美丞大狭山vs西浦 第**回 全国高等学校野球選手権埼玉大会 5回戦 7月23日( ) / 第二試合 埼玉県営大宮公園野球場 晴れ Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。. その5回戦の対戦相手の美丞大狭山高校 は、強豪の桐青に勝った西浦を徹底的に研究していた。三橋の特長、阿部のリードを はじめ、試合で結果を残している選手全員の個性まで把握、まさに西浦対策は万全。 丸裸にされた西浦は序盤、いいように翻弄されるが、ついに反撃の糸口をつかむ か!? 美丞大狭山高校のコーチ。 滝井にコーチになることを頼まれた。 滝井とは中学時代の同級生。 桐青中学 → 桐青高校(高校3年時は5番サード背番号5。) → 美丞大学(浪人か留年かは不明)。 米田 ヨネダ: 美丞ob。 美丞戦放送室にゲストで来ていた。

監督は女性、選
手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集まった10人の選手たちは、弱気
で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す!! 美丞大狭山との対戦。 美丞大が阿部の配球を読んでいることに気づき打者を打ち取る。 また,美丞大が西浦の選手の打撃を研究し選手ごとにシフトを変えていることにも気づき2点を返す。 しかし,5点を入れられてしまう。西浦の反撃はあるか? 役に立った. 5つ星のうち4.0 面白い! 2009年8月23日に日本でレビュー済み. 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. Facebook. 美丞大狭山 - 狭山: 市営大宮球場 第1試合 7回コールド (アニメでは8-1と7話に出ていたが、漫画には描かれていないのでここには書いていません) 3回戦 (18日) 崎玉 0 - 8: 西浦: ☆: 川越初雁球場 第2試合(?) 7回コールド: 美丞大狭山 - 【美丞大狭山】 6番鹿島 送りバント失敗。 1球目2球目まっすぐを打ち上げてしまいバント失敗。 3球目空振り、三振。 一死一塁。 【美丞大狭山】 7番松下 セカンドゴロ。 ?球目セカンドゴロ。 4-6-3のダブルプレー。 3アウト、残塁なし。 6回裏 宗勝寺殿天與勝運大居士: 墓所: 広島県 竹原市 勝運寺 福岡県 福岡市 東区 宗勝寺: 官位: 備前守 、兵部丞 主君: 小早川隆景: 氏族: 乃美氏 / 浦氏(土肥系 小早川氏庶流) 父母: 父:乃美賢勝: 兄弟: 宗勝、少輔五郎 、三津口少輔二郎 、元信 女子(白井賢胤正室) 、女子(村上吉充正室) 、女子� コメント 違反を報告. ひぐち アサ
1970年生まれ。埼玉県さいたま市出身。法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 美丞大狭山高校 鹿島匠役 島野知也 . ŽRz@‚V”ԏ¼‰º@ƒtƒ@[ƒXƒgƒtƒ@[ƒ‹ƒtƒ‰ƒCB, y¼‰Yz@‚S”Ô“c“‡@ƒ^ƒCƒ€ƒŠ[ƒc[ƒx[ƒXI. 乃美 宗勝(のみ むねかつ)は、戦国時代の武将。毛利氏・小早川氏の家臣。安芸の国人領主で、居城は忠海賀儀城(ただのうみ かぎじょう)。沼田小早川氏の庶流浦氏の当主であり、名は浦 宗勝(うら むねかつ)とも言う。通称は兵部丞。, 大永7年(1527年)、乃美賢勝の第4子として生まれる[1]。父は浦元安の養子であったが、元は小早川敬平の弟・是景から始まる乃美氏で乃美弘平の弟にあたり、その為、宗勝は乃美姓を名乗った。同じ乃美氏の乃美隆興は従兄。小早川氏の家督を継承した小早川隆景に仕えた。天文24年(1555年)の厳島の戦いでは自身の血縁関係もあり(村上吉充、村上武吉とは血縁)、村上水軍を味方に引き入れるべく交渉し、毛利元就の「一日だけ軍船をお借りしたい」との言葉を伝えたとされる。村上通康らは決断を下し、宗勝は村上水軍を味方に引き入れ、厳島の戦いの勝利、そして陶晴賢の自害に一役も二役も買うこととなる。, その後も隆景に従い、小早川水軍の主力として各地で活動する。天文24年(1555年)10月より始まる防長経略でも水軍を率いて活動し、毛利氏が九州に進出するとそれに従い、永禄4年(1561年)の門司城攻防戦では敵前に上陸し、大友方の勇将・伊美鑑昌(伊美弾正左衛門統正)と一騎討ちを演じ、負傷するも伊美鑑昌の首を取った。永禄8年(1565年)には所領に賀儀城を築城し、拠点とする。なおも筑前国博多の支配権奪取を目論む毛利元就は九州侵攻を継続し、その事実上の前哨戦となった毛利氏の伊予出兵でも主力として活躍。永禄12年(1569年)の立花山城攻防戦でも活躍する。, 立花山城攻略後はその城代となり、筑前防衛の主将として行動した。しかし、大友義鎮の支援を受けた大内輝弘が長門国に侵入(大内輝弘の乱)、毛利領内は大混乱となり、毛利軍主力は大内輝弘征伐のために立花山城から撤退することとなった。わずかな兵とともに殿として立花山城に残った宗勝であったが、翌永禄13年(1570年)に開城し、戸次鑑連に城を明け渡した。開城の約束通り、毛利軍は堂々と安芸へ撤退し、戸次鑑連もそれを追撃することはなかった。同年、所領に勝運寺を建立。自身の菩提寺とした。, 天正3年(1575年)は備中国へも転戦し、ここでも主力として活動している。上野隆徳が守る備中常山城を攻撃した際に、落城寸前の城内から鶴姫(上野隆徳の妻、三村元親妹)が34人の侍女を率い、自ら出陣して猛攻を仕掛けた。そのあまりの突撃に毛利軍も驚いて壊走した。宗勝は鶴姫に見つかり、良き相手と勝負を挑まれたが、「女とは戦えぬ」と説得。勝負を諦めた鶴姫は伝家の宝刀である「国平の太刀」を宗勝に渡し、城内へ戻って自害した(常山合戦)。, 天正4年(1576年)5月には毛利と同盟する播磨英賀の領主である三木通秋の所領に入り、三木軍と合流して5,000の兵で播磨国衆の中でも親織田派であった小寺孝高と交戦するも敗北した(英賀合戦)。同年9月の第一次木津川口の戦いでは総大将として出陣し、織田氏配下の九鬼嘉隆率いる九鬼水軍と激突し、焙烙を多用した毛利水軍の攻撃により九鬼水軍は壊滅。無事に石山本願寺に兵糧を運び込むことに成功している。しかし、天正6年(1578年)の第二次木津川口の戦いでは、鉄甲船を使用した九鬼水軍の前に敗北を喫した。天正7年(1579年)に別所長治が籠城する三木城への兵糧搬入を成功させている。, 天正10年(1582年)に、嫡男の浦盛勝が織田氏の調略によって、不穏な動きを見せた。主君の小早川隆景はこれに素早く反応し、同年に盛勝は急死している。暗殺説も囁かれる、謎の死であった。, 天正20年(1592年)、豊臣秀吉の文禄の役で宗勝も朝鮮へ出陣した。しかし現地で病を得て、帰国後の同年9月23日に、立花山城近くの筑前糟屋郡秋屋で死去。法名は宗勝寺殿天與勝運大居士。, 大友戦においては毛利軍のなかで最も活躍し、大友氏の部将戸次鑑連は宗勝を高く評価した。また生涯に亘って毛利元就、小早川隆景、毛利輝元、豊臣秀吉の4人から戦功ありとして15通の感状を受け取った。, 宗勝の子孫は、直系の子孫が浦姓を、傍系の子孫が案浦(あんのうら)と言う苗字を称していると言われている。案浦と言う苗字は宗勝寺住職の談話、福岡県糟屋郡に残る石碑などから、「宗勝の側室の子の系統であることから浦を名乗る事が出来なかった子孫が、宗勝を偲び、安芸を安木と読み替え『安木の浦』から誕生した」と伝承されている。案浦姓は福岡県糟屋郡にしか存在しない100戸余りの少ない姓である。毛利家は守護大名の墓守(大内盛見公)の菩提を弔うために糟屋郡粕屋町の泉蔵寺に案浦姓を配備し長く護持繁栄とした。今もなをつづく繁栄は盛見公なしでは語れない。, 宗勝の直系の末裔は、江戸時代半ばに嫡流(宗勝の次男・景継流)が絶え、度々他家から養子が入っている(詳しくは浦氏の系図を参照)。幕末の長州藩家老・国司就孝の次男(=浦元襄)もその一人である。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=乃美宗勝&oldid=78803084, 宗勝寺(福岡県東区) - 1569年に立花山城代を務めていた時に、亡妻を弔うために建立。.

, 4-2‚Æ5-3A‚Ç‚¿‚炪‚P‰ñí‚Å‚Ç‚¿‚炪‚Q‰ñí‚©‚Í•s–¾, Žs‰c‘å‹{‹…ê@ƒƒJ3”NB‹ËÂƒTƒˆƒiƒ‰•‰‚¯B–k–{“ì—Å‚Í‚Q‰ñí•‰‚¯B. その他の画像 . 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 西浦高校ナインと対戦相手のチームとの駆け引き、読み合いの一挙手一投足に目が離せなくなる面白さ。ぞくぞくするようなスリリングな試合の緊張感にしびれますね。, 勝つためには何をやってもいいのか。高校野球は思っているよりも泥臭い野球をやってますよ。, 去年になっちゃったけど、前回の夏の甲子園大会では審判が結構、主役になっていました。カット打法に続き、サイン盗が大きな話題になっていました。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. イープラス; 吉村卓也; 舞台『おおきく振りかぶって 夏の大会編』対戦校キャストが発表に 今回の相手は美丞大狭山高校と崎玉高校; 画像7/12 シェア / 保存先を選択.

面白さ絶対保証! まさ. そんななか彼らは、武蔵野第一高校の試合観戦に向かいました。, 武蔵野第一は1年前から急に頭角を現してきた高校ですが、急成長の秘密は140km近いストレートを武器にする、エース榛名の存在でした。, 榛名は中学時代に阿部とバッテリーを組んでおり、阿部がピッチャーを信頼しなくなった要因でもありました。その圧倒的な実力から、監督も彼のわがままを容認している状態であり、自ら球数を制限するなど自分勝手な調整をおこなう投手だったのです。, 初めは榛名に認められるために努力を重ねていた阿部。しかし中学最後の試合で、満塁のピンチを招きながらも自身の球数制限のためマウンドを後にする榛名を目の当たりにします。これをきっかけに阿部は、投手はみんな自分勝手であると決めつけていたのでした。, しかし三橋と出会ったことで、投手にもさまざまなタイプがいることを知り、人間としても成長するのです。, 初の公式戦となる夏の大会の初戦、西浦高校は前年度優勝していた桐青高校と当たります。, 試合序盤は三橋の謎のハイテンションと好調により、桐青打線を封じました。さらに打撃もうまく繋がりはじめ、途中で田島が相手ピッチャーのモーションを盗むなどのファインプレーもあり、西浦高校が見事リードを奪います。, 桐青高校は県大会1回戦敗退という苦い過去を持っており、緊張感を持って大会に臨んでいました。そんな相手校の心情や選手の緊張感が丁寧に描かれているため、思わず桐青高校に同情してしまう場面も出てくるほどです。, 西浦高校は、夏の大会の3回戦で崎玉高校と対戦します。崎玉高校の野球部は、桐青高校と比較すると力の劣るチームでしたが、ひとりだけスタープレイヤーがいました。彼の名は佐倉大地といい、崎玉が勝ちあがる原動力になっていた人物です。, しかしいざ試合が始まれば、総合力で勝る西浦が終始リードをしたまま試合が進んでいきます。勝負の手をゆるめない阿部は、キーマンである大地を敬遠してチャンスを与えません。, この試合の見どころは、なんといっても西浦高校のチームで最高のポテンシャルを持つ田島です。彼は桐青戦の際に右手を怪我してしまい、満足にプレーできない状態で試合に臨んでいました。, それでも打席に立てば、バント技術の高さや足の速さを活かして出塁します。さらに相手チームが田島の異変に気づき、彼に集中的にゴロをさばかせようとするも、連係プレーや持ち前のスペックの高さですべて処理し、挙句のはてにひとりでその回のアウト3つを取るという芸当まで見せました。, 続いての試合は強豪、美丞大狭山(びじょうだいさやま)高校と対戦です。西浦の勢いを警戒した美丞陣は、徹底的にチーム研究をします。, その結果、西浦高校は阿部の配球のクセを読まれ、初回からいきなり3点を失ってしまいました。さらに打撃も研究されており、各人の得意なコースに集中的に守備を配置されます。, 攻守ともに万全の対策をとられて劣勢に立たされるも、必死に食らいつく西浦陣営でしたが、試合の途中でアクシデントが発生。美丞の選手がホームに帰ってきた時のきわどいプレーによって、阿部が負傷してしまったのです。, 以前、阿部は三橋と「投球はすべて自分が取る、絶対怪我もしない」と約束をしていました。頭のどこかでそんなにうまくいくはずがないと理解していた三橋でしたが、これまで阿部に依存しきっていたため、呆然としてしまいます。, その後は怪我をした阿部の代わりに、公式戦で初めて田島が捕手を務めます。急造バッテリーながらもなんとか攻撃を凌いでいきますが、守備の要まで任された田島は頭がいっぱいになり、打撃は精彩を欠いてしまいます。, チームもベスト16まで絞られ、いよいよ佳境を迎えた夏大会……はたして西浦高校は次に駒を進めることができるのでしょうか。, 夏の大会を終えた西浦高校一同は、あらためてチーム内で目標の統一をします。初めにおこなった目標調査では各自バラバラの回答となっており、甲子園優勝を掲げたのは三橋と田島のみでした。, その後、総合力をあげるため合宿に向かう一同でしたが、ここには怪我をしている阿部も参加します。, そんな阿部に対して、百枝は三橋と一緒にいる時間を長くとるように指示。こうして雑用や食事メニューの考案などを三橋&阿部ペアでおこない、彼らはお互いの理解をより深めていきます。, 彼は西浦のメンツのなかで、総合力は田島に次いでナンバー2、キャプテンとしてもその存在感を強めており、目標統一について案を出したのも彼でした。しかしその一方で、田島の圧倒的な才能の前に、引け目を感じてしまっています。, そんな彼を、百枝は田島のライバルに育てようとします。あらゆる方面からのプレッシャーを感じながらも、成長していく花井に要注目です。, 西浦が敗退した後も県大会は続き、いよいよベスト4まで高校が絞られました。残ったのは、武蔵野第一、ARC学園、千朶(せんだ)、日農大付属の4校でした。阿部の先輩で県内屈指の投手である榛名が率いる武蔵野第一は、準決勝で優勝候補筆頭のARCと対戦します。, 榛名の全力投球は、武蔵野第一の正捕手である町田ですら速すぎて受けることができません。初めは7割ほどの力で投げていた榛名でしたが、ARCには通用せず失点してしまいます。, しかし武蔵野第一には、幼いころから榛名の球を受け続けた秋丸というキャッチャーがいました。榛名を全力で投球させるため、武蔵野第一は秋丸を出場させます。, 心置きなく投げられるようになった榛名は見事調子を取り戻し、試合は投手戦の様相を見せていくのです。, しかし、秋丸は捕球以外の能力がまるっきりダメなことがARCにばれてしまい、失点します。負けていられない武蔵野第一も反撃し、ベスト4の名に恥じぬ好ゲームがくり広げられました。最後は地力で勝るARCが榛名を打ち崩し、勝負がつきます。, このように、西浦高校以外の戦いも集中的に描いているのも、『おおきく振りかぶって』の魅力のひとつです。, 特に武蔵野第一の榛名は阿部との関わりが深く、三橋も憧れを抱いている人物のため、丁寧に描かれています。, 練習試合や文化祭を終えた後、いよいよ秋季大会編に突入します。西浦高校の初戦の相手は、なんと夏大会ベスト4の武蔵野第一高校でした。, 序盤から、タイプの違う三橋と榛名の投手合戦となります。試合中盤まではシーソーゲームで進んだものの、なんと西浦のキャプテン花井が榛名からホームランを打ちました。彼自身も驚いていたのですが、それを見てチームメイトの田島は焦りを覚えます。, 百枝は、圧倒的才能を持つ田島のライバルとして、花井が成長してきたことを嬉しく感じるのでした。, 一方の武蔵野陣営は、中盤まで三橋の決め球である癖のあるストレートに手も足も出ませんでしたが、秋丸が三橋のストレートの正体に勘づきはじめ、徐々に打球をとらえはじめます。, 怖さを感じる三橋でしたが、チームのために心を立て直し、勝負に挑みました。いよいよ迎えた最終回、スコアは同点です……。, 西浦は、埼玉県屈指のピッチャーである榛名から花井がホームランを打ち、それをもとに彼がチームにアドバイスをします。さらに三橋も、ストレートを打たれるものの、ピッチャーとしてのエゴではなくチーム全体のことを考えて行動をするのです。, 武蔵野第一は、これまで榛名の影に隠れていた秋丸がやる気を出し、チームメイトを奮い立たせます。どんどん成長していく両校のメンバーから目が離せない展開です。, 順調に地区大会を勝ち進んだ西浦は、県大会初戦で埼玉県ナンバー2の千朶高校と対戦します。初回から好調な三橋のピッチングを援護するべく、打撃陣も点を取っていきました。, 西浦の各戦術がうまくハマっていき優勢かと思った矢先、3回に三橋の投球がとられ、一気に同点に追いつかれてしまいます。, 中盤、三橋のコントロールが乱れながらも必死に食らいつく西浦高校でしたが、6回に一挙8点を失ってしまいます。県内有数の強豪として有名な千朶高校は、選手ひとりひとりが自ら考え、積極的に攻めてくるのです。, これまで戦ったなかで1番強い相手との試合に、西浦高校がどこまで通じるか試される試合となりました。, ここでは県トップクラスの強さを誇る、千朶高校のレベルの高さが描かれています。千朶は最初、3番手の投手が登板。他にもスタメンではない選手が混ざっており、そのメンバーで西浦と張り合う総合力の高さがうかがい知れます。, さらには各選手の思考能力や判断能力も高く、阿部の目を盗んで盗塁なども決めます。成長する西浦高校はもちろん、能力の高い千朶高校の選手ひとりひとりにも注目したい試合です。, 28巻では、田島の家でみんなでバーベキューをしたり、名前で呼び合ったりと、これまで以上にチームの仲が深まっていきます。またメンタルトレーニングを取り入れるなど、甲子園優勝という目標に向けて、チームとしての総合力をアップさせていくのです。, この巻では、4市大会が始まります。各校おもに1年生をメインにして戦う大会になるのですが、元々1年生のみの西浦は難なく予選を突破し、8枠ある決勝トーナメントに駒を進めました。, この巻の見どころは、決勝トーナメントの1回戦で、以前西浦がコールド勝ちをした崎玉高校と再戦する場面です。, 前回、三橋に打ち取られたチームの要、佐倉大地をはじめ、崎玉高校はリベンジに燃えます。さらに以前は怪我で出ていなかった石浪も加わり、戦力が格段にアップしているのです。, 当初は三橋が順調に打ち取っていけるかのように見えましたが、崎玉高校のメンバーはかなりレベルアップをしており、随所に練習の成果が現れています。また新キャラの石浪は分析が得意で、三橋の攻略法をベンチから考えていくのです。, そんななか、いよいよ迎える佐倉大地との再戦……。今回は試合を敬遠しないと告げた三橋ですが、はたして勝負の行方は……?, 埼玉の佐倉にホームランを打たれ、ひやりとする場面からスタートした29巻。しかしそれは相手の戦い方である、3番までに走者を出し、4番から点をとるという流れにすることを防ぎ、5番の石浪とまっさらな状態で当たることができたとも言えます。, しかし以前敗戦を喫した埼玉がその悔しさを糧に徹底的な分析を行なっていたのに対し、西浦は相手の戦術を読み切ることができず、またしても1点を献上することとなってしまいます。, その後何とかゲッツーで仕留めることに成功し、やっと西浦の攻撃がスタートするのですが……。, 前回負けた相手だからということで、並々ならぬ思いでゲームに臨んでいる埼玉に、西浦が押されています。29巻では読んでいるこちらまで苦しくなるような展開が続きます。, しかしモモカンですら落ち込み、暗い雰囲気になりそうなところで、選手たち自身が思い直し、流れを取り戻しました。厳しい流れで折れない強さを見せてくれます。, そこからはさらに戦術の読み合いが加速。西浦は、チームの主軸となっているであろう埼玉の頭脳・石浪を破ることはできるのでしょうか?, この作品最大の魅力は、とにかく丁寧に話が作りこまれていることです。各キャラクターの性格や生い立ちもしっかり設計されており、物語の途中には家族とのエピソードも挿入されています。さらに、試合中の選手の思考や駆け引きもしっかりと描かれているため、感情移入しやすいでしょう。野球をしたことがない人にも分かりやすく解説がありますので、ぜひ読んでみてくださいね!, ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。.