シリーズは本作を含め、6作あります。

『フットボール・アカデミー 3 PKはまかせろ!GKトマーシュの勇気』

2 ニコの大ピンチ』 要は 『キャプテンはつらいぜ』キャプテンシリーズ(1) 進学後も安心して学習できるところまで1対1で徹してサポートします!, 〜365日まいにち出しているブログ・メルマガ・YouTube動画が、学びたいあなたへ触発となれば幸いです〜, 【略歴】 今回は、小学生にとってポピュラーなスポーツの習い事を、「保護者にとっての負担感」、具体的には「応援や ... スポーツと集団スポーツに分けて算出したところ、個人スポーツの57.4%に比べ、集団スポーツは68.9%と11.5ポイント高くなっ ... 読書感想文;

母・妹が看護師という看護師一家に育つ。 4年生になっても、読書感想文を書くにはまだまだ要所で大人のサポートが必要です。

読書感想文をひとりで書ける子になる!小1時代の親のサポートがカギ. 理数教室ゆうと科学実験教室のお問い合わせは 「ビジネス文書の書き方」 『キッカーズ! 低学年; 小学1年生; 小学生 シリーズは、本作~VIまで、全6作あります。, 作:吉野万理子 絵:宮尾和孝 出版社:学研プラス 夏休みの読書感想文。読書は苦手だけど、何か読まなきゃというとき、好きなスポーツを入り口にするのもいいですね。 早稲田大学・早稲田大学大学院修了後、 そして優勝監督になった時の話まで 『キッカーズ! 『名もなき風たち サッカーボーイズU-16』 6 めざせ、優勝だ!』, 作:後藤竜二 絵:杉浦範茂 出版社:講談社(青い鳥文庫) 3 小学校対抗サッカー大会』 シリーズは本作を含め、7作あります。 イングランドのプロ選手を目指し、ユナイテッドの12歳以下チームに入団したジェイク。

『サッカーボーイズ卒業 ラストゲーム』 絵本から広がる子育てをテーマに、絵本や絵本グッズに関連するニュースをお届けしています。絵本・児童書の最新情報、読み聞かせに役立つ記事、アートや芸術に関するイベントなど、絵本と子育て、そのまわりのできごとを発信しています。 札幌-帯広で高校教員・大学非常勤職員を勤め、独立。, 1対1で、数学・理科をわかるところから丁寧に! 「これ、自分も似た経験をしたな」 『フットボール・アカデミー 5 最後のゴールDFジェームズの選択』 本との出合いは人生を豊かにしてくれます。夏休みに選んだとびきりの1冊を、自分だけの文章にして残すテクニックをお伝えします!. 『フットボール・アカデミー 1 ユナイテッド入団!MFジェイクの挑戦』 夏休みの読書感想文。小学校低学年のうちは、読書感想文を書くのはまだ不慣れ。 小学5年生の長谷川勇は、野球チーム「ブラックキャット」に所属。メンバーが激減するなか、キャプテンに任命されてしまった勇。チーム立て直しに奮闘する子どもたちの成長の物語。 転校生の小学6年生の颯太は、自転車を通じて新しくできた友だちと、町で開催するタイムトライアルレースに参加することになりました。それまで内向的だった颯太は、仲間と力を合わせて目標に向かうことで、自分のもつ力に気づいていきます。, スポーツをモチーフにしたお話は、それぞれのスポーツのルールや専門用語を知らないと、わかりづらい描写があるかも知れません。 本は読めるけど、感想を文章にするなんて!そもそも感想がないもの! あらすじと読み方のポイントをご紹介します。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). こそだてハック, 2019年5月13日 命というテーマを前に、子供は何を感じるか?, アメリカの著名な哲学者、レオ・バスカーリア博士によって描かれた絵本「葉っぱのフレディ」。春に生まれた葉っぱのフレディが、葉っぱの仕事を終えて冬に土へ帰って行くまでのストーリーを通して、生きるとはどういうことか、そして死とは何かを考えるきっかけになる1冊です。, いのちが循環するという、シンプルで普遍的なテーマは、感じることも人それぞれ。読書感想文を書くときにも正解・不正解を気にせず、思いのまま綴ってくださいね。, 小学生になると、ニュースや世の中の出来事にも目が向くようになりますよね。「かわいそうなぞう」は、「戦争とは何か」を理解する一歩としておすすめの1冊です。, 太平洋戦争末期、毎日のように空襲を受ける東京。もし上野動物園が爆撃されたら動物たちが町へ出て暴れてしまう…。そんな危機感から動物たちは次々と殺されていきます。読み終えたあとは、ぜひ親子で平和について考えてみてください。, 動物島に捉えらえた子供の竜を助けに行く主人公のエルマー。島では恐ろしい動物たちが待ちうけていますが、使えるアイテムは出発前にリュックに入れたガムや輪ゴム、歯ブラシなど、ごく普通のものばかり。知恵と勇気で立ち向かうエルマーは、竜を助けられるのでしょうか…。, 絵本を卒業して、少し文章が多めの本にチャレンジさせたいときは、わくわくとドキドキが詰まった「エルマーのぼうけん」がぴったり。空想の世界を旅したあとに、子供がどんな感想を抱くのか楽しみですね。, もしも友達が、「ごちそう」に見えてしまったら…? 『フットボール・アカデミー 2 ストライカーはおれだ!FWユニスの希望』 プロ野球現役時代、 14:51-14:59のあたりをお聴きください。 死生観を瑞々しく描ききったベストセラー, 夏休み、主人公たち小学生3人は「人が死ぬ瞬間を見てみたい」という好奇心から町外れに住むおじいさんを見張り始めます。観察されていると気づいたおじいさんは、憤慨しつつもやがて少年たちの来訪を楽しみに待つように。老人と子どもたちとの奇妙な交流は、やがて温かい友情に変わっていき…。, 読みやすく楽しい文体で、死とは何か、そして生きることの大切さについて考えるきっかけをくれる物語です。主人公たちの心の成長とともに、子供の心にもきっと変化をもたらしてくれますよ。, 僕と、奔放な姉と、左腕の無い大人びた友人 大事なのはシュートを決めることじゃない。「失敗したシュートを次にどうやて決めるかだ」バスケットボールをモチーフに、障がいや友情をテーマした少年たちの成長の物語。, 作:あさだ りん 絵:新井 陽次郎 出版社:偕成社 『キッカーズ! 読書感想文におすすめの本15選!小学生低学年~高学年まで学年別! 2018年7月26日 こそだてハック. こそだてハック. 5 練習場が見つからない』

大人も子供も夢中にする野球少年たちの成長物語, その飛び抜けた才能によって傲慢な態度をとるピッチャーの「巧」と、巧とバッテリーを組むキャッチャー「豪」。野球を通して成長していく少年を描いたベストセラー作品「バッテリー」は、アニメや映画、ドラマなどとしても子供たちに親しまれています。, 2人の友情や、お互いの家族との関わり方、スポーツとの向き合い方などは、同世代にあたる小学校高学年頃の子供にぴったり。大人が読んでも学べることがたくさんあるので、ママも一緒に読んでみてはいかがでしょうか。, 魔女との交流で、少女は生きる力を手にする… 『キッカーズ! 天才ピッチャー 原田巧12歳。野球に一途なあまり、周囲との軋轢を生むが、捕手永倉豪との出会いを経て、次第に変わり始めます。 © Shogakukan Inc. All rights reserved. ゲームに勝つことプレイを楽しむこと、苦悩と葛藤。チームメイトとの軋轢。ストーリーは、大人の立場も描きながら進行します。やがて立ち直り、前に進む遼介と仲間たちの成長の物語。 「うちのむすめはサムライです」海外赴任中のパパの発言のせいで、成美は剣道を始めることになる。剣道に取り組むうち、ものごとに真摯に向き合う大切さに気づいていきます。, 小川 智子/著 講談社 あらすじと読み方のポイントをご紹介します。, 2018年青少年読書感想文コンクール中学年課題図書の『レイナが島にやってきた!』『森のおくから』『最後のオオカミ』『すごいね!みんなの通学路』について、簡単なあらすじをご紹介します。. 4 仲間われの危機』 読書感想文の道のり、親の方が途方に暮れてしまいますね^^; 『風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17』, 作:トム・パーマー 訳:石崎洋司 絵:岡本正樹 出版社:岩崎書店 「子どもの成長のために何かしらスポーツはやらせたい」と思っている保護者のかたも多いのではないでしょうか。ベネッセ教育総合研究所が全国の子どもを持つ母親を対象に実施した「第2回学校外教育活動に関する調査」(2013<平成25>年)によると、子どものスポーツの習い事を選ぶ時に重視されているのは、圧倒的に「子どもが楽しんでいる」ことです。しかし、選ぶスポーツによって、保護者の負担感に差があるのも事実です。今回は、小学生にとってポピュラーなスポーツの習い事を、「保護者にとっての負担感」、具体的には「応援や手伝いなどの負担」と「金銭的な負担」の2つの観点で見ていきたいと思います。, 表1に挙げた種目は、同調査から、小学生が過去1年間に定期的にしている(していた)スポーツの上位10種目を抜き出したものです。併せて、その活動をしている小学生の比率、子どものスポーツに関する考えで「応援や手伝いなどの負担が重い」と答えた比率、1か月あたりの平均費用を示しています。, (※1)「応援や手伝いなどの負担が重い」と答えた比率は、「とてもそう思う」と「ややそう思う」を足した値。(※2)1か月の平均費用は、十の位で四捨五入している。, 保護者の負担感が最も大きかったのは「硬式野球・軟式野球・ソフトボール」でした。そして「サッカー・フットサル」「バスケットボール」と続きます。これら3つは、ほかのスポーツと比べ費用の面では、比較的安いものが多くなっています。一方、負担感の小さいスポーツのトップ3は、「硬式テニス・ソフトテニス」「体操教室・運動遊び」「スイミング」でした。ただし費用の面では、高めのものが多くなっています。 ちなみに、上に挙げた10種目を「個人スポーツ」と「集団スポーツ」に分けて比較してみると(※3)、個人スポーツをしている子どもは約7割、集団スポーツをしている子どもは約3割でした。この区分けごとに負担感を見ると、応援や手伝いなどの負担が重いと答えた保護者は、集団スポーツで6割、一方の個人スポーツは4割強にとどまります。しかし月当たりの平均費用を見ると個人スポーツのほうが高く5,200円、集団スポーツは3,200円となっています。これらの数値はあくまで上位にランクインしている種目だけを対象にしたものですが、その中では保護者の応援や手伝いなどの負担感が小さいという点では個人スポーツ、費用の点では集団スポーツに分があると言えそうです。, (※3)活動率が上位の10種目のうち、「硬式野球・軟式野球・ソフトボール」「サッカー・フットサル」「バスケットボール」を「集団スポーツ」、「スイミング」「体操教室・運動遊び」「ダンス」「空手」「硬式テニス・ソフトテニス」「スキー・スノーボード」「陸上競技・マラソン」を「個人スポーツ」とし、数値を算出している。, 保護者にとって負担が大きいかどうかという観点は、現実問題として、習い事選びにおいて重要な要素ですが、スポーツ活動をとおして、我が子の身体的・精神的な成長を実感できることも重要な要素でしょう。ここでもう1つ、興味深いデータを紹介しておきます。子どものスポーツに関して、「運動やスポーツをとおして子どもが成長している」と回答した母親の比率を、個人スポーツと集団スポーツに分けて算出したところ、個人スポーツの57.4%に比べ、集団スポーツは68.9%と11.5ポイント高くなっていました(表2)。練習や試合を見に行く、スポーツの話をする機会も全体的に集団スポーツのほうが多いようです。集団スポーツのほうが、応援や手伝いの負担は大きいですが、その分、子どもの成長を見取る機会は得やすいのかもしれません。, (※4)数値は「ほとんどない」「年に1~2回」「年に数回」「月に1回」「月に1~2回」「週に1回」「週に2回以上」のうち、「ほとんどない」と回答した人の比率。, 子どもにこれからスポーツの習い事をさせたいと思っているかた、今やっている習い事を続けていくかどうか迷っているというかたは、子どもの希望を尊重した上で、保護者として今後子どもやその活動にどう関わっていきたいのかを考えてみるものよさそうです。今回は「負担感」という観点で見ましたが、他の観点で見ると、個人スポーツと集団スポーツ、また異なるよさや特徴が見えてきます。それぞれの特徴を考慮し、選んだ種目に足りないところは意識的に補いながら、お子さまの成長を見守っていきたいですね。, ベネッセ教育総合研究所・研究員。初等中等領域を中心に、子ども・保護者・教員の意識・行動の調査分析や、情報誌編集、教材開発等を担当。主な研究テーマは「『学び方』支援の在り方」、「消費社会下における子どもの自立・社会化」について。, 教育情報サイトは、幼児・小学生・中学生・高校生のニーズに合わせ、みなさまの学びをサポートします。, | サイトマップ | ベネッセ教育情報サイトとは | 利用規約 | | お問い合せ | よくあるご質問(FAQ) | 著作権について |, 個人情報に関するセキュリティ対策・拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部, 【小学生】漢字二字の熟語の構成(組み立て)を見分けることができません。見分ける方法はありますか?.