<> 自衛隊の休暇の種類は大きく分けて3つ。「年次休暇・病気休暇・特別休暇」です。自衛隊といえば、毎日いそがしく訓練しているようなイメージですが、国家公務員なので、お休みはちゃんとあります!特に結婚するときなんかは、特別休暇で連続して5日間のお休 %PDF-1.4

%���� 63 11 21 11 B*��q��\�E�U�pwo ��10v�I;@hGi������iƳݚ���`&���g �-!8���-~,3��ցt_dH�`�'>�u�3��w�2ѧaI�/w��*8,�C��*���l�T��X}!�a��Q;o3���6O�orT �J̎��);�B��ז�@t�K �5;�@�t�x7s:T���+y얗x�M�V��O�+?����mQw)�}O�8Y�&p��/�G���A�Rt���,��1�U*�Y6�R�Ԣ�%�M%�PX*Z��=UZK��[I������0�-W�Ep��ĿW��v+�T�]$���幟�FXm��. ご家族が亡くなって葬儀に参列する場合に取られる忌引き休暇。忌引き休暇は確かに会社で取ることはできますが、労働基準法にきちんと明記されているのでしょうか。今回終活ねっとでは、忌引き休暇と労働基準法の関係を見ていきます。ぜひ最後までお読みください。, 社会人として仕事を持っている方の中には、会社や役所に勤めている方も多いでしょう。そして会社や役所で勤めている場合、ご家族の誰かが亡くなった場合は忌引き休暇が取れるケースが多いです。忌引き休暇はご不幸があったときに一定の期間取ることができるため、いざという時でも安心できるでしょう。ところでこの忌引き休暇は、労働基準法に明記されているのでしょうか。確かに労働基準法の中できちんとした規定があれば、安心して休みを取れます。そこで今回「終活ねっと」では、ご不幸があった場合に取られる忌引き休暇が労働基準法できちんと明記されているかどうかを見ていきます。, ご家族にご不幸があって忌引き休暇を取る必要がある方や、忌引き休暇が取れなかった経験のある方などにとって、大変興味を持って読んでもらえる内容となっています。ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。, 会社などで雇用されて働く労働者の方にとって欠かせない法律が、労働基準法です。まずは労働基準法がどのような法律なのかを、簡単に見ていきましょう。労働基準法とは労働三法の1つで、労働者を保護するとともに、最低限の労働条件について定めたものです。1日当たりの労働時間や週当たりの休日、賃金などの待遇などを定めており、労働者を雇用する会社には守る義務が発生します。仮に労働者と会社の間にトラブルが生じ、労働者が害を被った場合は、企業が責任を取ることを盛り込んだ法律です。, 基本的に労働基準法は、労働者の労働条件や待遇についての基準を定めてあるため、休暇についてもさまざまな明記があります。それでは忌引き休暇については、労働基準法でどのように定められているのでしょうか。ここでは労働基準法と忌引き休暇の関係について、詳しく見ていきましょう。, 休日や休暇について一定の規定がある労働基準法ですが、実は忌引き休暇についてはきちんとした規定がありません。言い換えれば会社などで勤めている方が忌引き休暇を取りたくても、労働基準法をたてに主張することができないようになっています。加えて忌引き休暇は法で保障されたものではなく、あくまでも慣習に基づいて各企業や学校が定めている休暇です。このため忌引き休暇をどのような場合に適用するのかは、会社や学校の判断によってさまざまといえます。ちなみに公務員の場合は、自治体の条例によってさまざまですが、常勤職員も非常勤職員も勤続半年以上で誰もが取れる仕組みです。ただし、あくまでも各自治体の内部にのみ適用される条例であるという点は注意すべきでしょう。つまり条例で定められているとはいえ、地域内の企業には適用されないということです。, 会社の場合は、就業規則に忌引き休暇を定めているところもあれば、忌引き休暇について特別な規定を設けていないところもあります。このため忌引き休暇を取れるかどうかは、就業規則に明記されているかどうかでも大きく左右されるといって良いでしょう。, 勤めている会社の就業規則に忌引き休暇について明記されている場合は、忌引き休暇が必要になったときに取得する権利があります。就業規則に忌引き休暇について明記されている場合、具体的にどのようなケースで何日間与えるといったことが定められているのが一般的です。忌引き休暇についてきちんと定めている会社では、多くの場合有給休暇と同じような扱いにしています。このためご家族にご不幸があった場合も、忌引き休暇を取得すれば休暇中も給料が発生する仕組みです。ただし会社によっては就業規則に明記されていても、有給が適用されない場合もあります。このため後からトラブルにならないように、事前に就業規則で忌引き休暇について定めてある箇所を確認しておくと良いでしょう。, 一方で会社の中には、忌引き休暇について就業規則に明記していない場合もあります。このような会社の場合は、忌引き休暇が必要になった場合、きちんと取得できないこともあります。仮に取得できても、給料が発生しない無給の状態で取る羽目になるケースも多いです。ただ実際には、就業規則に明記されていないとはいえ忌引き休暇を取得することを認めるところも多く見られます。このため就業規則に明記されていないことを理由に、忌引き休暇をあきらめるということはしないで、まずは上司などに確認するのがおすすめです。, 就業規則に明記されているにせよ、また明記されていないにせよ、忌引き休暇を取ることが認められる会社は実に多いです。もちろん就業規則に明記されている場合は、一定の日数を有給で取れるようになっていることもあれば、無給という条件で忌引きを認めるところもあります。ほかにも、申請者から見た親等を基準に忌引き休暇を与えるなどの条件が明記されていることもあるため、この点も注意が必要です。ご家族のご不幸にいつ見舞われるのかは誰にも予測がつかないため、いざという時に備えて就業規則を読み返すと良いでしょう。, ここまでは、主に正社員の忌引き休暇について見ていきました。それではアルバイトやパートの場合はどうでしょうか。アルバイトやパートが忌引き休暇を取れるのかどうかも、会社の就業規則雇用契約書に書かれているかどうかが重要になってきます。もし就業規則などに忌引き休暇のことが明記されている場合は、堂々と取得できるでしょう。しかし明記がない場合は、上司や店長などに確認が必要になります。もちろん明記されていないことで、忌引き休暇が取れないこともあるでしょう。なおアルバイトの場合は、正社員の場合以上に無給での取得が条件になりやすいです。中には正社員が忌引き休暇を認められている一方で、アルバイトなどの場合は認められていないケースもあります。以下の記事では、ご家族が危篤になってしまった際に忌引きと扱われるかどうかについて解説しております。ぜひ、あわせてお読みください。, 仕事中などに病院から大切なご家族が危篤という連絡が来た場合、休みを取って病院に駆けつけなければいけなくなります。ここで疑問なのが危篤を理由にした休みは忌引き扱いになるのかという点です。実際のところ忌引きの休みになるのでしょうか。, もし会社に確認しても忌引き休暇が取れない場合は、そのままこらえてあきらめるべきなのでしょうか。実は忌引き休暇が取れない仕組みでも、工夫をすれば忌引き休暇を取得できる方法があります。, もし忌引き休暇を取ることができない場合は、有給休暇(有休)を取得する方法があります。有給休暇は労働基準法39条で認められている休暇のことです。労働者が会社で勤続半年を超えた場合、その半年間で8割以上出勤していれば、1年につき10日の休暇がもらえます。ちなみに土日など休日は有給休暇の対象とはなりません。また労働者が好きな日に有給休暇を取ることも、労働基準法で認められた権利です。このためご家族のご不幸を理由に有給休暇を取ることになった場合は、会社側も基本的には拒否できないことになっています。, アルバイトやパートの場合も有給休暇が取れるのかどうかは、多くの方が気になるところでしょう。有給休暇について定めた労働基準法は、アルバイトやパートなどの場合であっても適用されます。このため同じ会社に半年以上勤めて8割以上出勤していれば、1年で10日間の有給休暇がもらえる仕組みです。なお契約期間があらかじめ決まっている派遣社員などの有期雇用者でも、同じ会社で半年以上働く場合は有給休暇を取得できる対象になります。, 忌引き休暇については取得できる日数が気になる方もいるでしょう。最後にここでは、忌引き休暇を取得できる日数についても見ておきます。, 先ほども見ましたが、忌引き休暇の扱いは会社によってさまざまです。このため忌引き休暇について就業規則で明記されている場合は、その内容によって取得できる日数も決まってきます。だからこそ具体的に取得できる日数については、就業規則を確認することが欠かせません。, 忌引き休暇の日数については、世間一般である程度の目安が決まっています。具体的には故人との関係性によって、以下のような目安が一般的です。, なおご自身が喪主を務める場合は、上記の目安よりもさらに何日か多めにもらえる場合もあります。ほかにも会社の就業規則によっては、上記の日数とは別に移動日のための休暇を認めるところもありますので、この点についても一緒に確認してみてはどうでしょうか。, 忌引き休暇を取得する場合、上記の目安に応じた日数でもらえる場合が多いです。しかし忌引き休暇をもらえた場合、休暇の数え始めや土日など休日の扱いはどうなるのでしょうか。ここでは、忌引き休暇の日数を数える方法について見ていきます。, まず忌引き休暇の数え始めについては、会社によって故人が亡くなった日から数える場合と、故人が亡くなった翌日から数える場合とがあります。数え始めの日と取得した日数によって、いつまで忌引き休暇で会社を休めるのかが決まってくるため、数え始めの扱いもチェックしておくことが大切です。, 忌引き休暇も有給休暇と似ているため、土日などの休日は含まれないと考えられがちです。しかし残念ながら、忌引き休暇の場合は休日の日々も休暇の一部として含まれます。このため長めに忌引き休暇を取る場合は、休日も含まれるという前提で葬儀や移動などの予定について考えるべきでしょう。, 今回「終活ねっと」では、忌引き休暇が労働基準法で規定されているかどうかなどについて見てきました。今回の記事で触れた内容をまとめますと、以下のリストに挙げられる各ポイントの通りです。, 労働基準法とは、労働者の労働条件や待遇などにまつわる最低限の基準を定めた、労働者を保護するための法律である。, 忌引き休暇は労働基準法では規定がないため、会社の就業規則などによって取れるかどうかや、実際に取れる日数・条件などが明記されている。, もし忌引き休暇を取得できなくても、有給休暇という形であれば取ることもできるうえ、アルバイトやパートも条件に当てはまれば有給休暇を取得できる。, 忌引き休暇の日数については、会社の就業規則で決まっている場合や一般的な目安に準じる場合が一般的で、数え始めや休日を含むかどうかも一定の決まりがある。, 忌引き休暇は労働基準法に規定がないため、法律で保障された権利とはいえない部分があります。しかし会社で就業規則に明記してあるケースが多いため、まずは勤め先の就業規則を確認するのが第一にやるべきことです。仮に就業規則に明記されていなかった場合でも、有給休暇を上手に活用すれば忌引き休暇の代わりにできます。有給休暇はアルバイトやパートにも認められているため、アルバイトなどであっても安心して取れる休暇です。なお忌引きをしたい場合は、会社の上司や取引先などに連絡することが欠かせません。以下の記事では、会社や取引先に忌引きの連絡をする場合の方法や適切な例文を紹介しています。もし忌引きが必要になった場合は、ぜひともご参照いただければ幸いです。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。, 親族が亡くなると、葬儀の手配や契約解除など一気に慌ただしくなります。忌引きの連絡も上司、大学、取引先、バイト先など様々な相手にしなければなりません。もしもの時のために、忌引きの正確な連絡方法を覚えておきましょう。わかりやすく、具体的な例文も載せています。, 安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。