1 医療用医薬品においては、「調剤薬局」を例にとり考えてみます。 医薬品管理 ), ( このサイトでは登録販売者に必要な知識・販売する上で重要なノウハウ、さらに受験対策情報を提供しています。, 第4章薬事関係法規・制度 において、毒薬・劇薬の違い・表示方法については必ず出題されます。 毒薬は、他の薬品と区別して、専用の施錠できる保管庫に貯蔵・陳列。 16 All rights reserved. 一応保管等は区別されますが、良く使用される降圧薬や消炎鎮痛薬も「劇薬」扱いのものがあり、存在自体、それ程珍しいものではありません。一方、「毒薬」は、せいぜい1~2種類あるか無いかでしょう。 劇薬は、保管庫の施錠は必要ないが、他の薬品と区別して貯蔵・陳列。 ③「要指導医薬品」の劇薬指定品も、勃起障害改善薬等の一部のみです。(ガラナポーン等). ②については、以前「バポナ殺虫プレート」(ジクロルボス)が劇薬指定の一般用医薬品として知られていました。夏場虫が湧く時期に良く売れて、薬局で販売する際に、署名等の文書の交付(というか必要事項を記入してもらう)が、日常的に行われていました。 ), ( 24 結論:医療用であるかないかと効果の度合いが違う。 毒薬・劇薬をもっと詳しく.

→東京都医薬品医療機器等法Web講習会, 指針手順書作成例(2018å¹´3月版), 関連サーバ情報(リンク情報), 多摩地区(八王子市・町田市を含む). ), ( 毒薬と劇薬には「薬」の字が入っているように「医薬品」で、薬事法によって厚生労働大臣が指定する薬。 表示方法は、手引きでの説明は文章のみで理解しづらいですが、視覚的に覚える方が記憶が定着しやすいでしょう。, また、登録販売者試験では取り上げられませんが、医薬用外の毒物・劇物の、容器及び被包への表示は、毒物及び劇物取締法により ), (

薬事関連法規等, copyright© 2017-2020 phamnote.com all rights reserved. いわゆる一般的な「調剤薬局」では、1000種類程度の医薬品を在庫している所はザラにあります。そのうち2割程度ぐらい「劇薬」であることは珍しくありません。 ), ( ), ( 4

②毒薬又は劇薬を、一般の生活者に対して販売又は譲渡する際には、当該医薬品を譲り受ける者から、品名、数量、使用目的、譲渡年月日、譲受人の氏名、住所及び職業が記入され、, R1 愛知県(東海・北陸地区共通)第4章 薬事関連法規・制度 (PM問21-30), H30 愛知県(東海・北陸地区共通)第4章 薬事関連法規・制度 (PM問31-40), R1 千葉県(東京・神奈川・埼玉共通) 第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識(問1-10), R1 千葉県(東京・神奈川・埼玉共通) 第3章 主な医薬品とその作用 (問61-70), R1 千葉県(東京・神奈川・埼玉共通) 第2章 人体の働きと医薬品(問21-30). ), ( 皆さんは、毒物、劇物、毒薬、劇薬の違いを分かっていますか。この記事では、とても危険なこれら4つの違いを解説します。, 毒薬・劇薬とは、服用したり、注射をしたりした時など体内に吸収された場合に、副作用などが起こりやすい、毒性・劇性の強い「医薬品」のことです。薬事法に基づき厚生労働大臣が指定します。法律の定めるところにより、調剤薬局であれば特別な申請などせずに取り扱うことができます。, 毒薬と劇薬では致死量が違います。内服したときの致死量が、30mg/kg(体重)以下であるのが毒薬、300mg/kg(体重)以下であるのが劇薬です。毒薬は劇薬の約10倍効力が強いです。, 毒薬・劇薬は、14歳未満の人や、安全な取り扱いに不安がある人への販売が禁止されています。ただし、医師などの処方せんにより「調剤された医薬品」は「毒薬・劇薬」に当たらないので、14歳未満に対しても販売することができます。, 薬局が一般の人へ毒薬・劇薬を販売する際には、購入者の氏名、住所、使用目的などを記載しなければいけません。, 毒物・劇物は医療用ではなく、化学合成の材料などとして使われます。厚生労働省が毒物・劇物を認定し、毒物及び劇物取締法で規制されています。取り扱いには薬剤師などがなることができる、毒物劇物取扱責任者が必要となります。, 毒物と劇物に関しても致死量が違います。内服時の致死量が、50mg/kg(体重) 以下であるのが毒物、300mg/kg(体重) 以下であるのが劇物です。, 毒物・劇物は、18歳未満の人や、覚せい剤、麻薬、大麻、あへんの中毒者への販売が禁止されています。また、心身の障害により適切な扱いができない人に対しても販売はできません。, 毒物・劇物は販売業者のみが販売することができ、その際には氏名や住所などを記載しなければなりません。, それぞれの違いが分かっていただけたでしょうか。違いを覚えて、安全に暮らしましょう。, 毒物・劇物は、18歳未満の人や、覚せい剤、麻薬、大麻、あへんの中毒者への販売が禁止. 毒物には、「医薬用外」の表示と、赤地に白文字で「毒物」と表示。

劇薬には、白地に赤枠、赤文字で、品名と「劇」を表示。 また、毒物と劇物には、名称、成分と含有量、厚生労働省で定める毒物や劇物については解毒剤の名称、取扱上や使用上特に必要と認めて厚生労働省令で定める事項が記載されていないと、販売することができない。, 保管方法の違い。 静脈注射では、劇薬が100mg以下、毒薬が10mg以下と、およそ10倍ほどの差がある。, 毒薬と劇薬は「薬事法」、毒物と劇物は「毒物および劇物取締法」によって、容器やパッケージへの表示、保管や販売方法が以下のとおり定められている。, 容器やパッケージへの表示の違い。

毒物と劇物は、他のものと区別し、施錠できる設備に貯蔵することと、保管庫を壁などに固定し転倒を防ぐ必要がある。, 販売方法の違い。 6 薬局薬剤師のブログ。薬局業務を円滑に進めるために必要な情報及び薬の疑問を解決した記録です。今後のため、少しでも参考になればと。目標は臨床薬局薬剤師。, var hiduke = "2018/08/22" 毒薬・劇薬の譲渡・譲受記録 (医薬品医療機器等法第46条) 第四十六条 薬局開設者又は医薬品の製造販売業者、製造業者若しくは販売業者(第三項及び第四項において「薬局開設者等」という。 ), (

なお、化学工場から出入りし、危険物を運んでいるトラック等の前後部に掲げられているマークは

), ( 毒薬と劇薬は「薬事法」、毒物と劇物は「毒物および劇物取締法」によって、容器やパッケージへの表示、保管や販売方法が以下のとおり定められている。 容器やパッケージへの表示の違い。 毒薬には、黒地に白枠、白文字で、品名と「毒」を表示。

であり、白枠はありあせん。 20 第4章薬事関係法規・制度 において、毒薬・劇薬の違い・表示方法については必ず出題されます。 まず、他の一般薬との違いは、「薬効が期待される量と、中毒の恐れがある摂取量が、接近しており安全域がせまい」ため、他の医薬品とは区別するために用いられる区分名称です。 18 11



医薬用外毒物:赤字に白色文字を表示(黒ではない!) ), ( 医薬用外劇物:白地に赤色文字を表示 9

2 少しの文字の違いで、全く別なものになってしまうものは多くあります。今回ご紹介する言葉もそうです。, 「毒」「劇」の表現は同じですが、それが「薬」と続くのか「物」と続くのかで全く別物に変わります。今回はそれを、それぞれ対比させて説明していきます。, 毒薬と劇薬は「医薬品、医療機器の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(通称:薬機法)によって規定されています。, 聞き慣れない法律ですが、これは「薬事法」が改定されてできた法律であり、医薬品を管理するための法律です。, 対して毒物と劇物は「毒物及び劇物取締法」(通称:毒劇法)によって規定されています。, 毒薬・劇薬とは、人や動物の体に摂取・吸収・外用された場合、その有効な用量が致死量に近かったり、蓄積性が強かったり、薬理作用が激しかったりすることにより、危害が発生する恐れがあるものとして厚生労働大臣が指定した医薬品です。, 毒薬:経口投与した際、体重1kgあたり30mgの使用で、服用した人の半数が死ぬ医薬品, 劇薬:経口投与した際、体重1kgあたり300mgの使用で、服用した人の半数が死ぬ医薬品, ※この他にも指定される基準は細かくありますが、危険性が高いものが指定されています。, 化学物質が持つ急性毒性に着目し、医薬品や医薬部外品以外のものを、その毒性が強い順に分類したものが毒物と劇物です。, 毒物:経口投与した際、体重1kgあたり50mg以下の使用で、服用した人の半数が死ぬ化学物質, 劇物:経口投与した際、体重1kgあたり50mg以上300mg以下の使用で、服用した人の半数が死ぬ化学物質, 毒物・劇物の指定を受けた場合、誰が見てもすぐにわかるように、ラベルへの表示義務が発生します。. ), ( ②毒薬又は劇薬を、一般の生活者に対して販売又は譲渡する際には、当該医薬品を譲り受ける者から、品名、数量、使用目的、譲渡年月日、譲受人の氏名、住所及び職業が記入され、署名又は記名押印された文書の交付を受けなければならない

3

薬局が一般の人へ毒薬や劇薬を販売・交付する際は、年月日・品名・数量・使用目的・購入する人の住所・氏名・職業の記入と、購入する人の署名もしくは記名押印された書類を提出してもらい、販売日から2年間、その書類を保管しなければならない。, 毒物と劇物は、18歳未満の者、麻薬・大麻・あへんまたは覚せい剤中毒者、心身障害により適正な危害防止措置を行うことができない者への販売は禁じられている。 ), ( 5 毒薬には、黒地に白枠、白文字で、品名と「毒」を表示。 ), ( 毒薬と劇薬は「医薬品、医療機器の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(通称:薬機法)によって規定されています。 聞き慣れない法律ですが、これは「薬事法」が改定されてできた法律であり、医薬品を管理するための法律です。 対して毒物と劇物は「毒物及び劇物取締法」(通称:毒劇法)によって規定されています。 25 ), ( (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 規定されている法律が異なることからもわかるように、うまくコントロールした時に、人間に有益な薬効を発揮できるものに関しては医薬品として区分されて毒薬となります。, 人間への有益な薬効はなくても、それ以外の有益な使い方ができるものには毒物と表記されて活用されています。, 毒薬・毒物よりは比較的危険性が少ないものではありますが、誤った使用方法では命にかかわってしまう化学物質に与えられている名称です。, うまくコントロールして用いた時、人間に有益な薬効を発揮できるものに関しては医薬品として区分されて劇薬となります。, 人間への有益な薬効はなくても、それ以外の有益な使い方ができるものには劇物と表記されて活用されています。, 毒物や劇物を取り扱うためには、その取り扱う場所に毒物劇物取扱責任者が必要です。毒物劇物取扱責任者とは、各都道府県にて行われている毒物劇物取扱者試験を合格した人がなることができるものです。, そのほかにも毒物劇物取扱責任者になることができる要件があり、薬剤師であることや厚生労働省令で定められている学校において、応用化学に関する学課を修了した人であれば、毒物劇物取扱責任者になることができます。, 毒薬と劇薬に関しては、医療機関や医薬品卸業者などが取り扱うことができます。それぞれ管理監督者を立てる必要がありますが、特別な資格は存在しておらず、おおむね医師や薬剤師が担っています。, 毒物・劇物も毒薬・劇薬も、うまく使用することができれば人類にとって有益なものですが、間違えた使用方法では有害なものになってしまいます。, 人々を守るために規定されている法律ですので、その基準を把握し、有益性を最大限活用していくことが求められます。, それでは毒薬、劇薬、毒物、劇物の違いについては以上とさせて頂きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。.