SNSに投稿された画像が37万いいねの大反響「夜中に目があったら叫んじゃいそう」, Aqours声優・小林愛香が“オシャレ民泊”でゲームに挑む!必死に「けん玉」をする姿がキュートすぎた生放送を振り返ってみた, 「王将の餃子乗せることしかできない」 アフタヌーンティー文化が無い人のケーキスタンドの使い方が「なかなかイイ」と話題に, 500歳年上エルフと結婚 見た目以上に年の差な夫婦漫画に「そっちかよ」「560歳の包容力すごい」, 猫「ちこくだニャ!(怒怒)」 遅れてあせる飼い主、廊下を曲がるとそこには…… 激オコ顔の猫ちゃんが迫力満点, 動機は“朝食を作ってくれない” 交際相手の女性、その母親、姉の3人を銃で撃って殺害した男が逮捕. しょっぱいとは、「塩辛い」「情けない・恥ずかしい」「けちな」「嫌な」を意味する方言。, 「しょっぱい」は、「しおはゆし」「しわはゆし」の転。「鹹し」と書く。 」, 検索ランキング

試合(しあい)はスポーツ、遊戯などで競技を行う事、またはその出場記録を指す事もある。競技によっては、「取組」(相撲)・「対局」(囲碁・将棋)など別の表現を用いる場合もある。, 野球においては、試合に出場した選手はどの様な形の出場[注釈 1] であれ、試合出場が記録される。また、年単位ではシーズン中に1試合でも出場が記録されれば実働年数1年と扱われる。, 投手としての試合出場は登板として区別されることが多い(打撃成績としての試合出場も記録される)。投手が投手以外のポジションで出場することは稀なので、多くは登板数と試合出場数は一致するが、投手以外のポジションで出場したり、交代で告げられたが実際には投げなかった場合などは、打撃成績としての試合出場のみが記録されるため、登板と試合出場の数が一致しないこともある。特に予告先発制度がなかった時代の投手は偵察要員として試合出場が記録されることがあり、登板数と試合出場数が一致しないことが多い。, サッカーにおいては、試合に出場した選手はどの様な形の出場であれ試合出場が記録される。ただしJリーグの場合、記録されるのはJ1のときのみである。, プロレスでは、シリーズ当初から出場予定がない場合には連続出場がストップしない。ジャイアント馬場はデビュー以来3000試合無欠場記録を達成したが(1980年)、これは「デビュー以来の日本プロレス・全日本プロレスの全ての興行に出場した記録」ではなく、海外遠征による欠場を間に挟んでいる。また、真琴も2006年のデビュー以来2010年8月21日にWWEトライアウト受験のため欠場するまでアイスリボン全大会連続出場を続けていたが、イベント大会分はカウントされておらず、それらの2大会の欠場を間に挟んでいる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=試合&oldid=76938594. 「戦う姿勢を見せてくれたという意味では嬉しく、選手たちを誇りに思うが、負けという結果に関しては悔しく思う。日本相手に前半は良い内容で対等にやれた。その点は特筆すべきだと思う。後半はPKもあり退場もあって展開が難しかった」, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 芥川竜之介「江口渙氏の事 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, …してみれば〈哲学〉は,どの文化圏にも見られる一般的な世界観・人生観・道徳思想・宗教思想などとはやはり区別されねばならないものであろう。むろん西洋にもそうした世界観・人生観はあり,それが哲学のうちに混入したり,哲学知の実質的内容をなすことはあったにしても,それと哲学とのあいだには一線が画されるべきなのである。そして,近代ヨーロッパの科学知や科学技術がこの哲学から派生したものだとすれば,〈哲学〉と呼ばれるこの特殊な知は西洋の文化形成,少なくとも近代ヨーロッパの文化形成と本質的に結びつくもの,あるいはむしろその形成原理を提供するものであったと考えてよいことになろう。…. 試合放映スケジュール. 試合日程・結果. 選手の登録・抹消情報. ID: bdIS8W/rvE, 2020/03/04(水) 16:18:11

他球場の試合経過・結果. しょっぱいとは、「塩辛い」「情けない・恥ずかしい」「けちな」「嫌な」を意味 ... プロレスの場合は主に、観客を満足させるに足りないような試合 や、舞台内外で観客を満足させるパフォーマンス能力に欠けるプロレスラーに対して“しょっぱい”という評価が下される。試合で弱くてもヤ ID: W2BPODdX+S, 2019/06/07(金) 13:27:07 塩試合とは主にプロレス界で使用される言葉で、「つまらない試合」を意味する言葉である。単に「塩」と言われる事もある。会話で使う場合は「しょっぱい試合」と言う事もある。, 新日本プロレスの平田淳嗣がある試合のインタビューの際に「しょっぱい試合ですいません」と言った事から「しょっぱい=なさけないor恥ずかしい」という意味合いで知られるようになり、「しょっぱい→塩」と言う事から、いずくともなく塩試合と言われるようになった。ただこの言葉自体が自然発生的なので諸説あると思われる。, また、これまでは「塩っ気のある味」と言う意味で使われていた「しょっぱい」と言う言葉が隠語で使われてる意味で世に広まった瞬間でもある。, 元々「しょっぱい」という言葉は大相撲の用語で「弱い」と言う意味であり、塩の撒かれる土俵に這う(=負ける)様子を表した事から由来している。なので、プロレス界で使われる「なさけない」や「つまらない」と言う意味は本来はない。この後でも説明するがプロレスは勝ち負けよりも試合展開や見せ場の演出が重要であり、単純な強さが絶対的な指標ではない。力で勝っていても、試合が面白くできなければ負けであり、実力がない意味での「弱い」となる。こうした事情から「しょっぱい」の意味が変化したと思われる。, 元々、日本のプロレス界の礎を築いた力道山は大相撲出身であり、また現役を引退した力士がプロレスラーに転向する事も多かった事から大相撲由来の隠語が多く存在し、例としては「ガチンコ」があり、これもまた広く世に知られている。隠語以外にも選手育成に際して付き人制度があったり、興業に際しては巡業の形態をとること、相撲のメッカである両国国技館で度々試合が行われるなど、文化や慣習の面でも大相撲の影響が大きく出ている。, 上記のように日本のプロレスはかなり特殊なバックグラウンドがあるわけだが、この以外にもプロレスが他の格闘技にはない特徴としてエンターテイメント性が強い事があげられる。, 言ってみればプロレスとは試合のみならず、アングルやギミック、抗争などを含めた大規模なドラマのようなものであり、勝つまでの試合展開が重要である。そして年間に何十何百と試合をするので怪我防止の面で特に受けが重要視される。受け身三年と言われるほどに受けと言うのは奥が深く、相手の繰り出す大技を受け身によってダメージを吸収しつつ互いの技の美しさと激しさを我々に伝えている。つまりドラマ性と技と技のくりなす芸術性がプロレスの醍醐味である。, 安全を確保しながらも激しさを伝えられることこそが一流ともいえる中で、対戦相手の受けのテクニックが上手くない場合、レスラーとしては安全確保の為、下手の方のテクニックに合わせざるを得ず、思うような試合展開をする事が出来ない。他方、見る側もぎこちなさや試合の単調さなどを覚えるであろう。つまり、受けができないという事は攻め側は観客の目を楽しませる大技を繰り出す事が出来ず、勝っても観客は満足を得る事が出来ない。, そしてしょっぱいと言うイメージは何も弱いイメージのレスラーに限った事ではない。プロレスが一種のドラマのようなものである為、一般的なイメージにおける「強い」レスラーでも一方的すぎる試合や単調で盛り上がりに欠ける展開を連発すれば選手としてしょっぱいイメージがとりついてしまう。, また、あまり公言されていないが所謂ブックと言われる試合進行のシナリオも非常に重要であり、試合全体の展開となるアングルと共にプロレスをエンターテイメントとして盛り上げる要素の一つである。これを作成するブックメーカーの手腕如何で試合の盛り上がりが左右されるわけであり、アングルやギミックを生かしきれないブックや盛り上がりに欠けるブックであれば、選手単体でだけでなく団体としてしょっぱいイメージが取りついてしまう。, 要するに塩試合になってしまう条件としては選手の能力不足・試合運びにおいて山場や見せ場を作らない、あるいは作れない(その技量を持ち合わせてない)・マッチメイカーの技量不足に概ね集約されると思われる。, しょっぱいイメージが取りつくと、それを払しょくする事は難しく、選手であればアングルなどの展開を広げづらく人気が出ず、団体であれば動員数に直接関係してしまう為、最悪団体の消滅と言う事もあるのでプロレスラーを含めてプロレス団体は塩認定される事を何よりも恐れている。しかし選手としては弱くとも、受けが出来たり、マイクパフォーマンスなどで観衆を楽しませる事が出来れば「しょっぱい」と言うイメージは避けられる。, 塩試合、及びしょっぱいという言葉が広く認知されるに従い、その用法や新語も色々と広がり(?)を見せている。塩試合の同意語として「塩漬け」(但し、どちらかと言えば試合内容が膠着した物に使われる事が多い)、しょっぱいレスラーの事を塩レスラーと言ったり、しょっぱい選手の名に塩を絡めたもの(かつての佐々木健介が「佐々木塩介」と言われていた)、しょっぱさが余りに過ぎると塩分多め・塩分過剰などと表現されたりする。, プロスポーツにおいてはプロレス以外にも使用される事が近年多くなっている。K-1やボクシングと言った格闘技や意外な所ではサッカーなどでも使用される。プロスポーツはアマチュアとは違い、お金をもらう以上は観衆を楽しませるという側面もあるので、プロレスと同じようにしょっぱいイメージがつくと観客動員にも響くので、プロレスと同じように塩認定を恐れる。, また芸能でも同じように使用される事がある。有名なのはAKBの握手会での対応がそっけなかったり、冷たい対応について「塩対応」と呼ぶ事がある。日常会話においてもタレントがしょっぱいという言葉を使う事で一般的な認知度が上がり、「しょっぱい仕事」「あいつはしょっぱい奴だ」という風に使用されることがある。なおここでのしょっぱいとはケチ程度の意味合いである。, ニコニコ的には文字通り塩試合なプロレスや格闘技の他にも、格ゲーでAIがおバカな為、gdgdな展開になってる場合にも指す事がある。またプロレス系ゲームで(主にTAS系動画で見られる事だが)リングアウト狙いでハメ技などで20カウント近く待って19.8ぐらいでリングに戻ると言う金返せ・暴動必死レベルのプレイをする動画に貼られる事がある。とりわけマッスルボマー界隈においてはこの手の動画が多く上がっていることもあり、その塩っぷりに魅せられた視聴者がいるとかいないとか。, 主に貼られるタグは塩試合が多いが、他にも塩分過剰と言った文言や選手名と塩を絡めたものとなっている事が多い。, 言うまでもなくこの言葉の持つ意味はネガティブなので、ネタ以外での塩分の過剰摂取は控えましょう。, これに相応する言葉としては「boring(match)」や「(you) suck」であろうと思われる。なお特に塩レスラーをいう場合は「shitter」と言われる。, また特にアメリカにおけるプロレスは試合展開以上に選手の資質やキャラクター、とりわけカリスマ性やマイクパフォーマンスが重要視されるので集客(draw)出来る事が指標となる。したがって、それが出来ないレスラーは「No-draw」であったり「Anti-draw」と蔑称される。, 2018/11/02(金) 22:16:50