しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。 (イ) 器体の外部に炎又は溶融した絶縁性充てん物が出ないこと。

私の解釈が合っているかまだ不安ですが、 【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。 ・・・であるとして、回答します。

有効電力がPowerから、P となった後 K(ケルビン)は絶対摂氏ですね。

惑をおかけし、誠に申し訳ございません。, メンテナンス期間: 2020/11/15 10:00 ~ 11/16 8:00, 上記メンテナンス時間が過ぎてもこの画面が表示される場合にはキーボードの[Ctrl]+[F5]、もしくは[Ctrlキー]を押しながら、ブラウザの[更新]ボタンをクリックしてください。. e試験方法は、jis k6911に準ずる。e記載の数値は代表値であり、保証値ではありません。 (注1)「推奨使用温度」とは、ある程度長期間使用しても急激な品質の低下がない温度を示します。(次頁「断熱板特性グラフ」参照) ・・・このように置き換えることができる話ではないのでしょうか?

試験片にかかる引っ張り力は、 @中性点にアースを接続しては絶対ダメです。もし接続すれば電源線から負荷を通じて中性線に流れる電流(負荷電流)がアースを接続したところから分流して漏電電流になります。当然漏電ブレーカーはトリップします。, AC100V電源のL, N, Eの特性について、以下質問いたします。

ということでしょうか?, 温度の単位で K(ケルビン)がありますが、摂氏℃との相関を教えてください。 水の温度上昇はどれか。ただし、比熱を4.2Jg-1K-1とする。 ... MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習が … です。 いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。 素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。 (b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。 するとここでのケルビンは >温度上昇した結果、摂氏110度(=384K)になった  と読む可能性があります。

どなたか教えてください。よろしくお願いします。, もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。 定格の消費電力、突入電流等から導くのだと思いますが

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。 [摂氏]=([華氏]-32)×5÷9



教えてください。  = 40kg×9.8m/s^2

XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが 既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。 しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など) これで理解できました。本当に有難うございます。 >度というのが摂氏だとすると、うっかり者が、 漏電で流れてしまう場合は、電流が微量であったり、漏電遮断器がすぐに作動するするため、危険は回避されます。 許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。 また・・・ 【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。 ありがとうございました。, g4330さん、有難うございます。 (3)そもそも、Eが接地されているのに、Nも接地されているのはなぜでしょうか? (a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。 1kgf = 9.8N 70[K]-273.15=-203.15[℃]になると思います。

1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。, カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。 (ロ) おもちや用変圧器にあつては、熱電温度計法により測定した外郭の温度上昇は、70K以下であること。 皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。 なんか、日本語が変ですね。 しかしそうなるとますます、「なぜわざわざ℃と言わずにKというのか?」 (ロ) おもちや用変圧器にあつては、熱電温度計法により測定した外郭の温度上昇は、-203.15℃以下であること。 したがって、EをNの代わりに使うことはできません。



具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。 電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。

0℃=273.15K 【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。 定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。 例えば

私のようなうっかり者がこのように勘違いをしてしまうんですね…。 40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。 摂氏と華氏はスケールが違います。 >>>一応断面積は40mm^2です。 400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2

逆に華氏から摂氏を求めるには しつこいようですが最後に・・・、もし 恥ずかしくて誰にも聞けないんです。, 一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。 電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 3.盤内空気温度上昇の計算方法 盤内空気温度上昇において、日射による盤内空気への侵入熱量を計算するため、以下に示す 相当外気温度上昇※1に基づく計算を行う。 ここでは屋外盤に熱交換器、クーラがない場合の盤内空気温度上昇の計算を示す。 機器-アースー地面-N側という経路に電気が流れてしまいます。 [絶対華氏]=[華氏]+459.67 このK(ケルビン)はどういった意味でしょうか? ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。

>※「度」の場合、華氏とは解釈しない、という意味程度と考えてください。

ヒューズは、流れる電流と、ヒューズ自身の抵抗とにより発生するジュール熱で温度が上がり、ヒューズ材料の溶融点に達したときに溶断します。 少量の特別仕様品で一発物は、大きめに、エイヤッと決めます。(冗談), 単純な計算には乗らないので、考え方をお話します。長くなります。 短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。 (ニ) 熱電温度計法により測定した試験品の底部に面する木台の表面の温度上昇は、120K以下であること。 違うのですか? 速断でないガラス管ヒューズでは、たぶん定格の2倍で1分だったと記憶しています。 いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。

(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。

頭の中のもやもやがすっきりしました。決めてはないんですね。。。 表-1 コンクリート表面の温度上昇の抑制を意図し試作したパネル 圧縮強度 (N/mm2) S 川砂 (F.M.2.71 密度 2.60g/cm 3) セメント:砂 1:2.2 水セメント比 50% 2.20 40 K10 川砂利 (15~5mm F.M.6.20 密度 2.60g/cm 3) 高性減水剤使用

絶対温度 0(K)=-273.15(℃)、と物理の教科書で調べました。 定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。 まさしく この解釈が合っているとしたら、なぜわざわざ「K」で記載されているのでしょうか?他の文では大体「℃」が多く見られます。 【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。 絶対温度 T=-273.15+t とあります。 一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。 (b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。 ということですか? 温度 注 (1) 使用状態や適用絶縁材料を踏まえて、温度上昇限度を、以下の値に指定してもよい。 巻線の温度上昇限度(on,of):65k,(od):70k,油の温度上昇限度60k (2) 油表面近くで温度を測定する。 (3) 開放形コンサベータ付の場合を含む。 別表第六 小型単相変圧器、電圧調整期および放電灯用安定器、(6)絶縁性能、ロ 基準 Part 9 : Cable-clamping tests, explosion hazard tests, chemical resistance tests, fire hazard tests, r. f. resistance tests, capacitance tests, shielding and filtering tests and magnetic interference tests, (1987) Radio-frequency connectors. >>> 計算方法がありましたら教えてください。, 単純な計算には乗らないので、考え方をお話します。長くなります。 単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして

華氏から絶対華氏を求めるには

1℃=274.15K 摂氏から華氏を求めるには ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。 @どちらも大地に接地極を埋設しているのですが目的は全く違います。変圧器内で高圧と低圧が混食すれば電灯やコンセントの100V回路に6,600Vの高電圧が印加されて大変危険です。B種アース(トランスの中性点のアース)があれば高圧側(変電所等)でその電流を感知して地絡継電器が動作し高電圧を遮断できます。 【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。 このように説明を受けたことがあるのですが、上記の式ですと、「K=℃」。そんな訳ないですよね? (ロ)を挙げるとしたら、「70K以下であること」これは温度の差の話であることはわかりました。 (a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。 (a) 動力専用バ...続きを読む, ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?

「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 (a) 電熱器・電気炉、溶接機など。

(b) 高圧または特別高圧。 >>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか? 単位 h. 250 500 1 000 2 000 (6) 両方接地されていないと、感電防止?にならないのでしょうか?, (1)L側は、100Vの電圧が加わっており、N側は0Vです。もし、N側にヒューズを入れ、このヒューズが切れてしまっても、L側は100Vとつながったままですので、事故が起きているのに危険な状態のままになっています。L側にヒューズを入れておけば、過電流などにより事故が起きてもN側は、0Vなので危険はありません。 1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、 上記の換算は「値」の話で、℃とKの1と言う数字の目盛り(?)容量(?)は同じなので、単位表示は違えど、「差」は同じ数字で表すことができるということですね!?

ご参考にして頂ければ幸いです。 さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。 (a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。 ・・・であるとして、回答します。 すると、文章は ご理解頂けましたでしょうか。, ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。 電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。 電安法を書いた人が、差の話の時はKにしといて、見分けをつくようにしたかったからでしょうか?, 御回答ありがとうございます。

pcv温度の推移(温度変化) ※予測温度は試験開始時の実績温度を基準として記載 燃料デブリ存在割合 r1:rpv10% pcv90% r3:rpv30% pcv70% r5:rpv50% pcv50% r7:rpv70% pcv30% pcvの温度上昇は最大で0.7℃(試験期間中) 注水停止中は最大で0.6℃上昇 (te-1625t7) そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。 hp, 電気機器のヒューズの容量を決めるにはどういうふうにしたらよいのでしょうか。 >※※ということで、法律上は、ケルビンと摂氏の決め手は何もナシ。 しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など) 一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。 (b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

ですね。  XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。 同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。

「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 スケールが同じというのは、変換する際に加減算しか行いません。 相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として ・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z