「適宜」と似ていますが、「適宜」は時間に限らず”何に関してもちょうど良い”ということを表します。 例えば、「到着した方から、順次面接を行います」といった場合は「到着した方から順番に面接を行います」という意味になります。 この「都度行う」を使った例文は、「工場の機械の調子が悪くなった時には、(メンテの必要性があると判断される調子の悪さなら)メンテナンスを毎回行うようにしてください」ということを意味しています。, 「過去にお世話になった人たちへのお中元・お歳暮など贈答品の送付は、都度行うようにしています」 例えば職場の同僚が、いつも自分が仕事に行き詰まってしまう時に、助けを差し伸べてくれるとします。

▶︎「適宜」・・・自己判断で、状況に合った行動をする 「〜する都度」「その都度」といったように使います。また、「都度都度」という言い回しもあります。”毎回”ということを強調したい場合には、「都度」よりも「都度都度」を使うのが良いでしょう。 ▶︎「順次」・・・来た順や思いついた順などと、どのような順でもいいので次々と行う, となります。 回数が決まっているものではなく、日常的な流れの中にある状態や行動を表す言葉です。, 「毎々」の「毎」は音読みでは「まい」、訓読みでは「ごと・つね・むさぼる」と読みます。 「都度行う」という表現は、「その必要があるたびに、毎回行うこと」や「何かがあるたびに、毎回行うこと」を意味しています。 「都度行う」というのは、「休みなくずっと継続して行う」のではなくて、「その必要性があったり何かのイベント(授業など)があったりするたびに毎回行う」ということを意味しているのです。 1. 「都度行う」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。, 当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。, 「意味・読み方・都度行うとその都度の意味は同じか?・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」, 「工場の機械の調子が悪くなった時には、(メンテの必要性があると判断される調子の悪さなら)メンテナンスを毎回行うようにしてください」, 「過去にお世話になった人たちへのお中元・お歳暮など贈答品の送付は、都度行うようにしています」, 「過去にお世話になった人たちへのお中元・お歳暮など贈答品の送付は、必要があれば折に触れて行うようにしている」, 「都度」の意味とは?「都度」と「適宜」「度々」の違い・読み方・英語【使い方や例文】. ですので、「都度」は物事が行われるたびごとにということを表します。 相手が自分よりも年上の時に使うと好印象を与えるでしょう。, 若い人に「毎々」と言うと「まいまい=かたつむり」と誤解される可能性が高くなります。 「毎々のことながら素晴らしい講演でした」などと、少し硬いシーンに使えます。, 「毎々ご協力頂きありがとうございます」 メールや返信の相手を、あまり知らないことが大前提となるため、相手企業との良好な関係を「これから」築いていくのに役立つ例文です。 「ことごとく」は「悉く」と書き、意味は「全て」「何もかも」という意味で、そのものごと全体を表す言葉です。 で感謝を表現できます。 ですので、「順を追って、一つ残らず全部」「一から順を追って、余すところなく全て」といったことを表します。 もちろん、感謝を言われることを期待して学校の先生は働いているわけではありませんが、時々、「いつもお世話になり、誠にありがとうございます」と改めて感謝を示されれば、先生も努力が報われていると感じて嬉しくなるでしょう。, 取引先の人と会話をしている時や、かなり目上の人に対して 目上の人に使う場合は、「早急に対処をお願いします」などで言い換えましょう。 メール. そして、その後の食事や会話を上司と一緒に楽しむための、心温まる挨拶になるため、上司とリラックスした雰囲気を楽しむことができるでしょう。, 接客をしている時にも「いつもありがとうございます」を使うことは可能です。 ビジネスで「毎々」という言葉を使うことがあります。

「日頃よりご理解ご協力を賜り」などとして使われます。, 「毎々彼女に会う度に幸せを感じる」です。 どちらかというと、「逐」という字の方が「順を追って行う」という意味合いが強いです。 そのため、メールや返信のやり取りを、普段からたくさんしている人に「いつもありがとうございます」を使えば、日頃からの感謝を違和感なく伝えられます。 そのような、気軽に電話をすることのできるビジネスパートナーは非常に貴重なため、「いつもありがとうございます」で、相手がしてくれている努力を自分が認めていること、さらに、 感謝の気持ちを忘れていないことを表現できます。, 「いつもありがとうございます」を「いつもどうも」という短い例文にして、電話で話している時に使えます。 「都度行う」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「必要性がある時に行う」「適切な時期に毎回行う」などがあります。 突然のメールで失礼いたします。 … しかし、この例文には「いつもお世話になり」とあるように、感謝の理由について、明確に言及されています。 同じ言葉を繰り返す時に使われ、ネットスラングでは「ノマ」と呼ばれています。, 「毎々」と似た意味の言葉に「ことごとく」がありますが、この2つは意味が違います。 その意味合いから、「都度行う」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「適切な時期に毎回行う」という表現を指摘することができるのです。, 「都度行う」という言葉について解説しましたが、「都度行う」には「必要性がある時には、毎回行うこと」などの意味があります。 「常時」は、「いつも」「普段」といった言葉と同じように使うことができます。 「都度」の意味は「そのたびごとに」「毎回」です。 ですので、例えば料理のレシピで「塩胡椒を適時に入れてください」だったらタイミングのことだけを言っていますが、「塩胡椒を適宜入れてください」だったら量とタイミングの両方を指していることになります。 そして、「いつも」という言葉がない、ただの「ありがとうございます」では、期間については言及しないで、感謝だけを表現しています。そのため、もし相手の親切に対して、その場で感謝したいのであれば「ありがとうございます」で十分です。 例えば、「合格者については逐次ホームページにて公表します」とした場合は「合格者については順を追って次々とホームページで公表します」という意味になります。 「逐次」の意味は「順を追って次々に」「順次」です。

例えば、「適時休憩を取る」とした場合は「ちょうど良い時間に休憩をする」、「100mlの水を適時加えます」とした場合は「100mlの水をタイミングよく加える」という意味になります。 「順次」の方が、そこまで順番にこだわらないというニュアンスになります。, 「随時・適宜・適時・逐一・逐次・都度・常時・順次」の違いと使い分けについて理解できましたか? 「いつも起きること」「毎回そうなること」に対して「毎々~だ」と言います。 この場合は、次のような書き出しが良いでしょう。, 1と2は全く初めての場合です。おきまりの文句ですが、この文のあとは、丁寧に自己紹介をしましょうね。 そのため、「いつもありがとうございます」が適切です。, あまり知らない企業宛のメールの返信では「いつもありがとうございます」ではなく、 順序を追って、目の前にあるものから順番に処理していくという場合に「順次」を使います。 ▶︎「都度」・・・物事が行われる度ごとに 毎回(まいかい)の類語・言い換え。[共通する意味] ★その度ごと。[英] every time[使い方]〔毎回〕 大会に毎回参加する 毎回ランナーを塁に出す〔毎度〕 毎度のことながら彼には感心させられる 毎度ばかばかしいお笑いを一席[使い分け] 「毎度」の方が、「毎回」よりもいつもという意味が強い。 以前から現在までの相手との関係において「いつも」を意味する言葉です。, 「普段から」「いつも」という意味で、こちらもビジネス文書に使われます。 「順次」は「逐次」はどちらも”順を追って次々に物事がなされる様子”という意味ですが、ニュアンスが少々異なります。 また、「適時」を用いた言い回しに「適時適切」があります。 その為に「毎々」を「つねづね」と読む人もいるのです。 「何かあるごとに特別に目をかけてくれていることへの感謝の気持ち」を伝えます。, 「いつもながら」という意味で、日常会話にも使える言葉です。 「常日頃、ご好意を示してくださり、誠にありがとうございます」 「いつもありがとうございます」は他のメールで何度か使っても、自然な言い回しなので、しつこいイメージがありません。 ▶︎「随時」・・・好きなときにいつでも行動する。その時々、臨機応変に行動する▶︎「適宜」・・・自己判断で、状況に合った行動をする▶︎「適時」・・・ちょうど良い時間に、ちょうど良いタイミングに行動する(時間限定)▶︎「逐一」・・・順を追って一つ残らず、何から何まで全部取り上げていくさま▶︎「逐次」・・・決まった順番があり、きちんとそれに従い次々に行う▶︎「都度」・・・物事が行われる度ご … 時間について表現することのできるフレーズについて知っているのであれば、非常に便利だということができるのではないでしょうか。なぜなら、普段の会話の中では、何が起きたかということだけではなくて、それが、いつ起きたことなのかについてもしっかりと説明しなければならないからです。 つまり、自分が何かのことについて周りの人に対して一生懸命話していたとしても、それが起きたタイミングや時についてしっかりと説明することができなければ、相手は自分の話をしっかりと理解すること … 「常」は「いつも変わらない。いつも同じ状態が続くこと」を意味します。 逆に、毎週のようにメールや返信のやり取りしている企業に対して、堅苦しいフレーズで感謝をしていると、いつまで経っても信頼関係が構築されていないイメージを与えてしまいます。

もちろん「いつもありがとうございます」が、かなり省略されているフレーズになるため、忙しく電話をしている時だけ「いつもどうも」を使うようにしましょう。 例えば、「その都度対応いたします」といった場合は「毎回対応します」という意味になり、「その都度連絡いたします」といった場合は「何かあったらそのたび連絡します」という意味になります。, 「常時」は<じょうじ>と読みます。 世の中にはよく似た言葉がたくさんあります。「随時・適宜・適時・逐一・逐次・都度・常時・順次」といった言葉もその中に当てはまります。「随時〜する」「適宜〜する」「適時〜する」などとよく聞く表現ですが、意味や使い方の違いについて説明できるでしょうか。 相手に対する日頃の感謝と尊敬の気持ちを表す言葉です。, 「毎々」は日常会話でも使えます。 目上の人に使う場合は、「早急に対処をお願いします」などで言い換えましょう。 メール. 「いつもありがとうございます」を正しく使うことができれば、普段からお世話になっている目上の人に対して、自分の深い感謝の気持ちを伝えることができます。この記事から、「いつもありがとうございます」のビジネスやメール、電話での正しい使い方を理解しましょう。, 「いつもありがとうございます」は、普段から感謝を表現したい時に使用できるフレーズです。では、「いつもありがとうございます」と、ただの「ありがとうございます」では、使い方に違いがあるのでしょうか?, 「いつもありがとうございます」の「いつも」とは、「普段」もしくは「いつでも」「常に」という意味が含まれていることです。

つまり、普段から感謝している事を表現するために「いつもありがとうございます」があります。 「日頃は格別のご支援をいただきまして」とあり「普段から特別な支援をいただきまして」 また、「逐次刊行物」という言葉もあります。「逐次刊行物」とは「新聞・雑誌・年報など共通の名称のもとに、終期を予定せず順を追い継続して刊行される出版物のこと」です。 「日頃は格別のご支援をいただきまして、誠にありがとうございます」 人によっては「つねづね」と読むこともありますが、正しくは「まいまい」です。, 毎々の意味は「いつも」「毎回」「その度ごとに」です。 一体どの様な意味なのか、使い方や例文などについて紹介しますので参考にして下さい。, 「毎々」は「まいまい」と読みます。 例えば、常連のお客様が接客をしている時に、「今日もありがとうね」と感謝の言葉を表現してくれたとします。「今日も」という言葉が使われていることからも、そのお客様が、普段からサービスを利用してくれる人である、ということがわかります。 あなたは、仕事で、一日何通くらいのメールを書いていますか?メールで大切なのはもちろん「用件」です。結論を先に明快な形式でメールを書くことは大切ですが、そのメールの頭に付ける文、時と場合によって、きちんと使い分けていますか? 毎回毎回「お世話になっております」のワンパターンな書き出しになっていませんか? 試しに私のGmailで「お世話になっております」を検索したところ、1週間で50通ぐらいヒットしました。, どうしても形式的になるその部分で、手を抜かないことができる女性のビジネスメールです。, とは言え、毎回毎回書き起こすのは大変なこと。そこで、今回は「お世話になっております」がどんな時に印象が良くないのか3つの場合に分け、それぞれの場合で言い換えパターンを教えますね。, まだ世話をしていない場合、つまり、まだ関係が始まっていない場合の「お世話になっております」は、とんちんかんな挨拶となります。特にこのパターンが多く、私も少し「世話を先に約束された」印象を持ったことがあります。 「逐一」は「一つ一つ順を追ってもらすことなく何かを行う様子」を表しているのに対して、「逐次」は「一つ一つ順を追って次々に物事が行われる様子」を表すと意味合いに違いがあります。, 「都度」は<つど>と読みます。 「適時」は「適した時」と書くように、「ちょうど良いとき」という意味になります。 3は他の場面、例えば対面である程度話が済んでいて、「では続きはメールで」となったような場合です。その時は「初めまして」はおかしいので、このようなパターンになります。そして「お世話になっております」ではなく、それこそ未来の約束「お世話になります」となるわけです。, 1とは反対で、むしろ、とてもお付き合いがあり、特に相手が大変に世話をしているということを自覚している場合、この「お世話になっております」では誠意が足りないと感じられてしまうこともあるようです。つまり「え?そんな簡単なお礼で済ませて本題に入っちゃうわけ?」というようなパターンです。こんな場合は、もちろんお礼を蕩蕩と述べても良いのですが、お礼がメインの内容ではないメールの場合は、本題の方が伝わらない可能性も。その時は、しっかり挨拶することで、ガッカリ感を払拭できます。, ものすごく形式的ですが、ここはきっちり挨拶し、礼を尽くしましょう。ただひとつ、ポイントがあります。普段のメールと使い分けることです。このフレーズを毎回毎回書くのは、「お世話になっております」を連発するより「形だけ」という印象がより強くなってしまいます。業務が動いてメールを頻繁にやり取りするような時に、毎回書くのは中断し、少し時間を置いた時などに活用するようにしましょうね。, 頻繁にやり取りする場合、または逆に、久しぶりにやり取りした時に「お世話になっております」という言葉を目にするのは、形式的に感じ、しらける場合があります。「これは、テンプレートなんだな」「あ、予測変換なんだな」と思ってしまいますよね。そのような場合には、メールのやり取りの頻度が分かる言葉をきちんと入れたり、迅速な返信を感謝する言葉を述べたりしましょう。, 1と2は、頻繁にやり取りをしている最中に使う言葉、3は久しぶりにメールを再開する場合に使う言葉として良いでしょう。3の場合は、ご無沙汰したことをお詫びする言葉を添えても良いでしょうね。, ようするに、「お世話になっています」というのは、とても便利な言葉というわけです。日常場面では、メールよりも、もっともっと使用頻度が高い言葉だと思います。そこに甘えないことが、デキるビジネスウーマン。気遣いが言葉に表れること、そしてありきたりな言い回しを使わないことで、印象が良くなるチャンスでもあると思います。, もっとラフな感じの言葉で「お世話様です」がありますが、この「お世話様です」は「ご苦労様です」と同じで、年上には特に失礼な言葉に当たりますので、注意が必要です。目上の人が軽く挨拶するには良いのですが、お客様相手には使わないように気をつけたいものです。, 以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…, 仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…, 敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…, 【40代編集長の婚活記#223】48歳独女、ダンディおじさまとの婚活デートでわかったこと, 40代スキンケアは「楽しみながら、ラインで使う」べし!伝説のアイテムを試してみたら, 「これって更年期?」40代ビギナー世代のリアルな悩みを医師に相談してみたところ…?, Copyright © OTONA SALONE All Rights Reserved. 「都度行う」の「意味・読み方・都度行うとその都度の意味は同じか?・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。, 「都度行う」という表現は、「その必要があるたびに、毎回行うこと」や「何かがあるたびに、毎回行うこと」を意味しています。 「順次」は、順序を追って物事をする様子・順番に何かをする様子を表します。 「逐一報告」とは「何から何まで全て報告する」という意味になります。ビジネスシーンでも使われることが多い表現です。 特に、「いつもありがとうございます」では「普段から」感謝していることを表現できるため、この例文が使われて感謝をされている人は、「普段の努力が報われた」と感じることができるでしょう。, 「いつもありがとうございます」ビジネスやメール・電話での使い方を解説のページです。ビズメディアは働く人のためのライフマガジンです。ビジネスに関連するビジネスマナーや雑学から転職、就活、フリーランスなどの働き方まで、ビジネスマンに向けた情報発信メディアです。毎日のお仕事を楽しく、円滑に進めていきしょう!. この2つの違いは「その様な傾向にあるか、ものごと全てが当てはまるのか」という点です。, 「毎々」はビジネスシーンでよく使われる言葉です。 「ちょうど良い時」「ちょうど良い量」「ちょうど良いやり方」といったように、様々な意味で「ちょうど良い」ということです。広い範囲を表しています。, 「適時」は<てきじ>と読みます。

例えば、「常時、朝起きたらラジオ体操をしている」といったら「いつも、朝起きたらラジオ体操をする」という意味になります。, となります。 ビジネスメールでは「お世話になっております」とメールの書き出しに毎回入れますが、同じ相手に1日何度も送返信を繰り返した場合も毎回「お世話になっております」を入れたほうがいいのでしょうか? 毎回毎回お世話になっておりますと入れるのも、なんとなく変な気もします 「いつもありがとうございます」を使う場合は、電話の相手が以前から交友のあるビジネスパートナーでなければなりません。 また、「〜の逐一」という形でもよく使われていて、「出来事の逐一」「騒動の逐一」「事件の逐一」といったように用います。 物事が順番に次から次へと行われている様子を表します。 しかし、一度しか親切を示されていない企業に「いつもありがとうございます」でお礼をすると、非常に違和感があります。人によっては、「いつもありがとうございます、って嫌味を言っているのか」と消極的に感じてしまうこともあるため注意が必要です。, ビジネスシーンで電話をしている時にも「いつもありがとうございます」を使うことができます。 社外の人や目上の人に手紙やメールを送る時に、冒頭のあいさつ文の書き出しに「毎々~」を使います。

そうすれば、ビジネスシーンでの会話やメールを受け取った同僚は「いつもありがとうございます」で、あなたが「普段から」感謝している気持ちについて、悟ることができます。 「毎々」は「いつも」という意味ですが、これは回数を限定しているものではなく、「普段その様な傾向にある」というニュアンスです。 例えば、仕事帰りに一緒に食事をするように上司から誘われたとします。そして、いざ待ち合わせの場所に集合して、上司との会話を始める時の挨拶で、「いつもありがとうございます」と言うことができます。 つまり、会話の相手の身分や、出席している会議に深い敬意を示すために、「いつもありがとうございます」ではなくて、もっと、かしこまった言い方がされている「日頃は格別のご支援をいただきまして、誠にありがとうございます」を使用できます。, 感謝の気持ちは感じるだけでは十分ではありません。 例えば、「事件の逐一を警察に話す」とした場合は「事件を順を追って、何から何まで全部を警察に話す」という意味になります。, 「逐次」は<ちくじ>と読みます。 そうすれば電話相手に、「いつもありがとうございます」で普段から自分が感じている感謝の気持ちを表現することができます。場合によっては、自分に対する気遣いを示したり、問題を早く解決するために、電話をしてくれるビジネスパートナーもいます。 「適宜」の意味は、, となります。 「都度行う」という表現は、「適切な時期がくるたびに、必ず行うこと」を意味しています。

例えば、「ペットの健康診断は、都度行うようにしています」といった文章で、「都度行う」という表現を正しく使えます。, 「工場の機械の調子が悪くなった時には、メンテナンスを都度行うようにしてください」 その同僚が自分の仕事を助けてくれるのは、今回が初めてではないため「いつもありがとうございます」を使うことができます。 「適時」の意味は「時宜にかなうこと」「ちょうど良いとき」です。 「々」は「踊り字」と呼ばれる記号で、漢字でなく読み方はありません。 「適宜」は「そのときの状況に適していること」「自分自身がその場に適していると思う行動をとること」を表します。 “every time”で「~する度に=毎々」という意味です。, こちらも「毎々彼女に会う度に幸せに感じる」です。 メールでは、ビジネスシーンやプライベートの両方で「迅速な対応」を使用する機会も多いです。 そのようなお客様は、面識がなかったとしても貴重な存在ですし、「普段から」お世話になっています。 むしろ、自分の率直な感謝の気持ちを相手に伝えることができてはじめて、自分が心から感謝しているという事実に相手が気づけます。 という、かしこまった言い方の返事ができます。 「逐一」を用いた表現の中でもよく使われるのが、「逐一報告」というフレーズです。 その場に応じた行動をする、状況に合わせて自分自身が良いと判断した行動をとるときに使います。 そして、「お世話」とは「面倒を見ること」という意味が含まれているため、普段から面倒を見てくれている学校の先生や上司などに感謝をする時に、「いつもお世話になり、誠にありがとうございます」を使います。