続きを読む駅の新幹線に乗ることはないと思います.駅の規模としては比較的大きく,飯田線の他にも豊橋鉄道渥美線,路面電車などが出ているので,利用者は多いようでした.南北の連絡通路には豊橋炎の祭典に使われる本物の花火が展示されていました.  さん(男性), 静岡から名古屋に向かう途中にJRから名鉄に乗り換える為に利用しました。初めてだと戸惑うことも多い作りのホームです。...  もっと見る, Go To トラベルキャンペーン期間:2020年7月22日(水)~2021年1月31日(日)宿泊まで宿泊料金 最大35%割引!!予約が完了した時点ではGo To... 豊橋駅 Toyohashi 豊橋駅TOP. 太田進 続きを読むなので外には出ません。豊橋には吉田城があったのですね。聞いたことのないお城です。吉田伝説駅弁があり980円でしたが買いませんでした。伊良湖岬には行ったことがあります。豊橋駅には私鉄の名鉄や豊鉄が乗り入れています。豊橋鉄道はトラムと渥美線だそうです。初めて耳にした鉄道会社です。  閉じる, by 閉じる, by 続きを読むが一番遠いですが、5分もあれば移動は可能です。駅前も色んな飲食店があり、人で賑わっています。  東海道新幹線の地上駅は、品川・米原と豊橋のみである。 私鉄である名古屋鉄道(... 

閉じる, by 猫探し 閉じる, by さん(男性), JRと名古屋鉄道などが乗り入れているターミナル駅です。JRと名古屋鉄道がここから岐阜まで同じような区間を走るため、JR...  閉じる, 以前にも紹介しましたが、JRと名鉄が同じ改札をしていたり、新幹線のホームが下にあったりと変わった駅です。その駅のト...  TTukomi

https://4travel.jp/dm_shisetsu/10020573, ※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。, 東海道新幹線17駅に3つしかない地上新幹線ホームがある駅です。

続きを読むときは販売機を間違えないように注意が必要です。また飯田線は豊川までしか交通系ICカードが使えないので、その先に行く方は改札をでて目的地までの切符を買う必要があるようです。  続きを読む新幹線、飯田線、名鉄線が乗り入れていて、地方の駅としてはとても大きな駅だと思います。改札口を出ることなく、食事をすることもできるし、成城石井もあるし、お弁当も買えるし、大あんまきも買えるし、駅構内でいろいろ済ませることができます。最近、トイレも改修したようでとてもきれいで気持ちが良かったです。  新幹線豊橋駅は、愛知県東部の交通拠点として位置付けられる豊橋の中心に立地する駅です。 jrだけでなく名鉄や路面電車も乗り入れるため、のぞみが停車しない駅の中でもかなり規模の大きい方です。 続きを読むナーで知立(ちりゅう)の和菓子の老舗藤田屋あんまき190円をどら焼きみたいなもの滅多に甘いもの食べないけど小腹が空いたんで  閉じる. ごろちゃん 地上駅/2面3線(新幹線)・5面8線(在来線・名鉄線) 乗車人員(降車客を含まない) 29,045人/日(2017年・jr東海) 17,479人/日(2017年・名古屋鉄道) 開業: 1888年(明治21年)9月1日 乗り入れ路線: 4路線{東海道新幹線・東海道本線(熱海~豊橋・豊橋~米原)・飯田線・名古屋本線} 豊橋駅 名鉄)とJRが同じ改札を使っているヘンテコな駅です。 さん(男性), 東海道線、東海道新幹線、飯田線、その他私鉄が乗り入れる主要駅です。飯田線から東海道線に乗り換える際に利用しました。そこで驚...  続きを読むは新快速を、名古屋鉄道は特急を走らせて競争しています。料金は名古屋鉄道に軍配があがる。  さん(女性), 久しぶりに利用したら、トイレが洋式になって綺麗になっていました。ちなみにJRと名鉄の改札が同じなので、切符を買って行く...  閉じる, by よっし〜 続きを読むそういえば、最近、連絡路にbenchが設置されました。座る所のない駅だったので、ちょっと雰囲気が変わりましたね。 

もっと見る, ベストレート最低価格保証の詳細については、公式HPにてご確認ください。 続きを読む名鉄)とJRが同じ改札を使っているヘンテコな駅です。

さん(男性), 愛知県・豊橋市・豊橋駅新幹線、東海道線、名古屋鉄道、渥美線、飯田線と多くの電車が行き来する駅です。新幹線から飯田線...  豊橋駅(とよはしえき)は、愛知県豊橋市花田町字西宿にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・名古屋鉄道(名鉄)の駅である。, 本項目では関連の深い、飯田線・名鉄の旧駅「吉田駅」(1899年 - 1943年)についても触れる。, 愛知県東部、東三河地区の中心都市・豊橋市に位置し、その中心市街地に立地する駅である[1]。隣接する駅も含めて多数の鉄道路線が伸び、加えて路面電車・路線バスなどの公共交通機関も集中しており、「東三河の交通拠点」として位置づけられている[1]。, 豊橋駅はJR東海・JR貨物・名鉄の3社が運営。乗り入れる路線は、JR線は東海道新幹線、東海道本線(駅番号:CA42)、豊橋駅を起点に辰野駅(長野県)までを結ぶ飯田線(駅番号:CD00)、名鉄は豊橋駅を起点に名鉄岐阜駅(岐阜県)に至る名古屋本線(駅番号:NH01)、計4路線である。また、隣接する新豊橋駅からは三河田原駅までを結ぶ豊橋鉄道渥美線、駅前停留場からは路面電車の豊橋鉄道東田本線の2路線がそれぞれ伸びている。, このうち愛知県の中心・名古屋市へは、JR東海道新幹線・東海道本線と名鉄名古屋本線の3路線が通じる。この区間ではJR東海・名鉄の両社から各種特別企画乗車券が発売されており、激しいシェア争いが展開されている。ただし豊橋駅は両社の「共同使用駅」であり、構内を共有している。なお、2005年から名鉄線用の発車標は他の名鉄の駅では通常省略される「名鉄岐阜」「名鉄一宮」「名鉄名古屋」の名鉄を省略せずに表示している。, 貨物営業を担当するJR貨物は東海道本線と飯田線において第2種鉄道事業者として貨物列車を運転しているが、豊橋駅に停車する貨物列車は存在しない。ただし、コンテナ取扱駅としての機能は豊橋オフレールステーションとして残存する。, 駅の開業は1888年(明治21年)。当初からの東海道本線に加え1897年(明治30年)に飯田線、1927年(昭和2年)に名鉄線が乗り入れ、1964年(昭和39年)に東海道新幹線が開通して現在の路線網ができあがった。JRと名鉄の2社が運営する現在の体制になったのは1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化によるものである。同年3月15日まで国鉄二俣線の一部列車が東海道本線経由で直通運転していたが、開始時期は不明。, 豊橋駅は、1888年(明治21年)9月1日に内閣鉄道院の路線の駅として開業した[3]。当時正式な路線名称は設定されておらず、1895年(明治28年)に「東海道線」の路線名称が与えられた。, 駅が開設された所在地は、豊橋町ではなく渥美郡花田村西宿だった[6]。当時の町の中心から西南に約600メートル離れた場所[7] とはいえ、駅の開業は豊橋が発展する契機になった[7]。駅前から市街地の上伝馬町まで停車場通り(後の常盤通)が建設された。そのころ駅や通りの周囲には田畑が広がり、駅前には旅館3軒・貨物を扱う運送屋1軒という状態だった[8]。その後徐々に様相が変化し、駅周辺は新たな町の中心地として発展していった[7]。ちなみに、1906年(明治39年)、豊橋町が花田村を合併して名実ともに豊橋駅になった(その後市制を施行し豊橋市になった)。, 1897年(明治30年)7月15日、豊川駅まで、豊川鉄道という私鉄の路線が開通。これは現在の飯田線の一部にあたる。同社は元々、宝飯郡下地町(現・豊橋市、豊川(とよがわ)北側の地域)と豊川駅を結ぶ鉄道を計画していた[9] が、豊川に架橋して豊橋駅に接続した[10]。こうして豊橋駅を共用していたが、1899年(明治32年)に北側へ独立して「吉田駅」を開設した[11]。この吉田駅は大正末期に改築、階上に食堂を併設する、三角形の側壁を特徴とする鉄筋コンクリート造の建物になった[12]。, 1908年(明治41年)、市に隣接する高師村(現・豊橋市)に陸軍の第15師団が設置された[13]。これを契機に市の玄関口の豊橋駅にも影響を与え、「市制施行以来、豊橋市を最も大きく変容させた」[13] と記録されている。乗客や貨物が増加し、戦時における師団の移動の観点からも駅の拡張が希求された[14]。1911年(明治44年)、駅拡張工事着工。1916年(大正5年)、新駅舎完成[15]。開業時からの旧駅舎は建坪約45坪(150m2)の瓦葺き平屋建てだった[6] が、新駅舎は約145坪(480m2)の石磐葺平屋建てで、入り口には車寄せを設けた近代的な建物になった[16]。, 1920年代には、豊橋駅周辺に相次いで私鉄路線が加わった。1925年(大正14年)、市内に豊橋電気軌道(現・豊橋鉄道東田本線)の路面電車が開通、駅前に北側から乗り入れる駅前停留場を設置した。1927年(昭和2年)、渥美半島の田原とを結ぶ渥美電鉄(現・豊橋鉄道渥美線)が豊橋駅の400mほど南に新豊橋駅(初代。現・花田信号所)を設置。同年、愛知電気鉄道豊橋線(現・名鉄名古屋本線)が豊川鉄道の吉田駅へ乗り入れて全通した(後述)。, 同1927年(昭和2年)、鐵道省豊橋駅も再度の駅舎改築。1929年(昭和4年)、西口が新設された[17]。, 名鉄の前身にあたる愛知電気鉄道(以下愛電)は、1927年6月1日より吉田駅に乗り入れたが、以下のような経緯による。, 1912年(明治45年)、愛電は知多半島西部で路線(現・常滑線)を開通させた。1917年(大正6年)、起点の神宮前駅(名古屋市)より東へ路線を延ばし始めた[18]。1923年(大正12年)、東岡崎駅(岡崎市)へ到達。1926年(大正15年)、豊川鉄道小坂井駅(豊川鉄道吉田駅から当時2つ目の駅)に乗り入れた。, 豊橋方面へは、愛電が小坂井駅南方に伊奈駅 - 吉田駅までの単線を新設の上で既存の豊川鉄道線の単線と合わせて複線として両社共用する方式をとり、新線が1927年6月1日に開通し吉田駅乗り入れを果たして[19]、愛電豊橋線・神宮前-吉田間の全通となった。, 全通した豊橋線には高速運転をする特急列車や急行列車が新設され、その所要時間は特急63分・急行72分と同区間の鉄道省東海道線に比して40-50分早い高速運転を実施した。さらに1930年(昭和5年)からは「超特急あさひ」が1往復新設され、神宮前-吉田間を57分で結んだ。このような愛電の優位により、短期間で乗客が東海道線から愛電に流れた[20]。, 太平洋戦争中の1943年(昭和18年)、豊川鉄道の路線は国有化され、国鉄飯田線の一部となった。これに伴い吉田駅は豊橋駅に併合され[21]、吉田駅を共同使用していた名鉄も豊橋駅への乗り入れ・国鉄との共同使用へと変更された[22]。同様に線路の共用複線は、買収を経た国鉄と直接的なライバル関係になったものの解消はされず、JRになった現在でも継続して行われている。, 太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)6月19日夜、豊橋の街はアメリカ軍によって空襲された(豊橋空襲)。市街地の約90%が焼失する被害を受け[23]、豊橋駅も機関区と配電室を除いて被災[24]、駅舎は全焼した。東海道本線が平常運転に復するのに1週間を要し、駅の一般乗降客の取り扱い再開は7月20日だった[24]。飯田線は6月22日に、名鉄線は翌23日に再開した[24]。 さん(男性), 新幹線、JR、名鉄、路面電車、バスのターミナル駅です。コンコースも一直線でスッキリしてわかりやすいので利用しやすいです。観...  さん(女性), 朝5時過ぎの電車に乗り光とこだまを乗り継いで豊橋駅に9時過ぎに到着です。豊橋駅には初めてです。飯田線に乗り換え... 

面白いのは、local線。 続きを読むて、駅構内を通じて双方に簡単に移動できるようになっています。目的地に応じて、まずはどちら側から出発するのか、また最後はどちら側に到着するのか、をイメージしながら街歩きのルートをお考えになると無駄なく効率的に廻れるかなと思います。 

閉じる, 東海道新幹線17駅に3つしかない地上新幹線ホームがある駅です。面白いのは、local線。私鉄である名古屋鉄道(...  tayumanu 閉じる, by 乗り換えもcardなら、乗り換えtouchと言う他では見ない機械があります。 ケロケロマニア

閉じる, まぁ、地元の新幹線が止まる駅と言うだけで、大きな変化なし。混雑することも少ないので、楽ですね。ひかりやのぞみは...  ぷっち 続きを読む新幹線は距離はありますが駅の規模としては通路が広く取られているので時間がタイトでもスムーズに乗り換えできます。  閉じる, by 空襲後、駅舎は東海道本線側はバラックで営業を続け[25]、飯田線・名鉄線側(旧吉田駅)についてはコンクリート壁だけが焼け残った残骸のまま使用されていた[26]([27])。, 空襲から5年後の1950年(昭和25年)、新駅舎が再建された[28]。この駅舎は、国鉄以外の企業・自治体などが駅舎の改築工事費を分担し、竣工後に一部を商業施設などに使用する「民衆駅」の第1号として有名である[29]。木造2階建て・建坪560坪(1850m2)で、1階に飲食店・理髪店・雑貨店など民間の商業施設が、2階には市民出資の「豊栄百貨店」が入居した[30]。同時期に、駅前広場の拡張も実施された。従来の広場面積は4,000m2を拡張して18,600m2とした。広場には、防火用水と広場の美化を目的に噴水も設置された[31]。, 1953年(昭和28年)、東海道本線の電化区間が豊橋駅を経て名古屋駅まで到達した。これにあわせて東京駅と大阪駅を結ぶ特急「はと」が豊橋駅への停車を開始した[32]。, 一方名鉄は1948年(昭和23年)、名岐線と豊橋線を一体化して豊橋駅と新岐阜駅(岐阜県岐阜市、現・名鉄岐阜駅)を結ぶ「名古屋本線」と改称した。伴って豊橋と岐阜を結ぶ直通列車の運転が開始[33]。, 1964年(昭和39年)10月1日、東海道新幹線が東京駅から新大阪駅まで開通。このとき、豊橋駅にも新幹線の駅が新設された[34]。新幹線駅が建設された豊橋駅西口は鉄筋コンクリート造2階建ての橋上駅舎に改築された[29][35]。, その後新幹線の開通と東三河地域の工業開発により乗降客数のさらなる増加が見込まれ、駅舎の改築が開始[36][注釈 1]。改築に先立ち、初代民衆駅2階にあった「豊栄百貨店」は1968年(昭和43年)に駅東口に新ビルを建て地下1階・地上7階建ての「シャルマン豊栄」として移転した。しかし2年後に火災が発生、営業を休止している。, 1970年(昭和45年)、完成された新駅舎は、地下1階・地上3階建て[36]、鉄筋コンクリート造の駅ビルとして開業した[37]。駅ビル「豊橋ステーションビル」は100余りの店舗が入居する商業施設を兼ねており、運営会社として豊橋市も出資する豊橋ステーションビル株式会社が設立された[36]。また、駅ビル建設と平行して市は駅前の整備にも着手。駅前の混雑解消と歩行者・車両の分離を図り、1976年(昭和51年)までに東口コンコースと駅前街区などを結ぶ地下道と、西口と東口を結ぶ東西連絡地下道からなる、総延長約700mの地下道を完成させた[36]。, 1987年(昭和62年)、国鉄の分割・民営化により国鉄豊橋駅の旅客営業はJR東海に、貨物営業はJR貨物に継承された。, 豊橋駅のJR発足後の大きな事業として、駅ビルの再度の改築がある。JR東海は会社発足当時から、1970年の建築から20数年を経て陳腐化した駅ビルのリニューアルを計画していた。豊橋市側でも東西自由通路を整備し駅周辺の活性化を図る計画があり、1990年(平成2年)にJR東海と市は駅ビルリニューアル・自由通路整備等の推進で合意、東西自由通路・橋上駅舎・東口駅前広場の整備と駅ビル増改築からなる「豊橋駅総合開発事業」が進められることになった。1994年(平成6年)に本体工事に着手、市政90周年に合わせた1996年(平成8年)、まず第1段階として自由通路と橋上駅舎が完成。第2段階として1997年(平成9年)までに商業施設とホテルからなる駅ビルが開業した[29][38]。駅ビルは既存ビルに2層増築して5階建てのビルとし、その線路側に13階建てのホテル棟を新築して延べ床面積を従来の4倍にあたる約40,000m2とした[38]。東口駅前広場の整備は1998年(平成10年)に完成。約5,000m2のペデストリアンデッキが整備され、デッキ下の1階部分にはバス・タクシー・路面電車といった公共交通機関のターミナル機能が集約された。このうち路面電車については軌道が約150m延伸され、駅に直結する形となった[39]。, 続いて2004年(平成16年)から、東口南側の地域において再開発事業が開始された。駅近くにありながら東海道本線と豊橋鉄道渥美線に挟まれているため低未利用地だった(それまで駐車場として使用されていた)貨物駅・操車場跡地を再開発する事業である[40][41]。2008年(平成20年)3月に新豊橋駅との乗り換え距離を短縮する南口自由連絡通路が整備され[41]、6月に渥美線新豊橋駅の移設が完成、低未利用地の活用と渥美線との乗り換え利便性向上が達成された。, 豊橋駅のホームは、大きく分けて東側にJRの在来線(東海道本線・飯田線)と名鉄線のホームが、西側に新幹線のホームが配置されている。新幹線の駅は高架駅である例が多いが、豊橋駅は地上駅で、在来線のみならず新幹線も線路やホームがほぼ地平レベルに存在する。 さん(女性), 吉田城を訪れた際に利用しました.新幹線もあるので便利ですが,東海は名古屋が起点になるので,豊橋に用事が無い場合には,余り各...  新幹線豊橋駅は、愛知県東部の交通拠点として位置付けられる豊橋の中心に立地する駅です。, JRだけでなく名鉄や路面電車も乗り入れるため、のぞみが停車しない駅の中でもかなり規模の大きい方です。, 実は豊橋駅を通過する「ひかり」は多く、上り・下りともに2時間に1本程度しか停車しません。, また、山陽新幹線の岡山駅や広島駅まで乗り入れる「ひかり」は、すべて豊橋駅を通過します。, 上り東京行きは6時台に2本と8時から20時の偶数時51分で最終となり、下り新大阪行きは7時台に1本と9時から19時の奇数時54分で最終となります。23時台に2本の「ひかり」が来ますが、どちらも名古屋止まりなのでご注意ください。, なお、日中の上り東京行きの「ひかり」は豊橋を出ると新横浜までノンストップで走るので非常に便利なのですが、下り新大阪行きの「ひかり」は三河安城を除く全ての駅に停車するため、実はこだまを使うのと10分程度しか差がありません。, 豊橋駅に停車する「ひかり」のダイヤは、よくも悪くも関西〜名古屋の人にとって便利なものなんですね。, 豊橋駅の手前に勾配があり、それを下る新幹線のスピード感のある写真が撮れるといわれています。, また、豊橋駅は比較的低速(230km/hほど)で通過するため、カメラ初心者でも撮りやすいのではないでしょうか。, 豊橋駅はすべての線路が地上にあり、それを跨ぐように駅舎が設置されているため、改札も少ないです。迷うことなく新幹線のりばに辿り着けるはずです。, 公式による乗り換え標準時分は公開されていませんが、新幹線から在来線・名鉄名古屋本線への乗り換えは5分程度かかります。, 新幹線と在来線は少し離れた位置にホームが設置されていますが、乗り換えのルートは1つだけなので簡単です。, 新幹線改札口を通るときっぷが回収されて乗り換えできなくなってしまうため、必ずのりかえ口を通りましょう!, 新幹線の乗り場に近い4〜8番ホームが東海道本線で、それを通り過ぎた奥の1・2・4番ホームが飯田線です。, ただし、名鉄線のきっぷを持っていない場合は、3番ホームに降りてからきっぷを購入する必要があります。, 名鉄線で交通系ICカードを利用する場合は、3番ホームにあるICのりかえ改札機にタッチしてから乗車しましょう。JR線から名鉄線に乗り換える場合はピンクの改札機、名鉄線からJR線に乗り換える場合は水色の改札機を使います。, 市内線(路面電車)のりばへは、自由通路を真っ直ぐ抜けてペデストリアンデッキに出ます。, 渥美線のりばへは、ペデストリアンデッキに出る手前に「豊橋鉄道渥美線」と書かれた案内表示があるので、右折し進めばOKです。, 豊橋駅からの新幹線の時刻表は、JR東海公式サイトまたはJRおでかけネットよりご確認いただけます。, JR東海の時刻表は読むのに慣れが必要な仕様なので、車両設備や表の見やすさという点でJRおでかけネットの方がオススメです。, 豊橋駅は高架駅であることが主流な新幹線駅の中では珍しく橋上駅なので、高架から下ってくる新幹線が撮れるのはいいですね。, 実は豊橋市には「西口」という地名が存在し、タクシーに乗車の際「西口まで」と言うと、駅の西口か必ず聞かれるそうです。, 地元の人は豊橋駅の西口を利用するときは「西駅まで」と告げ、バス停の表示も「西駅前」となっているのです。, 最初は「どういうこと?」と混乱するかもしれませんが、豊橋駅を利用する際には意識的に耳を傾けてみると楽しいかもしれませんよ。. 閉じる, by 駅の前後は高架線なのに、豊橋駅周辺だけが地上に降りているのは、駅のすぐ北側(新大阪方)に県道388号線の城海津(しろかいづ)跨線橋があるため。 にゃご 閉じる, by ジャストインプレミアム豊橋駅新幹線口は2019年4月28日に豊橋駅前にオープンのビジネスホテルです。豊橋駅目の前、徒歩約1分。平日のビジネス利用から休日のレジャー観光まで幅広くご利用できるホテ … [55]。, 在来線・名鉄線のホームは計5面8線[55]。ホームの形状は、片側のみに線路が接する単式ホーム(1面1線)、両側に線路が接する島式ホーム(2面4線)、そしてホームの端が同一平面で繋がった頭端式ホーム(櫛形ホーム・2面3線)が混在する[55]。ホーム番号は東側を起点に1番線から8番線まであり、頭端式ホームの3線が1・2・3番線、単式ホームの1線が4番線、島式ホームの4線が5・6・7・8番線である[55]。頭端式ホームは4番線の単式ホームの北側を切り欠いた形で、同一平面上で移動が可能である[55]。1-4番線は他のホームより有効長が短い(1,2,4番線がJR線6両、3番線が名鉄線8両にそれぞれ対応)。, 1・2番線に飯田線の列車が、3番線に名鉄線の列車が発着し、4-8番線には東海道本線の列車が発着する[55]。ただし、使用頻度はごくわずかだが4番線も飯田線の列車が使用する[55]。, 飯田線の列車が1・2番線に入線中に名鉄線の列車の出発は可能だが、名鉄線の列車の入線中に1・2番線の飯田線の列車の出発または飯田線の列車が出発中に名鉄線の列車の入線は不可となっている。東海道本線は上り、下り列車ともに4~8番線の各線から出発はできるが、入線は上り列車が4~6番線、下り列車が7・8番線に限られる。, このため、浜松方面から飯田線に乗り入れる列車が設定される場合は、豊橋駅停車後、西小坂井駅まで引き上げられ、西小坂井駅留置線で方向転換ののち4番線に再入線する。現在でも飯田線の特急「伊那路」に使用される373系電車は浜松駅から普通列車または回送列車として豊橋駅まで送り込まれるが、この際にも豊橋駅下り線に入線したのち、上述の経路で豊橋運輸区まで転線を余儀なくされている。かつて、静岡地区を拠点にジョイフルトレイン「ゆうゆう東海」や急行形電車を使用した飯田線直通運転の臨時観光列車が頻繁に運行された時期があるが、この際には多くの場合、乗客を乗せたまま豊橋-西小坂井間を往復していた。この転線措置は東海道本線浜松方面から飯田線に乗り入れる場合にのみ行われているものであり、飯田線から東海道本線上り方向に直通する場合、あるいは名古屋方面と飯田線との相互間の直通運転に際してはこのような転線措置は不要であるため行われない。, また、ホーム上にはICカード乗車券用のJR・名鉄乗り換え用簡易改札機が設置されている[57][58]。, 8番線の西側にもう1面島式ホームがある。これはかつて豊橋駅まで直通運転していた二俣線(現・天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線、2つ東の新所原駅が起点)のホームで、直通運転をとりやめた現在では留置線に使用されるのみである[55]。このため9・10番線は欠番となっている[55]。, 構内にはホームに隣接しない線路も複数存在する[55]。そのうち東海道本線の浜松寄り東側に伸びる線路は、豊橋鉄道渥美線の花田信号所に繋がる[55]。ここはかつて渥美線との間で貨車の受け渡しが行われた場所で、新車搬入の際などに使用されたことがある[55]。また構内の名古屋寄り(1・2番線ホーム北側)には豊橋運輸区が設置されている[59]。, 建設時の経緯から飯田線の前身・豊川鉄道と名鉄の前身・愛知電気鉄道は、豊橋駅から平井信号場までの約4kmの区間において線路を共用したが、これは両者がJR東海・名鉄となった現在でも残る。この共用区間では、名鉄の列車本数は1時間あたり最大6本と協定によって制限されている[55]。, またここは免許上JR、名鉄ともそれぞれ貸与している訳ではなく自社施設、すなわち第一種鉄道事業者として扱われている。, 新幹線のホームは計2面3線で、ホームの形状は単式ホーム(1面1線)および島式ホーム(1面2線)である[55]。ホーム番号は東側(在来線側)から11番線・12番線・13番線の順で、島式ホーム東側が11番線、その反対側が12番線、単式ホームが13番線である[55]。基本的に、12番線を上り列車が、13番線を下り列車が使用する[55]。11番線はダイヤが乱れた際の予備のホームで通常列車は発着せず、工事用車両の留置に供される[55]。12番線と13番線の間には上下の通過線が通る[55]。, 駅舎は東西自由通路を併設する橋上駅舎[29] であり、ホームの上空部分に設置されている。橋上の改札階とホームの移動用に階段のほか、エスカレーター・エレベーターが各ホームに設置されている[60]。改札口はJR線・名鉄線改札口と新幹線改札口の2か所で、どちらも自由通路に面する[60]。, JR全線きっぷうりば設置駅。JR東海の駅としては駅長配置駅(直営駅)であり、管理駅として二川駅を管理している[61]。, 名鉄線の有人窓口は改札前と3番線入口の2ヶ所。ミューチケットはこれらの窓口のほか、改札外にある3台の自動券売機で発売している。改札内にミューチケット券売機は設置されていない。manacaは有人窓口で常時購入可能。, 駅ビルは東口側にあり、橋上駅舎とあわせて整備された。地下1階・地上5階建ての建造物と、飯田線・名鉄線上空部分を含めた地上13階建ての高層棟が一体となったビルである[29]。名称は「豊橋ステーションビル」で、地下1階から地上4階までが商業施設、地上1・2階の一部と5階から13階までがホテルとして使用されている[62]。商業施設の名称は「カルミア」で豊橋ステーションビル株式会社が運営、ホテルの名称は「ホテルアソシア豊橋」で株式会社ジェイアール東海ホテルズが運営する。ビルの2階部分に駅の改札口へ通じる自由通路が通り、その自由通路から豊橋鉄道新豊橋駅へ通じる南口自由連絡通路が分かれる[63]。, 豊橋オフレールステーション(略称:豊橋ORS)は、豊橋市北島町中川原(船町駅北東側)にあるJR貨物のコンテナ取扱駅である[64]。コンテナ取扱駅ながら貨物列車が発着せず、列車輸送にかえて最寄の列車発着駅までトラックによる代行輸送を行う「オフレールステーション」のひとつ[65]。豊橋ORSの場合、トラック便は西浜松駅(浜松市)との間に1日3往復設定されている[66]。大型コンテナおよび産業廃棄物の取り扱いは豊橋ORSでは行っていない[64]。, 豊橋駅はかつて貨物列車が発着していたが、1998年(平成10年)10月3日より発着のない「自動車代行駅」に変更された[46]。さらに2006年(平成18年)4月1日、トラックで代行輸送を行うコンテナ基地の名称を統一した際、ORSとなった[67]。列車の発着がないものの豊橋ORSには線路が残る。しかし、車止めが設置されており旅客駅側とは分断されている[55]。, 国鉄(のちJR貨物)が展開する「物資別適合輸送」の1つにかつては飼料輸送があり、国鉄は日本飼料ターミナル株式会社を1969年(昭和44年)に設立、配合飼料の中継サイロ基地を養鶏が盛んな場所へと設置していた。この中継基地が1969年12月、豊橋駅にも新設されている。しかし、1970年代後半以降の利用の低下で基地は閉鎖され、会社そのものも1986年(昭和61年)に解散した[68]。, 豊橋駅は貨車操車場の機能を持っていた時期がある。飯田線沿線の佐久間ダム建設の際、ダム建設資材輸送のための飯田線輸送力増強の一環として、豊橋駅の操車場機能が強化され、1955年(昭和30年)駅が拡張された[69]。操車場としての分類は1978年10月ダイヤ改正の時点で「地区指定組成駅」であった[70] が、1984年2月ダイヤ改正に伴うヤード集結系貨物輸送の廃止によって役目を終えた。, 名古屋方面には、JR東海道本線・東海道新幹線と名鉄名古屋本線が競合しているため、高速・高密度化が図られている。東海道本線は、2006年10月から平日早朝は8分おきに名古屋方面への快速列車が発車し、名鉄も平日始発から7時台まですべての列車を特急列車へと改正し(2011年3月より名鉄は8時台まで拡大)、JR快速・名鉄特急とも名古屋駅・名鉄名古屋駅まで最短50分弱で到達する。JR東海からは「名古屋往復きっぷ」「JR名古屋⇔豊橋カルテットきっぷ」、名鉄からは「なごや特割2」「なごや特割30」という特別企画乗車券が発売されており、現在も激しいシェア争いが展開されている。東海道本線の運行形態はおおむね普通列車2本(30分ヘッド)・快速列車4本(各種15分ヘッド)であるが、朝夕は増便される。夜間は普通列車の代わりに区間快速で運用する(この時間帯での普通列車は岐阜 - 岡崎間での運転が多く、区間快速は豊橋 - 岡崎間は各駅停車であるため)。日中の名鉄の運行形態は急行列車2本(30分ヘッド)・特急列車4本(各種13・17分ヘッド)である。, 浜松方面には、東海道本線の普通列車(各駅停車および一部快速列車の直通、距離36.5 km)が、おおむね1時間に3本程運行されている[注釈 3]。, 飯田線には、特急「伊那路」を除くと豊川駅以北へ行く普通列車(一部を除き船町駅と下地駅は通過)が概ね1時間に1〜2本程、豊川駅折り返しの区間列車がおおむね1時間に2本程運行されている。, 東海道新幹線は、「のぞみ」は全列車通過し、東京 - 名古屋・新大阪間の「ひかり」が上下ほぼ2時間毎と「こだま」が停車する。「ひかり」に関しては早朝深夜帯を除き、豊橋を発着する東京方面の列車は新横浜まで停車しない。, お盆期間は名鉄が休日ダイヤとなるが、JRの平日ダイヤに合わせるために朝の一部列車において当駅発着時刻が数分変更される。, (以下、出典の関係から「乗車人員」と「乗降人員」が混在しているため、比較の際は注意を要する), また「豊橋市統計書」によれば、JR・名鉄豊橋駅の1日平均乗車人員は合計で2007年度42,241人、2008年度42,294人、2009年度40,530人、2010年度41,202人、2011年度41,382人であった。また、名鉄交通広告の公式ホームページによると、2008年度のJR・名鉄豊橋駅の1日平均乗降客数は合計88,288人であった。, 「愛知県統計年鑑」および「豊橋市統計書」による、近年の1日平均乗車人員推移は下表の通り。なお、名鉄の乗車人員は2005年度以降は、他の交通機関との連絡(乗り換え)人員を含んでいるので、2004年度以前のものと2005年度以降の数値を比較する場合は注意が必要である。, 壺屋弁当部による「稲荷寿し」が元来当駅の名物である。主な駅弁は下記の通り[112]。, 2008年3月11日オープン。6月5日移転開業の豊鉄渥美線新豊橋駅との接続を図るために新設された。, 西口は西駅(にしえき)という通称があり、これは豊橋市に西口という地名が存在する為である、豊橋市でタクシーに乗車の際「西口まで」と告げると必ず駅の西口なのかを確認される、地元の人は必ず「西駅まで」と告げる。バス停も「西駅前」を名乗る。近くには、愛知県立豊橋特別支援学校Bコースのバス停がある。, 豊橋市内をはじめ豊川市、新城市、田原市など東三河各方面への路線バスがあるほか、東京方面および関西方面への高速バスがある。一般路線バスはすべて豊鉄バスが運行する。, ペデストリアンデッキの下に、7つののりばと3台分の降車場を備える豊橋駅前バス停があり、豊鉄バスの各路線が発着する。豊橋駅バスセンターがあり、乗車券・回数券・定期券の購入や時刻表の入手ができるほか、待合室(夜行バス発車まで利用可能)としても利用できる。[113] 豊川線・新豊線の降車場は県道の東側 (ローソン前) にあるが、ここはかつて豊川・豊橋市民病院方面からの豊橋バスターミナル行きが使用した降車場である。, 以下に示す各路線の行先・経由は、原則として豊鉄バスウェブサイトに掲載された時刻表の表記によっており、区間運行の系統は省略した。詳細は各路線の記事を参照のこと。, かつて、2番のりばをJR東海バス浜名線(二川駅・新居町駅方面)および高速伊良湖ライナー(東京駅行き)が使用しており券売所もあったほか、3番のりばを豊鉄バスと名鉄バス東部豊橋線・前芝じゅんかん線(前芝・蒲郡駅方面)が共用していた。, 駅前大通り沿いの豊橋信用金庫駅前出張所の前に設置。停留所の名称は豊橋駅東口である。豊鉄バスと共同運行会社以外の高速バス運行会社はここを発着する。, 駅前大通り沿いの豊橋信用金庫駅前出張所前に設置。豊橋市のコミュニティバスとして豊橋市北部、豊川(とよがわ)よりも北側の地域を運行する。, 豊鉄バス、豊橋市コミュニティバス「しおかぜバス」の2事業者が乗り入れる。バス停の名称は共に、「西駅前」である。, 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。, 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名鉄時刻表 1990 Vol.7』名古屋鉄道、1990年、363頁。, トランパス対応「SFパノラマカード」・「回数乗車券」の発売および利用終了のお知らせ | 名古屋鉄道, https://web.archive.org/web/20170526034708/http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000033626.pdf, 駅構内に地上設置型の整理券読み取り機能付き運賃箱を納入~ワンマン列車利用客の運賃支払いをスムーズに~, http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20171019/201710190907_30760.shtml, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=豊橋駅&oldid=80458693, 3月:ペデストリアンデッキ、豊橋駅東口サークルプラザ新設など東口駅前広場の整備が完成, 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は34,320人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中 7位、 名古屋本線(60駅)中 6位であった, 豊栄ビル(初代民衆駅の2階にあった「豊栄百貨店」がルーツ。当初はデパートとして機能していたが火災で営業を休止し、貸しビルに改装している), 西駅前 - 荒木西 - 清須 - 前芝 - 梅藪(豊橋市委託により、東海交通が運行).