こんにちは、ブクログ通信です。 第163回芥川龍之介賞・直木三十五賞(2020年上半期)の候補作が発表されました!受賞作を決める選考会は7月15日に東京・築地の「新喜楽」で行われ、受賞作は同日のうちに発表されます。今回ノミネートされた話題の 【第163【芥川賞受賞作】高山羽根子『首里の馬』、遠野遥『破局』はここがスゴイ! | P+D MAGAZINE TOPへ. 芥川龍之介賞 最新情報 第163回芥川賞は高山羽根子さんと遠野遥さんに決定!(2020年上半期) 第163回芥川龍之介賞の選考委員会が2020年7月15日(水)午後2時より都内にて開催され、下記候補作品の中から高山羽根子さんの「首里の馬」と遠野遥さんの「破局」が授賞作に決まりました。 ?兼近「(りんたろー。の)ダサさがすげえと思ってコンビを組んだ」(てれびのスキマ), QJWeb公式ツイッター RT数ベスト5記事を紹介!<今週のおすすめ記事>11/06~11/12, 平子祐希「家庭の柱になるためには、夢であった芸能を捨てて構わないや」真剣愛妻『今日も嫁を口説こうか』, 信頼関係があればこそ。オードリー&カズレーザーはTAIGAに「いないほうがおもしろい」(てれびのスキマ), 岩井秀人「ひきこもり入門」【第4回前編】母が語る、ひきこもりの子供を持った親としての目線, 「すゑひろがりずは完全に予想外でした」<シリーズ大宮セブン#3>「大宮ラクーンよしもと劇場」覚野公一支配人. 第163回芥川龍之介賞の選考委員会が2020年7月15日(水)午後2時より都内にて開催され、下記候補作品の中から 高山羽根子さん の 「首里の馬」 と 遠野遥さん の 「破局」 が授賞作に決まりました。 ブログを報告する, 第40回野間文芸新人賞① 候補作まとめ、受賞作予想『双子は驢馬に跨がって』金子薫(河出書房新社), 苦しみ抜いて強くなり、そしてやさしくなる〜『売野機子のハート・ビート』売野機子(祥伝社), 「在る」あるいは「居る」ということ〜『緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道』山本昌代(河出文庫), 後味爽やか、だが、それだけでは終わらせられない〜『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎(創元推理文庫), 第163回芥川賞② 番外編Ⅰ直木賞受賞作予想 澤田瞳子『能楽ものがたり 稚児桜』(淡交社), 性被害に遭うのって性的な価値を持っていると認められるということだから羨ましく感じてしまう瞬間があってそんな自分が許せない〜「改良」遠野遥、「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」大前粟生(『文藝』2019年冬季号), 高尾長良「音に聞く」(『文學界』9月号)、高山羽根子「カム・ラウンド・ギャザー・ピープル」(『すばる』5月号)、李琴峰「五つ数えれば三日月が」(『文學界』6月号)、乗代雄介「最高の任務」(『群像』12月号), 第162回芥川賞① 候補作予想「如何様(イカサマ)」高山羽根子(『小説トリッパ―』夏号), 思春期をちゃんと書く、書きすぎる ~「ラジオラジオラジオ!」加藤千恵 『ラジオラジオラジオ!』(河出文庫)所収~. è³žãƒ»ç›´æœ¨è³žã®é¸è€ƒä¼šã¯ã€ä»¤å’Œ3年(2021年)7月14日(水)に行います。取材のお申し込み等は.

巨大な螺旋状の塔内に存在する無数のカジノが、その国の観光資源だった。ルイはある思惑を抱いて、上へと伸び続ける塔を訪れるのだが……。200枚一挙掲載。(『すばる』HPすばる - 集英社より), 『すばる』3月号巻頭作。『すばる』と言えば先の芥川賞受賞作、古川真人「背高泡立草」を出した文芸誌である。5大文芸誌というくくりで『文學界』『新潮』『群像』『文藝』らと肩を並べているが、芥川賞受賞作の数は最も少ない。三木卓「鶸」、金原ひとみ「蛇にピアス」、田中慎弥「共喰い」、次いで上述の古川氏。本作が芥川賞を受賞すれば『すばる』としては5作目の受賞作となる。芥川賞レースとしては手堅いとは言えない雑誌だが、今回取り上げる「黄色い夜」はどうか。, 物語の筋は、ルイと名乗る日本人の青年が、旅の途中に出会ったピアッサというイタリア人とともに、海外のカジノを乗っ取ろうと企む、というもの。舞台はエチオピアの隣のE国。E国は資源もなく観光にも向かない砂漠だが、カジノによって立国している。上へ上へと伸びるカジノ塔だけがE国で潤沢に輝いている。その最上部に国の元首がおり、ギャンブルで勝利すれば国をひっくり返すこともできるという。それがE国という国家のあり方である。, カジノに群がるように欧米諸国の富裕層が集まる。現地の民は彼らから富を得ることで生きてゆく。それも満足に得られているとは言い難く、塔の中で奪い奪われているに過ぎない。旅の者である日本人ルイが、そんなE国の構造に挑む。, 塔の60階以上の上層部に各国の富豪たちは集まってくる。そこに入るには高価な会員証が必要だが、これは下層部の各フロアにいる元締めからも入手可能である。これを手に入れるために元締めたちに様々な知略を巡らしてゆくさまは、ボスを倒しながら進んでゆくロールプレイングゲームのようで面白い。, P18でルイが言った「訪れた人を蘇らせる」とは何か。ルイの目指す国とは、一国をして巨大な開放病棟にしてしまうことである。それは天真爛漫で純粋であるばかりに、袋小路に迷い込んだ人や社会の自意識を無条件に突破させるためのものである。狂気こそ、トランキライザー、つまり精神安定剤から人間を呼び覚ますために必要であり、皆が否応なしに抱える狂気が共存できる国を作ることがルイの理想であった。砂嵐吹き荒れるE国の「黄色い夜」に、寛解の見込めない患者を受け入れる。そうすることで、ルイは恋人を救いたかった。天使爛漫で純粋なミュージシャンであった恋人を。結果がどうなったかは作品を読んで確かめてほしい。, 宮内さんの作品は、異国の情景描写や旅の風情に旨味が詰まっている。テーマがどうとか御託は抜きにして、読書体験が楽しめることと思う。, ストーリー性に富んでおり、芥川賞のフィールドには馴染まないかもしれない。ネタバレにならないよう今回は記述を控えめにしているので、図書館などで借りられればぜひ読んでみてほしい。, 開設している現在、何を書くか決まっていません。書くべきだとも思いません。こういうインターネット上の場末はどれくらいあるんでしょうか。, tsunakokanadaraiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 高山羽根子『首里の馬』、遠野遥『破局』の2作の受賞が決定した第163回(2020年度上半期)芥川賞。その受賞候補となった5作品の読みどころを、あらすじとともに徹底レビューします!, 2020年7月15日に発表された第163回芥川賞。高山羽根子『首里の馬』、遠野遥『破局』が見事受賞を果たしました。, 『首里の馬』は、沖縄の歴史を記録保存する郷土資料館の手伝いをしている主人公・未名子の家の庭に一頭の宮古馬が迷い込んでくるという、どこか奇妙ながらも胸を打つ物語です。高山羽根子さんは今回が3回目の候補入りで、純文学ファンからは長らく受賞が期待されていました。, 『破局』は、有名私大で充実したキャンパスライフを送る「私」が主人公の物語。一人称の視点を巧みに用い、「私」のどこかいびつな社会観や人間観を通してひとりの人物の世界を描き切った意欲作です。, ————————————————————————————— 太宰治の孫・石原燃の芥川賞候補作を読む。「太宰の孫らしさ」を求めるより、津島佑子へのレクイエムとして味わいたい; 第163回直木賞全候補作徹底討論&受賞予想。本命、馳星周『少年と犬』は7度目の正直か?だが『稚児桜』ビルも夢がある 母子家庭で育った千夏と、千夏の母の友人である芽衣子。ふたりは家族の死をきっかけに、芽衣子の故郷であるブラジルに向かうことになる。, トヨキ:続いて『赤い砂を蹴る』。身内を失った人の心境の描き方であるとか、母子家庭のなかで育った主人公の家族との関わり方などが最初から最後まで非常に誠実に書かれていると感じ、純粋に、とても感動的な作品だと思いました。, 五百蔵:僕はこの作品、ブラジル移民の生活のディテールであるとか、彼らの存在が戦後からの流れのなかでどのように位置づけられているか、というのがよく書かれているなと感じた一方で、どうしてもそれが「よく調べたこと」に留まってしまっているような印象を受けました。そのことが主人公にとってどのような意味をもたらしているのか、というところの書き込みが足りないように感じ、エピソード集のように思えてしまった部分はあるかもしれません。, 菊池:たしかに、没入できるような感覚はやや薄かったです。作品に登場する芽衣子さんというキャラクターは日本でもブラジルでも移民に位置づけられてしまう、宙に浮いた立場にいるんですよね。日本には移民問題がない、と思われている風潮へのある種の問題提起というか、社会問題を炙り出したいという作者の意欲は強く感じました。今回の候補作のなかでは、歴史性や社会性がもっとも前面に出ている一作ではないかと思います。, 五百蔵:移民の人々の現代的な寄る辺なさを描きたかった、というのは非常によく伝わってきます。おそらく構想としては、日本とブラジルそれぞれのローカルな事情をしっかりと書き込むことでその寄る辺なさが浮かび上がってくる、としたかったんじゃないかと。でもそれがただ“ふたつの国の間で宙ぶらりんになっている”ということの描写で止まってしまっているのではないか、と僕は感じました。, 菊池:たしかに、主人公が傍観者に徹してしまっているのはこの作品の弱みかもしれませんね。, 五百蔵:そうですね。……いま話していて思ったのですが、石原さんは劇作家としてこれまで戯曲を書かれてきているんですよね。そういう意味では、あるテーマに関連する複数の歴史的な事象をひとつの舞台のなかで入れ子のようにして描くという、演劇的にはポピュラーな手法を用いているのかもしれないと感じました。僕がいま言った、主人公があらゆるできごとを傍観している物足りなさのようなものは、身体性をもって舞台の上で彫り込まれていくとしたら補填されるな、と……。, トヨキ:たしかに、舞台装置が回転してふたつの場所を行き来するようなイメージで読むととてもしっくりくる作品だと思います。, 菊池:すこしだけ作品の外の話をすると、石原さんは太宰治氏の孫にあたる方ということで注目を集めていますが……。1935年、芥川賞の記念すべき第1回の受賞作が石川達三氏の『蒼氓』という作品だったんですが、これは日本からブラジルに移民しようとする家族たちの姿を描いた話なんです。実は、そのときの候補作には太宰氏の『逆行』も入っていました。『赤い砂を蹴る』に出てくる人物たちは『蒼氓』で出てきた人たちのちょうど孫ぐらいの世代になります。85年の月日が経ち、太宰氏の孫がブラジル移民の姿を描いた作品で候補入りしているのは、非常にドラマティックなものを感じてしまいます。, 出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B083XVGZBR/, 【あらすじ】 2020年07月15日 16:21 第164回(令和2年下半期)芥川賞・直木賞の選考会は、令和3年(2021年)1月20日(水)に、第165回(令和3年上半期)芥川賞・直木賞の選考会は、令和3年(2021年)7月14日(水)に行います。取材のお申し込み等はこちらからお願いします。 芥川龍之介賞には、3度目の候補入りでの初受賞、『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』等の著作で知られる高山羽根子(たかやま・はねこ)氏と、2019年『改良』で第56回文藝賞を受賞しデビューした1991年生まれの新鋭、遠野遥(とおの・は … 生き飽きた気分になっていた「私」に、学生時代にバイトをしていた映画館から“映写機の葬式をする”という知らせが届く。「私」は1枚の写真を手がかりに、古い記憶をめぐる謎を解き明かしていく。, トヨキ:まずは『アウア・エイジ(Our Age)』から、お二方はどう読まれましたか?, 菊池:まず、書き出しで一気に引き込まれました。“「映写機の葬式をあげるから、ぜひ来ないか」”という一文がとにかく魅力的ですよね。映写技師という仕事のディテールも丁寧に書き込まれていて、読んでいて社会科見学的な楽しみ方ができました。僕もそうなのですが、映画『ニュー・シネマ・パラダイス』などで映写技師に憧れたことのある人が読むとたまらないんじゃないでしょうか。ミスミという女性にまつわる記憶の謎を辿っていく、ミステリ的な展開も非常に面白かったです。, 五百蔵:この作品の主人公は神楽坂にある名画座で働いているという設定ですが、この劇場って映画マニアにとって聖地的なところなんですよね。僕も映画好きなので、当時カルト的だった作品を繰り返し上映してくれる劇場のひとつとして80年代にここに通い詰めた記憶があり……。だから正直、作品の趣旨とはすこし違うところで親近感を覚えてしまうんです、『アウア・エイジ』は(笑)。菊池さんと同じく、一読して非常に面白いと感じたんですが。, トヨキ:映画好きの血が騒ぐ作品なんですね(笑)。私も、今回の候補作のなかでは最後まで一気読みしてしまう求心力のようなものがもっとも強い作品だと感じました。ただ個人的には、謎を解くことがストーリーの主軸になり、エンタメ要素が加速する後半につれて、すこしだけ作品の魅力が薄れていくような印象も受けてしまいました。, 五百蔵:たしかに、後半ですこし失速してしまう感じはありますね。ラストに近づいて「塔」が見えてくるところなども非常に面白いんですが、それは純文学的な魅力というより、構成や人物の配置の巧みさから生じる面白さだという印象でした。魅力的な伏線がたくさん飛び出てきてはそれがひとつずつクリアになっていく爽快さもあるのですが、作品のテーマそのものが終盤に向かうにつれて深まりを見せていくかという点では、議論の余地があると思います。, あと、弱点を挙げるとするならば、この作品の主人公は、世界に対してどのような態度をとるべきかを最初から最後まで確定しきれない人物として描かれているんですよね。確定できない人物を描くことそれ自体はいいのですが、読み手も作品を読んでいる間、同じように宙ぶらりんな状態にさせられてしまって、その体験が読後に私たちに残してくれる手応えのようなものがすこし弱いのかなと。, トヨキ:世界に対する主人公の関わり方を、一人称の視点のなかでどう描くか、という話でしょうか。, 五百蔵:そうです。おそらく作者はこの作品のなかで、他者にとってはさして大きな意味を持っていないとしても自分だけはそれを強く記憶している──というできごとに対し、自分だけが世界から取り残されているような寂しさと同時に、世界との唯一の接点であるその寂しさを手放さないようにするんだ、というこだわりも持っている人物を描こうとしたと思うんです。そのジレンマをもうすこし掘り下げてほしかった、と感じました。一人称でしかできないことをしているという観点で言うと、僕は遠野さんの『破局』のほうが優れていると思いました。, 出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B085RQN6ZZ/, 【あらすじ】