は自分がなぜ生きていなければならないのか、それが全然わからないのです。.