ゴキブリの赤ちゃんはどこに多くいる? ゴキブリはもともと熱帯の昆虫のため、寒いところはあまり得意ではありません。また赤ちゃんは行動範囲がどうしても狭くなってしまうため、その場で過ごしやすい環境を選んで卵を産むという事情もあります。 生態: 全国に広く分布。寒さに弱いため、暖房設備の整ったオフィス・ホテル・飲食店・病院などに多い。 全国に広く分布。木造の日本家屋・コンクリート造りのアパートなどの住居に多い。 東北から近畿にかけて分布。 "@type": "Answer", "@type": "Question",

"text": "ゴキブリの赤ちゃんが出るのは、ゴキブリが家に定着してしまったともいえます。そのような状況を放置すると、ゴキブリの大量発生につながってしまうおそれがあるのです。ゴキブリの赤ちゃんを見かけたら、駆除・対策をしっかりおこなうようにしましょう" ] 時間365 "mainEntity": [ { ・えさとなる食べ残しやほこりなどが容易に手に入る場所, こうした特徴をもった場所として「冷蔵庫の裏・下」「洗濯機の下」「テレビの裏側」「エアコンの室外機近く」「段ボールや新聞紙の中」「観葉植物の下」などが代表的です。, 冷蔵庫は内部から熱を回収し外に放出することで成り立っています。そのため冷蔵庫回りは熱がたまりやすく、加えて野菜の切れ端やほこりなどがたまる、霜取りなどの水が漏れることで湿気も高くなりやすいなどの状況が重なりゴキブリが大量発生することも少なくありません。, 洗濯機周辺は水を使うだけでなく、髪の毛などゴキブリのえさとなる成分が落ちやすいことがあげられます。ただで水回りで湿気があるところのため、えさとなるものをためないよう注意しましょう。, テレビの裏側は水分こそ少なめですが、静電気でほこりが集まりやすい場所です。また放熱のため奥まで入り込める隙間があることも。ホコリはゴキブリにとっては貴重なえさとなるので、ほかの条件がそろいきっていなくても, エアコンは稼働時に空気中の水分を取り込みやすく、排水ドレンと呼ばれる設備から水を屋外へ出しています。しかしドレンの排出口が地面に付いているとそこに虫が発生しやすく、ゴキブリなどはそこから侵入するおそれも出てくるのです。, また室外機に関して夏はもちろんのこと、空気中の熱を取り出す冬に関しても比較的暖かい場所であることには変わりありません。, 紙の熱伝導率というのは意外と小さく、重なれば大きな断熱効果を発揮します。そのため比較的分厚い紙で作られ空気層も存在する段ボール、1枚が薄くても数十枚の紙が重なった状態で保管されることの多い新聞紙や雑誌の中というのは暖かく、ゴキブリによっては寒さをしのぐ絶好の場といえます。またゴキブリは脱皮した皮や仲間まで食べてしまう雑食性のため、紙も当然ながらエサになってしまうのです。, とくに倉庫などで段ボールが湿ってしまう環境にある場合は「水分」も供給できるため、ゴキブリには万全の準備が対策となってくるでしょう。, 観葉植物は定期的に肥料や水やりをします。そのためその土は適度に湿っているほか、水受け部分にも多少の水が流れ込むのです。, また肥料もゴキブリにとってはエサのひとつ。ゴキブリにとってその場で完結できる材料がそろっていることはいうまでもありません。, さて、ゴキブリの赤ちゃんを見かけたら放置せず、駆除の対策へと移りましょう。というのは赤ちゃんが出てくることはゴキブリが定着したサインになるからです。, ゴキブリのメスはオスから一度精子を受け取ると、その精子を活用し1週間おきくらいの間を空けて卵を産み続けます。産んだ卵はしばらく持ち歩いた後、適した場所に産み付ける(クロゴキブリ)、ふ化まで持ち歩く(チャバネゴキブリ)というパターンがありますが、共通するのは「卵を産むほど定着しつつある」ということでしょう。, 「卵鞘」(らんしょう)というカプセルに入れられた数十個のゴキブリの卵は、期間が過ぎると次々とふ化していきます。もちろん一部はほかの害虫、はてはゴキブリ自身に食べられることもありますが、無事に育ったゴキブリたちはまた卵を産むことでしょう。, ゴキブリの寿命自体は半年ほどですが、世代交代を繰り返すことで次々とゴキブリの生息数が増えていくのです。そしてしまいには大量発生で手が付けられない状況になってしまうことも少なくありません。, では、実際にゴキブリの赤ちゃんを見つけたときにはどう対処をすればよいのでしょうか。, ゴキブリ駆除というと殺虫スプレーやくん煙剤というイメージが強いですが、ゴキブリ駆除の難しい点は「卵鞘(らんしょう)には殺虫剤がほぼ効かない」という部分です。卵鞘は卵を守るケースになっており、殺虫剤が届きにくいのです。, 卵鞘の弱点は「温度」です。古くから日本でもクロスズメバチなどが食べられてきたように、虫もタンパク質でできています。ゴキブリの卵も例外ではないため、熱を加えればタンパク質が変性し、ふ化できなくなります。その際は卵が50度以上になるように熱湯をかけたいところですが、直接床にかけることは難しくなかなか難しいところ。, またゴキブリをはじめとする昆虫は変温動物のため、5度以下の環境にしばらく置かれると卵がふ化しなくなる、といわれています。, 卵鞘に入った卵は2週間から3か月くらいの期間を置いてふ化し、中からゴキブリの幼虫が出てきます。一方でゴキブリが卵を産めるようになるまでは1か月くらいです。そのため「1回目のくん煙剤駆除でふ化前だったゴキブリが、ふ化して赤ちゃんのうちに」駆除することが駆除のポイントになってきます。, そのためには2週間ほど間をあけて2回目、必要であれば3回目以降のくん煙剤駆除をおこなうことが必要になってくるのです。, チャバネゴキブリは卵が産まれるまで卵鞘を体に抱えたまま動く傾向があります。またふ化前に切り離されるとその後のふ化率も落ちるといわれていることから、ゴキブリ自体の駆除も大切です。さらにゴキブリは共食いすることも多いため、赤ちゃんに毒えさの成分を食べさせやすいともいえるでしょう。, ただしペットを飼っている場合は誤って食べてしまうおそれもあるため、設置場所には気を付けておきましょう。, ゴキブリが大量発生してしまうと駆除は困難になりますが、ゴキブリの赤ちゃんを少し見かける段階ではまだ間に合うことも考えられます。その際は次のような駆除グッズも活用してみましょう。, 代替フロンの代わりになる「HFO-1234ze」という冷媒で噴射箇所をマイナス85度まで下げるため、寒さに弱いゴキブリの卵鞘にも効果が見込めます。さらにはゴキブリに対して麻酔作用を持つといわれる「ジメチルエーテル(DME)」と殺菌効果が確認される「イソプロピルメチルフェノール」によって、確実に仕留め、その場所を除菌することを目的に開発されたスプレーです。, くん煙剤タイプの特徴は部屋の隅々まで殺虫成分をいきわたらせること。なかなか仕留めにくい家具の裏や電化製品の下まで効果が出るため、潜んでいるゴキブリも駆除することが可能でしょう。ただし卵鞘には効果が薄いため、2週間ほど間を置くことが大切です。, 家具の裏や電化製品の下など、赤ちゃんゴキブリも潜んでいるような場所に対して使う殺虫剤です。プッシュタイプなのでスプレーよりも噴射量が少なく、追い出し効果もあるためゴキブリの赤ちゃんが潜んでいる状況もわかります。, 幼虫から大型のゴキブリまで、3段階の高さを設けることで引き寄せしやすくしたタイプのベイト(毒えさ)剤です。また効果は死後も残るほか、卵鞘に入ったチャバネゴキブリでも初期であれば効果があるようです。, なお大量発生してからの駆除は薬剤に耐性を持つゴキブリが生まれるなど、対策に困難が生じます。早い段階でゴキブリ駆除のプロに依頼することもひとつの方法となってくるでしょう。, ゴキブリの赤ちゃんが出始めた状況というのは、大量発生の前段階です。そのまま放置すると家の内外に広がり簡単には駆除できなくなることも考えられるため、早い段階で手を打っておきましょう。, またゴキブリ駆除で厄介なのが卵鞘(らんしょう)という硬い殻を持つこと。殺虫成分も届きにくいため、くん煙剤を2回焚いて生まれてきた赤ちゃんを確実に駆除することが必要になってくるでしょう。また取り除くことも重要なため、駆除に困ったらゴキブリ駆除のプロに頼ることも考えてみてください。, 「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。, 通話料無料 24