痴呆老人介護問題、引きこもり問題、家族崩壊…と今こういった問題をかかえている家庭は多いんじゃないだろうかと思うような描写が多々あり、作者の意気込みを感じました。

- 11文字の殺人 - ブルータスの心臓 - 回廊亭殺人事件 - 使命と魂のリミット - 分身 - 東野圭吾ミステリーズ - “新参者”加賀恭一郎「眠りの森」 - 東野圭吾「変身」 - 白銀ジャック - カッコウの卵は誰のもの - 片想い - ダイイング・アイ - 危険なビーナス, 秘密 - g@me - レイクサイド マーダーケース - 変身 - 手紙 - 秘密 THE SECRET - 容疑者Xの献身 - さまよう刃 - 白夜行 - 夜明けの街で - 麒麟の翼 - プラチナデータ - 真夏の方程式 - 天空の蜂 - 疾風ロンド - ナミヤ雑貨店の奇蹟 - ラプラスの魔女 - 祈りの幕が下りる時 - マスカレード・ホテル - 人魚の眠る家 - パラレルワールド・ラブストーリー, 白夜行 - 手紙 - 容疑者Xの献身 - あるジーサンに線香を - ナミヤ雑貨店の奇蹟 - 仮面山荘殺人事件, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, ラテ欄では「赤い指〜シリーズ人気№1ドラマ化 最愛の人が殺人を犯したら!?  殺人事件によってこの家庭は一大事を迎え、悩みに悩む。そして結論に達する。ここに至るまでの過程はありそうではあるが、なかなか書けないものである。主人を追い詰める加賀の執拗な捜査、粘りなどがよく表現されていた。テレビドラマなどでは捜査は2名の刑事が組んで行うとされているが、加賀はよく単独で関係者に質問をすることが多い。これは独断に陥るし、心象に偏る捜査になる傾向があるので、本当にこれでよいのかと一読者としては疑問が生じる。 阿部 寛 黒木メイサ 溝端淳平 松重 豊  今回の最大のテーマは「家族」。 【縦一行表記】 Copyright © Dai Nippon Printing Co., Ltd. 割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。. 東野圭吾×阿部寛の強力タッグがスペシャルドラマで復活!! 黒木メイサ  それは、ギリギリのところで、昭夫に捨てることができない心があったからだ。そして、昭夫にその心を気づかせるために力を尽した刑事・加賀恭一郎の存在が救いとなった。

ただ何か物足りない…と思ってしまうのは、「東野圭吾」という作家に対しての期待値が高いせいなのか。  それは、どの家庭にも起こりうるかもしれないこと。   ・ 新型コロナウイルスに関する情報について.  それほど加賀は上層部から信頼されていると考えてよいのかどうか。やや、捜査の常道を踏み外しているような気もするのだ。また、従弟の松宮は捜査本部の上司に加賀をよく見ておくように言われるシーンがある。組織的な捜査をする捜査本部の指揮官がそんなことを言うとも思えないのだが。 状況を掴めないまま八重子を問い詰めると、息子である直巳(泉澤祐希)が関わっていると聞き、直巳を問い詰める昭夫だが、家族に対して全く心を開かない直巳とは平行線のままだった。しかし、起こってしまった事実をどうにかして隠すために昭夫が動く。 一夜明けて、その事件は瞬く間� ★高視聴率を記録した『新参者』(2010年4月クール)を、早くも超える勢いの超話題作! 2010年4月クールにTBSで放送された、加賀恭一郎シリーズの最新作『新参者』は、原作・東野圭吾×主演・阿部寛の初タッグが大きな話題となり、初回視聴率21.0%、全10話の平均視聴率も15.2%を記録(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。『新参者』終了後も続編を望む声が数多く寄せられ、そんなファンの要望に応えるべく、『新参者』から約半年、満を持して「赤い指」が完全ドラマ化されることになった。    だが意外にも、読後感は悪くなかった。爽やかとまでは言えないが、私はちょっと気持ちが明るくなった。 この家族のように極端なケースに至らずとも、多分たくさんの家族が抱えている問題に触れながら、お話としても息もつかせず読ませる。さすが。 ★主演の“加賀恭一郎”役はもちろん阿部寛が熱演!     松重 豊 佐々木すみ江・田中麗奈・山崎 努

 入院する隆正の束の間の楽しみ―。それは看護師である金森登紀子(田中麗奈)との将棋であった。登紀子の一手に「そう来たか」と次の手を考える隆正。病院を後にした松宮は登紀子に、息子である加賀恭一郎は見舞いに来たか?と聞くが、未だに見舞いには来ていないという答えが戻ってきて、松宮の加賀への不信感は募っていく。 原作となる東野圭吾原作の「赤い指」(講談社刊)は、「新参者」(講談社刊)のひとつ前の作品であり、"新参者エピソード・ゼロ"ともいえる作品だ。累計部数は135万部を超え、加賀恭一郎シリーズの中でも圧倒的な人気を誇る。 出版社の売り方が大げさすぎるのかもしれません。 中学生の息子が幼女を殺害。それを知った家族が隠蔽工作を計る。

途中でどういう結末になるのかだいたい予想がつくので、ミステリーとしては物足りなく感じる人はいるかもしれません。ですがエンターテイメント性も残しながら、伝えたいことがきちんと伝わってきます。 佐々木すみ江 - さいえんす? 杉本哲太 西田尚美 富田靖子 松重 豊 佐々木すみ江・田中麗奈 加賀の紐解きが終わりを迎えたときに訪れる衝撃のラストとは・・・?, <キャスト>  ※表記にご注意ください。

4枚のエースをバラバラにデックに入れます。 さらに表裏をバラバラにしてデック全体を混ぜてしまいます。 しかし指を鳴らすと4枚のaだけが表向きとなりほかのカードは全て向きが揃っています。  前原家に向けられる加賀の目―。そして、加賀の目から何とか逃れようとする前原家。そこにはどの家族でも起こりうる悲劇があり、その悲劇に翻弄されながらも加賀の鋭い洞察力が家族の悲劇を説き解いていく。

  『新参者』は放送前から大きな話題となり、初回視聴率21.0%、全話の平均視聴率も15.2%を記録!, ドラマ『新参者』の放送から約半年――阿部寛演じるあの「加賀恭一郎」が、再び戻ってくる! 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 20:11 UTC 版), 加賀恭一郎シリーズの第7作であり、加賀が練馬署の刑事として活躍する最後の作品となる。本作から加賀の従弟の捜査一課刑事・松宮脩平や看護師の金森登紀子など、『新参者』を除く以降のシリーズ作品にも登場するシリーズキャラクターが生み出された。息子の犯罪を隠匿しようとする家族と、加賀の父親・隆正が病床に伏した加賀一家の様子を交互に描かれ、加賀親子においては『卒業』で触れられてきた確執の詳細が綴られている。尚、本作の刊行前に発表している『新参者』収録の短編において加賀が一皮剥けた印象になっている理由について、著者は「『赤い指』での苦労を経て約束の場所に辿り着けたんだと思います」「『赤い指』によって何かが変わったのだ」として本作がそのきっかけになったと述べている[2]。, 元々は『小説現代』1999年12月号に短編として発表された。当初はシリーズ6作目となる短編集『嘘をもうひとつだけ』の一編として収録予定だったが、後に短編向きではなかったと思い直した東野が長篇として書き直したいと構想を練り直した背景があり[3][4]、構想6年の期間を経て2006年7月25日に講談社から刊行され、2009年8月12日に講談社文庫版が刊行された。尚、著者はその6年間は、『手紙』や『さまよう刃』を上梓し、犯罪に関わる家族について考える機会が多く、作品の比重をどう置くかに悩んでいたといい、構想6年の内訳を停滞6年、執筆2ヶ月だったと語っている。また本作は家族の話であり加害者側、被害者側と描く中で、事件の謎を解く加賀にどんな家族がいたかを描く必要があるという著者の考えから、加賀を長く見ていた人物として語り役の松宮が生み出されたという背景がある[4]。, このミステリーがすごい!  そこには、ある一人の少女が・・・! "新参者 エピソード・ゼロ"となる、累計135万部突破の「赤い指」(講談社刊)を完全ドラマ化!, 加賀恭一郎(阿部寛)が人形町に赴任する、約二年前の話―。

  元刑事である加賀恭一郎の父親が登場し、ドラマ『新参者』の"原点"とも言うべき、決して明かされることのなかった"秘密"が明らかに! 【三行表記】   ・ 【横表記】  加賀の前に立ちはだかる事件とは、ある平凡なひとつの家庭に起こった2日間の悲劇―――。   杉本哲太

是非、この本を多くの人の手に取られていく事を望みます。, あらゆる伏線がフィナーレで実を結ぶ、東野さんらしい作品。家族または人間に許されるぎりぎりの線を見極めたお話で、子として、親として、それぞれの立場で考えながら読める。老いる宿命は共通のもの。老人介護は老若男女を問わず他人事ではない。  一夜明けて、その事件は瞬く間に広まっていった。そして、この事件を担当することになった加賀と松宮はコンビを組むことに―。少女の遺体に付着していたモノから、周辺の聞き込みを開始する加賀と松宮。そこで加賀は前原家を訪れた際、庭で何かをしている前原政恵(佐々木すみ江)を目にする。政恵は認知症を患っており、すぐさま昭夫が政恵を家の中へと引き戻してしまう―。しかし加賀はその政恵の行動から重要な手がかりを掴むことになる・・・。 山崎 努 富田靖子

「家族」というものに、何やら良い幻想を抱いている人にとっては、相当に後味の悪い作品だろう。

- 夢はトリノをかけめぐる - たぶん最後の御挨拶, 眠りの森の美女殺人事件 - 多摩南署たたき上げ刑事・近松丙吉 - 浪花少年探偵団 - 東野圭吾ミステリー「悪意」 - トキオ 父への伝言 - 宿命 - 白夜行 - ガリレオ - 流星の絆 - 名探偵の掟 - 新参者 - 秘密 - 探偵倶楽部 - 幻夜 - 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!  松宮と加賀についてはこれ以降も度々登場する。それも一度にではなく、徐々にという点がもどかしい。加賀の家族関係も最新作『祈りの幕が下りる時』でほぼ明らかになるという念の入れようである。これは意図的にそうしていると思われる。作家の中には本シリーズのように徐々に詳らかにしていくという書き方をする場合がある。シリーズ化するならばどうしても人間関係は重要となるからであろう。 西田尚美 これも冒頭であっという間に事件が起きてしまう。それからが本書の重要部分である。最初に殺人シーンを書いてしまうと、読者にとっては楽しみの肝腎の部分をとられたように感じるが、作家の書きたい部分は他にあるということらしい。 溝端淳平

 主たる登場人物は、勤め人の家庭の主人と、その妻、そして主人の年老いた母親、そして主人の息子の4人の所帯である。それだけではない。病床にある加賀恭一郎の父親、従弟で警察官の松宮である。  事件を追う中で明らかになっていく、この事件を担当することになった記者・青山亜美との出会い―。また、松宮の加賀の知られざる関係性の謎―。そして、加賀恭一郎と父・隆正の二人だけにしかわからなかったはかなくも悲しい家族の絆―。   『新参者』放送から約半年―。阿部寛、黒木メイサ、溝端淳平が再び集結し、累計135万部を超える東野圭吾原作の『赤い指』を完全ドラマ化! あまり大きな期待をせずに読むとちょうどいいような気がします。   ・ ★『新参者』では明かされることのなかったそれぞれのエピソードが散りばめられている、ファン必見のエピソード・ゼロ!   「新参者」(講談社刊)のひとつ前にあたる作品であり、累計部数135万部超! 加賀刑事ものは推理小説として「ちゃんとしている」、つまり謎解きが読者にフェアな形で行われ、その謎のレベルが高い、その上に心理描写にも富んでいます。, 悪くはないです。東野圭吾さんなので。 本当の家族を取り戻すために加賀恭一郎が鋭い洞察力と推理力で、複雑に絡み合っている家族の紐を丁寧に、そして大胆に解いていく。 ★原作の「赤い指」(講談社刊)は、加賀恭一郎シリーズの中でも圧倒的な人気を誇る名作!  その結末とは・・・。, ★東野圭吾×阿部寛の強力タッグが約半年ぶりに復活! 阿部 寛 繰り返しますが、悪くはないですよ。, ドラマスペシャルを観てから原作本を読みました。 「新参者」の"エピソード・ゼロ"ともいえる本作「赤い指」では、元刑事である加賀恭一郎の父親が登場し、ドラマ『新参者』の加賀恭一郎の"原点"とも言うべき、これまで明かされることのなかった"秘密"が、この親子の間にある深い悲しみと愛情の物語とともに明らかになっていく。 「家族」とは何なのか。家族の絆、家族との関わり合い方を考えさせられた推理小説。, 事件自体は単純な物語。そこに加賀刑事の親子の対峙や痴呆老人との向き合いを絡めて深いストーリーに仕上がっている。将棋の一指しを通してお互いに分かり合えていたイメージが伝わってきます, 人間の弱さを痛感させる作品だと思います。途中は、ずっと胸の奥がつっかかるような感じがしながら読んでいましたが、クライマックスでは、何か切なくなってしまいました。加賀恭一郎シリーズの中でも、ある意味違った感想が持てる作品ではないでしょうか。, 文庫版の表紙裏、作品解説は「家族のあり方を問う直木賞受賞後第一作。」という煽りで終わっている。加害者、被害者、そして事件を担当する刑事。三つの家族の姿が読者に問うものは、まさに家族の意味であり、その枠を取り払っても残る絆の意味だ。  彼と父親の絆もまた、家族であることを捨てた先にあったような気がしてならない。, 人間の弱さ、未熟さ、浅はかさ、醜さが全体を厚く覆っている感じで、救いはほんの少しだけ、という感じがします。でもリアルに感じられてしまうのが、また悲しく感じました。.

ひとつひとつが心に響きます。特にラストは…。, 加賀恭一郎シリーズ第7の事件。  状況を掴めないまま八重子を問い詰めると、息子である直巳(泉澤祐希)が関わっていると聞き、直巳を問い詰める昭夫だが、家族に対して全く心を開かない直巳とは平行線のままだった。しかし、起こってしまった事実をどうにかして隠すために昭夫が動く。 犯人の幼女の誘い方や、取り調べで犯行の経緯を話すところなどは、地味に現実味がありました。こういう少年はいるんじゃないだろうかと思わせる所がさすがです。  いずれにしても、加賀という主人公は小説としては読者に捜査能力も人間的にも魅力を感じさせる刑事である。この後は加賀にどのような活躍を見せてくれるのだろう。楽しみである。, このレビューは役に立ちましたか?

加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは」と表記。, 『東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ 東野作品人気ランキング発表』、151 - 152、169項, 『東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ 東野作品人気ランキング発表』、150 - 152項, https://www.oricon.co.jp/news/82575/full/, All text is available under the terms of the. 犯行のシーンなど、描写はこちらの方が遥かに優れていると思います。 事件を紐解きながら、読者側に考えさせるところが奥深い。 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!(2011年1月3日、tbs) - 前原直巳 役 ドラマW (WOWOW) エンドロール〜伝説の父〜 (2012年3月18日) - 橋本雄司 (高校時代) 役 2007年版では9位、2006年の週刊文春ミステリーベスト10では4位を記録する[5]。 ネプチューンの名倉潤は東野作品の中で怒りに打ち震えた作品に『さまよう刃』と共に本作を挙げており、「加害者の少年の母親の態度に一発ビンタを食らわしたくなった」としながらも、「親の子に対する愛情は無償だからこそ、考えなくてはならない愛情があるのでは、愛情の掛け方でこんなにも深い闇が出来るのかと考えさせられた」として特に本作を薦めている[6]。, 文庫本は2009年8月24日付のオリコン“本”ランキングの文庫部門で首位での初登場以来、7週連続首位を獲得し、2010年2月22日付のランキングでは15位の記録と共に100万部を突破し、その年の文庫部門の記録では外山滋比古の『思考の整理学』に次いで2作目でミステリとしては初となり、著者にとっては2009年8月31日付の『さまよう刃』以来のミリオン達成となった[1]。そしてドラマ化が発表された時点では累計部数は135万部を記録している[7]。, 前原昭夫は、妻と一人息子、そして母親と一緒に暮らしているごく普通の家庭を持っているサラリーマン。しかし、妻・八重子は義母を疎み夫をなじり続け、息子の直巳は親和性に欠ける。そして母・政恵は認知症となってしまい、それぞれから問題を与える「家庭」は昭夫にとって安らぎを与えてくれる場所とは言い難い存在になっていた。そんな家族の元に少しでも戻りたくないとオフィスにいた昭夫は、八重子から「早く帰って来て欲しい」と電話が入る。切迫した様子を訝しみ、家路に急いだ昭夫は、自宅の庭でビニール袋を掛けられた幼女の遺体を目撃してしまう。全ては直巳が少女を自宅に連れ、身勝手な理由により殺害したものだった。一時は警察に通報しようとした昭夫だが、八重子に強く懇願され、やむなく息子のために事件の隠蔽を画策する。遺体を自宅から遠ざけるため、深夜に住宅地近くの銀杏公園に少女の遺体を遺棄するのだった。, 程なくして事件は発覚、練馬署に捜査本部が設置され、捜査一課の若手刑事の松宮脩平とその従兄で練馬署の刑事・加賀恭一郎は事件現場付近の住宅街で聞き込みを行うことに。事件を追う加賀と松宮もまた、加賀の父親で松宮の伯父である加賀隆正が末期ガンに侵され、今も入院している事情を抱えていた。だが母親の失踪を境に隆正との確執を抱えていた加賀は、ただの一度も隆正の元に見舞いに訪れようとはしなかった。敬慕する隆正の身を案じる松宮はそんな加賀の心情を理解できず、反発心と共に複雑な感情を抱いていた。, そんな2人は数多くの聞き込みを行う中で、あるきっかけから前原家に疑念を抱き、彼らがついた嘘に肉薄していく。対して犯行を突き止められるのも時間の問題と悟った昭夫は、最終手段として愚かで非道な手を打とうとしていた。, 卒業―雪月花殺人ゲーム - 眠りの森 - どちらかが彼女を殺した - 悪意 - 私が彼を殺した - 嘘をもうひとつだけ - 赤い指 - 新参者 - 麒麟の翼 - 祈りの幕が下りる時, 探偵ガリレオ - 予知夢 - 容疑者Xの献身 - ガリレオの苦悩 - 聖女の救済 - 真夏の方程式 - 虚像の道化師 ガリレオ7 - 禁断の魔術 ガリレオ8, 放課後 - 白馬山荘殺人事件 - 学生街の殺人 - 11文字の殺人 - 魔球 - ウインクで乾杯 - 十字屋敷のピエロ - 鳥人計画 - 殺人現場は雲の上 - ブルータスの心臓 - 宿命 - 仮面山荘殺人事件 - 変身 - 回廊亭の殺人 - ある閉ざされた雪の山荘で - 美しき凶器 - 同級生 - 分身 - むかし僕が死んだ家 - 虹を操る少年 - パラレルワールド・ラブストーリー - 天空の蜂 - 秘密 - 白夜行 - 片想い - レイクサイド - 時生 - ゲームの名は誘拐 - 手紙 - おれは非情勤 - 殺人の門 - 幻夜 - さまよう刃 - 使命と魂のリミット - 夜明けの街で - ダイイング・アイ - 流星の絆 - パラドックス13 - カッコウの卵は誰のもの - プラチナデータ - 白銀ジャック - ナミヤ雑貨店の奇蹟 - 夢幻花 - 疾風ロンド - 虚ろな十字架 - ラプラスの魔女 - 人魚の眠る家 - 危険なビーナス - 恋のゴンドラ - 雪煙チェイス, 探偵倶楽部 - 犯人のいない殺人の夜 - 天使の耳 - 怪しい人びと - 怪笑小説 - 毒笑小説 - 超・殺人事件 - 黒笑小説 - あの頃の誰か - 歪笑小説 - 素敵な日本人, あの頃僕らはアホでした - ちゃれんじ? 田中麗奈 だけど、その中に巻き込まれてしまった母親が息子を最後まで信じ抜いた信念が最後のページの最後の行を読み終えるまでヒシヒシと伝わり、涙を流してしまう物語です。  家族を守ろうという、それぞれの強い思いが悲劇の連鎖を呼ぶ―――。 山崎 努, 【DVD仕様】2011年/日本/カラー/本編123分+特典映像95分/16:9/日本語字幕/音声:ステレオ/2枚組 また、黒木メイサ演じる青山亜美と加賀との出会いや、ドラマ『新参者』で溝端淳平が演じた加賀の従弟・松宮脩平がなぜ刑事になったのか?そして、加賀と松宮の"すれ違い"の関係の謎など、ドラマ『新参者』では明かされることのなかったそれぞれのエピソードがこの『赤い指』には散りばめられている―――。 2010年4~6月に連続ドラマが放送され平均視聴率15.2%を記録した 東野圭吾原作のドラマ「新参者」の2年前の事件をスペシャルドラマ化。主人公・加賀恭一郎役… 東野圭吾ミステリー「赤い指」 ~“新参者”加賀恭一郎再び! | きまぐれWalker2.

※仕様は変更となる場合がございます。.  痴呆の母、引きこもり気味の幼稚な息子、息子を溺愛し夫を侮蔑する妻。前原家は、とてもありがちな問題を抱えた家族である。主人公の一人・昭夫は前原家の家長であり、崩壊しつつある一家を体現するかのように、現実から目をそらし、逃げ続けている。  会社で仕事を続ける前原昭夫(杉本哲太)は今日も家に帰るのをためらっていた。そんな中、昭夫に着信が―。普段かかってくるはずもない妻・八重子(西田尚美)からの電話に不気味さを感じる。電話に出るといつもの八重子とは違い取り乱しており、とにかく帰ってきて欲しいの一点張りであった。嫌な予感を胸に抱きながら昭夫が家に戻ると、八重子が神妙な面持ちで、庭を見て欲しいと言う。状況が掴めない昭夫だったが、庭に足を踏み入れた瞬間に言葉を失ってしまう。  

いいえ, 加賀恭一郎シリーズ第7作。久しぶりに加賀恭一郎の父親が出てくる。また、父親の妹と息子も出てくる。犯人の家族と加賀家の話がシンクロしながら話が進んでいく。緻密に構成されたストーリー、巧妙に仕掛けられた伏線が最後に効いてくる。この結末は予想できないだろう。また、感動の結末でもある。お勧めの一作でもある。, 最初は怖い内容なのかなと思いましたが、最後、赤い指の意味を知ったとき、涙が出ました。切なく心にジーンと来る内容でした。どんな状態でも、人はみんな心があるんだなと感じました。, 本書は、筆者東野圭吾氏が『容疑者Xの献身』で直木賞を受賞した後の第一作目ということで、当時、かなり注目を集めましたが、それだけの価値のある作品だと思います。ストーリー自体は、普通のミステリー小説とそれほど違いませんし、特に際立った特徴も見られないと言えますが、最後の結末が見事なのです。少女を殺した直巳少年を父親と母親はどうにかして庇おうと、同居する痴呆症の母親の犯行に仕立てあげます。本件を捜査する加賀と松宮は、徐々に直巳少年の犯行であることを認識していきます。そして、最後には父親の自供によって、少年と彼の両親が逮捕されます。通常はこれでミステリーは終わってしまうのですが、本書はこの後があるのです。そして、間違いなく読者はその結末に驚きを示すことでしょう。本書の驚愕の結末を知りたい方は、ぜひとも一度、お読みください。, 内容は知らないけれど、東野圭吾だからおもしろいよね、という感じで軽く購入した一冊。もちろんおもしろい。そしてそれ以上に、出てくる家族がリアルで悲しく、切なくなりました。, この物語にでてくる家族は本当にどうしようもない人たちばかりです。   まさにハマリ役!俳優として不動の地位を築き、TVや映画、CMなど多方面で活躍する説明不要の超実力派!前作からの黒木メイサ、溝端淳平に加え、今回限りの超豪華キャストが集結!

赤い指 赤い指の概要 ナビゲーションに移動検索に移動加賀恭一郎シリーズ > 赤い指 赤い指著者東野圭吾発行日2006年7月25日発行元講談社ジャンルミステリー、推理小説国 日本言語日本語形態四六判 …  それぞれの一つ一つの絆が、この事件を通して次々と明らかになっていく―。

 闘病生活を送る、加賀恭一郎の父親・加賀隆正(山﨑努)の下に松宮脩平(溝端淳平)が見舞いに訪れている。捜査一課に配属になったばかりの松宮の近況を聞く隆正。

 警察との、「戦い」とはとても言えないその攻防は、わずか2日で前原家の敗北に終わる。だから、本作に、倒叙ミステリーとしての面白さを求めては肩透かしを食らうだろう。だが、この2日間は密度濃く緊迫感に溢れていた。

 既に壊れている「家族」を、せめて体面だけでも守ろうとし、その為には不要と見なしたものを切り捨てようとする前原一家の醜悪さには、怒りよりも、うすら寒さ、絶望すら感じる。そこには、敬意も信頼もないのだ。 ~はお使いのデバイスに問題を起こす可能性があるため、ブロックされました。ダウンロードしたファイルがブロックされた普段使用しているアプリケーションのバージョンアップ、ファイルをダウンロードをしようとしたら、「~~~はお使いのデバイスに問題を起

はい 読みやすいので一気に読めると思います。 JavaScriptが無効の場合は一部ご利用いただけない機能がございますので、有効にすることをお勧めいたします。, 【電子書籍ストア】小学館 「ぴっかぴか小デジ!感謝祭」対象商品に使える30%OFFクーポン, 【電子書籍ストア】<先着2,000名>コミック全商品に使える1000円OFFクーポン, 【電子書籍ストア】<実用 ・ビジネス書など150商品以上! 全て111円均一!>西東社 11月サプライズセール!, 性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。, 東野圭吾、加賀恭一郎シリーズ第7の事件が本書の内容である。ありうる話だけによくこの種のテーマを書いたものだと感心させられた。勤め人の家庭に生じた殺人事件である。