NTV「人生が変わる1分間の深イイ話」2020年2月17日 nhk「バラエティー生活笑百科」2020年2月8日・2月1日、1月25日、2019年9月28日 cx「痛快tv スカッとジャパン」 2020年2月3日 ntv「世界一受けたい授業」 2020年1月18日、2018年9月21日、2013年5月11日 ytv「特盛!よしもと今田・八光のおしゃべりジャングル」 2020年1月18日 - M-1グランプリ, 西川ヘレン - 西川忠志 - 西川弘志 - 西川かの子 - 横山やすし - 木村政雄 - 西川のりお - 萩本欽一 - 横山ノック - 上岡龍太郎 - 島田紳助 - うつみ宮土理 - 大平サブロー - 山田邦子 - 中曽根康弘, 上沼恵美子のおしゃべりクッキング - 上沼・高田のクギズケ!  これらの携帯サイトについては、当社とは全く関係がありませんことを各位にお知らせいたしますとともに、これらの悪質な無断使用行為については、弁護士を通じて適正な措置を執るよう努めて参ります。なにとぞ当社業務に今後ともご高配いただきますようよろしくお願い申し上げます。

!vol.2 〜クリスマススペシャル〜」(2010年12月23日、ヨシモト∞ホール大阪), 「つぼみ博覧会! - 西川きよしのご縁です! CX「今夜はナゾトレ」 2019年11月26日 EX「ミラクル9」不定期出演 !〜」(2011年8月14日、ヨシモト∞ホール大阪), 「よしもとガールズウォーカーVol.3 〜つぼみのお笑い徹底紹介! CX「Live News it!」皇室特番『新時代へのバトンタッチ』 2019年5月3日 TBS「NEWS23」拡大SP『平成最後の日 未来の日本は…』 2019年4月30日 芸人テンコ盛り祭りin京橋花月」(2011年6月22日、京橋花月), 「久馬歩編集 月刊コント 6月号」(2011年6月27日、品川よしもとプリンスシアター), 「爆笑! NHK「バラエティー生活笑百科」2020年2月8日・2月1日、1月25日、2019年9月28日 2020年3月4日、1月22日、1月15日、2019年12月11日、11月20日、10月30日、8月7日、7月10日、5月29日、3月13日、2018年10月17日

『バラエティー生活笑百科』(バラエティーせいかつしょうひゃっか)は、1985年4月6日からNHK総合テレビジョンで放送されているNHK大阪放送局制作の法律番組である。, 1985年4月6日に放送開始[1][2]。それまでも弁護士が解説する人気番組は存在したが(『テレビ三面記事 ウィークエンダー』等)、庶民の日常生活の身近な法的トラブルを扱う番組構成としては、のちの『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)の先駆である。, 内容は、法律相談所という設定のセットで、法律に関わる生活上の揉め事への質問をコント仕立てで漫才師等が紹介し、レギュラー出演者の相談員が答え、最後に弁護士が解説を加えるというものである。, 収録は原則として隔週月曜日に収録・2本撮りで大阪局のスタジオで行われている(観覧方法については大阪局の公式サイトに記載されている)。かつては、NHK大阪ホールや年に数回程度、地方のホールでの公開録画も行われていた。観覧客は近畿圏在住の高齢層が多く、出演ゲストも演歌歌手や落語家といった人物が多い。また、講談師や音楽家がゲスト出演する場合は、パフォーマンスを披露するコーナーが設けられることがある。なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため2020年3月28日放送分以降は無観客での収録放送を実施している。(2020年5月9日から6月27日放送分まではリモートでの完全放送となった), 元々、この時間帯は昭和40年代より大阪局制作の演芸番組が放送されていた時間枠である。また、番組のVTR送出は字幕放送を行う関係から東京・渋谷の放送センターからの送出となっている[注釈 1]。また大阪局制作でなおかつ全国放送番組であるため、NHKオンデマンドでも見逃し番組サービスとして開始当初から配信されていたが、2012年4月から配信が中止されたが、2020年3月7日放送分からNHKプラスで同時ネット配信・見逃し配信が行われている[3]。, 2010年4月10日放送分より地上アナログ放送とNHKワールド・プレミアムでは16:9レターボックス映像に移行した。またこの回から仁鶴・相談員(ゲスト含む)・顧問の席に置かれていたネームプレートが廃止され、出演者の紹介をテロップで行うようになった。さらに同年4月3日放送分までは、漫才に入る前に仁鶴が「まず最初の相談は」(1組目)「続いての相談は」(2組目)と言って漫才の題目・出演者を紹介していたが、この回からは前述の仁鶴の台詞の後、観客席の後方にいるアシスタントが題目と出演者のイラストが描かれたボードを持ちながら紹介する形式に変わっている[注釈 2]。, 仁鶴が高齢になってきた事に伴い、番組開始当初の漫才終了後に法律相談の要点を仁鶴が解説する形も2012年4月7日放送分より予め別撮りしたイラストで要点を表した物をナレーターが解説する形に、立って行う進行も2014年4月5日放送分よりゲストと一体の机越しに座って行う形に変更。さらに2016年4月9日放送分からはかつてレギュラー相談員だった桂南光が「室長補佐」として15年ぶりに番組に復帰し[4]、仁鶴に代わって相談意見の取りまとめをすることとなった。同時にオープニングでの相談員・ゲスト紹介も廃止となり、ゲストはオープニングで自己紹介する形となった。また、アシスタントも廃止され仁鶴が再び漫才の題目・出演者を紹介する形式に変更された。, 2017年5月に放送開始以来32年間欠かさず出演していた仁鶴が初めて休演し[5]、7月に一時的に復帰したものの、8月から病気療養のために再度休演の状態が続いている。そのため、南光が仁鶴に代わって進行役を務めることも多くなった。, 2018年3月1日、新年度となる同年4月7日放送分より南光が「相談室CEO」に"昇格"することが、NHK大阪局から発表された[6]。なお、ここで言う「CEO」とは「ちょっとええ感じのおっさん」の意味であり[7]「最高経営責任者」の意味ではない[8]。なお、NHKサイドによると、上述の通り南光の代理が多いことから、番組の顔に相応しい新しい肩書として考えたという[7]。プロデューサーの菅原健一曰く「CEOは昇格としていただいて結構です」[6] としつつも「昇進後の番組で説明し、笑っていただきたい」と話している[8]。これと同時に、それまで不定期出演していた桜 稲垣早希が相談室秘書名義でレギュラー出演するようになった。, 2008年4月からしばらくの間、原則として毎月最終週に放送していたコーナー。以前、番組開始当初に行っていたことがある(後述)視聴者からの投稿(ホームページ・FAX)により構成されるコーナーであった。このコーナーが放送されるときは、通常の相談は1組のみとなっていた。, 2件の別途収録された漫才を流した後に、通常の相談とは違って顧問が直接解説を行い、その後に相談員が顧問に対して疑問点を質問する構成となっていた。, ※NHKワールド・プレミアムでは同じ時間帯に放送されている他曜日の番組(「生中継ふるさと一番」(2011年度からは「ひるブラ」)「金曜バラエティー」「NHKのど自慢」)ではノンスクランブル放送を行っているものの、本番組ではこれまでノンスクランブル放送の対象外となっていたが、2011年4月16日放送分からは本番組もノンスクランブルで視聴可能となった。これにより、NHKワールド・プレミアムのJST12時台は元からノンスクランブル放送の対象外である「連続テレビ小説」、スポーツ中継、その他一部の特集番組を除いて毎日「正午のニュース」と合わせたノンスクランブル放送の編成が組まれることになる。, レギュラー相談員 - 「」の中は紹介時のキャッチフレーズで、2016年4月2日放送分を最後に廃止されている。, 上沼の降板後は、みどりが準レギュラーとして月に1~2回出演し、それ以外の週は複数の女性相談員が入れ替わりで出演する。, 相談者役の漫才師は吉本興業大阪(2007年10月 - 2019年6月は子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー[注釈 8])または松竹芸能またはケーエープロダクションに所属で中堅~ベテランの漫才師の出演が多いが、不定期に若手が出演する場合もある。, 相談者役の漫才師はお笑い関連の賞金レースに出場した経験を持っている(女芸人No.1決定戦→THE W(NTV主催)・キングオブコント→KOC(TBS主催)・THE MANZAI→TM(CX主催)・MBS漫才アワード→MBSMA、歌ネタ王決定戦→UNKK(MBS主催)・ABCお笑い新人グランプリ&ABCお笑いグランプリ→ABCONFGP&ABCOGP、M-1グランプリ→M-1GP(ABC-TV主催)・上方漫才大賞→KMA、R-1ぐらんぷり→R-1GP(KTV主催)、S-1バトル→S-1(SBM主催))。, 2014年4月以降、見解を問う場合は「弁護士の〇〇さん、どのようにお考えで…。」となるが、ポイントを問う場合は「〇〇先生、」と二つの呼称を使用している。2014年3月までは先生呼びは一切行われなかった。, 2016年4月9日放送分からの室長補佐の配置によりアシスタントは廃止された。フリップが必要な解説の場合は、「-一言」の芸人がその役目を担っている。, 現在のテーマ曲はキダ・タローの作編曲による。現在流れているテーマ曲は3代目となっている。この曲が使われはじめた初期は、(オープニングに歌われている)歌詞がなくインストゥルメンタルのみであった。2006年4月からエンディングテーマが若干短縮されて、2007年4月からタイトルバックが16:9画面に対応したものにリニューアルしたのと同時にオープニングは3代目の曲のベースに、キーの半音高い[注釈 11] ヴァージョンになり翌月からはエンディングも同様に変化している。2017年1月28日放送分では、当日が仁鶴の80歳の誕生日であったことから、ゲストの西村由紀江演奏によるピアノバージョンが流れた。, 以前は宮川泰が担当していた(番組開始初期の宮川泰作曲の本番組テーマ音楽はCD「懐かしのNHKテレビ主題曲集」に収録されている)。, ごごナマ(金曜日) - 秘密のケンミンSHOW - ありがとう浜村淳です土曜日です, オールスター感謝祭 - やすしきよしの夏休み - 爆笑! 〜魔法の呪文ありますか?〜」(2010年7月22日 – 7月25日、, 「テンダラー白川・ランディーズ高井・ひまりのミュージックアワー〜音人〜」(2010年12月30日、, 「ポケットミュージカルス アンダーパーン」(2011年5月3日 – 8日、京橋花月), 「パイセン∞〜歌はさることながら、、、さぁ、どうする!

!〜」(2012年3月17日、in→dependent theatre 2nd), 「つぼみ演劇祭vol.2」(2012年6月10日、in→dependent theater 2nd), 「キンチャク卒業式 〜つぼみからたくさんのありがとう〜」(2012年3月17日、in→dependent theatre 2nd)他, 「Magic Spell マジスペ! 〜はじめてのDVDガンバリました!〜(2011年2月9日) -. !vol.4 〜新しいつぼみです。みんなの顔と名前を覚えてくださいね。〜」(2010年6月20日、ヨシモト∞ホール大阪), 「つぼみの開花宣言! !vol.2 〜新年一回目のつぼみです。vol.2ができるのは皆さんのおかげです。〜」(2010年1月31日、ヨシモト∞ホール大阪), 「つぼみの開花宣言! - ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW - おばちゃん1000万円!! トラウデン直美がNTV「スッキリ」に生放送で出演します。 NTV「ダウンタウンDX」 2020年1月9日 暮らしの中のトラブルを笑いの中で解決していきます。時代の変化に即した相談を漫才で取り上げ、多彩なキャラクターの相談員と豪華なゲストがそれぞれの立場からの考え方を、面白おかしく展開。法律的なものの考え方や法律の最新情報をお伝えします。

NHK Eテレ「沼にハマってきいてみた」 2019年6月17日 生活笑百科1月7日土曜午後0時15分~午後0時40分nhkゲストが花總まりだったので。まず「おんな城主直虎」より最初静止画像で見た時に顔が薄い~と思ったが動いて台詞を言うとぴったり・・・。「ようわれにそのようなことが頼めたものじゃ恥を知れと申し伝えよ」うわ~台詞上手い・・・。 2019年4月~ AOKI「レディーススーツ」 前田みさき、Misaki/アリスインプロジェクト大阪公演「魔銃ドナーKIX」公演中, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小寺真理&oldid=80401917, 8月31日生まれ、大阪府高槻市出身。寿司屋を営む家庭の長女として産まれる。(一人っ子), 2010年に女性タレントコース卒業後、卒業した4期5期生によって結成された吉本発ガールズユニット(当時)「, 2014年3月10日更新分の「桜稲垣早希とつぼみの毎日開花宣言ブログ」及び自身のブログにて、同年3月30日に, 8月20日、吉本坂46第1期生オーディションを経て、同グループの創立メンバーに選出される, 10月9日、デビューシングルの選抜メンバーとユニット4組をSHOWROOMの生配信で発表、ユニット1のメンバーに選出される, 1月10日、吉本坂46公式SHOWROOM配信にて、デビューシングルの各メンバージャケットの売り上げランキング中間発表があり1位を獲得(続く2回~最終5回の中間発表でも1位を維持), 12月20日、LAUGH & PEACE ART GALLERY OSAKAにて予てよりライフワーク的に行っていた自撮り写真を纏めたものと新作セルフポートレートを展示する写真展『小寺真理の黙ってなくても可愛い展』を開催(2019年12月20日~2020年1月6日), 上記以外の趣味は洗濯物を干すこと、読書。読書の嗜好に関してはグロテスクで救いの無い話の本を好んで選ぶ傾向にあったが、現在は小説を中心に幅広いジャンルを好む。, 性格は真面目で優しくよく気がつき、世話好きである。また、しっかり者のように見えてどんくさい一面を持ち、時としてそれが奇跡的な展開を見せるときもある。仕事や趣味に一生懸命取り組むタイプではあるが、飽き性でもあり長く続くものは少ない。独立心の強い方だが気を許せる相手には一人っ子らしい依存性を発揮する。, 新喜劇やTVで見せる妖艶な印象とは裏腹に平時は男性に対する耐性が低く、どちらかというと苦手でオドオドしたり人見知りが激しくなってしまう一面を持っており、山口は「美容室で男の美容師に担当してもらった時にはガチガチになっていた」と小寺のシャイでピュアな性格を語っている。本人も、オタク以外の男子とは何を話していいのかわからなくなる, ランディーズ高井と清水けんじのヨシモト*chatterbox!木曜日(YES-fm) – アシスタント, ざわざわレボリュージョン(ニコニコ動画) – 不定期出演・新喜劇の先輩である岡田直子とアルバイト先のメイド喫茶店長との共演, 週末オトコ温泉同行会~温泉オタクと元ヤンの青春温泉物語~(2020年1月25日、テレビ大阪) - 東雲茜 役, 「りんごあめ初ソロライブ 〜べ、別にアンタに来てほしいわけじゃないんだからね〜」(2012年5月22日、日本橋 Bar Guild), 「りんごあめソロライブ 〜ででで、、、でも来てくれたらうれしいな〜」(2012年5月22日、日本橋 Bar Guild), 「りんごあめもおかげさまで3周年・・・ということでネタ祭り」(2012年8月21日、Love Com Theater), 「まりこりんもおかげさまで21歳・・・ということで生誕祭」(2012年8月21日、Love Com Theater), 「りんごあめソロライブ3 〜今夜はParty Nightなんだから!(ぐっさんの誕生日会もあるかもね?)〜」(2012年11月18日、HEP HALL)他, 「つぼみの開花宣言! !〜」(2011年6月19日、ヨシモト∞ホール大阪), 「よしもとガールズウォーカーVol.2 〜つぼみのお笑い徹底紹介! 2014年、2016年、2018年、2019年 札幌コレクション