村下 孝蔵(むらした こうぞう、1953年2月28日 - 1999年6月24日)は、日本のシンガーソングライター。「初恋」「踊り子」「ゆうこ」「陽だまり」などのヒット曲がある。熊本県水俣市出身[1]。, 鹿児島県出水市立出水小学校、水俣市立水俣第一小学校、水俣市立水俣第一中学校、鎮西高等学校、日本デザイナー学院広島校インテリアデザイン科卒業[1]。, 1953年2月28日、熊本県水俣市浜町仲之町通りで、映画館(村下興業社)を営む夫婦の第3子として生まれる[2][3][4][5]。最盛期の村下家は、水俣市と周辺に7軒の映画館を経営した資産家だった[6][7]。生まれて間もない頃の村下は泣くことが少なく、近隣の住人に「生まれたと聞いたけれど泣き声がしない」と不思議がられたという[8]。村下は、そのまま無口な少年に育った。姉によると、幼少期の村下は実家の営む映画館で一番前の席に座って映画を観たり[9][10]、一緒にラジオで歌謡曲を聴いたりして過ごすことが多かった[11]。, 1959年、父が鹿児島県出水市本町商店街に新たな映画館(泉映)を建てると一家は転居し[6]、1年ほどで水俣市仲之町通りに戻った(1年間出水市立出水小学校に通う)[1][12]。この頃、村下は姉とともにロカビリーに夢中になった。村下は日劇ウエスタンカーニバルの映像を映画館で観て、歌手への憧れを口にすることもあった[13]。映画館の事務所には休憩時間にかけるレコードが置かれていて、村下は姉とともに聴き漁った[14]。村下はエレクトリック・ギターの音に興味を抱くようになり、寺内タケシとブルージーンズを好んで聴いていたが、やがて「こっちのほうがすごい」とベンチャーズに夢中になった[15]。1965年、映画『エレキの若大将』で加山雄三の「夜空の星」を聴いたことをきっかけに「ボクも作曲する。歌う。エレキギターも持つ」と言うようになる[2][4][16]。村下はかねてから両親に、エレキギターをせがんでいたが、「不良になるからダメ」[注 1]、「弾けもしないうちから買ってどうする」といった理由で聞き入れられなかった[17]。そこで村下は、加山のギターをモデルにラワン材を使ってギターを自作した[2][5][18]。ギターが完成すると三面鏡の前に立ち、加山の演奏スタイルを真似ていたという[19]。中学の2年生のとき、父親から「ベンチャーズの曲をちゃんと弾けたらギターを買ってやる」と条件を出され、友だちのギターを借りて猛練習し、「ダイアモンド・ヘッド」を父親の前で演奏しきり、日本製のグヤトーンのエレキギターを買い与えられた[17]。高校進学後の1969年、村下は憧れだったモズライト・ギターを父親から買ってもらった[20]。父親は1967年に収益の悪化していた映画館を廃業し[21]、新たな事業として温泉の採掘を行ったが失敗[17]、その後は阿蘇市のホテルに就職し、母親と共に転居[17][22]。中学時代から競泳の平泳ぎの選手として活躍した村下は[23]、水泳部の特待生として鎮西高等学校に入学し[1][17][24][25]、寮生活を送った後、北九州市の短期大学に入学した姉と熊本市内で同居した[26]。, 1971年、高校を卒業した村下は得意の水泳で実業団・新日本製鐵八幡製鐵所入り[1][2][3][24][27][28]。当時の部員によると、高校で実績を残した(1969年、中部九州大会平泳ぎ100メートル優勝[29])とはいえ実業団の中では平凡な選手[注 2]で、水泳のタイムが伸びず、会社を辞めようと思っていたら、工場長からギターが弾けるんだからと会社のハワイアンクラブを勧められ入部[24]。宴会部長として活躍するが[3][31]、ハワイアンが自身の音楽志向に合わず[24]、同年9月に同社を退職[3][24]。落合昇平は寮生活を送る中、ギターを弾く時間がほとんどないことに悩んだのだろうと推測している[32]。当時父親は東洋工業に転職して広島市に転居しており、音楽中心の生活を目指し村下も広島へ移った[1][2][4][24][33][34][35]。当時の広島はフォークの聖地で[24]、村下の頭には広島フォーク村の存在があった[27][36]。, 1972年、日本デザイナー学院広島校インテリアデザイン科入学[1][27]。広島に来て間が無い村下には友達がなく、平和公園で一人でギターを弾くことが多かった[27][37]。間もなく平和公園近くの広島本通木定楽器を見つけ、よく通うようになった[37]。初レコーディングは同店[37]。『エレキの若大将』に憧れ、ベンチャーズに心酔していた村下が、広島でエレキ・ギターをフォークギターに持ち替え、曲作りを始めた理由は、当時の広島は吉田拓郎のコピーをやる人が多く、フォークギターを持たなければ仲間が作れなかったためであった[7]。学校の仲間と4人グループ「カラフル」を結成して多くのフォーク・コンテストに出場し入賞[35]。同年夏、僅か300枚の自主制作シングル「ひとりぽっちの雨の中」を発表[4][38][39]。同校卒業後ヤマハ広島店[40]に就職し[1][23][35]、二年間、ピアノ購入契約で実績を挙げ[28]、1975年からはピアノ調律師として勤務する傍ら[1][38]、ホテル法華クラブ広島のラウンジで弾き語りのアルバイト等で地道に音楽活動を継続した[1][4][33][35][38][41][42]。時代的にフォークは徐々にバンドサウンド、エレキを含んだロック、ニューミュージック系に形を変えつつあったが[36][43]、村下は「アコースティックの時代がまた必ず来るよ」と言っていたという[36]。, 中国放送ラジオ制作部の那須和男ディレクターは、偶然観た村下の演奏に惹かれ[7][33][35][44]、『たむたむたいむ』のパーソナリティーに村下を推薦するなど村下をバックアップした[1][7][33][45]。同番組で、村下は当時まだ大学生だった西田篤史とコンビを組む[1][7][33][36][41]。1978年に那須が担当していた全国ネット番組『青春音楽列島』で紹介され大きな反響を呼ぶ[35]。1979年には大学を卒業した西田の初レギュラーである同局のラジオ番組『ひろしま青春大通り!ヤンヤン放送局』(1979年10月11日~終了日不明)の音楽コーナーを担当した[35]。プロ歌手への誘いやレコード会社への斡旋話もあったが、いずれも実現せず、「こうなったら独力で何がなんでもカタチにしてみせる!」と資金稼ぎに奮闘しながら曲づくりに励む[35]。東京の貸しスタジオは料金の安い夜間だけ借り、既にプロになっていた往年の仲間が駆けつけて伴奏や機器操作を担当して5日間で録音を終え、1979年ヤマハを退社し、同年7月25日、自費制作アルバム 『それぞれの風』を発表[1][4][23][35][37][38]。全11曲は当時「思いを寄せていた女性をイメージして作ったものがほとんど」と話していたという[35]。レコーディングの様子はテレビ番組(『青春音楽列島「それぞれの風」』)として放映された[46]。この頃の村下は第2期の広島フォーク村に参加するなど広島の音楽好きには知られた存在となっていた[4][5][38]。村下は『それぞれの風』でヤマハ主催のポピュラー音楽コンテストに応募したが、受賞はならなかった[4][47]。, 1979年、知人のライブハウス店主から勧められ、当時のCBSソニー(現在のソニー・ミュージックエンタテインメント)の全国オーディション(第1回CBS・ソニーオーディション)に応募し、グランプリを獲得[4][5][23]。しかしCBSソニーとしては、当時流行っていた山下達郎や南佳孝などのシティポップス系のアーティストを探しており、フォーク系でそれなりに年齢も重ねていた村下の将来性を巡ってはCBSソニー社内でも意見が分かれた[4][5]。プロデューサーとして村下の全作品を手がけた当時の若手ディレクター・須藤晃によると「このオーディションで一番レコードが売れるのは村下孝蔵だ」と断言する者もいれば「フォークはもう終わりだぞ。ラジオスターの時代じゃなくルックスの時代なんだ」と村下のルックスや年齢に難色を示す者もいた。ただ楽曲や声の良さは誰もが認めるところで、須藤の押しや[5]、中国放送がバックアップしていたこともあり何とかデビューが決定[48]、1980年5月21日、27歳の時、シングル「月あかり」でプロデビューした[1][2][3][35]。同曲は前年発表した自主制作アルバム『それぞれの風』からのリカットシングルで、湯来温泉での思い出からイメージをふくらませて書かれたもの[35]。同期合格者にはHOUND DOG、堀江淳、五十嵐浩晃らがいた。プロになると決意した村下は、最高のギターを持っていたいという思いから馴染みの楽器店でマーティンD-45を購入している[49][50]。プロとなった後も、テレビ出演はせず、広島を拠点に地道にライブ活動を続ける[2][3][28][51]。このためプロの歌手になったからと言って、デビュー直後に劇的な変化はなかった[4]。, 1981年1月にリリースされた2枚目のシングル「春雨」は、地道なプロモーションを重ねて、チャート最高位58位を記録、およそ3ヵ月半に渡ってチャートにランクイン[4]。1982年発売の「ゆうこ」は、北海道札幌の有線で火がつき、全国ヒットになり[1]、チャート最高位23位を記録、約7か月半にわたってチャートインした[4]。この「ゆうこ」のタイトルになっている女性は日本画家・船田玉樹の娘で、村下と1979年に結婚しており[52]、後にシンガー・ソングライターとなる娘をもうけている(1985年離婚、村下はこの後再婚)[53][54][55]。同年10月、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ)に初出演した[4]。, 1983年、30歳にして発表した5枚目のシングル「初恋」は、オリコンチャートで最高3位を記録する大ヒットとなる[2][4][23][56][57][58]。「初恋」は村下がバラードとして作ったものを編曲家の水谷公生がテンポを上げてポップ系に編曲し、村下がそれを受け入れたことで完成をみた楽曲であった[59]。水谷はかねてから須藤晃に「もうフォークにこだわらなくてもいいんじゃないか」と進言していた[60]。水谷は村下を、「でっかい人だった。人にゆだねる強さがあった」と評している[59]。, 村下は「自分の経験を小さな核にして、世界を押し広げて昇華させる詩人。英単語を歌詞に使わず、『万葉集』や『古今和歌集』のような四季に彩られた美しい日本語を目指そうとした」[61]、「叙情的で哀愁を帯びたメロディーと、素朴な歌声、英語を極力使わない丁寧な日本語の歌詞で根強い支持を集めた」等と評価される[23]。さだまさしは「ラブソングが上手で、命を大切にするきれいなラブソングだった。ラブソングは永遠だからね。彼の声をきくと(今も)生きていますよね。全然、古びていない。いい声だった。サウンドも古びない」[62]、須藤晃は同時期プロデュースした尾崎豊と「歌を歌う人はどこかきれいな真水の中にすむ動物。純粋なところが似ていた」と評し「日本人には一年一年、正月、ひな祭り、田植え、七夕、盆…といった日本的情緒を感じる行事が変わらず続く。そういうにおいがするものを二人でつくろうとやっていた」などと話している[62]。富澤一誠は「村下孝蔵は井上陽水、さだまさしといった正統的な抒情派フォークの流れをくむシンガー・ソングライターだと思います。地味な存在ではあったが、和風テイストのフォークはギターの上手さを含めてもっと評価されていい存在です」と話している[63]。, 村下の元マネージャー嶋田富士彦によると、村下の楽曲は有線で強く支持され、地方では演歌に似たチャート変動を示し、フォークテイストでありながらもベンチャーズに由来する「切れ味の良いロック感覚」も持ち合わせていたが、音楽業界の中でもメロディラインの古さを指摘する者の方が多かったという[64]。当時としても著しく古いメロディラインはその後の歌手生命をも左右することになる。, 「初恋」発売の前後に全国キャンペーンなどのハードスケジュールが原因で肝炎を患い[1][65]、多くのイベント、番組出演などをキャンセルし「初恋」がヒットしてもテレビ番組にはほとんど出演できなかった[1][66]。それが原因で広島と東京の往復ができなくなり、1984年末に生活の拠点を東京に移した[67]。同年秋から全国ツアーを開始したが翌1985年に再び体調が悪化し[66]、入退院を繰り返した[1][68]。この時期に、広島から定年退職したばかりの父親も東京で暮らし始めた[69]。1987年に全国ツアーを再開。この年に催した七夕コンサートは毎年の恒例行事となった[68]。1988年、神奈川県川崎市のCLUB CITTA'で行われたベンチャーズのライブにゲストとして出演。ベンチャーズと一緒に演奏するという夢を叶えた[70]。, 1989年、アルバム『野菊よ 僕は…』を発売。須藤晃によるとこの頃アルバムの売れ行きが大きく落ち込み、「初恋」の時期から指摘され続けてきたメロディラインの古さが飽きられてきたことが理由であったが、これといった手を打ってこなかった村下にも須藤自身にも焦りが生じたという[71]。1992年発売のシングル「ロマンスカー」は「これが売れなきゃおかしい」という思いで制作し[71]、完成時に村下が「やっと納得する作品が出来た!」と語った[72]渾身の作品であったが売れず、須藤は「時代が違ってきたんだ」と感じたという[71]。この時期の村下は試行錯誤の末、「自分には"初恋"を越える曲はできんかもしれん」「時代は追いかけるものではなく、巡りくるもの。向こうからやってくるのよ」という境地に至った[72]。, 1994年、広島で開催された第12回アジア競技大会(広島アジア大会)協賛として中国新聞社・中国放送の共同企画により制作された紀行ドキュメンタリー番組『アジア・ピースロード~出会いと友情のキャラバン』(1992年10月4日~)のテーマソング「一粒の砂」を製作[35][73]。, 1999年6月20日、駒込のスタジオでコンサートのリハーサル中に突然「気分が悪い」と体調不良を訴え[23][74]、当初は救急車も呼ばずスタッフ付添のもと自力で病院を訪れていた。診察で「高血圧性脳内出血」と判明した直後、意識不明の昏睡状態に陥り、僅か4日後の6月24日に死去。46歳没。葬儀は6月26日に営まれた。夫人の希望により、出棺の際には村下が生前最も気に入っていた楽曲「ロマンスカー」[71]がかけられた[63][72]。7月3日には東京の渋谷公会堂でお別れ会が[75]、8月8日には西田篤史の呼びかけで、広島市内の寺院・とうかさん円隆寺で音楽葬が営まれた[35][76]。戒名は「乾闥院法孝日藏清居士」、墓所は茨城県稲敷郡茎崎町(現:つくば市)の筑波茎崎霊園にある。, 自主制作.「ひとりぽっちの雨の中」 1.「月あかり」 - 2.「春雨」 - 3.「帰郷」 - 4.「ゆうこ」 - 5.「初恋」 - 6.「踊り子」 - 7.「少女」 - 8.「夢のつづき」 - 9.「かざぐるま」 - 10.「ねがい/とまりぎ」 - 11.「哀愁物語 -哀愁にさようなら-」 - 12.「陽だまり」 - 13.「風のたより」 - 14.「ソネット」 - 15.「アキナ」 - 16.「この国に生まれてよかった」 - 17.「一粒の砂」 - 18.「ロマンスカー」 - 19.「つれてって」 - 20.「16才」 - 21.「同窓会」, 1.「初恋ミニアルバム」 - 2.「初恋/少女」 - 3.「ゆうこ/踊り子」 - 4.「初恋/ゆうこ/アキナ」 - 5.「初恋/踊り子」, 自主製作.『それぞれの風』 - 1.『汽笛が聞こえる街』 - 2.『何処へ』 - 3.『夢の跡』 - 4.『初恋〜浅き夢みし〜』 - 5.『花ざかり』 - 6.『かざぐるま』 - 7.『陽だまり』 - 8.『恋文』 - 9.『野菊よ 僕は…』 - 10.『清涼愛聴盤』 - 11.『新日本紀行』 - 12.『名もない星』 - 13.『愛されるために』 - 14.『同窓會』, 1.『歌人〜ソングコレクション〜』 - 2.『歌人II』 - 3.『林檎と檸檬〜村下孝蔵ベストセレクション』 - 4.『しのびあるきのたそがれに』 - 5.『夢の記録』 - 6.『純情可憐』 - 7.『七夕夜想曲〜村下孝蔵最高選曲集 其の壱』 - 8.『この国に生まれてよかった 村下孝蔵 セレクションアルバム』 - 9.『哀しい恋の歌 村下孝蔵セレクションアルバム』 - 10.『GOLDEN☆BEST 村下孝蔵ベスト・セレクト・ソングズ』 - 11.『GOLDEN☆BEST 村下孝蔵オリジナル・カラオケ集』 - 12.『歌人撰集』, 1.『月待哀愁歌〜村下孝蔵最高選曲集 其の弐』 - 2.『清聴感謝祭〜村下孝蔵最高選曲集 其の参』 - 3.『GUITAR KOZO』- 4.『きっといつかは』, 1.『昭和春夏秋冬〜村下孝蔵作品集〜』 - 2.『絵日記と紙芝居〜村下孝蔵トリビュートアルバム〜』, ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本) - 須藤晃 - 水谷公生 - 町支寛二, 当時の日本にはエレクトリック・ギターの所持が少年不良化につながるという風潮があった(, 自主製作盤。「ひとり暮らし」など一部の曲はプロデビュー後、発表された。没後、アルバム『, 全曲最新リマスタリングの再編集CD10枚とライブ映像DVD1枚の11枚組BOX。完全生産限定盤。, YouTubeチャンネル エド山口のOH!エド日記 (2020年 5月29日投稿)【エド山口】村下孝蔵さんとのエピソードにて語っている, http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080716-384306.html, https://web.archive.org/web/20151014123829/http://www.hfmweb.jp/blog/shokutaku/2008/06/post_31.html, https://web.archive.org/web/20180728102924/http://music-calendar.jp/2017070201, 『熱討スタジアム』第157回 村下孝蔵『初恋』を語ろう 今週のディープ・ピープル 経田康×嶋田富士彦×沢田聖子, https://megalodon.jp/2020-0805-0748-04/cinemad.jp/movie/movie-2087.html, Picker's Friendship KISADA 木定楽器店 - 木定楽器店・音楽教室, https://web.archive.org/web/20160628092206/http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=257175&comment_sub_id=0&category_id=112, http://megalodon.jp/2015-1014-2046-38/www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201502/0007769202.shtml, コラム【音は鼓膜を震わせ、音楽は心を震わせる】#3 初恋が切ないのではない、村下孝蔵の「初恋」が切ないのだ, Hanako.tokyo 「レトロ可愛い」からのギャップ萌え!渋谷〈カレーショップ初恋〉のスパイスカレーに舌鼓。, 広島市映像文化ライブラリー 貸出用16ミリフィルム・ビデオテープ・DVDリスト、文化映画(旅) No.1-4-24, バスびより 広島バスセンター60周年超特大号(2) Vol.15 祇園、中筋、緑井、毘沙門台エリア, https://web.archive.org/web/20151014135928/http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=39505, https://web.archive.org/web/20151014143427/http://www.sankei.com/life/news/131213/lif1312130003-n1.html, https://www.facebook.com/permalink.php?id=1547088012197610&story_fbid=1627569974149413, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=村下孝蔵&oldid=79961506, 前述のように中国放送と縁があったため、6月の命日前後に村下孝蔵を偲ぶ特別番組が毎年のように放送されていた(, 村下の死去から14年を経た2013年、故郷水俣市の商店街『ふれあい一番街』に「初恋」の歌碑が建立され、商店街ストリートの名称もこれに因み『初恋通り』と改名された(2014年6月の商店街総会で正式に決定), 蔡楓華(香港)「讓你自由」(85年に提供された後、87年に「白い花の咲く頃」として村下がセルフカバー), 経田康 - 村下孝蔵と長年相棒を務めたリードギタリスト。音楽・プライベート両面で村下の信頼が篤かった。アコーステックアルバム「GUITAR KOZO」の制作者。没後「メモリアルコンサート」「同窓会コンサート」をコンサートマスターとして主導。.

※2020年8月時点での規制対象国(EU加盟国)は、下記の通りです。 ※GDPR(EU一般データ保護規則)対象国から歌ネットをご利用いただくことができません。. こんにちは、昭和歌謡曲を愛する黒川あさひです。 「一番好きな歌手は誰?」と聞かれたら、間違えなくこう答えます。 「村下孝蔵さん」 しかし悲しいことに、同世代の人たちにはあまり知られていません。 80年代のアイドル歌手黄金期にひっそりと活躍していたシンガーソングライターです。

France, Belgium, Denmark, Sweden, Czech Republic, Estonia, Malta, Germany, Luxembourg, Greece, Finland, Slovakia, Latvia, Romania, Italy, Spain, Austria, Hungary, Lithuania, Bulgaria, Netherlands. 村下のデビュー2年目、2枚目のシングルとして発売された。 村下孝蔵の歌詞一覧リストページです。歌詞検索サービス歌ネットに登録されている「村下孝蔵」の歌詞の曲目一覧を掲載しています。哀愁物語 ~哀愁にさようなら~,愛情,愛着,アキナ,明日あればこそ,あなた踊りませんか,アンバランス,歌人 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 You cannot use Uta Net from the countries covered by GDPR. 春雨.

カバー, 自主制作.「ひとりぽっちの雨の中」 1.「月あかり」 - 2.「春雨」 - 3.「帰郷」 - 4.「ゆうこ」 - 5.「初恋」 - 6.「踊り子」 - 7.「少女」 - 8.「夢のつづき」 - 9.「かざぐるま」 - 10.「ねがい/とまりぎ」 - 11.「哀愁物語 -哀愁にさようなら-」 - 12.「陽だまり」 - 13.「風のたより」 - 14.「ソネット」 - 15.「アキナ」 - 16.「この国に生まれてよかった」 - 17.「一粒の砂」 - 18.「ロマンスカー」 - 19.「つれてって」 - 20.「16才」 - 21.「同窓会」, 1.「初恋ミニアルバム」 - 2.「初恋/少女」 - 3.「ゆうこ/踊り子」 - 4.「初恋/ゆうこ/アキナ」 - 5.「初恋/踊り子」, 自主製作.『それぞれの風』 - 1.『汽笛が聞こえる街』 - 2.『何処へ』 - 3.『夢の跡』 - 4.『初恋〜浅き夢みし〜』 - 5.『花ざかり』 - 6.『かざぐるま』 - 7.『陽だまり』 - 8.『恋文』 - 9.『野菊よ 僕は…』 - 10.『清涼愛聴盤』 - 11.『新日本紀行』 - 12.『名もない星』 - 13.『愛されるために』 - 14.『同窓會』, 1.『歌人〜ソングコレクション〜』 - 2.『歌人II』 - 3.『林檎と檸檬〜村下孝蔵ベストセレクション』 - 4.『しのびあるきのたそがれに』 - 5.『夢の記録』 - 6.『純情可憐』 - 7.『七夕夜想曲〜村下孝蔵最高選曲集 其の壱』 - 8.『この国に生まれてよかった 村下孝蔵 セレクションアルバム』 - 9.『哀しい恋の歌 村下孝蔵セレクションアルバム』 - 10.『GOLDEN☆BEST 村下孝蔵ベスト・セレクト・ソングズ』 - 11.『GOLDEN☆BEST 村下孝蔵オリジナル・カラオケ集』 - 12.『歌人撰集』, 1.『月待哀愁歌〜村下孝蔵最高選曲集 其の弐』 - 2.『清聴感謝祭〜村下孝蔵最高選曲集 其の参』 - 3.『GUITAR KOZO』- 4.『きっといつかは』, 1.『昭和春夏秋冬〜村下孝蔵作品集〜』 - 2.『絵日記と紙芝居〜村下孝蔵トリビュートアルバム〜』, ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本) - 須藤晃 - 水谷公生 - 町支寛二, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=春雨_(村下孝蔵の曲)&oldid=78166806. 解説.

村下 孝蔵(むらした こうぞう、1953年 2月28日 - 1999年 6月24日)は、日本のシンガーソングライター。 「初恋」「踊り子」「ゆうこ」「陽だまり」などのヒット曲がある。 熊本県 水俣市出身 。. 「春雨 / 村下 孝蔵」の楽譜一覧です。ぷりんと楽譜なら、楽譜を1曲から簡単購入、すぐに印刷・ダウンロードできます!プリンタがなくても、全国のコンビニ(セブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ)や楽器店で簡単に購入、印刷いただけます。 作詞:村下孝蔵 作曲:村下孝蔵 心を編んだセーター 渡す事もできず 一人部屋で解く糸に想い出を辿りながら あの人が好きだった 悲しい恋の歌 いつも一人聞いた 古いレコードに傷をつけた くり返す声が 今も谺(こだま)のように フランス、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、チェコ、エストニア、マルタ、ドイツ、ルクセンブルク、ギリシャ、フィンランド、スロバキア、ラトビア、ルーマニア、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、リトアニア、ブルガリア、オランダ, The regulated countries are as follows.

「春雨」(はるさめ)は、村下孝蔵の楽曲。1981年 1月21日にcbsソニーよりシングルが発売された。. 「春雨」(はるさめ)は、村下孝蔵の楽曲。1981年1月21日にCBSソニーよりシングルが発売された。, 村下のデビュー2年目、2枚目のシングルとして発売された。また、同年発売のアルバム『何処へ』の6曲目として収録された。, 当時のラジオCMは、すき焼きの具材を続けて読み、最後に「春雨」というものであった[1]。