あと、題名も最後の最後にわかる。 未読の段階で見聞きしたので、読了後は作者さんの意図と違う感想を持ってしまったことに申し訳なさを感じてしまいますが、私は更紗や文に寄り添う読者ではなく、自分も彼らを取り巻く人々の1人だと痛感させられ、己を振り返らされる 『怖かったから誰にも知られたくななった』 『流浪の月』凪良 ゆう 東京創元社 2020年4月3日6版 【2020年本屋大賞 大賞受賞作】流浪の月 せっかくの善意を、わたしは捨てていく。そんなものでは、わたしはかけらも救われない。あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。 『事実と真実は違う』 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい―。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。, 2007年、長編『花嫁はマリッジブルー』で本格的デビュー。以降、各社でBL作品を精力的に刊行し、デビュー10周年を迎えた17年には初の非BL作品『神さまのビオトープ』を発表、作風を広げた。巧みな人物造形や展開の妙、そして心の動きを描く丁寧な筆致が印象的な実力派である。おもな著作に『未完成』『真夜中クロニクル』『365+1』『美しい彼』『わたしの美しい庭』などがある。, ニュートン式 超図解 最強に面白い! 名前のない関係にからめとられ抉られる。

文と更紗が幸せになってほしいと思う反面、これはフィクションだからそう思えるのであって、現実的に幼女の誘拐っていう断片的でしかないニュースを見た時に、彼らの裏側を想像したり理解できるんだろうかと思う。  グループホ, 『45° ここだけの話』長野 まゆみ 講談社文庫 2019年8月9日第1刷 この事実だけを見て誰もが、これは小児性愛者のわいせつ行為目的による誘拐事件であると、ごく「自然」に了解するのだろう。 (ネタバレ注意)

闘う君の唄を (朝日文庫), 『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日第一刷 だから受け止め方も違うのかなって。 名前のつけられない関係性でも、他の誰にも理解されなくてもいいじゃないかと、声を大にして言いたい。, 結婚というものは、相手によって、本当に大変なことになってしまうと感じました。文の中性的な感じがこの話を素敵なものにしていると思います。, 読み終えて、暫く動けなかった。自分の中の寂しさだとか悔しさだとかいろんな感情を消化するのにとてつもなく時間がかかる。正直消化できない。これを打っている今ももやもやする。私の場合、とりわけ怒りが消化出来ない。読んでる最中、怒りが募りすぎてページをめくる指に力が入って紙がひしゃげてしまったし、何度も本を閉じて歯を噛み締めて怒りを堪えた。たぶん、梨花ちゃんも同じ気持ちなんだろうな…。数日、もしかしたらずっと、引きずりそう。いい作品に出会えた。, 親戚の家で暮らす小学生の更紗と誰にも言えない悩みを抱える大学生の文は互いに居場所がなく、この世を生きづらく感じていた。そんな2人が出逢い、数日間を共に過ごし、安らげる時間が過ぎていったが、世間は2人を放っておかなかった。やがて幼児誘拐で文は捕まり、2人は離れ離れになるが、数十年後また2人の時間が交錯する。 しかし更紗と文は、たとえ人に理解されなくても、誤解されて糾弾されようが2人でいることを選んだ。夫婦でも恋人でも友人でもない名前のつけられない2人だけの関係。人から疎外されたり、悪意を向けられることはとても怖い。でも自分が心地よく生きる選択を諦めてはいけないとこの物語は教えてくれた。 作者である凪良さんが、本作で本屋大賞を受賞されてからメディア露出の機会が多くなり、いくつかのインタビューを拝見・拝聴しました。 しかし、更紗にとってそれは「誘拐」ではなかった―ということがキーポイントになって展開していくお話です。 どんどん一般作も書いて欲しい。 Copyright © Dai Nippon Printing Co., Ltd. 割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。.



「切実に好き」が永く続きますように・・・ 事実と真実は違う。のところ。 という感想になりました。 :

あそこはどかーんと心にきました。 「こうであるべき」

凪良ゆう ... 僕はこの物語を好きだなんて言ってはいけないのかもしれない。 ... 」と感じた。作品全体にある切実さがとても強く心を打つ。読む者を作品の中に引きずり込む力がある作品だと思う … 更紗と文の行く先は明るい未来とはいえないのかもしれない。 幼女誘拐事件。 結局普通なんてものはないんだなって思った。 静かな暮らしが過去に脅かされる日がまた訪れるかもしれない。

秋山善吉工務店 (光文社, 『老老戦記』清水 義範 新潮文庫 2017年9月1日発行 本当に素晴らしいです! 保護者には連絡もなく、少女は行方不明扱い。 歪な人生に 事実と真実 のちがいを絡ませて

わたしはかけらも救われない。 という心情を語る下りが、また読み手である私を猛省させました。 真逆だったりすることがある。 一方の文にも、ペドフィリアと誤解されたまま逮捕される理由があり、彼の 真実はまったく異なるのに、「被害者」が言えば言うほどかわいそうだと思われ、ますます「普通」のひとたちから乖離していく。 三の隣は五号室 (中公文庫, 『秋山善吉工務店』中山 七里 光文社文庫 2019年8月20日初版 凪良さんは、作品の中でネットのマイナス点を指摘することがありますが、今回も、ネットを「デジタルタトゥーという消えない烙印」とうまい表現をしていましたね。 はい 凪良ゆうのwiki風プロフィール・経歴 『流浪の月』 2020年本屋大賞を受賞しました。 刊行からずっと応援してくれた書店員の皆さま、読んでくださった皆さま、東京創元社の皆さま、版元の垣根を応援してくれた各社担当編集の皆さま、ありがとうございました! 更紗と文のような固い絆で結ばれる誰かをみな探し求めて生きているんだと思う。. 本来、あまり本は読まないのですが、今回、ラジオで本屋大賞のことを耳にして、立ち読みから入りました。多少ヘビーな物語で、いろいろ考えさせられるお話でしたが、最後は前向きになれる感じでした。 ノンストップで拝読しました。, どうしようもない理不尽さの前でもがいている人達の物語。常識が偏見を呼び、優しさが自己満足になってしまう。人との接し方、価値観や考え方に対して訴えかけてくる作品。普通の人間関係とはなにか、そして普通の人間関係というのがあるとしてそれが正しいのか。思いやりや優しさという仮面を被った刃物で人の気持ちにずかずか傷をつけるタイプの人間は思いのほか多い。読みながらまさに今このご時世に溢れている善意を思い、怖くてたまらなかった。何が正義かは当事者しか分からない。主人公ふたりの過去と今。ふたりの関係は?過去が付きまとい襲いかかる。「事実と真実はちがう」「わかってくれる人がふたりもいる」清々しいラスト。, ロリコンの大学生と両親を失った少女の、心の交流を描いた、新しい純愛の形だと思う。性的関係を一切持たず、お互いに世の中で唯一信じあえる関係性に、不思議と引き込まれて、一気に読了した。秀逸な作品だと思った。, この関係に名前はなくても、お互いがお互いを必要としてて、一緒にいることで息ができるのなら、それだけでいいんじゃないかと思う。梨花が2人の関係、というか2人の人間性を理解している点が、2人にとって最も救われてる点なんじゃないかと思う。真実を知ってる当事者2人以外の第三者としての梨花という存在は、この物語で大きい部分だから。あー、でもどこにいてもなにをしててもいいから、どうか幸せでいてほしい。心からそう思える話でした。, こんなにも周りに祝福されない人との関係の本を読んだのは初めて。 コメント一覧 (41) 1. ストーリーにははっきり出てきませんでしたが、クラインフェルター症候群だったのかな?, せっかくの善意を、 2020 All Rights Reserved. 本屋さんの店員さん、選んでくれてありがとうございました。, 一気に読んでしまいました。先入観なしで読んでいただきたいので、内容は書きません。この作品を読んで自分の心の在り方を問われる気もします。, 赤の他人の九歳の少女と十九歳の青年が、二人きりで二か月間生活を共にする。 世界にグンと引き込まれて、一気に読んでしまいました。読んで良かったです。是非多くの人に読んで頂きたいです。, 物語の流れが素晴らしい構成になっている作品だと感じました。 BL作家のカテゴリーが窮屈な作家さまなので 老老戦記 (新潮文庫)

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭), 『私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。』(日向奈くらら)_書評という名の読書感想文, 『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』(山寺香)_書評という名の読書感想文. 凪良さんの以前の作品の中で、子供の誘拐で捕まった話が出てきたことがあったので、その話が重なったり、ペドフィリアの話かな?と思って、「ラブセメタリー」が浮かんだりしましたが、それらとは、全くテイストの違う作品で、でも、凄く引き込まれて、涙しながら、読み終えました。 そのことが怖ろしいと思う。 何もかも憂鬱な夜に, 『ネメシスの使者』中山 七里 文春文庫 2020年2月10日第1刷 ただ、更紗が文に言ったセリフの「文は、まだ大人の女の人を愛せないの?」の「まだ」という表現は、少し違和感を感じました。 本当に、そうだろうか?と思うエピソードが散りばめられた、とても心が痛む作品でした。

暗い穴のような目をした彼に出会わせたのは 『神様のビオトープ』もそうだったが、 2020/04/13 「痛みの伴う作品」 でも、もう二人はどこへでも行けるのだ。 更紗と文の関係を見て、過去にあった実際の事件を連想した人が、私以外にもいたのではないかと思います。 人が見えている事実と見えない内側にある真実、ここを考えるのは哲学チックかもしれない。でも、本当にそう思う、相手には私という存在がこう見えていても私にとっての私は 物事をうわべだけでみたり判断したりしないよう、日々精進しようと、心あらためられる作品でした。 「こうに決まっている」 ネメシスの使者 (文春文, 『ロスジェネの逆襲』 池井戸 潤  ダイヤモンド社 2012年6月28日第一刷 @1,500, 『三の隣は五号室』長嶋 有 中公文庫 2019年12月25日初版 二人の関係は、陳腐な言葉で表現すると、同志なのかな? 「スメルズラアクアグリーンスピリット」みたいな感じ?違うかな?

【本屋大賞(2020年)】愛ではない。けれどそばにいたい−。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新し... まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。, ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。, 【本屋大賞(2020年)】愛ではない。けれどそばにいたい−。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描いた長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】2020年本屋大賞第41回(2020年)吉川英治文学新人賞候補作せっかくの善意をわたしは捨てていく。そんなものでは、わたしはかけらも救われない。愛ではない。けれどそばにいたい。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人間を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。【商品解説】, 9歳のときに誘拐事件の被害者とされた少女「更紗(さらさ)」と、彼女を誘拐した罪で逮捕された、その当時19歳の大学生だった青年、「文(ふみ)」の、過去と現在の物語。 更紗や文にどこか共感を抱く部分もあるくせに、自分が第三者になった途端、 それはそれぞれの価値観からくるものなのかなと思う。 凪良 ゆう『【2020年本屋大賞 大賞受賞作】流浪の月』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。【2020年本屋大賞ノミネート作品】 あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。 45° ここだ, 『テミスの剣』中山 七里 文春文庫 2017年3月10日第1刷 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 下らないルールを善意と共に押し付けてくる世間から「わたし」と「居場所」を奪還した女性の物語, 作者である凪良ゆうに関して言えば以前講談社タイガから刊行された「神さまのビオトープ」で描かれた「愛の形」に胸倉を掴まれる様なショックを受けたのだけど、今思えばあれは「愛の形」というより「関係の形」と称するべきだったのかなと思ったりもする。そしてその確信を深めたのがこの一冊。, 登場人物の心情は丁寧に描かれ、感情にも訴えかけられますが、どこか少女漫画を読んでるような印象は捨てきれませんでした。終わりかたもトゥルーロマンスを意識したんでしょうか?もっと読みたい、という気持ちにはなりましたが短編の少女漫画と思えば納得です。これが本屋大賞にノミネートされるんですね、今って。文章は読みやすいですが、物足りない感もありました。, 著者の力量に唖然としてます。読んだ後の読了感は本当に凄いです、こんなに余韻が抜けなかった作品は他に無いです。今まで読んできた小説の中で間違いなく五本の指に入ります…。次回作が本当に楽しみです。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 文と更紗の出会いから穏やかに流れてい2人で過ごす日常、そして文の逮捕までの前半で、当時実際に会った事件を報道で見たときの不快感を思い出しました。 Amazonで凪良 ゆうの【2020年本屋大賞 大賞受賞作】流浪の月。アマゾンならポイント還元本が多数。凪良 ゆう作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また【2020年本屋大賞 大賞受賞作】流浪の月もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 ただ言えるのは、いろんな愛の形があって 流浪の月/凪良 ゆう(小説・文学) - 【本屋大賞(2020年)】愛ではない。けれどそばにいたい−。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻...紙の本の購入はhontoで。 事件の真相は当事者しか知り得ない。 更紗の周囲にいる人たちが、そろって文を庇う彼女の心情を「ストックホルム症候群」で片付けようとする強引さを見たとき、一番それを感じました。 それは第三者が評価できるものではないってこと。でも、その評価が当事者の邪魔となるんだろうな。

自分の傲慢さに気付かされる良作です。, このレビューは役に立ちましたか? この物語を読み、人は自分の見たいものしか見ないし、物事を自分の都合の良いように解釈して生きているということが強く伝わってきた。少しでも人と違うとなれば、あっという間に憐れみの対象になるか、排除されてしまうような世界が今現実にあるのだと突きつけられた。 わたしは捨てていく どんなに言い募っても、ひとは自分の信じたいものしか信じようとはしない。 いいえ, 言葉にできない想いを、文字にして伝えようとした物語。切ないような、哀しいような、そして結末は、心を優しく包む。人は、一人の方がずっと楽に生きられる。それでも、やっぱりひとりは怖い。恋でも愛でも性愛でもなく、二人でいると心安らぐ主人公たちの生き方は、自分の住む街にもあるかもしれないなあ。新しいかもしれないこんな人間関係を、言葉を尽くして書いた素晴らしい小説でした。, 作風の陰陽で黒白とするなら『流浪の月』は黒凪良。 名無しのドライバー 2020年11月10日 10:11; バッテリー交換なんて車いじりの最初の一歩みたいなもんでは JavaScriptが無効の場合は一部ご利用いただけない機能がございますので、有効にすることをお勧めいたします。, 【電子書籍ストア】小学館 「ぴっかぴか小デジ!感謝祭」対象商品に使える30%OFFクーポン, 【電子書籍ストア】<先着2,000名>コミック全商品に使える1000円OFFクーポン, 【電子書籍ストア】<実用 ・ビジネス書など150商品以上! 全て111円均一!>西東社 11月サプライズセール!, 性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。, 商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。, hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。, 一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。. `忘れられなくて悲しいから`甘いお菓子が必要な彼女。 そんなものでは、 ), 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 この本の作品名は『流浪に月』しかないと思った。, 途中で、ページをめくる手が止まらなくなり、朝5時までかかって、一気読みしてしてしまいました。

その先の道に消え. また、「ひとりのほうがずっと楽に生きられる。それでも、やっぱりひとりは怖い。神さまはどうしてわたしたちをこんなふうに作ったんだろう。」という一文がとても共感し、印象に残った。

自分の聞き齧った情報だけで「ジャッジ」してしまいがちな昨今、是非1人でも多くの人に読んで欲しいと思う作品です。

犯罪の被害者と加害者なら、傷つけた者と傷つけられた者という関係のはず。 !次元 (ニュートン式超図解 最強に面白い!! 素人の本好きおっさんによる、書評という名の読書感想文ブログ 誤字・脱字・乱文・あらすじネタバレ御免, 公開日: 流浪の月.