- 日曜9時は遊び座です - 笑うと泣くぞ…ダハ! - 二郎さんのOh!マイおやじ - さあ!どうする!  公開:2020-06-26 趣味はハンドメイドの小物作り、読書、音楽鑑賞、陶芸、犬と遊ぶこと. - 欽ちゃんのどこまで笑うの!? 趣味はディズニーリゾートでのショー&パレード鑑賞。フルート。読書。ジョギング。居酒屋めぐり。, 1966年5月27日生まれ。埼玉県出身。AB 型。ふたご座。 - 女・おとこ - 日本一のおかあさん - オールスター家族対抗歌合戦(オールスター春秋の祭典スペシャル) - 日本テレビ音楽祭 - 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 - シャボン玉ボンボン - 欽ドン! 2020年6月11日放送の「垣花正 あなたとハッピー!」に萩本欽一さんが出演した。 垣花さんのクロススキップ! ?4 - 木曜スペシャル - 土曜トップスペシャル - 土曜スーパースペシャル - スーパースペシャル - 2年越し!超超興奮!仰天"生"テレビ! - 欽ちゃんの気楽にリン - 欽きらリン530!!

アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」. Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. 垣花さんは、むしゃむしゃ食べ... 1972年1月1日沖縄県宮古島出身。 学生時代には「欽ちゃん劇団」に所属した経験も持つ。 1994年ニッポン放送入社。「オールナイトニッポン」を経て「ゲルゲットショッキングセンター」ではモヒカン頭で「クールK」と名乗り、若者の兄貴的存在となる。その後、「ニュースわかんない」「朝はニッポン一番ノリ!」など情報番組のパーソナリティを経験。趣味は読書、人間観察、サイクリング。, 東京都出身。『玉置宏の笑顔でこんにちは!』『朝はニッポン一番ノリ!』『テレフォン人生相談』などを担当。落ち着いて温かみのある語りは聴く者を安心させる。趣味は、旅行、読書、散歩、水泳、観劇...。暴走・脱線しがちな垣花アナやコメンテーターを、冷静にまとめるハッピーのお母さん的存在。, 1997年1月31日生まれ。秋田県出身。みずがめ座。 五・七・五・七・七... ラジオでお電話出演してみませんか?? !横浜ベイスターズ応援プロジェクト』が立ち上げられた。第一弾として、4月の横浜公式戦で特別観戦チケット『欽ちゃんチケット』を販売された。始球式を務めた4月12日の中日戦は横浜が勝利し、以降横浜が健闘したことで、萩本が自ら販売を申し出たという[18][19]。, 萩本は一般の素人や、芸人以外の著名人などを積極的に番組に起用し、コメディーの才能を見抜いて引き出すことに長けていた。自身の経験から、その応用として素人にはプレッシャーをかけてわざと失敗するよう仕向けていた。これは「二郎さんのようにプロとして失敗する芸を身に着けるには、10年かかるから。若い人が出られなくなるから」として、素人にそのチャンスを与えたという考えからだという。またエキストラの活動をしていた時代の挫折の経験がこの下地になっていることもある[4]。, 志穂美悦子(女優)、前川清を始めとする内山田洋とクール・ファイブのメンバー、中原理恵(歌手)、真屋順子(舞台女優)、志賀勝(俳優)など、それまでお笑いに縁がなかった面々を自分の世界に引き込み、世間に新たな側面を見出させた。さらに「欽どこ」で若原一郎を、「オールスター家族対抗歌合戦」で近江俊郎を人気復活に導き、タレントとしての才能を発揮させ、歌手時代を知らない若い世代にも知名度を広げた。また萩本は「おしゃれカンケイ」に出演した際に、かつて司会を務めた「スター誕生!」の裏話として、「山口百恵が実は不合格だったが、他の出場者の出番の間、身動き1つせずじっと他の出演者のオーディションを見ていた姿勢を見た萩本が、『百恵ちゃんは必ず大物になる』とプロダクション側に訴えた結果、不合格が合格になった」と話した。その後山口百恵は1970年代を代表するアイドルへ成長することになる。, 「視聴率100%男と言われたのも運の力」というほどの運の持論があり、「運を貯めるのや使うのが上手い人が『運のいい人』」「運で一番大事なのはよく寝ること。(欽ドン・欽どこ・欽曜日の)3番組同時期にやっていた頃も、朝10時起きて夜3時に寝るサイクルがきちんと出来ていた」「がっついてる奴は運が逃げている。逆に間抜けな奴ほど運を持っている」と言う。そのことから、オーディションの時も「運を持っているかどうか」を重視する。また「パジャマ党」「サラダ党」の放送作家たちにも、運を貯めさせるために自分から何も教えず、不安を我慢させながらも5年は辛抱させたという[4]。, 欽ちゃんファミリーの勝俣州和は、2008年12月27日放送の「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン」で披露[20]したところによると、自身のデビュー当時に萩本から「お笑いは、ネタを振る・ボケる・ツッコむの繰り返しなんだ。ネタを振ってウケたらもっとネタを振れ、ボケてウケたらもっとボケろ、ツッコミがウケたらもっとツッコめ。それがどんどん回りだして大きな波になったら、お前はスターだよ」と教わったという。しかし、それを真に受けた勝俣は、萩本に対してフラフラになるまで激しく叩きツッコミをしてしまい、番組の収録が一時中断するハプニングに至ったとも語っている。, 他方、萩本は自番組で人気と知名度が高まった面々について、ファミリーよろしく他の番組でも無条件に使い続けるということはなかった。, 萩本自身が芸に対しては細やかかつ厳しく、萩本の番組に出演したことで強い色が付いてしまった結果、その後の俳優やタレントとしての活動に制約が生じ、完全に低迷してしまう例も多く見られた。彼らが人気と知名度を獲得したのは、多くは萩本の力によるものであるにもかかわらず、自分の実力を過信してしまう例もあったと言われ、長江健次は自身の過信から、一時期、萩本と険悪な関係になったことを後に認めている。, 萩本は大のアドリブ嫌いと言われることが多く、コント55号のコントでもアドリブを連発する坂上二郎に対し、舞台裏では「二郎さんが台本通りやってくれない」と毎回楽屋で泣いていたという逸話がある。しかし一方で、齋藤太朗(日本テレビディレクター)の「台本どおりのコントをやって欲しい」との要求に対し「演者には演者としてのプライドがある」と反発し、舞台ではアドリブを連発していたとのエピソードもあり、決してアドリブ否定派だったわけではない。, 萩本は後にインタビューで「なんで台本どおりやっちゃいけないかというと、台本には間がないんですよ」「どんなにいい台本でも、ひとたび間を入れると微妙にセリフが変わってくるものだから」と語り、舞台上で重要な間の取り方との関係から、アドリブはコントにおいて必要不可欠なものであることを認めている[21]。他にもアドリブについて「台本をやらないんじゃないんだよ。台本どおりやって外すんで、急遽それをカットして取っ替えるんです。でも、取っ替えてでもお客さんに笑ってもらわないと、衣装も小道具もみんな無駄になるし、見てるお客さんもつまらないですから」と語っており[21]、コント演者にとって客を楽しませることこそが最も重要であり、そのためにはアドリブも辞さない姿勢を示している。萩本本人も、これは稽古無しでいきなり本番だった東洋劇場などの浅草の舞台での修行が、台本通りの動きを求められたテレビの世界で全く役に立たず馴染めなかった経験から来ているといったことを話している[4]。なお、吹替を担当した『ウォレスとグルミット』シリーズでは原語版を殆ど無視したアドリブを連発するなどの独自のアレンジを加えており[22]、アドリブで持ちネタを披露したものの編集でカットされてしまった事もあった[4]。, 2017年より、台本無し・リハーサル無し・アドリブ主体のバラエティ番組「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」を開始。, 萩本が「尊敬するコメディアン」としてチャップリンの名を挙げていたことから、1971年1月にフジテレビの番組企画で、当時スイスに隠棲していたチャップリンに面会している。実のところ、萩本は「世界で一番有名な人だから」という程度の意識で彼の名を出していたに過ぎず、このときはチャップリン映画も2本しか見たことがなかったという[23]。, 当時のチャップリンは、誰にも面会しないと言われており、企画した側も実現するかどうか危ぶんでいたが、萩本は「むしろそういう相手だからこそ会ってくれるだろう」とスイスに出かけた。萩本に与えられたスケジュールは4日間で、初日は予想通り警護の人間から「チャップリンはいないから会えない」と謝絶を受ける。翌日は車で帰宅するチャップリンと窓越しの対面を果たすが、邸内にはやはり入れなかった。3日目には、かつてチャップリンのマネージャーを務めた高野虎市の「日本人、特に女性が好きなので女性を連れて行けば会えるだろう」とのアドバイスに基づき、土産の博多人形を携えていくが、マネージャーから「預かりはするが、日本からの客人が置いていったとだけ伝える」という冷たい対応を受ける。そして最終日、せめて敬意を持っているという気持ちだけでも伝えたいと粘ったものの、マネージャーはやはり会わせないという返答であった。萩本が怒りと失望から、日本語で「あの(ヒューマニズムにあふれた)映画は嘘だ」などと大声で叫んでいると、それを聞いたチャップリン本人が「何事か」と出てきて暖かく迎え入れ、面会を果たした。萩本によると、いろいろとたかりに来るような訪問者がいたため、マネージャーが来客を会わせないようにしていたという。, この面会以降、萩本はチャップリンに対して心からの敬意を抱くようになり、作品も全てきちんと見ることとなった。1977年12月、ニッポン放送『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』の生出演中にチャップリンの訃報を伝えられると、萩本は思わず泣き出した。, NHKで「ワースト脱出大作戦」シリーズに出演したこともあり、公共キャンペーンCMに出演することも増えた(#坂上二郎の死と東日本大震災も参照)。, テレビの「欽ドン!」のヒットで時代の寵児となっていた頃に結婚を発表したが、相手が浅草での駆け出し芸人時代に知り合ったストリッパーだったことから名前などの詳しい情報は伏せるようマスコミに要望を出している。, 妻との間に3人の息子がおり、一般人という理由で長らく公表されなかったが、2007年に刊行された自伝『なんでそーなるの!』(日本文芸社 ISBN 978-4537254686)において実名入りで紹介された[注 5]。また、2014年12月に日本経済新聞で連載された「私の履歴書」でも結婚に至る詳しい事情や家族のことが実名入りで紹介されている。2020年10月には『週刊文春』の取材の中で、妻ががんで4年前から闘病し、8月28日に82歳で死去したことを明かしている[25]。, 2011年、3月10日にコント55号の相方だった坂上二郎の死、そして翌3月11日に日本を襲った東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)と、萩本は2日連続で大きな出来事に見舞われた。その際において、以下のようなエピソードがある。, パジャマ党は、萩本欽一の番組に関わる構成作家集団で、「欽ドン!」などのヒットにも貢献したブレーンでもある。構成員のうち、鶴間・大倉・益子・君塚の4名は次世代の集団として「サラダ党」と称していたこともある。萩本自身も「秋 房子(あき ふさし)」の筆名で番組構成にも関わっていた。, 秋 房子(あき ふさし)というペンネームについて「番組を女性が書いているものと思わせたかった」とテレビ朝日の開局記念番組である『超大ヒット人気番組ぜ〜んぶ見せます!スペシャル』内で語っていた。実際に視聴者から届いたハガキは女性と思っていた人が多かった。, スター誕生!