漫画名言bot Manngameigenn Twitter. ブログを報告する, ブッダとはどんな人だったのか?時、場所、民族などから見えてくる姿。(ブッダ入門・中村元), 人生において仕事とは何なのか改めて考えさせられた(あやうく一生懸命生きるところだった). https://www.instagram.com/yoshisense, ysenseさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 【副業で稼ぐための3ステップ!(願望実現3Step!)】 そんなあなたを応援するために立ち上げました。 今回は、そんな『ブッダ』に迫ってみましょう。, インドとの国境近くのカピラヴァストウに、シッダルタと名づけられた赤子が生まれました。その子が生まれる以前から吉兆があり、ただ者ではないことは父王スッドーダナにもわかっていたのです。, 母マーヤはシッダルタを産んで間もなく亡くなってしまいましたが、養母パジャーパティに育てられ、シッダルタは聡明な青年に成長します。そんななかで、彼は当時の身分制度(カースト)に疑問を持つようになっていくのです。, 同じ人間なのに、なぜ認められることと、認められないことがあるのか。また、なぜ人は苦しむのか、なぜ死ぬのか……そのような疑問を常に抱きながら成長し、29歳で彼は出家します。, 本作は、シッダルタがブッダとなり、教えを説く旅の果てに、沙羅双樹の下で入滅(死没)するまでを描いています。, しかしストーリーは、ただ仏教の祖としてのブッダの生涯を辿るだけではありません。「人はどのように生きるべきか」という仏教のテーマをさらに大きく広げ、作者・手塚治虫の哲学と融合したかたちで語られていくのです。, ストーリーの中心にはブッダだけでなく、多くの人が登場し、なかには実際の歴史上には存在しない人物もいます。そういった人物たちの人生をそれぞれに克明に描き、それらが収束して、ブッダの最期へと繋がっていくのです。, 読者がブッダの生涯をとおして、人の存在について、生命の尊さについて、思索を得られる一大叙事詩となっています。, 『ブッダ』には、後にブッダとなるシッダルタ以外にも、重要な人物が何人も登場します。ここでは、ストーリーの中心となる人物たちについてご紹介しましょう。, 主人公。カピラヴァストウのクシャトリヤ(王族)の子として生まれながら出家して僧となり、それまで存在した僧侶(バラモン)とは異なる思想で修行。悟りを得て「ブッダ(目覚めた人)」と呼ばれるようになります。, 「王となるべき人」「神となるべき人」などと周囲からは神聖視されますが、彼自身はいつも悩み、苦しんでいる1人の人間に過ぎませんでした。本作には、その姿が描かれています。, 身分制度の最下層であるスードラ(奴隷)よりも、さらに下の身分とされるバリア(不可触民)の子。架空の人物です。, 幼い頃、コーサラ国の兵士によって家族を村ごと焼かれ、親友であるスードラの子チャプラの母を、もう1人の母と慕っていました。しかし彼女もまた、コーサラ国によって生命を奪われたことから、コーサラ国をひどく憎んでいます。, 成長後、カピラヴァストウにいるシッダルタを城の外に連れ出して、外の世界を見せて回り、そのことがシッダルタの世界観に大きな影響を与えました。, その後、盗賊となりますが、シッダルタとの再会により足を洗い、ダイバダッタの口添えでマガタ国の兵士となります。マガタ国はコーサラ国と敵対する国です。, 幼い頃は、自分と自然とを一体であると認識することで、他の動物に自分の精神を乗り移らせるという特殊な能力を持っていましたが、成長後はそれも失ってしまいました。ストーリー最序盤のシッダルタが生まれる前から登場し、最終盤までシッダルタの生涯に要所要所で関わり続けます。, 架空の人物。スードラ(奴隷)で、身分制度のためにひどく苦しみます。あるきっかけから、タッタとは親友です。石を投げる能力と剣技に優れ、そのことからコーサラ国のブダイ将軍の養子となります。, 将軍の子として軍に加わり、勇士の称号を得るまでになりますが、スードラであることがバレて国外追放されました。生き別れとなっていた母がコーサラ国で処刑されることになり、ともに死ぬことを望み、最期は処刑されてします。, アシタ聖者の弟子の、バラモン(僧侶)。アシタ聖者の命で「神になるべき人」を探す旅に出て、途上でタッタとチャプラ、チャプラの母と出会いました。, コーサラの勇士となった後に瀕死の重傷を負ったチャプラを助けるため、罪なき動物たちの生命をいくつも奪ったとして、アシタ聖者によって畜生道に落とされてしまいます。, 以降、獣として人の世から隔絶して生き、その間に幼い日のダイバダッタらと出会い、生命と自然との調和を説きます。40年の後、ようやくブッダとめぐり会い、役割をまっとう。アシタ聖者に導かれて凄絶な生涯を終えます。, 作中では老人の姿で擬人化され、シッダルタを悟りに導きます。悟りを開いた彼に「ブッダ」と名乗るように告げ、額には聖なる印(白毫)をつけました。その後も入滅の瞬間まで、彼を見守ります。, シッダルタが修業時代に出会った少年。常に鼻水を垂らしていて、両親から厄介払いのかたちで、シッダルタとデーパの旅について行くことになります。道中で高熱をともなう病に罹り、それを境に未来を予知する能力を持つようになるのです。, 予知の力で、マガダ国のビンビサーラ王が息子に殺害されることや、自分自身の死期、死因を予言。その死にざまでブッダに思索を与えます。, 仏教の経典に名がある人物ですが、キャラクターとしては創作に近いと、作者の手塚治虫自身が発言しています。, 盗賊団の首領で、タッタの妻。当初はシッダルタと両想いでしたが、そのためにスッドーダナ王により捕らえられ、目を焼かれてしまいます。その後、病で全身がただれ重篤な状態に陥ったり、毒を飲まされて口が聞けなくなったりと散々なめに遭いますが、いずれのときもブッダの手によって救われました。, 幼い頃に、年が近い子供を殺害したためカピラヴァストウを追放され、獣として生きるナラダッタとともに過ごし、「弱肉強食」の思想を覚えます。その後マガダ国に流れつき、偶然出会ったタッタに助言をしてビンビサーラ王に仕官させ、自らはアジャセ王子に取り入りました。, タッタを利用して王座まで狙い、その果てにミゲーラに毒を飲ませることまでしますが、ブッダがミゲーラを救うさまを見てブッダに弟子入りしました。, 彼のために教団をつくり、世界中に教えを広めようと決意しますが、そこでも自分が1番でありたいという気持ちが強く、後継者として選ばれなかったことからブッダを憎み、殺害しようと企むようになります。, 前の項で、登場人物の紹介をご覧になってすでにおわかりのことと思いますが、架空の人物がたくさん登場して、ストーリーの幹の部分に関わっています。これは『ブッダ』という作品が、歴史上のできごとや仏教の経典を、そのまま漫画化しただけのものではないことを物語っているのです。, 本作は、史実をなぞるだけではなくフィクションもたくさん詰め込んで、激動の歴史をよりドラマティックに演出し、かたちづくられた作品です。作者・手塚治虫が、それまで描いてきた作品をとおして身につけた漫画の技巧を尽くした、エンタテインメントとしてのストーリーが語られているのです。, 将来「ブッダ(目覚めた人)」と呼ばれることになるシッダルタ誕生のもっと以前から本作は語られはじめ、タッタやアッサジ、ナラダッタなどの架空の人物たちの壮絶な人生に触れて、主人公たるシッダルタが考え、悩み、苦しんだ末に、やがて「ブッダ」呼ばれるようになります。, さらに、それ以降もタッタや弟子デーパなどの多くの架空の人物と、ストーリー終盤まで関わりを持ち続けるのです。, そのようにフィクションを多く盛り込む一方、カピラヴァストウ近くのルンビニーでシッダルタが生まれ、ピッパラの樹の下で悟りを開きブッダとなり、祇園精舎で教えを説き、沙羅双樹の下で入滅するといった仏教の経典や歴史書に書かれた有名なエピソードや、父王スッドーダナやマガダ国のビンビサーラ王との交流など、実在の人物の活躍もしっかりと描かれています。, 虚実混交して起伏が大きく、読みごたえがある作品となった『ブッダ』。当初は『火の鳥』の一編として構想されていたといいますが、『火の鳥』同様に、生命とは何か、生きるとはどういうことなのかといったテーマに深く言及する、手塚哲学が通奏される交響楽のような作品となっているのです。, 「歴史漫画」というジャンルに括られる作品はすでに存在して、史実を描くなかにブッダが登場するものは他にもあります。しかし、漫画というジャンルのなかで「人間としての」ブッダ像を描こうという作品は、本作が初めてだったのではないでしょうか。, 仏でも聖者でもなく、自ら考え、悩み、苦しみ、それをくり返す1人の人としてのブッダが、本作では仔細に描かれています。カピラヴァストウの王子として生まれた彼は、幼い頃からたくさん疑問を持つ子供でした。, 身分制度があって当たり前の時代に「同じ人間なのになぜ違った扱いを受けるのか」と大人たちに訊ね、「人はどうして生まれて死ぬのか」、「なぜ生きものは殺し殺されるのか」、「死んだ後はどうなるのか」と考え続けます。, その疑問を追うように出家し修行を積みますが、「ブッダ」となった後も、悩み苦しみ続けるのです。, ストーリーも最終盤の「シャカ族の滅亡」では、タッタを戦争で失ったブッダは「私がいままで何十年も人に説いてきたことは、なんの役にも立たなかったのですか! 「名言集|心を揺さぶる最高の言葉」へようこそ。言葉の力を信じている全ての人々へ、心を揺さぶる最高の名言を紹介します。このサイトは、人生を大きく変える力を持っている言葉の宝庫です。別格の名言を世に残してくれた偉人たちの未来に遺したい名言集をどうぞ。 You are here. ブッダ アニメ 漫画 のネタバレ解説まとめ 5 21 Renote リノート. 2020年7月14日 Takayuki.

「半年前から鬱を患い、今は抗うつ薬を飲みながら自宅療養中です。泣きたいです。こんなとき鬱に効く名言を教えてください。」, しんえもんです。僕も以前鬱にかかり会社を休職し、自宅療養をしていた時期があります。, 今回の記事では、僕が鬱の時に聞いてグッときた鬱に効く名言をまとめて紹介したいと思います。, 紹介する名言は僕の独断と偏見で選んだものですが、何か1つでもあなたの心の琴線に触れ、鬱の改善のお役に立てれば良いなと思っています。それでは、さっそく見ていきましょう。, ちょっと長い記事になりますので、時間があれば全ての名言に目を通して欲しいところですが、自分が気になる鬱に効く名言だけ見ても全然 OK です。それでは見ていきますね。, 斎藤一人さんは、ダイエット食品「スリ­ムドカン」などのヒット商品で知られる「銀座まるかん」創設者で、12年連続、長者番付10位以内に入り2003年には累計納税額で日本一になったこともあるスゴイ人。, 鬱になると考えがガチガチに固まってしまいます。斎藤一人さんが言うように、不完璧主義で気楽に生きていればいずれ日が差してきます。その日を信じて楽しく生きたいものですね。, デール・カーネギーはアメリカの作家で、自身の著書でも語っているように若いころ貧しい生活をしていました。ある時そんな惨めな生活が嫌になり、自分の望む人生を送ることを決意。そして教師の職につきます。人に教える過程で「他者に対する自己の行動を変えることにより、他者の行動を変えることができる」と言うことに気づいたのがキッカケで名著, 相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない, 自分の欠点ばかり気になり出したら、そんな劣等感を直してくれる人間はこの世に一人しかいない。つまり、あなた自身だ, 最悪の事柄を受け入れてしまえば、もはや失うものはなくなる。裏を返して言えば、どう転んでも儲けものなのだ!, もし自分の心をとらえて離さない考えがあれば、やかましい世間の合唱には耳を貸すな「内なる声」が告げることにだけ、耳を傾けることだ, あくまで僕個人の感想ですが、デール・カーネギーの名言が鬱の改善には最も効果があるように思います。ちなみにデール・カーネギーは1888年生まれ。100年以上も前の人なんですね。100年以上経っても彼の著書が読まれつづける理由は、人間の変わらない根底、不変の心理を正確に説いているからなのかも知れませんね。, アドラー心理学の関連書籍はたくさん出ていて、漫画風の読みやすいものもあるので、興味がある人は読みやすい漫画風のものを選んでみると良いかもです。, アドラーの教えは、過去や未来に思いを馳せ不安になるのではなく、いまだけを見つめ楽観的にいま自分が出来ることをすること。そして大抵の人の悩みは対人関係であり、人から受け取るものを自分の考え方次第で良い物にも悪い物にもできると言っています。アドラー心理学。良い勉強になります。, 一休さんは、室町時代の臨済宗りんさいしゅうの僧侶で本名は一休宗純いっきゅうそうじゅん。, ちなみに、一休さんの相棒と言えば寺社奉行じしゃぶぎょうの蜷川新右衛門にながわしんえもんですが、僕の本名と似ているので、しんえもんと言う名前はここからとって使わせてもらっています。, 実物の一休さんは、賢くて品行方正なアニメの一休さんのイメージとは、かけ離れた人物だったようです。でも、その不埒ふらちで世俗的な人間臭さから発せられる言葉には、身近だけど大切な教えが含まれているような気がします。僕が個人的に好きな一休さんの言葉は「人は死にて団子になる」です。室町時代あたりは土葬が主流でしたから、人は死んだら肥しに、そして肥しの栄養で、もち米が育ち団子に作り変えられます。この言葉は、輪廻転生と、巡り巡っていろいろな縁がこの世をつくっているのだということを教えてくれています。, 僕は仏教を本格的に学んだことはありませんが、手塚治虫氏のマンガ「ブッダ」を読破しました。, 現在語られている世界の偉人たちの名言も、基をたどればブッダに行きつくような気がします。, マンガ「ブッダ」の知識しか僕にはありませんが、ブッダの教えは自分を内と外に分けて考えた時に、全ての問題は外には無く自分の内側にある。この世の全てのとらえ方は自分次第と教えてくれているのかなぁと思います。悟りを開き2500年以上経ったいまでも多くの人々に影響を与えているブッダ、その教えを深く学んでみるのも良いかもしれませんね。, 僕は、仙台市生まれの40代男性で・・・詳しくはプロフィールを読んでください(笑)。偉人達の名言はどれもグッと来るものばかりでしたね。僕も偉人たちの言葉に, 言葉には「本当にスゴいパワーが宿っているな (◎_◎;)」とあらためて感じさせられました。僕は超が着くほどの凡人ですが、最後に鬱のあなたに向けた凡人なりの名言を語ってみたいと思います。そんな、凡人しんえもんの鬱に効く名言をどうぞ, 凡人ながら最後名言(迷言?)っぽく語ってみました(笑)僕の名言は置いておくとして、今回の名言集で何か1つでもあなたの心にパッと明かりを灯せるものがあれば幸いです。, について見てきました。冒頭でも言いましたが、言葉には言霊と言うパワーがあります。あなたが, あなたの身に現実となって現れるからです。今日からでかまいませんので、できるだけポジティブな言葉に触れるようにしましょう。そうすることで、少しづつですがあなたの身に幸せなことが増えてくるようになりますよ。, ◆僕の経験に基づいた