確かに勝つことは良いことですが、すべてのことで勝つことは不可能です。負けず嫌いだとしても時には負けを選択して、他のことに集中すべき瞬間もあります。 自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!, kijinaka_pc_kimisuka_internkijinaka_sp_女子キャリkijishita_pcsp_kimisukaneo. 6、理想と現実の自分がかけ離れていると感じることが多い。 © Copyright キャリアパーク就職エージェント. 仕事では負けない為の手を打つ必要がありますが、プライベートでは負けず嫌いにならずに自分が一番になるために人に好きを見せようとしなくなってしまいます。, 負けず嫌いな人のアイデンティティは「誰よりも優れている」というイメージです。 ここでは負けず嫌いな人の特徴・心理的な理由・長所や短所について説明した後に、負けず嫌いになりすぎないようにするためのポイントについてもご説明します。, 負けず嫌いな人は何事に対しても人に負けることを良しとしません。

チーム内でもNo.1でいようとすることは、人からすると煙たい印象を持たれますが、何事においても「圧倒的」な結果を出そうとするのが負けず嫌いな人なので、同じチームにいると強力な戦力になります。 恋愛においても異性に対して完全に気を許していないことが多く、少しでも相手よりも上の立場を取ろうとして強気な態度を取ることもあります。, 負けず嫌いな人は人の話を遮ることもよくああります。 具体的にイメージした理想の自分像を実現するのに必要なことについては負けず嫌いの長所を活かして誰にも負けないように熱い想いを持って努力を続けて、それ以外のことはひとそれぞれの長所として認められるように心がけましょう。, 負けず嫌いは悪いことではなく、自分のスキルアップや高い成果を出せるようになるためには誰にも必要な原動力になります。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります! すべてのことに勝てる人はいません。メジャーリーガーのイチロー選手でも歌をうたうことは出来ませんし、マイケル・ジャクソンでも会社を経営することは出来ません。 確かに自分のことを一番理解しているのは自分自身かもしれませんが、それは負けず嫌いな人が完全に主観的に見た自己判断です。時には客観的に自分を見て広い視野を保つ必要もあります。 普通の人が笑ってごまかしたり後々の笑い話になるような失敗も、負けず嫌いな人はそれを自分のあるべき姿ではないと思い込み、二度とそんなことが起きないように強く意識します。

負けず嫌いは一般的に『悪いイメージ=短所』と思われがちですが、こちらの記事では負けず嫌いを長所に変換してご紹介しています。また、負けず嫌いを別な言い方に言い換えた言葉もご紹介しており、自己prの時も使える言葉としてご紹介しています。 場合によってはただ人に張り合っているだけで、本当にその目標を達成できるかどうかはわかりませんが、現実的な面でも理想の面でも人に負けることが許されないのが負けず嫌いな人の特徴なので、自分が達成しなければいけない目標についても誰よりも高い目標を掲げる傾向があります。, 負けず嫌いな人は本当の自分以上に自分を高い能力を持っていたり、「人として成熟した人」という印象を持たれたいと思っているため、見栄っ張りです。

そのためどんなに周りの人から認められても、「上には上がいる」と考えたり自分の理想像とのギャップが有る限りは努力することをやめないのが負けず嫌いな人です。, 負けず嫌いな人は同じチームにいるととても心強く頼りになります。 負けず嫌いな人が「誰よりも秀でて優れた人」という自分のアイデンティティを実現するためには人一倍努力して、自分の専門分野では誰にも負けず、専門分野以外についても情報収集して隙がなくなるようにする必要があります。 【就活生必見】自己prで『負けず嫌い』をアピールしたいけど、どう伝えればいいかわからず、悩んでいませんか?そんな就活生の為に、わかりやすい例文をもとに、『負けず嫌い』を自己prするコツをご紹介!例文を参考に内定レベルの自己prをつくりましょう

6つの短所を挙げていますので自分のことを「負けず嫌い」だと感じる方は注意してみましょう。, ここまでにも何度か説明していますが、負けず嫌いな人は「競争心が強すぎる」という点があります。 雑談をしている時も自分よりも面白い話やその場にいる人全員が食いついてしまうような話を他の人がしていた場合、負けず嫌いな人は「その人に負けた」と感じてしまい、その人よりももっとキャッチーで興味を持たれるような話をしようとします。 そうではなく、周りの人の良いところは積極的に認めてあげて、「その人と一緒に仕事ができないか?」「自分はこれができないからあの人に任せてみよう」と考えるようにしましょう。, 負けず嫌いになりすぎて何にでも熱くなったり好戦的になるのではなく、本当に譲れないことは何かを明確にしておきましょう。 仕事の場面ではもちろんですが、負けず嫌いな人はプライベートで友達と一緒にいる時もどんな時でも自分が全ての主導権を握れる状況を作ろうとして、バラエティ番組の司会者のように会話を回そうとすることがあります。

「負けず嫌い」と診断された方は、努力家で向上心が高いのは良いことですが、「負けず嫌いな自分を変える4つの方法」も意識して、周りの人と協調して動けるようにも心がけましょう。 自分自身が負けず嫌いな性格だということをわかっていて、その性格を変えたいと思ってきたことが何度もあるでしょう。負けず嫌いな性格をやめたいと思う時、どんなことを考えるべきなのかを本記事では紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。 誰にも負けない強さを求めるのは自分のスキルアップや仕事でより高い成果を出すためには必要ですが、プライベートでも何かにつけて競争心が出てしまうのが負けず嫌いな人の欠点です。 最悪の場合はいじめの対象になってしまうこともあるので、自分が本当に譲れないことは何かを見極めて、それ以外については周りの人の得意な点や長所として認めてあげるようになる必要があります。, ここまでに負けず嫌いな人の特徴・心理・長所と短所などあらゆる面から説明してきましたが、ここであなたが負けず嫌いな人かどうかをチェックしてみましょう。 これが実現的無い時は自分に対して強い無力感やフラストレーションを感じ、それを克服するために自分に何が足りないかを考えるようになります。, 「人に対して隙を見せたくない」でも説明しましたが、負けず嫌いな人は人につけ込まれたくないとも思っています。 人からツッコまれたりリーダーに慣れずにチームメンバーに「甘んじている」状況が続くと、負けず嫌いな人は周りの人から「その程度の人」と思われてしまうと感じてしまうため、誰よりも優れた自分でいようとします。 これは人からのイメージではなく自分の自分に対するイメージです。負けず嫌いな人はこのイメージを実現するために、誰よりも高いスキルや人間性を持ち、誰よりも恵まれた人脈が有り、誰よりも高い価値を世の中に生み出しているという印象を自分自身に保つ必要があります。 その影響で負けず嫌いな人は小さなミスをして人からアドバイスを受けたり、些細なことに突っ込まれたりすると、情けなさや自分自身のレベルの低さを感じて、自分に対してもアドバイスをくれた人に対してもカッとなってしまいます。, 負けず嫌いな人は自意識過剰とも言えます。 誰にも負けたくないのが負けず嫌いな人なので、自分よりも立場が上な人がいると感じられる場面では表面に出さなかったとしても内心ではとてもイライラしていることがあります。, 負けず嫌いな人はあらゆる場面で主導権を握ろうとします。 ここでは負けず嫌いな人に特に顕著に見られる長所を4つご紹介します。, 負けず嫌いな人はだれよりも責任感が強いです。 全てに勝とうとするのではなく本当に必要なことだけに集中して、それ以外のことは「負けても構わない」と考えるようにしましょう。, 負けず嫌いは努力や向上心を持つ上で非常に重要ですが、度が過ぎると良いことはありません。不必要に人を攻撃してしまったり、相手は張り合うつもりはないのに自分だけ張り合ってしまったり、負けず嫌いな傾向が強すぎると分が悪い時に言い訳がましくなることもあります。 5、初対面の人にも自分のことを誇大に表現してしまう。 他人の批判ばかりする人や悪口に負けない2.6.2の法則とは【メンタル対策】人の批判ばかりする人や悪口を言う人に負けずに気にしなくなる法則というのが世の中には存在します。他人の批判ばかりしたり自分の悪口をいう人というのは人生の傍観者でありつまらない人なんですよね。 負けず嫌いの度が過ぎると自分の欠点と、周りの人の得意なことや長所を認められなくなってしまいます。 つけ込む人が悪いのは当然ですが、負けず嫌いな人は人からつけ込まれると「今の自分はその人よりも能力が低いから、隙があってそこにつけ込まれている」と考えます。もちろんこれは相手に負けていることになるので負けず嫌いな人にとっては最悪の瞬間です。 どちらも負けず嫌いな人の自分自身に対する意識に関する内容ですが、その意識の度合が他の人よりも高くなっていることを確認してみましょう。, 負けず嫌いな人は自己肯定感が低い場合があります。 そうすることで自分の得意分野では秀でた人になり、その他の分野については人のことを認められる人になれます。, 歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 どれも一般的にネガティブに考えられることを、負けず嫌いな人は必要以上に意識してしまっているということが見て取れます。, 負けず嫌いな人はどんな場面でも常に「自分がNo.1」でいたいと思っています。 その結果孤立することになり、いざ負けず嫌いな人が困った時に協力してくれる人がいなくなり、身動きが取れなくなってしまいます。, 負けず嫌いな人はチームワーク意識が低くなってしまうことがあります。 ©Copyright2020 賢者の就活.All Rights Reserved.

ポートに入社, こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。負けず嫌いな性格を強みとしてアピールしようとしている就活生から, 「どんな風にアピールしていいかわからない」 特別選考フローの求人もあるので、最短1週間で内定可能。, 新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。>プロフィール詳細, キャリアパーク就職エージェントはES・自己分析・面接対策などエージェントがあなたの就活を完全サポート。WEB面談も受付中!いつでもどこからでも相談できます。, キャリアパーク就職エージェントを提供するポート株式会社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマークを取得(登録番号:第17001426(04)号)し、個人情報の取り扱いについて適切な管理を徹底しています。, キャリアパーク就職エージェントを提供するポート株式会社は、有料職業紹介事業者として厚生労働大臣の認可(許可番号 :13-ユ-305645)を受けた会社です。人材紹介の専門性と倫理の向上を図る一般社団法人 日本人材紹介事業協会に所属しています。, 当社は、東京証券取引所、福岡証券取引所の上場企業であり、主にインターネットメディア事業を運営しています。(証券コード:7047).

そのため負けず嫌いな人はどんなところに行っても一定以上の成果を出すことが出来るので仕事ではとても重宝される人材になれます。その一方で、プライベートでもそうした面が出すぎてしまうと「なんにでも張り合ってきて付き合いづらい人」と思われてしまうことも多々あります。, 「努力家」に通じるところがありますが、負けず嫌いな人は人一倍向上心が強いです。 10個の質問を用意しましたが、「はい」という回答が多いほど負けず嫌いな傾向があります。 自分が注目されている状態を常に作ろうとするので、周りの人の会話が終わるまで待てずに遮って入ってしまうのが負けず嫌いな人の特徴です。, 負けず嫌いな人にここまでに挙げた特徴が見られてしまうのにはいくつかの理由があります。 負けず嫌いを自己PRでアピールする学生は多いものです。実際、企業も「負けず嫌い」的な資質は高く評価します。仕事では、いつも右肩上がりで成果をあげられるわけではありません。だから、成果が出ない時にも「負けるか」と奮起し努力できる就活生は、企業から求められます。, しかし、「負けず嫌い」を自己PRする学生は多いので、何の戦略もなく「負けず嫌い」をアピールしても、その中に埋もれてしまうでしょう。, では、どうすれば、人事に響く「負けず嫌い」の自己PRをつくれるのでしょうか?わかりやすい例文をもとに、負けず嫌いを自己PRする時のコツを徹底的に解説いたします!, まずは、細かいポイントを解説する前に、例文を見ていきましょう。例文を見れば、負けず嫌いの自己PRの作り方が直感的にイメージできるようになります。, 私は「負けず嫌い」です。他人に負けている自分が許せない性分で、結果を出すために努力を惜しみません。, その力を発揮したのが、Web広告媒体の営業インターンで30人中4位の売上を達成した経験です。, 私は少し吃る癖があったため、テレアポが上手く出来ず、最初は下位10%に入るほどの営業成績でした。, 話下手を言い訳にしたくないと思い、トークが不得手な私でも結果を出す為に「がむしゃらに営業するのではなく、より商品を求めている人を探す」戦略を考えました。具体的には、, これらの施策を実行し、「より欲しい人」へ営業をかけました。ニーズがあるので、セールストークが流暢でなくても成果を上げることが出来ました。, 貴社においても、「負けるか」と、結果が出るまで粘り強く努力する姿勢を活かしたいです。, 上の自己PRは以下の型に従って制作されています。この型を押さえてメッセージをまとめるだけで、誰でも魅力的でわかりやすい「負けず嫌い」の自己PRが書けるようになります。, 「負けず嫌い」の自己PRを作成する方法を解説してきましたが、例文のような自己PRを書き上げる自信がないという方も多いはず。, 自己PR作成ツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、説得力のある自己PRが完成します。, いかに最初に駄目だったか?を詳しく伝えましょう。つまり、「どう負けていたのか」を説明するのです。なぜなら、最初にいかに駄目だったかを詳しく説明しておいた方が、その後の「克服のための努力」「改善の結果」がより印象に残りやすくなるからです。, 人は「最初からトントン拍子で上手くいきました」よりも「最初は駄目だったが、努力で克服した」話に弱いものです。最初の状態がひどければひどいほど「それでも諦めない負けず嫌い精神」を効果的にアピールできるのです。, また、「なぜ負けたくなかったのか?克服のための努力ができたのか?」も必ず伝えるようにしましょう。, リクルートの調査によれば、企業が採用において最も重視しているのは「人柄(90%が重視)」です。逆に、サークル活動・部活を重視しているのは10%に過ぎません。企業は「その学生がどんな人なのか?一緒に働きたい人なのか」を知りたいと考えています。, 「負けていかに悔しかったのか?なぜ克服のための努力をしようと思ったのか?」という動機には、あなたの人柄が現れます。また、「頑張れた動機」を語った方が、負けん気の強い性格がより伝わりやすくもなるでしょう。, ただ「私は負けず嫌いです」だけでは、あまり魅力的なアピールになりません。人事は「で、それは我が社にどう役立つの?」と感じてしまいます。, 企業が求めているのは、単なる「負けず嫌いの人」ではなく、「負けを負けで終わらせないために、努力し、成果をあげられる人」です。, だから、「負けを挽回するために、どんな努力をしたのか?」を詳しく説明してください。「負けを克服するための努力」を詳しく語れば、人事は「この学生は、努力の方法論がわかっているな。仕事でもそれを発揮してくれそうだ」と感じ、あなたの自己PRを高く評価します。, 「具体的に」というのは、「文章からあなたの努力する姿が思い浮かべられるくらい」具体的に書くことを指します。たとえば、以下のような表現は「具体的」とはいえません。, このような書き方。人事が知りたいのは「努力の中身」「行動の中身」です。これでは何も伝わりません。, 人事は、あなたの物事への取り組み方を見ることで、あなたの仕事への取り組み方を推し量ろうとしています。だから、努力のプロセスはできるだけ具体的に書か泣けばなりません。, 「必死に努力した」「様々な工夫をした」「全員一丸となって〜」このような抽象的な表現は使わないように。文章から、あなたの努力している様子がイメージできるくらい、具体的に「努力の中身」を書きましょう。, 会社が知りたいのは、「あなたは我が社の役に立ちますか?」ということ。「役に立ちます」とアピールするには、長所をアピールするだけでは不十分です。, 長所のアピールに加えて、「その長所は会社でどう活かせるか?活かしたいか?」を語りましょう。長所の活かし方についての「抱負」を語れば、あなたの長所が具体的にどう会社の役に立つのか?人事がイメージしやすくなります。, 更に踏み込んで、より効果的に「私の能力はあなたの会社の役に立ちます」とアピールする方法があります。それは, この2点を押さえたメッセージをつくること。これだけだとイメージできないと思うので例文をご紹介します。, このように書くのです。「御社では〜という力が求められる」「私はそれを持っている」と書くわけですね。このように書けば、「私はあなたの会社に役に立ちます」とより効果的にアピールできるでしょう。, 面接で聞かれた時に備えて「協調性をアピールできるエピソード」も用意しておくと万全です。, 「負けず嫌い」「競争心が強い」学生は、その反面、「協調性に欠けるのでは?」と思われてしまうことがあります。また、「負けず嫌い」をあらわすエピソードは、たいてい「一人で頑張った」エピソードになりがちです。, だから、面接官は「負けず嫌いは素晴らしい!でも、チームワークは大丈夫だろうか?」と不安になってしまうのです。その不安を確認するため、「チームで何かを成し遂げた経験はありますか?」「あなたは集団ではどのような役割を担いますか?」と質問することが多々あります。, これらの質問に上手く答えられないと、「協調性に欠ける」と思われ、面接で失敗してしまうリスクがあります。, メインでアピールする「負けず嫌い」の自己PRに加え、面接で質問された時に備えて「集団で何かに打ち込んだ経験」もアピール出来るようにしてください。, 『負けず嫌い』を自己PRする人の中には、自分の強みを勘違いしている人もいます。強みを勘違いしていると自己PRは上手くいきません。, 自分の本当の強みを見極めるには、自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。, My analyticsで、あなたの強みが本当に『負けず嫌い』なのか確認してみましょう。もしかすると、思っていたものとは違う強みも発見できるかもしれません。, キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。