机に肘をついたときに痛くなったことはありませんか? 肘が腫れて、気がつけば瘤ができたかのようになって、 どんな疾患なのかと不安になったりしたことはありませんか? 肘先でも、骨と皮膚の間の部分で刺激が続くと、 滑液包が炎症をおこし腫れることがあります。 ボウリングのローダウン投法は、最近プロの選手の間で主流となってきている投球方法です。, 手首を柔軟に使って投球したボールに回転を与えるので、自由自在にボールを曲げることができますが、この投げ方を上達させるのは大変に難しいことです。, 特にまだボウリングを始めたばかりの初心者が単に見た目の派手さやかっこよさだけを求めてこの投げ方でいきなり練習すると、手首やひじなどの故障を招く可能性が高くなりますので、注意が必要です。, * ボールをリリースする直前まで、手首と肘を内側に曲げてボールを抱え込むようにします。, * ボールが体の真横に来たタイミングで、肘を伸ばし、手首を後ろ方向に向けボールをリリースします。, ボールをリリースする時はボールを落とすような感じでリリースします。リリースと同時に中指と薬指でボールを前に押し出すようする感じです。, このスナップをきかせてボールに強い回転を与える時に、手首に大きな負担がかかります。, 手首の筋力を鍛えておかないと、必ず手首を痛めますので、日頃から筋力トレーニングを行っておくことが必要です。, 下半身がふらつくようですと安定してボールを投げることはできませんし、腕の力だけで投げてしまうと故障の原因となってしまうので、上達するためには下半身の筋力トレーニングも必要です。, ローダウン投法を習得するのであれば、まずは重いボウリングのボールではなく、ハンドボールのような軽いボールを使って手のひらの感覚を覚えていく練習をまずは行うようにしましょう。, 手首を曲げてボールから指を抜いていくタイミングやリリースのタイミングの感覚をつかむことが可能ですし、徐々にボールを重くしていくことにより、手首を痛めないで練習ができます。, 最初から助走はつけずに、最後の一歩だけで一連の動作を行い、手の動きを中心に投げていくといいでしょう。, 手の動きがうまくできるようになってきたところで、徐々に実際の投球に近づけていくことが、故障をせずにローダウン投法を習得するための近道といえます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ボウリングのボールは回転数により曲がり方が強くなりますが、最近では高い回転数での投げ方として「ローダウン投法」と呼ばれるものが人気が高いものとなっています。どんなものなのでしょうか?, ボウリングの投げ方には、「ストレート」、「カーブ」、「フック」、「バックアップ」と4種類の投球方法があり、それぞれピンへ向かうまでの軌道が違います。特にストライクをとる確率をあげるためには、カーブ(弧を大きく描きながらピンに向かって曲がる)やフック(途中までは直線でピンの手前で曲がる)といった曲がる投法が、必要となってきます。, ボウリングは、ボールの回転数が強い程、強く曲がりますが、最近さらに回転数を高める投げ方「ローダウン投法」と呼ばれる投げ方が、日本でも人気が出てきています。, ローダウン投法?聞いたことがない方も多いと思いますので、今回はこの「ローダウン投法」について調べてみました。, ローダウン投法とは、アメリカのプロボウラーや世界の大会に上位に進出しているような選手の多くが採用している投げ方で、高速回転のボールを投げるためのリリース技術です。リリースするときのポーズが、フリスビーを投げるときのポーズにいていることから、このような呼び名になったとも言われていますが、ローダウンという言葉は、アメリカから来たわけではなく、和製英語だそうです。, 手首を柔軟に使うことで、驚異的な回転数を出すことが出来ますが、ボールを抱え込むため、相当の手首の力が必要となりますので、怪我や故障のないよう、無理な投法はしないように気を付けましょう。また、リスタイ(手首の固定具)をつけていると、投げることができないので、十分気を付けながら素手で投げるようにしましょう。, また、ローダウン投法は、かなり難易度の高い投げ方なので、ボウリング初心者の方は避けた方がいいとされています。, 普通の投げ方では、肘や手首は曲げないのが鉄則ですが、ローダウンの場合は、リリースの前まで肘や手首を内側に折り曲げて、ボールを抱え込みます。そして、ボールが体の真横に来た瞬間に、肘を伸ばし、手首を外側に折ることで、親指が真下を向き、強制的に親指を抜きます。ボールを下へこぼすような感覚です。, 手首の動きとしては、フリスビーを投げるときを意識してもらうとわかりやすいかと思います。親指が抜けた後は、中指と薬指ひっかかる感覚を持ちながら、前へ押します。その後、手首を返した反動でスナップを利かせて、ハンドスピードをあげるのが、ローダウンの投げ方です。, 実践する上で、おさえておきたいポイントとして、プッシュアウェィからリリースまで、力まず余計な力は入れないようにしましょう。また、回転数を上げるためには通常の投げ方とは違い、ボールの表面をより長くなでるような投げ方を意識し、リリース時は、ボールを前、そして下へ放るようなイメージで投げるのがポイントです。, メリットとしては、ピンに対する入射角が大きくなり、また回転数も高く勢いがあるので、ピンアクションが大きくなりストライクの確立が高くなりますし、オイリーなレーンでもオイルに負けにくいです。また、リリース時からの姿勢やボールの勢いなど、見た目的にも派手さがあり、観客を圧巻させるものです。ですが、コントロールが難しく、回転を意識しすぎて、リリースするタイミングがばらつきやすかったり、手首にかなり負担がかかるため、怪我や故障といった危険性も高いのがデメリットといえます。, 難しいとされているローダウン投法は、やはりかなりの練習量が必要になります。が、がむしゃらに練習をしても意味がありません。まず初めにやることは、ローダウン投法の投げ方の動画を見て勉強することです。文字や写真を見るだけでは、イメージがつきにくいですし、独学でやろうとしたら、変な癖がついたり手首を痛めてしまう可能性があるので、実際に投げている上達者の投げ方を見ることが大切です。身近にローダウンを投げられる人がいるなら、その人に教えてもらってもいいと思います。, ボウリングのボールではなく、ハンドボールなどを使って手のひらを使う感覚を覚えるのも効果的です。どのタイミングで手首を折って指を抜くのか、拳でなでる感覚を意識しながら、前後に振ってみましょう。実際にボールを投げてみて、どれくらい回転させられるかやってみてもいいと思います。, 実際にボールを使って、ボールを抱え込み、そこから肘を伸ばして手首を外側に折って回転をかけるという一連の動きを練習をするのもいいと思います。その練習は、マイボールがある方は、家で下に布団やクッションを敷いてやってみてもいいかもしれません。, 初めから、助走もあわせてすべての工程を一度に練習しようとすると、返って感覚がつかめにくくなってしまうので、まずは手の動きだけを練習した方がいいでしょう。まずは、左手でボールを支えながら、リリースまでの一連の流れを練習し、次に左手の支えをなくし、徐々に実践での投球に近づけていくことをおすすめします。, ローダウン投法は、投げるのが難しいとされていますが、修得すればメリットもかなり大きいです。無理をせず、練習を重ね、ローダウン投法を習得したあかつきには、会場を「わぁっ!」と驚かせましょう!. ブラッシングはウインドミル投法で非常に大切な基礎となります。この記事ではブラッシングを習得するにあたり気をつけるポイントやどのような練習をすれば良いか具体的な方法をお伝えしていきます。