1人でこだまを利用するのであれば「ぷらっとこだま」が安い。, しかし、往復&宿泊で利用するなら、「こだま」も新幹線ホテルパックが安い! ただし、往復で利用できる新幹線の時間帯が限定される。, 新幹線パックや日帰りツアーなどが利用できない場合、次に安いのは「早特」。 自宅以外にも指定可能でコンビニ受け取りも可能。 金券ショップの格安チケットも回数券と大差はなく1枚14,000円くらい。 元々格安なパックが、今ならキャンペーン割引でさらにお得!, 東京-大阪で「のぞみ」料金が安い順にランキングで紹介。 宿泊代を引いた片道の「のぞみ」指定席料金は、実質9,150円と格安!

新幹線パックを利用すると、往復で1人9,680円安くなる!, 「のぞみ」2時間30分に対し、片道4時間かかる「こだま」。 東京-新大阪の新幹線「こだま」指定席の料金は大人10,080円、子供5,030円。, 「ぷらっとこだま」は1人でも利用でき、ネットで前日17時までチケット購入が可能。 「EXグリーン早特」は1人で利用できるが、終日「ひかり」と6時台出発「のぞみ」限定。 ホテル・列車の選択肢が多いため、安くてもほとんど不自由はなし。 列車乗車日の3日前まで購入可能で、2名以上から利用可能。 しかし「学割」がお得になるケースもある。, 学生は「学割」で新幹線に乗ると乗車券が2割引になる。 商品名 東海道・山陽新幹線 区間 東京~博多: 使用不可時期 4/27~5/6 8/10~8/19 12/28から翌1/6 自由席には割引はないが、指定席は片道200円、往復400円安くなる。 それぞれの所要時間は、「のぞみ」約2時間30分、「ひかり」2時間50分〜3時間ほど。 スマートEXは、のぞみ指定席7,250円、ひかり・こだま指定席7,090円。 エクスプレス予約は列車発車の4分前までチケット購入が可能。, 会員でない方は、金券ショップの格安チケットを利用すると14,000円くらい。 スマートEXは年会費無料で東京‐新大阪「のぞみ」指定席14,520円。 東京-新大阪では回数券が1枚あたり13,940円。 「ひかり」は1時間に2本の運行があるが、「こだま」は基本的に1時間に1本。, 東京-大阪のチケットはエクスプレス予約・スマートEXで予約が可能。 例えば、1泊8,000円のホテルに泊まる1泊2日のパック料金は27,800円。 往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線パック。 「こだま」は各駅に停車する。, 列車の本数が多いのは「のぞみ」で1時間に6~9本くらい。 もし「のぞみ」通常切符で往復&宿泊すると37,440円かかる。 それ以外は、同じ料金で「ひかり」にも乗ることができる。 例えば、1泊8,000円のホテルに泊まるプランで、往復&1泊の合計料金は26,300円。 では、片道料金だけでなく、新幹線往復&1泊の合計料金を比較すると? では、これを利用して、東京-大阪を新幹線で往復&1泊すると…?, 東京‐新大阪「のぞみ」の片道料金ランキングはご紹介した通り。 東海道山陽新幹線 格安チケット(回数券)の格安販売 . 乗り遅れた場合も、一部のプランを除き後続列車自由席に乗れるので安心。 片道あたりの営業キロが601㎞以上の区間で運賃が1割引になる。 回数券は6枚セットでの販売で、有効期間は3ヶ月。 エクスプレス予約の料金は通常期と変わらず13,620円。 学割は200円アップし「のぞみ」指定席は13,130円。 東京-大阪の「のぞみ」往復&宿泊料金は1人約9,600円安くなる! ただし、利用できるのは朝6時台・11時~15時台出発の「のぞみ」指定席のみ。 なお、回数券・格安チケットは年末年始・GW・お盆は利用不可。 東京・品川-新大阪では「のぞみ」指定席は14,520円。, このように、いくつかの方法で「のぞみ」指定席料金は安くなる。 新幹線のインターネット専用の格安チケットをご案内するページです。えきねっとトクだ値やEX早特、e早特など、基礎知識をご紹介。全国のJR各社の新幹線情報をまとめた、わかりやすい総合案内サイトで …

これ以外に安い方法は少ないが、エクスプレス予約会員は通常予約が最も安く13,620円。 しかし、「こだま」に限定すれば、東京-大阪でも格安な方法がいくつかある。 金券ショップへ行くと、通常は6枚綴り回数券を1枚で購入することができる。 家族旅行で往復&宿泊する時も新幹線ホテルパックが安い! 「のぞみ・ひかり・こだま」のグリーン車をランキングにしてご紹介。, これが「のぞみ・ひかり・こだま」のグリーン料金。 スマートEXの指定席料金は繁忙期には200円アップする。, 宿泊不要で片道だけの「のぞみ」指定席を購入したい場合は、「EX早特21」。 ョップチケッティ トップページ, 金券・チケット販売(ご購入), お問合わせ・ネット店へのご用命はこちら. そこで、同じように「こだま」の料金をランキングでご紹介したい!, 「こだま」の料金も最も格安になるのは新幹線ホテルパック! 「こだま」は時間がかかるが安い方法も多い。 乗り遅れてしまっても後続列車自由席に乗車可能。(一部プランを除く) ここから宿泊費8,000円を引くと「のぞみ」グリーン車は片道実質12,300円と格安!, 東京-新大阪では「こだま」のグリーン車はいくつかの片道きっぷで安くなる。 往復新幹線と地下鉄1日乗車券などがセットで料金は1人18,800円。 新幹線にはjrからさまざまな割引きっぷが設定されています。金券ショップでは「格安チケット」として回数券のばら売りが販売されたりもしています。こうした格安チケットは、新幹線をふだん利用しない人にはわかりにくいもの。ここでは、使いやすい割引きっ 2名以上であれば、3日前まで購入が可能。 コンビニなどでも受取りができ、当日は駅で切符を購入する必要がない。 切符によって予約時期が異なるので、チェックしておこう。, 年末年始・GW・お盆でも安いのは、エクスプレス予約・学割・新幹線ホテルパックなど。 東京から大阪、または大阪から東京への新幹線の予約と格安チケットの比較、購入方法を紹介します。宿泊するなら「jr・新幹線+宿泊セット」ですね。ホテルによっては約10,000円も安くなることも。チケットのみなら「ぷらっとこだま」が安いですね。

例えば、1泊8,000円のホテルを利用するパックは1泊2日で24,600円。 なお、年末年始・GW・お盆は利用できないので注意したい。, 年会費無料のスマートEXで新幹線をネット予約すると、「のぞみ」指定席も割引に。 「EXのぞみファミリー早特」は土休日のみ2人以上で、終日「のぞみ」利用可。 「のぞみ」がこれより安くなる方法は以上の10パターン。, 往復&宿泊するなら、東京発も大阪発も最も安いのは新幹線ホテルパック。 東京-大阪の回数券は1枚あたり13,940円なので、通常きっぷより片道780円お得。 東京-大阪は、のぞみ指定席12,930円、ひかり・こだま12,610円、自由席12,080円。 なお、年末年始・GW・お盆は利用できないので注意したい。, 新幹線パックや「早特」も利用できない場合、次に安いのはエクスプレス予約の通常予約。 また、自由席なら全列車同じ料金なので「のぞみ」にも乗ることができる。, 「EXこだまファミリー早特」は、エクスプレス予約・スマートEXの会員のみ利用できる。 条件や利用シーンに合わせて、適した方法を選ぼう。, しかし、「のぞみ・ひかり」グリーン車料金がさらに安いのが、新幹線ホテルパック。 東京・品川-新大阪で使えるのは、「EX早特21・EXのぞみファミリー早特」の2つ。 通常予約で東京・品川-新大阪は13,620円なので、通常きっぷより片道1,100円お得。 なお、大阪から東京への日帰りは、子供料金が実質4,500円の日帰りツアーが安い!, まず、「こだま」に限定されるが、前日なら「ぷらっとこだま」を利用すると安い。

終日「のぞみ」に乗れるが、「土休日・2人以上」が利用条件。 エクスプレス予約の料金は、年末年始・GW・お盆も変わらず安い。, 東京-大阪の往復には指定席用回数券を利用することもできる。 スマートEXを利用すると、のぞみ指定席14,520円、ひかり・こだま14,200円。 例えば、グリーン車で東京‐新大阪を往復する1泊2日で32,600円というプランがある。