体調のことをいろいろ... 量子的お金と豊かさの真の法則 予防&改善するための「糖質制限食+α」の方法を初公開する一冊! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー, しっかりと眠っている人は記憶力が高くなる・・・つまり学習成績も上がるということになります。, ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 食材と病気の関係の話はよく聞くけど、ほとんど意味がないような気がする。 543, 母はアルツハイマー型認知症。 とコメントしました。, 最新研究ではアミロイドβは 6.体をゆがませない。 脳神経内科 ご覧になられましたか?, 番組では1日に10~15粒の摂取と1日10分の 「オーム」の梵字が最高波動値になる

ある部分の動きを悪くすると 野菜も頂き物で山盛り。 20歳のOさんは0.74, この結果から、アミロイドβが溜まっていることが分かります。 認知症予防効果があっても、それ以外の病気の予防効果があるとは限らない。 とコメントされました。, 国立循環器病研究センター

脳機能の維持に必要な栄養素・ホルモン欠乏でおこる。

正直、食生活より、認知症になる最大の原因はそういう過度のストレスなんじゃないかと思う。 830, 日本人男性の平均寿命は81歳ぐらいですから、それより長く生きられたことは、それなりに幸せだったのではないかと私は思います。 486, 認知症になった義母は料理をしなくなりました。毎日、義父が買ってきたスーパーのお惣菜を食べてます。ほとんどが揚げ物です。 前回のメルマガで、不安や心配な気持ちを無理に抑える必要もなく、まずは自分の気持ちを認識することの大切さをお伝えしました。 にもかかわらず85歳の時、3.11で家を失い、以後、心筋梗塞を起こし、入院中に認知症勃発で、今はもう要介護4。 どうなっているのか?, 維持できている人の量を1個(番組で例えた値)と考えると なかでも最も多いアルツハイマー型認知症が、脳の糖尿病であることがわかってきた。, 最新研究にもとづいて、50代頃から10年~20年かけて徐々に進行していくアルツハイマーを

’(※あくまで個人の体験談です), しかし、アルツハイマーになる前に糖化に気を付けていくこと、予防していくことが最も大事です。, 脳の良い状態を維持するために、脳の糖化、ということで見ていくとまず脳に溜まっていく余分な糖を、外に排出していくことが大切です。, クロガリンダを摂取していく、というのも一つの方法ですが、生活習慣の中でも、脳の糖化を予防していく生活習慣があります。, しかし、逆に質の良い睡眠をしっかりととっていくことができれば、脳から少しずつ糖を排出していくことが可能だというのです。, その糖を排出していく仕組みが働きだす「スイッチ」になるのが「睡眠」だというのです。, 下記サイトから少し、そのあたりのことについて引用してみます。

とはいえ、激務に追われるビジネスパーソンには「6時間半の睡眠」をコンスタントに取るのが難しい人も少なくないだろう。, 国立精神・神経医療研究センターの調査によれば、「30分程度の定期的な昼寝」の習慣はアルツハイマー病のリスクを20%にまで減らすという。, たくさん眠ればそれだけβアミロイドが減りそうな気もしますが、おそらく長時間の昼寝は夜の睡眠に悪影響を及ぼすのでしょう」と白濱院長は推測する。, バリバリ仕事をするとともに、将来のアルツハイマー病を防ぐためにも、しっかり睡眠を取ることを心がけてもらいたい。

今日も深夜の配信となりすみません。 実験後 それ以下しか眠らない日が続くと、たまったβアミロイドを処理しきれない。, 返せない借金のように、どんどんβアミロイドが増えていき、アルツハイマー病を発症する危険性が高まるというわけだ。, 実際、「睡眠時間が短い人はアルツハイマー病の発症率が高いことが分かっている」と白濱院長。, 2015年には、脳内にβアミロイドが増えると睡眠の質が悪くなり、さらにβアミロイドがたまりやすくなる悪循環を引き起こすことを示唆する研究結果も発表されている。 揚げ物ばかりじゃ、よくないですよね・・ 591, 揚げ物ばかりではよくないでしょうね。

10.社会的なつながりを持つ。 日野です。 歯周病によるアルツハイマー病 ブルーベリーやいちご(ストロベリー)に代表されるベリー類。 これらは、脳にとって有用な食べ物であることが知られています。 実験では、 ベリー類を摂ることで脳の認知機能が向上した という結果も出ています。 「運動不足っていうか・・・動きたい」と コメントされました。, ということで番組オリジナルの実験を行いました。 日野です。 9.頭をそれなりに使う。 「まだ、マウスレベルの研究で人への効果はまだわかっていないのですが、ある栄養素を摂取すると血管の拍動を助けて、脳のゴミ出し力をアップさせる可能性があります。そのゴミ出し力をアップする栄養素は、「レスベラトロール」です」 脳疲労レベル中~高の人は、脳疲労予備軍の可能性があります。8個以上の人は危険信号。日ごろから脳の健康を意識して、脳ケアを取り入れてほしいと矢澤先生は指摘します。 “脳にゴミがたまった状態”が脳 … いつもありがとうございます。

脳にはゴミが溜まっています。 そのゴミの排出を助けるのが ピーナッツの薄皮 なんです!. 産まれたのは海側。家業が魚関係。 結局健康になるためには、いろいろな食材と栄養をバランスよくほどほどに摂ることが必要です。当たり前ですけど。 「認知症の予防には食生活の改善が良い」。今や一般常識として当然のように考えられていますが、その分、情報過多になっており“結局、何を食べれば良いの?”と分からなくなってしまっている人も多いのでは?そこで今回は、認知症予防に効果的と考えられる食材や食べ方についてまとめてみました。これを読んで健康的な食生活を、そして認知症の発症・進行の予防に努めましょう!, 具体的な食材や食べ方についてご説明する前に、認知症が発症するメカニズムについて、簡単にご説明しておきましょう。, アルツハイマー型認知症の原因物質として、「アミロイドβタンパク」という物質が考えられています。これは、加齢とともに脳内に溜まってくる“ゴミタンパク”の一種。若いうちにもあることはあるのですが、その時点では体内で掃除する機能があり、一時的に溜まることはあってもすぐにキレイになるのです。, このゴミタンパクは、「ラクナ梗塞」と呼ばれる小さな脳梗塞の原因にもなり得る物質です。このゴミタンパクが脳内に溜まって血栓になると、脳梗塞や脳出血のリスクが高まり、同時に脳血管性認知症になる可能性も出てくることに。, つまり、アルツハイマー型認知症でも脳血管性認知症でも、いかにゴミタンパクである「アミロイドβタンパク」を溜め込まないかということが認知症の予防になる、ということになります。, そのためには、糖分・油分・塩分・アルコールの摂取を控えることが大事。体内にこれらが蓄積されると、細胞から徐々に水分が減少し、代謝機能が悪化すると考えられています。すると、ゴミタンパクが体内に溜まっていき、認知症を引き起こす一因になってしまう。こう考えると、食生活の改善が認知症の予防につながるのも頷けますよね。, 人間の脳は、体重の2%ほどしかありません。しかし、エネルギーの消費量は全体の20%にも上ると言われており、そのためには大量の酸素とエネルギーが必要。大量の酸素を消費すると同時に活性酸素も発生しやすく、活性酸素によって脳が酸化すると細胞や血管が老化し、認知症になりやすくなってしまいます。, そこで注目したいのがビタミン類で、特に緑黄色野菜から摂取することが望ましいと言われています。, 緑黄色野菜とは、ご存知の通り色のついた野菜のことで、一般的にはカロテンなどの色素を多く含んでいます。厚生労働省でも緑黄色野菜の基準が設けられており、原則として「可食部100gあたりカロテン含有量が600μg以上」とされています。, さて、ビタミンに話を戻しましょう。アメリカの『ブルームバーグ公衆衛生大学』の研究から引用します。, 研究では、1995~1997年と1998~2000年にかけて3000人以上の65歳以上高齢者の認知機能について調査しています。すると、延べ300人以上のアルツハイマー型認知症の患者が判明したのですが、認知症を発症していないひとを見ると、ビタミンC群とビタミンE群の栄養補助剤を一緒に飲んでいることが分かったのです。, つまり、ビタミンCとEを一緒に摂ることが認知症の予防に適していること。ビタミンCとは、体内の免疫力や抵抗力を高めたり、血中コレステロール値を下げたり、鉄分の吸収を助ける作用があるものです。, 対してビタミンEは、老化の主な原因とされる過酸化脂質が作られるのを妨げる働きがあります。ビタミンCと一緒に摂ることで、体内の抗酸化作用を高めると言われているため、CとEを一緒に摂るのがベスト、というわけです。, 上記のカロテン含有量が多い野菜には、総じてビタミン類が多く含まれているので、認知症の予防のために積極的に摂ることをオススメします。, 「不飽和脂肪酸」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。これは魚などに多く含まれる成分で、代表的なものがDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)で、オメガ3脂肪酸と総称されています。, イワシやサンマ、サバといった青魚に多く含まれているDHAやEPAといった不飽和脂肪酸は、アミロイドβなどのゴミタンパクが溜まるのを防ぐ役割があり、血栓ができたり動脈硬化になったりするのを予防する働きがあるのです。, こちらもすでに研究が進んでおり、アメリカのニューイングランド地方にある『ロードアイランド病院』の医師らによって、定期的に魚油を摂取している高齢者ほど脳の状態が良好だということが判明しています。, 800人の高齢者の脳をMRIで検査したところ、魚油を積極的に摂取していた人は、そうでない人よりも脳の萎縮の度合いが小さかったそうで、つまりは認知機能が正常に働いているという結果が出ているということになります。, 人間の体内にあるカルシウムの99%は骨や歯に含まれていますが、残りの1%が不足しだすと、骨や歯にあるカルシウムが血液や筋肉に溶け出してしまいます。そうして骨がスカスカになって骨粗しょう症を引き起こすのは問題ですが、骨から溶け出したカルシウムが血管内に溜まって動脈硬化を引き起こし、そこから高血圧、ひいては認知症…とつながる例も珍しくないのです。, たった1%、されど1%。その1%をしっかりと確保しておくためにもカルシウムの摂取は重要なのです。そう考えると、やはり魚も、認知症予防のために積極的に食べておきたい食材だということになります。, と同時に、昨今の研究では乳製品の摂取も効果的だと考えられています。これは、福岡県の久山町で行われている研究の結果を受けたもの。牛乳をはじめとした乳製品の摂取量が多い人ほど、その量と反比例するように認知症の発症率が下がっていることが判明しているそうで、乳製品の摂取も、青魚と同様にオススメしたいところです。, 豆腐や納豆、みそ、豆乳、おからといった大豆製品には、抗酸化作用のある大豆サポニンが多く含まれています。この大豆サポニンには、コレステロールを低下させ、高血圧や動脈硬化、ガンを予防する効果があると言われています。, 特に高血圧や動脈硬化、高脂血症は認知症になる一因とも言われているため、その予防には大豆製品が最適というのは言わずもがなでしょう。また、大豆製品には大豆レシチンという成分も多く、脂質の代謝を高めて肥満予防や糖尿病につなげる効果もあり、そこからもまた認知症予防につなげられると考えられています。, 大豆サポニンや大豆レシチンを効果的に作用させるためには、血液をサラサラにする食材を摂るのも効果的。玉ねぎやキャベツ、らっきょう、長ネギ、にんにくetc。脳内の血液をサラサラにして血管を若く保ち、なおかつ大豆が含む成分を作用させるためには、“血液サラサラ食材”の摂取も忘れずにしたいところです。, 「カフェイン」と聞くとコーヒーを思い浮かべる人も多いと思いますが、日本人にはおなじみの緑茶にも多く含まれているもの。これらコーヒーや緑茶に含まれるカフェインが認知症予防に効果的とする研究は世界各国で行われており、学術論文としても発表されています。, 例えば『オランダ国立公衆衛生環境研究所』の研究によると、コーヒーを1日3杯飲む高齢者の認知機能の低下が最も小さく、逆にコーヒーを飲まないという高齢者の中には認知機能の著しい低下が見られる人が多かったそう。, 国内に目を向けると、東北大学医学部の社会医学講座公衆衛生学分野の研究により、緑茶を1日2杯以上飲むことが認知機能の維持に効果的だということも判明しています。, 認知症予防のために緑黄色野菜を積極的に摂ると良いというのと同様に、カフェインもまた、血液にゴミタンパクが溜まるのを防ぐ役割があるというのが根底にある考え方。血流を良くし、かつ脳内の神経伝達を良くする働きがあるというのです。, とはいえ、摂取のし過ぎは禁物です。ビタミンや不飽和脂肪酸と異なり、カフェインの摂り過ぎは心拍数の増加や不整脈、感覚過敏や神経過敏、睡眠障がいを引き起こす可能性も。アメリカでは、カフェインが多量に入っているエナジードリンクを飲んだ少女が亡くなるといった事故も起こっており、過剰摂取には十分な注意を払いたいもの。持病や既往歴のために定期的に通院している高齢者は、主治医とも相談した方が良いでしょう。, 11月9日、厚生労働省は社会保障審議会・介護給付費分科会を開催。同会議で従来型特別養護老人ホーム(以下、特養)の夜間における人員配置基準の緩和を、見守りセンサーの設置などを条件に提案しました…, 各地で介護を原因とした事件が続発。若い世代に介護が丸投げされているケースも…!コロナ禍で介護者のストレスは増加、介護疲れが深刻化しているのです。, コロナ禍で、介護事業所の収支の悪化や職員のモチベーション低下が発生しています。2021年の介護報酬改定に期待が寄せられるも、財務省は厳しい見解を示しました。, 母が鼻と頭をつなぐ部分に癌が出来て いつもありがとうございます。 溜まってしまったとしても、それを捨てる力を 年1回の健康診断、血液検査でも全く問題なくA判定。 4.お酒は適量に。 ゴミ出し力の研究が進んできた。, 脳のゴミ出し力が衰えている人 特定の食材や栄養素を、いいとか悪いとかいうのはナンセンスです。 566, 病気は認知症以外にもたくさんありますね。 脳の中にどんどん生まれるゴミ. 維持できている人ではアミロイドβの量の差は ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 脳を活性化する食べ物 5位 ベリー類. アルツハイマーとは脳の糖化が進んだ状態であり、「脳の糖尿病」いつもありがとうございます。日野です。少し前に「抗糖化」についてお伝えしましたが、糖化において、もっともダメージを受けていくひとつが「脳」になります。脳の糖化が進んでいくとどうなる 脳にいい食べ物を食べていますか?私たちが食べた物は、体だけではなく脳の材料にもなります。豊かな人生を送るためには、体だけではなく脳の健康にも気を配りたいもの。この記事では、脳の健康維持や脳疲労の改善に欠かせない栄養素を豊富に含む、『脳にいい

一時は幻覚など見る様になり処方された液体の薬で治りましたが今度は放射線で耳の鼓膜が破れて今食事を作っていますが何故か少ししか食べず朝はおうどん今まできちんと食事療法できなかったからなのか便秘なのか指を突っ込んでしまうのです 「おーすごいね!アミロイドβの量が短期間で大きく変動することは予想していなかった。こういった生活をすることが大事だと思います」 しかしうちの父は下戸なのでお酒は無関係。揚げ物も嫌いなので食べない。

「運動不足があると動脈硬化を経て動脈の拍動が弱まってきますので運動不足にならないようにする生活をするようにしましょう。そういう生活が血管の拍動を維持してアミロイドβを脳の外に捨てる力を維持することにつながります」

お菓子も週末に大福1個とかで、食生活から言ったら優等生だったはず。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー, 質の良いしっかりした睡眠を摂取していくことが、昼間の生活や仕事のパフォーマンスを上げることに繋がっていくのです。, そして、ここからが本題なのですが、睡眠不足は、アルツハイマー病の発症リスクも高めるということを、指摘しています。, ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 睡眠不足にストレス、寝る前のスマホ、孤独感。これらが脳に負担をかけ、認知症につながる「脳疲労」を引き起こすことをご存知でしょうか。, 身体的な疲労にくらべて自覚しにくいのが脳疲労のやっかいなところ。自分の「脳疲労度」を把握して、食生活から脳の健康を育むヒントをご紹介します。, まずは、下記の脳疲労度がわかる診断テストで、当てはまるものをチェックしてください。, このチェックリストは、ヘルスフード科学などを専門とする矢澤 一良先生(早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 研究院教授)が監修したものです。, 脳疲労レベル中~高の人は、脳疲労予備軍の可能性があります。8個以上の人は危険信号。日ごろから脳の健康を意識して、脳ケアを取り入れてほしいと矢澤先生は指摘します。, 簡単にいうと脳疲労とは“脳にゴミがたまった状態”。脳の神経細胞にアミロイドβタンパクやタウタンパクといった物質が溜まることによって、脳に炎症が起きているような状態に。これが脳細胞を死滅させ、記憶機能などに障害が生じるリスクが高まります。, 早い人では40代からアミロイドβタンパクが脳に蓄積しはじめますが、恐ろしいことに自覚症状はなく、放置すると最終的に認知症にまで至ってしまう可能性があるのだそう。, 「脳疲労を引き起こす原因は、睡眠不足やストレス、寝る前のスマホなど身の回りにたくさん潜んでいて、すべてを防ぐことは困難です。対策としては、休養と食事をしっかりとって、脳の老廃物を排出することしかない。, 認知症は70歳ごろからの発症率が高いですが、その多くは45歳ごろからアミロイドβタンパクの蓄積が始まっているため、40代から予防の意識を持つことが大切です」(矢澤先生), 成人は睡眠時間を最低でも6~7.5時間とる必要があります。睡眠時間を定期的に取れない人は、深部体温を下げるなど睡眠の質を向上させることで、脳の老廃物の蓄積を解消させられるといいそう。, もうひとつは、ブレインフードと呼ばれる「脳を健康に保つ働きがあるといわれる食物」をとり入れる方法。脳の活性化のために必要な栄養素や、脳機能障害を予防する成分を含む、下記の7つの食品をぜひ取り入れていきましょう。, 7種類のうち、あまり目にしたことがないのはPS(ホスファチジルセリン)かもしれません。リン脂質の一種であるPSは、“脳の潤滑油”と呼ばれる脳の情報伝達において重要なもの。脳のゴミの排出をスムーズにしてくれます。, PSを食品から直接摂取する場合、大豆に換算すると約3.5kg、納豆に換算すると約100パックを毎日食べる計算になるため、サプリメントでの摂取が現実的です。, 経済協力開発機構(OECD)の調査によると、日本の認知症患者の割合は、加盟35か国中で最も高いとのこと。人口に対する認知症有病率は2.33%で、OECD平均の1.48%と比較しても大きく上回る結果となっています。, また、厚生労働省認知症対策総合研究事業の調査によると、高齢になるにつれて女性患者の割合は男性よりも高くなるとのこと。90歳時点で、男性は約40%に対し、女性は1.5倍の60%まで増加してしまうのです。, 「女性は、閉経を境に女性ホルモンの量が急減することで脳疲労が引き起こされやすくなり、脳の老化が促進されます。女性ホルモンは卵巣だけでなく、脳の海馬でも少量ですが作られており、これは海馬だけで使われるため、少量でも記憶力アップにつながります。, 海馬で作られる女性ホルモンは、海馬を刺激することで増やせると考えられるため、読書や脳トレなど脳に刺激を与えることを適度に行うことが将来の認知症予防にもつながるかもしれません」(矢澤先生), 睡眠とブレインフード、そして海馬を刺激することが女性の「脳疲労」対策のポイント。チェックリストで脳疲労度が高かった方は、ぜひできることからはじめてみてください。, 栄養素が濃縮されており、脳のエイジングを防いでくれる選りすぐりの食べ物を6つをご紹介します。, https://www.mylohas.net/2018/01/brainhealth.html?test201808, 人は思わぬところから老化が始まるそう。それは「感情」。感情の老化を防ぎ、体や見た目の老化もストップするには?, https://www.mylohas.net/2018/08/165490brain_aging.html?test201808, 矢澤一良(やざわ・かずなが)先生早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 研究院教授。「日本を健康にする!」研究会会長として、健康的な食生活のための間食の重要性を説く「機能性おやつプロジェクト」を推進。1972年京都大学工学部工業化学科卒業。2014年4月より現職。ヘルスフード科学、脂質栄養学、海洋微生物学、食品薬理学を専門とする。学術論文を130報以上発表(共著を含む)、300件以上の特許を出願している。著書に『機能性おやつ』扶桑社(2012)などがある。, 文/田邉愛理、企画・構成/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock, 「会話が怖い」あなたへ。コミュニケーションをゲームにして楽しむヒント/アナウンサー 吉田尚記さん. 田中智貴先生は お知らせですが、ショップでの購入特典の言霊梵字カードの自動添付が明日迄となります。 3.適度に休養を摂る。 特に記憶力をキープする上で睡眠は大切だ。, 「記憶してからいったん眠ることで記憶が定着するので、ずっと起きているよりも、間に睡眠を挟んだほうが覚えている率が高くなります」と白濱院長。, 寝る間を惜しんで英単語を覚えても、忘れてしまえば意味がない。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー, このように脳の糖尿病でもあるアルツハイマー型認知症は、βアミロイドが蓄積されていった結果引き起こされるものです。, βアミロイドがなぜ溜まっていくのかということですが、これは「糖化」が、βアミロイドの脳内への蓄積を促進しているということが言えるのだと思います。, 実際に、アルツハイマー型認知症の患者さんの前頭葉を調べてみると、健常な人に比べて、3倍以上ものAGEs(糖化最終生成物)が蓄積していることが判明しています。, 間違いなく、脳の糖化がアルツハイマー型認知症の発症を促進していると言えるでしょう。, ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 栄養はバランスよくほどほどに摂らないと。 493, さまざまな業界で活躍する“賢人”へのインタビュー。日本の社会保障が抱える課題のヒントを探ります。, 認知症や在宅介護、リハビリ、薬剤師など介護のプロが、介護のやり方やコツを教えてくれます。, 要介護5のコラムニスト・コータリこと神足裕司さんから介護職員や家族への思いを綴った手紙です。, 講師にやまもといちろうさんを迎え、社会保障に関するコラムをゼミ形式で発表してもらいます。, 漫画家のくらたまこと倉田真由美さんが、介護や闘病などがテーマの本・映画の作家たちと語り合う企画です。, 超高齢社会に向けて先進的な取り組みをしている自治体、企業のリーダーにインタビューする企画です。, 介護食アドバイザーのクリコさんが、簡単につくれる美味しい介護食のレシピをレクチャーする漫画です。, 認知症の母と過ごす日々をユーモラスかつ赤裸々に描いたドキュメンタリー動画コンテンツです。, 介護業界でカリスマの呼び声高い和田行男さんが“理想の介護”を語る動画コンテンツです。, 小規模多機能型施設・あおいけあを舞台に、“あたりまえの介護”を新米介護士が学んでいく漫画です。, ノンフィクションライター・中村淳彦さんが現場の最前線で働くゲストを迎える対談企画です。, 「賢人論。」125回(中編)三宅義和氏「言葉は発した本人に影響を与える。幸せな人生を送られるかは自分次第」, 第771回後期高齢者の医療費が一気に「2割」へ引き上げに!「受診控えで重症化するだけ」との批判の声も, 第949回介護ロボット導入による「人員配置基準の緩和」が提案されるも、事業所の7割が購入を断念, 第947回多くの介護事業所で経営状況が悪化!介護報酬改定の検討が続くも、財務省は引き上げを否定, 第890回高齢になるほど重症化のリスクが高まるマダニ媒介性のウイルス感染症「SFTS」!夏場の農作業時は要注意, ※入居に関する相談用のフリーダイヤルです。求人・入居者への連絡・電話番号等の案内は承っておりません。.