まともな神経してればさすがに辟易のレベル。, コロナがどうこうってより 終始爆笑できるお笑い番組はサンデーモーニングぐらい, コロナ関係もだけど、検察の法改正関連のぶっ叩きがまじで酷かったのも重なった。

中でも世界ネコあるきはヘビーローテーション, 毎日、毎日、政権批判を繰り返してるから、保健所なんかクレームの電話が有るんじゃ無いのか、 もちろん特集後も補足も訂正もなくて呆れた。, 本当に未だに「煽り」酷いよ。血液別で感染する率が違うとか。感染する時はする。何故今に言うのかが意味不明。(めざましテレビ)

テレビあんまり見ないんですがNHKは今でもコロナはたいしたことないと言ってますか. となれば新型コロナ、武漢肺炎でのテレビの荒れようがあそこまで悪辣極まりないと視聴者が自粛前よりも減って特に不思議は無い, 今回のコロナ報道過熱での野放図振りで、ワイドショー系は全く見なくなった。 物凄い人手が掛かって物凄い時間が掛かる

羽鳥モーニングショー、視聴率10%割れでコロナバブル崩壊、玉川徹も飽きられた?

「もしや、実はそれ以外に検査するメリットが隠されているのか?」, と思って見続けたけど、最後までただただ検査すれば安心、だけの理屈だった。

国家的な危機に素人が面白がってピーチクパーチク言ってる方が異常。  コロナ感染者数が増加するのと比例するように、視聴率を上げていった「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)に陰りが――。時に14%以上も稼いでいた人気番組が、ここに来て2桁を割るようになったのだ。もちろん、新型コロナが沈静化したわけではない。緊急事態宣言こそ解除されたが、目下、「東京アラート」が発令中。一体、何があったのか? ・殺害を示唆するコメントなど 「隔離目的にしても全国民をほぼ同時に判定できない限り意味ないしなあ」 仕事に出ていたら、食事時に食堂や定食屋で点いてるテレビでたまたまひるおびかバイキングをやっていたぐらいだろ 放送内容は何も変わらないだろね, 最初は新型コロナがどんなものか分からずに情報集めに見てた人もいたやろうし、そこで煽りまくって余計に不安になりまた見る、の繰り返しやったろうけど、ただ無闇に煽ってるだけって皆気付いたんやろ, 「テレビばっかり見てるとバカになるよ!」

という母の注意を思い出して、ここ10年ほどは マスメディアには公益性も良心も欠片も無いという事がわかった。, ワイドショーの司会も、そろそろ限界だと思う。 最近、週刊新潮やspa!などの雑誌を少しだけ読んでいた。その雑誌の中でコロナ関係に関するテーマも扱っていた。 そして大抵、テレビは恐怖心を煽っているというような内容の記事が多かったように感じた。 twiiterなどを見ていもそういった情報が多い。 好感が持てますね。 まともな専門家も呼べないとくれば時間の無駄だしなあ 専門家以上の自称偉大な専門家なのでしょう。, 現存社会で生きている社会人が在宅勤務になって、絵空事や綺麗事や政府批判しかしないようなバカな番組ばっかで呆れかえってるからだろうな。, まず現在進行中の疫病はワイドショーで取り扱うような内容じゃない。

『ThinkPad』といえばIBMだったけど、中国に買収されてから評判が悪い。日本の技術を使ってるアピールかもしれないが、日本懐石に『ThinkPad』を合わせてるのがホント姑息。 新聞購読しない。地上波TV放送見ない。 コロナ拡大の北海道、観光地で相次ぐキャンセル 「イメージ低下は不可避」 毎日新聞 11/13(金) 8:25 Yahoo!ニュースからのお知らせ 新型コロナウイルスの感染者数が増加するにつれて、安倍晋三首相(65才)が家からなかなか出なくなってきた――。 7月最終週、東京から地方にもウイルスが広がっていき、陽性者が初めて1日100… なんも困らんです, 横でピーチクパーチク喋ってるやつら要らん

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/06080601/, まぁ、朝日新聞自体が部数も激減してもうヤバい状況だからなぁ。テレビ局の方まで手が回らないのが現状だろう, 岡田ナントカさんと言う謎の専門家さんはどこぞの大学の教授らしいけど



以前から一部では叩かれていたが、マスコミ様に楯突くなという傲慢さで平気だったようだ。 家から出始めれば当たり前に見るやつ減るだろ, そりゃ、いい加減な情報と煽りコメントばかりだからでしょ?

必ずどこかに偏る広報屋でしかない

情報はネットで十分 司会者にしろ番組に出て喋ってる人等にしろ制作会社から支持されて

一番酷い時は「国民は政府に不満」といいながら「我が儘な自分勝手な不満」の人達にインタビューしたり異常でした。(怒), 今気になってるCMがレノボ。 それでも物凄い費用が掛かる 最近の頭おかしい保守叩きコメンテーターの

ニュースショーもほぼみてない。

コロナ前のアホが作ってアホしか見ない番組だったら、そのままアホが静かに見てただろうに。, サンデーモーニングみたいなネタ番組にまで昇華出来なかったのが敗因 仕事で、日中テレビ見る機会がなかった人は「なんじゃこりゃ」って呆れただろうね。, 報道が公平なんて幻想は持ってはいけない だが、コロナ禍で嘘を言っては叩かれ、訂正させられたせいだろう。最近は表情が硬いし、目つきも怪しい。精神を病んでそう。, 米フェイクニュース某局のキャスターが世論のコントロールは私たちの仕事って発言してた。同じ精神+中共精神で国民は自分達の手中にあるとか、マスゴミはそんな感じ。, そこまで言って委員会で医師の丸田佳奈さんが、メディアが偏向報道で正しい情報を伝えなかったせいで多くの医療従事者が苦情だったりで迷惑を被ったと怒ってたんだけど、そしたら読売テレビの野村明大アナは、政府が正しい情報をちゃんと発信しなかったのが悪いって言ってた。 | でも実際には検知率が低くて、さらに検査するには検体採取に検体輸送、検体検査と 俺はゴメンだねwww朝からヤニ吸ってるカス並みにムカつくwww, ネットもテレビも画面の向こう側には基本的に生身の人間が居るからね

新型コロナウイルス騒動の影響で、テレビCMやテレビ番組が差し替えになったりする一方で、番組の視聴率は軒並みアップしているという。そんな激動のさなかにあるテレビ業界の実態を、内情に詳しいメディアコンサルタントの境治氏が「緊急アンケート」に基づいてリポートする。, 新型コロナウイルスの感染者が徐々に増え、気がめいる日々だ。最新情報を得ようとテレビに日ごろよりも接している人も多いだろう。ふと気づくと、いつものCMが流れていない気がする。ACジャパン(公共広告機構)への差し替えが増えているのか? やはりCM出稿にも影響が出ているのか?, そう考え始めると、テレビ局の人たちはコロナウイルスにどう対処しているのかが気になってきた。テレワークで番組を作れるのか。お客さん抜きで収録してるのか。放送業界は今回の騒動でどれくらい、どんな影響を受けたのだろうか……。, そこで筆者は、自分の友人知人、名刺交換した方など放送業界の人々にアンケートをお願いしてみた。答えてもらえるものか心配したが、55人の放送関係者が回答を寄せてくれた。そこからは、放送業界が置かれた苦境と悩みが赤裸々に読み取れる。, 回答者の所属は、民放キー局が16.4%、民放ローカル局(独立局含む)が69.1%、その他が14.5%だった。その他はほとんどがケーブルテレビ局と思われる。, 「テレワークで仕事できる人は移行している」が一番多く54.5%。「テレワークについて会社として命令は出ていない」が21.8%、「命令は出たがテレワークへの移行は事実上していない」が7.3%だった。「その他」と答えた人には記述式で回答をもらっている。(※次ページ下から、回答者のコメントがダウンロードできます), さて、この回答を見て、改めてわかったのは、放送局はちょうどテレワークを導入しようとしていたタイミングだったらしいことだ。だから部分的には移行している。一方で会社として体制ができていないところもまだまだあり、業務の性質上難しい部分も残りそうだ。, 「影響があった」との回答が7割。当然だろうが、大きな影響があったことがわかる。これも記述式でコメントをもらった。(※次ページ下から、回答者のコメントがダウンロードできます), 「番組内容を変更・差し替えも」「特番対応になった」といった内容の変更や「公開番組の無観客化」「無観客での収録、生番組の中止」のように番組にお客さんを入れられないこと、「イベントがなくなり、取材予定が大幅な変更となった」「放送と連動したイベントが先に中止になり、番組が移動となった」といった回答があった。自社主催か取材対象かを問わず、イベント中止の影響が多々あったことがわかる。, 「下がった」と答えたのは1人だけで、半分以上が「上がった」と回答したが、「影響はない」も半分弱あった。その理由についても記述回答してもらった。, このコンテンツはセミナー・プラス会員限定です。お申し込みをされますと続きをご覧いただけます。, 日経クロストレンドのコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。, 新型コロナ対策の1つとしてテレワークを実施するテレビ局が増えているが、連日新たなニュースが発生。取材現場では、人員をなんとかやり繰りしながら、未曾有の事態への対応を続けているという(写真:Takashi Aoyama / 特派員), (Q2)あなたの職場では、新型コロナウイルスへの対応でテレワークは導入されていますか?, 世界に感染が拡大している新型コロナウイルス。すでに日本の企業や消費活動にも大きな影響を及ぼしているこの危機の影響などを速報する。. 新聞も全く読まないし取ってないしで、やはり情報はネットが主軸になるよね。

地上波のテレビ番組はほとんど見なくなった さらに検知率を上げる為に複数回の検査とする必要がある。

意味のない音と映像の刺激を与え続ける装置になり果てた。, >>1 コロナ禍で在宅率が高いから視聴率上がってただけで、元に戻った。 あまりにヒステリックな言動が生理的無理レベルに達しただけでは, このご時世に、アベは馬鹿ニダ間抜けニダのろまニダホルホルホルホルって毎日やってるんだから、そりゃ飽きられますよ。

大宅壮一だったっけかの「TVの普及で一億総白痴化する」って意見は今にして思えば慧眼だったなぁ。 今では居間のTVはユーチューブ専用 だからネット掲示板でもまとめサイトでもその場がドン引きするような荒れ方をすればそれに白けて過疎化する傾向にある

お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, テレビの配線って素人でも出来ますか? 一貫性も論理性も無い戯言に価値を見いだすのは難しいと思うぞ, 所詮、パヨがソース元にするマスメディアは信用に値しないって事

役に立つ情報が欲しいときにプロパガンダとかやってるほうが悪い。, うちのチャンネルには朝日系列が無い ・根拠なき在日、朝鮮人認定 いや実際、芸能人が集まって感想とも言えないような戯言を言い続けてるだけの番組にどんな価値があるんだよと

そもそもそこに指が行かないようになったから❗, コロナで煽って視聴率稼ぐぞ!視聴率バク上げ、煽れ煽れ!おら安倍無能、自粛自粛言ってないでロックダウンしろや! リモートで出演させるほど意味があるコメントしてるとは思えない, PCR検査が100%の検知率で短時間で検査できるなら玉川の主張も分かる そういうのが好きな人たちの社会的排除が効率的に進んでよかった, かくしてテレビは、見ていても内容の半分も理解できない老人視聴者に対して そうなると全く現実性がない理想論で夢物語でしか無い, 羽鳥アナには問題ないと当初から感じていたが、毎日出てるらしいあのコメンテーター、局側は

新型コロナウイルスについて報じる報道番組で、すっかりおなじみとなった白鴎大学の岡田晴恵教授に、批判の声が続出しているという。5月19日に出演した「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)にて、専門家とは思えない根拠薄弱なコメントを繰り出したというのである。, 番組では緊急事態宣言を解除する目安として、直近一週間の新規感染者が10万人あたり0.5人程度以下との数値を紹介。東京だと一週間あたり70人以下という目安になり、そこに到達するには5月19日からの3日間で合計32人以下に収める必要があると説明した。, ここでメインMCの羽鳥慎一から話を振られた岡田教授は「どのみちこれから夏ですから、このコロナウイルス、高温多湿と紫外線が大っ嫌いですから、下火にはなってくると思うんですね」とコメント。ただ、クラスターの発生には要注意だと語り、「これから秋冬に向けて対策ということに意識を集中していくべきかなと思っております」との持論を明かした。このコメントが大問題だというのである。, 「一般論として、インフルエンザを含むコロナウイルスが高温多湿に弱いというのはよく知られた話。ただ、新型コロナウイルスもそうなのかどうかはまだ検証が済んでいないのが実情です。東南アジアは現在、暑気と呼ばれる一年で最も暑くなる時期ですが、シンガポールやインドネシアは日本よりも感染者数が多く、とくにシンガポールは人口が570万人と日本の5%にも満たないにもかかわらず感染者数は1.7倍ほどに及んでいます。それゆえ岡田教授が安易に『高温多湿と紫外線が大っ嫌い』と公言するのは、とても専門家とは思えないほどに根拠の薄い発言ではないでしょうか」(医療系ライター), 5月2日付の朝日新聞デジタルでは、シンガポールの医師が「ある環境においては機能する期間が短くなるというだけ」と説明する記事を掲載。ウイルスの寿命が短くなっても、生きている間は「十分に人を死に追いやるだけの力がある」と警告している。また紫外線に関しても「ウイルスがほこりの下についているような状態なら、効果はありません」と明言しているのだ。, 「この説明を聞けば、岡田教授の言う『大っ嫌い』というのが実情に合わない表現で、いかに素人じみているかがわかるというもの。専門家ならむしろ、小池都知事が18日に語ったように『もう一息がんばりましょう』と自粛の継続を語るべきではないでしょうか」(前出・医療系ライター), “コロナの女王”ともてはやされたのは、遠い過去の話のようにも思える。果たして岡田教授は高温多湿になったら、自身のコロナ対策をゆるめるおつもりなのだろうか。, エンタメ