ブログ情報 ... 1位. 例えば、ストレス性で発症する胃炎、腸炎、頭痛、睡眠障害、過換気(過呼吸)など。 読んで下さる方、いいね!して下さる方、フォローして下さる方、コメント下さる方々、ありがとうございます※後半、同じ体験をされた方がその時の事を思い出されて不快に思う事があるかも知れません。また、その他の理由により傷付く表現もあるかも知れません。11.15『公園デビュー♡』近所の公園は何回か行った事があるのですが、遊具もほとんど無く歩けない娘を遊ばせた事はありませんでした。ベビーカーでお散歩するだけでしたしかし、昨日は少し離れた遊具のたくさんある公園に行ってきましたそこには小, 読んで下さる方、いいね!して下さる方、フォローして下さる方、コメント下さる方々、ありがとうございます11.13『生後1歳4ヶ月(修正1歳2ヶ月)』厳密に言うと、修正1歳1ヶ月25日です久し振りに発達状況を書きます。体重:約8.8kg身長:たぶん71~75cmです。(上手く計れません)まだまだ、見知らぬ人から『何ヶ月?』と聞かれる娘は、顔も大きさも赤ちゃんっぽさが抜けません笑【手】スコップを使おうとする素振りが出てきました。指を1本立てたりしているので、指の認識, 11月8日マクドナルドでハッピーセットを買うと50円がマクドナルドハウスに寄付される。CMしてましたね買い物の帰りにドライブスルーで寄れるマクドナルドがあるので2つ購入しました。実は我が家もマクドナルドハウスにお世話になったことがあります。我が家からは遠く遠く離れた病院に行ったことがあり、その際利用させていただきました。そのハウスは今はもうなくなってしまったのですが、利用させていただきとても助かりました。そのハウスのすぐそばには周産期の高度医療センターを含む大学病院があり、そこを利, さえちゃん、1年ちょっと前に注入量を増やしてから一気に体調が改善されたのですが…ここにきて、じわじわとまた体重増加が加速してまして…いや、体調悪いより全然良いんです。良いんです。注入量増やす前は、ぽっちゃりさんなのにかなりの低栄養状態で手背、足背、むくみでパンパン。ちょっと何かに引っかけたら皮膚が弾けてしまいそうなくらい…そして髪の毛は脱色、脱毛、髪質もチリチリごわごわ。貧血もひどく、元々の色白も相まって真っ白。注入量を増やしてから、この症状は全て改善されました。貧血はまだあるけ, 読んで下さる方、いいね!して下さる方、フォローして下さる方、コメント下さる方々、ありがとうございます11.9『失敗』身体障害者手帳を取得時の『自動車税減免』についての失敗談です。私が娘の身体障害者手帳を申請に行ったのですが、その時に保護者の名前を私で書いてしまいました。今後も私が色々な手続きをしていかなくてはいけないだろう、その時何かと夫の名前だと不都合が生じるかも知れない……と思ったのですそして身体障害者手帳の保護者欄は私の名前で交付されました。しかし、自動車税減免は, 実は、R病院を退院する時にもらった書類を全てコピーさせてもらいました(R病院を全く信用していないので、そっと開けて勝手にコピーしちゃいました)そしたら、知らない情報がズラリ。説明されてないことが載ってて驚きですそのままPDFにして載せたいけど、見にくさ満点なので書き写しました。(重複してるところもあります)【入院時診断名】①重症新生児仮死②新生児呼吸障害【退院時診断名】①重症新生児仮死②新生児痙攣③痙攣重積発作④低酸素性脳症⑤てんかん⑥鉄欠乏性貧血【入院時問診】出, 我が家にも厚生労働省の衛生用品等優先配布事業によるアルコール綿が届きましたありがとうございます我が家周辺では、未だにアルコール綿が購入しにくく、一時期の探し回っても買えない状況よりは改善されましたが、それでも何軒か探さないと買えない状況にあります。まぁ、ネットで購入すれば探さず買えるんでしょうけど。薬局行ったついでに買おうとすると買えない。呼吸器を使用している人が優先、予定数に達すれば配布されないとあったので、我が家にはまわってこないかなー…なんて思っていましたが、配布していただけ, 10月31日我が家もゆる〜くハロウィンしました去年はできなかったさえとりょうたで仮装でもほんとゆる〜くゆるゆるです。なんとなくそれっぽく仮装です。去年やろうと思ってできなかったキキとジジジジさんは逃げ足速いし、じっとしてないし、耳を付けるので精一杯しっぽは無しでボール見つけてご満悦やっとキキ姉ちゃんの隣に座らせるも、姉ちゃんは待ちくたびれて飽きてあくび〜さらにあくび〜笑そしてジジさん逃亡お姉ちゃんの酸素濃縮機触ってご機嫌なジジさん。大好きなボールも離しませんよキキ姉ち, MRIの結果。今になってとても悲しくて泣いてはしっかりしなきゃと泣き止んでまた泣いてテレビ見たり携帯ゲームして現実逃避。で、また泣いて。まず新生児科の先生から、MRIの結果の説明を受けました。ほぼ何も写ってないさえの頭蓋骨の中。何も…見えるのは脳幹だけ。その脳幹も半分以下の細さ。あと点のようにチョンと下垂体。大脳、基底核、小脳、全て脳細胞は残っておらず機能していない。下垂体は機能しているが、下垂体をコントロールしている視床が壊死しているため、下垂体の信号は脳幹まで伝, 月曜日。出来上がったコチラを受け取りに。さえの予防接種があったので、そのついでに。書類は中が見られる状態なので、予防接種の待ち時間に熟読。まぁ病院でなんて読むものではなかった分かってたけど。いろーーーんな辛いこともカムバック。何度も書いてますがさえを産んだあと、私も出血止まらず→血圧低下→意識消失→痙攣発作→搬送となり、ICU(一般の)1週間ICU(母子周産期専門)3週間の入院。なので、NICUにいた時のさえのこと生まれてすぐのさえの状態や治療ほぼ知りません。, 読んで下さる方、いいね!して下さる方、フォローして下さる方、コメント下さる方々、ありがとうございます11.11『久し振りに』久し振りに姉にヘルプに来て貰い、身体障害者手帳の保護者欄をパパの名前に直しに行って来ましたついでに、西松屋さんで冬物の上下や滑り止め付の靴下などを購入してきました娘を連れていないと、ゆっくり見れるし体力も削られなくてすごく助かりました。(いつもはベビーカーだと邪魔になるので、抱っこ紐で買い物しています。)パパと行くと土日なので人も多いし、急かされるし、, 生後604日目。11月22日の朝、仕事で外に出ていた私の携帯に病院から電話が入った。主治医より朝から心拍数が低く、70を切った。もし病院に来れるようでしたら来ていただいて、個室に移動しますので、週末ご家族で過ごされてはどうでしょう。との電話だった。すぐ来てほしい、という電話ではなかったが、私は出先からすぐ戻り、会社で事情を説明して早退させてもらうことにした。帰宅して、念の為、夫にも連絡し、早退できるようであればしてほしいと伝えた。私の職場は家から5分、夫の職場は家から10分。最初の電, 読んで下さる方、いいね!して下さる方、フォローして下さる方、コメントを下さる方、ありがとうございます※長くなりますので、ご興味のある方はどうぞ9.30『修正1歳児健診』先日のフォローアップ外来の詳細です。生後1歳2ヶ月17日(修正1歳11日)体重:8710g身長:69.6cm(いつも若干誤差あります)カウプ指数:17.9今回嬉しい事に7月27日の測定と比べて体重+735g身長+2.3cm頭囲+1.2cm増加していましたそして、今回, 読んで下さる方、いいね!して下さる方、フォローして下さる方、ありがとうございます※今回の記事はMRIの結果を載せています。長くなりますが、ご興味のある方はお読みいただけたら幸いです。12.12『退院前MRIの結果』いただいたプリントの文章をそのまま載せます在胎30週2日体重1228gAp0/0/0常位胎盤早期剥離のため帝王切開出生生後32分で自己心拍再開基底核、視床型の重症低酸素性虚血性脳症修正3ヶ月の再評価前回MRI検査(2019/09/18)と比較しました。, 読んで下さる方、いいね!して下さる方、フォローして下さる方、ありがとうございます9.11『1歳2ヶ月(修正11ヶ月25日)』本日1歳2ヶ月に突入しました。恒例の発達状況です。身長:69cmくらい体重:8.5kgくらい【手】小さなボールや積み木、ブロックなんかを小さく投げる様になってきました。ボールをカップに入れたりも出来るようになってきました。昨日偶然だと思いますが、積み木を1つ積む事に成功しました【足】娘の体を持ち上げると足をバタバタ、まるで歩くように動かす様にな, りょうたブログです。もう結構前ですが、りょうたの整形受診してきました。両手の親指の握り込み。握り母指の診断でした。そしてそのまま装具の型取りへ。握り込みも強めだし、乳児に指示が入るわけもなく型取り苦戦なんとか型取りして2週間ほどで受け取り。まだまだ小さい手に付ける装具。簡単に紛失してしまいそうなサイズです。手のひら側から親指の付け根が曲がらないように装具で押さえて、手の甲にマジックテープで巻きつけて固定。文字だと分かりづらいですね写真撮ったら載せますねまー嫌がる嫌がる, 4人の生活が始まって1ヶ月になります。一言で言うなら超多忙。それに尽きます。初めての新生児育児は分からないことだらけ。さらに酸素とお友達になっているさえのお世話も加わって、なんならまだまだお腹の傷も痛む自分の体も加わって、アラフォーの母はボロッボロです今は少しだけ落ち着いてきたかな。さえちゃん、相変わらずの頑張り屋さんで少しずつ酸素と距離を置いて過ごせるようになってきましたまだspo2は不安定ですが酸素なしでも90台をキープできるようになってきました。でも前半のことも多いの, 昨日のリハ施設でのリハビリで。なんとなくの会話で、さえは後ろに体重がかかると筋緊張で反りやすいので、前に体重がかかる姿勢の方が楽なのかもと。眠くてご機嫌ななめなさえの気分転換と覚醒を促すために試しに歩行器を使ってみました歩行器だと前にもたれかかる姿勢になるのでさえも楽かなー?という、なんとなくの試みでした。なのに母とPTさんの意に反して(とぉーっても良い意味で)タイトル通り、歩いたんですそんな足の動かし方…いつどこで覚えたの?ちゃんと顔も上げて不思議そうな顔してるけど(笑), 11月25日はとてもよく晴れた日でした。親子3人川の字で寝た3晩。朝早く起きてこまさをリビングに運び、体をお湯で湿らせたタオルで丁寧に拭いて、旅立ちの支度です。服は色々迷ったけれど、ハーフバースデー、お正月、こどもの日と散々着倒した袴風ロンパースにしました。1年も前の服なのでパンパンでした。こまさ、成長したねぇ。私は火葬は夫婦二人でやりたいと思っていましたが、葬儀もやらないので火葬位は参加したい、納棺にも立ち会いたいとの夫の親族らの希望により、夫の親族も朝早く家に来て、一緒にこまさを, 昨日で在宅4年でした。今日から5年目帰ってきた日のさえも2年目になったさえも可愛すぎて悶絶写真と見比べるとまだまだ赤ちゃん感覚で可愛いなぁと思っていたさえもだいぶお姉さんな顔になったなぁとしみじみです起きた在宅生活のはじめの頃はなかなか色々なことがうまく回らず何をどうしたらいいのかどこに伝えればさえのための生活はうまく成り立たせていけるのか今もイマイチ分からないことだらけですがやっぱり当時は今よりずっと大変でした。手続き関係も、誰も詳しく知らない。誰も教えてくれない, 昨日は久しぶりの未熟児新生児科の外来でした正直、またさえのできないことを再認識させられるんじゃないかと思って行きたくありませんでした診察前の計測で、入院中のさえのことを覚えてくれていた看護師さんが担当でさえちゃん大きくなりましたねー相変わらずほっぺがプニプニと言われましたさえのほっぺは自慢の癒しスポット笑診察になり、先生にミルクの量を聞かれミルクが100と白湯20ですと答えると不思議そうな顔をされて白湯20で薄めてる感じですと言うと、さらに不思議そうな顔に。なんで薄めてる, 5月25日さえちゃん4歳になりました無事に今年もお家で誕生日を迎えることができました実は今月中旬くらいから体調がかなり不安定で、全然吸引しなくても過ごせたり、かと思えば急にHRが100超えで(←普段は60前後)顔を真っ赤にして過ごす日があったり、エンドレス吸引になったり…。筋緊張バッキバキで尿量も多くなって脱水のショックを起こすかと悪夢が蘇ったり。どれも体調に何かしらの悪化傾向があるのは明らかだけど受診を決定づけるところまではギリギリいかず、ひたすら家で不安な状況でした。今も不安定な, 読んで下さる方、いいね!して下さる方、フォローして下さる方、コメント下さる方々、ありがとうございます10.21『SRC歩行器』今日は発達センターにてPT(運動)とST(嚥下)のリハビリを受けてきました。そろそろ本格的に歩行練習をしていこう!と言うことで初めてSRC歩行器と言う物に乗せて貰いました先生が『靴履けばギリギリ足届きますね』とおっしゃっていました笑これで、親子入院中歩く練習もさせていただけるようです歩行器に乗って進むのは無理ですが、足を交互に前に出そうという意志は感, 2016年5月25日3379gで生まれた娘重症新生児仮死でした泣くことも口からミルクを飲むこともできませんたまに起きても目線が合うこともありません私の声や顔に反応することはありません大脳の大半が壊死痩せた脳幹と小脳が頑張って機能している状況です唯一の希望は産院の院長が採取し、旦那さんが保存の決断をしてくれた臍帯血治験が実際の治療にかわることを信じてまだまだ泣いて過ごす日が多いですが記録することで気持ちが落ち着けばとブログを始めてみようと思います少しずつ5月25日から, さえちゃん2歳になりました今も、現実のことだったのかわからなくなるほどの悪夢の日からもう2年。なんとか繋いださえの命。とっても大きくまるまる育った2年間この2年で退行してしまったこともゼロではないけど。ここ1年でできるようになってきたことくすぐられたのがわかるようになったよ嫌な刺激には手や足を引っ込められるようになってきたよ起きてる時間が少〜し増えたよ目を開ける時間も少〜し増えたよ毎日うんちが出せるようになったよ両足を持ち上げられるようになったよ手をパー, 木曜日は私の外来受診でした先月受診したときはメンタルは落ち気味でもそんなに泣かずに話ができました。が、今月はダメでしたねプチネガティブ週間に入っていた私は大号泣のグズグズ状態でしたというかプチネガティブではなくがっつりネガティブ週間に入っていたようですいつもとりあえずやっている産後うつの確認のためのアンケートとエジンバラテストアンケートの項目見ただけで泣けてきました。ひどい私の場合、落ち込む原因が明確なので産後うつではありません。でも一応、精神状態を確認するために, 平成も間もなく終わりを迎えようとしてますね。昭和生まれの私ですが、すでに平成の方が長く生きてて、終わりを迎えるんだと思うと少し淋しい気持ちもします…これから令和の方を長く生きるのかな?あっちが痛い、こっちが痛いという年の取り方だけはしたくないと思ってたけど、すでに痛いとこだらけで、令和を楽しく生きていけるのか正直不安です少なくとも気持ちだけは楽しく過ごしていきたいと思う今日この頃ですさて、そんなちょっぴりしんみり気分の今日は、出会う方に必ず「何これ〜??」とビックリされつつも、「ナイスア, 読んで下さる方、いいね!して下さる方、フォローして下さる方、コメント下さる方々、ありがとうございます前回のブログにコメントを下さった皆様、ありがとうございました昨日、訪問リハの先生より娘の身体能力だと早急に取った方が良いとの助言をいただいたので今日病院に電話しました。9.18『2度目の1歳記念日!』昨日、修正1歳(実際は1歳2ヶ月6日)を迎えましたと言っても特にお祝いはしていないのですが、2点娘のために購入した物があります。1点目はコチラアンパンマンよくばりビジーカ, 読んで下さる方、いいね!して下さる方、フォローして下さる方、ありがとうございます4.22『産科医療補償制度の謎』※本題に入るまで長いのでお時間のある方はお読み下さると嬉しいです最近、産科医療補償制度について度々考える事があります。と言うのも、数週間前に娘が令和3年4月に保育園に入れないかも知れないと保健師さんに告げられた事が大きな要因です。医療ケアの必要な娘には保育園に入れない=仕事は辞めなければいけないからですそうなると、必然的に夫1人の稼ぎで生活をして行く事になります。, タイトル通り母は心バッキバキに折れました。さえの顔を見たらちょっと繋がったけど…まだまだヒビがしっかり入ってます今朝、退院のお迎えに行く車の中で病院から電話。もうこの時点でわかりますよね折り返すとやっぱりさえちゃん…深夜1時頃から発作。筋緊張強くなって、HR200超え、体温も39℃超える…目も開けていたそう。今回の入院の中では1番つらかったんだな…ドクターコールで発作時使用してみることになっていたステロイド(コートリル)、ダイアップ使用。変化なし。採血結果でかなりの循環不全.

重症新生児仮死後遺症 | 低酸素性虚血性脳性 入院記録 東京 ★★★ 2015-03-11 10:37:50 あおのすけのブログ ~19才女性 2012年 1users 日記 薬剤 検査 リンク 重症新生児仮死後遺症 | リハビリ てんかん 脳性麻痺 ★★★ 2015-03-10 22:03:16 ▪まさかの産まれた子供が重度心身障害児 全前脳胞症という病気をもって生まれた息子との日常。, 軽度知的障害の小1娘と2歳息子を持つアラフォーワーママです。 毎日の生活の中での呟きを中心に書き綴っていましたが、娘の療育状況も更新していきます。, 北九州市若松区でフォトスタジオとリフレクソロジーサロンをしています。歌うたい活動、自閉っ子の息子、ヤンチャ娘、お菓子づくりなどなど。, 2016年2月に長女、2019年2月に長男の中学受験終了。 重症新生児仮死、低酸素性虚血性脳症と診断され、72時間体温を34度まで下げて脳のダメージ拡大を防ぐ低体温療法を受けました。 後遺症も恐らく何か残るだろうとも言われましたが奇跡的に今のところ大きな異常なく退院できました。 このトラコミュが情報交換の場になる事を願ってます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今まで妊娠中の生活についてブログに書いていましたが、2019年9月に出産しました!, Twitterでは出産直後にツイートしたのですが、一言でいうと、めちゃくちゃ危険(?)な出産でした。, 36週5日での出産だったので、時期的にもギリギリ早産という扱いになってしまいました。, 妊娠中はトラブルなく過ごしていたにも関わらず、一瞬の判断を間違えていたら赤ちゃんの命が助からなかった可能性もありました。, 長くなるかもですが、これから妊娠出産を控えている人にはざっと読んでいただけたら嬉しいです。, 出産直後のツイートは多くの妊婦さんに拡散され、イイネやリツイートなど5000件以上の反応がありました。, 取り急ぎの報告。昨日夕方から胎動の減少が気になり、カウントほぼ取れなかったので念のため深夜に受診。NST中、赤子の心拍低下→緊急帝王切開に。お腹から出てきたとき泣きませんでしたが、10分ほどで産声を上げてくれました。 一命を取り留め、現在大きな病院へ搬送…皆さんも胎動注意して下さいね→, — ぽっくる@36w5d→1m (@pocclelife) September 8, 2019, 36週4日での出来事でした。今まで母子ともに健康的な妊婦生活でした。昨日も何も変わった様子なく、気になったのはいつも元気に動く赤子が静かだったことだけ。横になったり突っついたりしたけど3-4時間で数回(しかも弱い)しか動かなかったため、念のためと思って産婦人科に☎︎してNSTを行いました, 普通に心拍取れましたが、寝てるときと動いてるときの差がなく、少し長めに様子を見ることに。しかし体勢変えても一向に変化なく、途中で160くらいあった心拍が80.60.40…と乱れ始め、助産師さんがバタバタし始めました。そこから医者に連絡とり、緊急手術に。また詳細は後ほどまとめます, とりあえずは赤子は息を吹き返し、私も無事に手術を終えました。まだ一瞬しか会えてないけど、今のところは別の病院で元気だそうです。何もかもが突然すぎて、まだ何も実感がない…, その後話を聞いたところ、赤ちゃんが呼吸できない時間が長く続き、出てきたときは重度仮死状態だったようです, 日本の医療に感謝。そんな娘の誕生日は救急の日です pic.twitter.com/MUQ8jV0hsx, — ぽっくる@36w5d→1m (@pocclelife) September 9, 2019, 日曜日だったので旦那も休みで、昼過ぎまでもうすぐ産まれる赤ちゃんの名前を考えたりと普段通り過ごしていました。, 夕方にはカフェにでもいって、そのあとは映画「天気の子」を見よう~とルンルンしていました。, でもあまり深く考えず、「運転中だから揺れで感じ取りにくかったのかな?」くらいにしか考えませんでした。, 普段からよく胎動は意識していて、「ごはんを食べているとき」と「ソファで休んでいるとき」はいつも元気に動いていた赤ちゃん。, 以前の記事でも紹介していたエンジェルサウンズ。お腹の中にいる赤ちゃんの心音を聞ける機械です。, 主に妊娠初期に生きてるか心配でよく使っていましたが、中期以降もたまに使用していました。, けっこうコツはつかんで、いつもは「赤ちゃんの位置はだいたいこのへん!」と、一発で心音を拾えていたのですが、このときはなぜかすぐに見つかりませんでした。, 仕事が終わったようでちょうど旦那からLINEが来たので、胎動がなくて心配なことを伝えました。, そしたら「胎動カウントしてみたら?」と言われたので、もう一度真剣にカウントしてみました。, ここが唯一の私の後悔なのですが、20時半頃カウント取ろうと思って横になったら寝てしまったんです…, 「出産が近づいてきたから動きがゆっくりになった?」とも考えましたが、やっぱり心配に。, 旦那に伝えたら「明日病院行ってきたら?」と言われたのですが、明日じゃダメな気がしました。, 深夜だから少し躊躇したけど、先日受けた産院の両親学級での助産師さんの言葉を思い出しました。, 「臨月は胎動がなくなるという話が出回っていますが、臨月でも赤ちゃんは動きます。心配事があれば24時間私たちはいますから、いつでも電話してください」, この言葉がなかったら、私の性格的に「夜中にこんなことで電話したら迷惑だ…」と思って絶対連絡しませんでした。, モニターに安定して心拍160が表示され、「しっかり動いてますね」と、母の心拍じゃなく赤ちゃんの心拍であることを説明してくれました。, ひとまず安心したのですが、助産師さんいわく、「赤ちゃんが起きてるときと寝ているときで心拍に差が出る」とのこと。, 「変化がないのでもう少し様子見てみましょう」と言われ、赤ちゃんを起こそうと横向きになったり、お腹を揺すったりしたのですが、心拍に全然変化なし。, そうこうしているうちに、急に画面が赤くなり、160で動いていた心拍が、急に80、60、40…と下がってきたのです。, そこから「赤ちゃん苦しいからしっかり呼吸して!」と言われ、バタバタと院長に電話連絡、オペ準備が始まっていたようでした。, 「赤ちゃんの状態が良くないので今からすぐ出します」と、簡単に手術の説明を受け、急いで同意書にサインしました。, 助産師さんに「急いで!」と言われ、何に同意したのかもわからず3枚ほど何も読まずにとにかく急いで名前を書きました。, 手術着への着替え、オペ室への移動、とにかく「急いで!!」とずっと助産師さんに言われ続け、全てがMAXスピードで進みました。, 冷静に考えたらめちゃくちゃ怖いけど、赤ちゃんを助けるために気を強く持って挑みました。, 「念のため…」と思って産婦人科に電話したところから、まさか1時間後にお腹を切られているとは思いませんでした。, 病院とか注射とか痛いの苦手な私ですが、本当におびえる間もなく進んだので、もう流れに身を任せるしかありませんでした。, 手術中も心拍がどんどん良くない数値になってきて、「しっかり呼吸して!」と何度も言われ、とにかく呼吸だけに集中しました。, 何分かたったあと、医者たちの会話と動きから、赤ちゃんがお腹から出たらしきことがわかりました。, 普通赤ちゃんが出ると「赤ちゃん出ましたよ!」「おめでとうございます!」の流れだと思うんですけど、私、何も言われなかったんですよね…, そして普通お腹から出たらすぐに赤ちゃんが泣くはずなんですけど、一切泣き声が聞こえませんでした。, でも不思議と一切ネガティブな考えにはならず、「この子は絶対大丈夫なはず!!!」と、根拠のない自信でいっぱいでした。, 手術室のはじっこのほうで、助産師さんが小声で「がんばれ…がんばれ…」って言っているのが聞こえました。, 産まれて何分かたったあと、手術を受けながら、赤ちゃんの声らしきものが聞こえた気がしました。, 助産師さんが近づいてきて、「聞こえましたか?おめでとうございます」と、ここではじめて言われ、顔の横に赤ちゃんが登場…!!!, これダメだったらおめでとう言われなかったパターンじゃないか…とめちゃくちゃ恐怖でした。, 助産師さんが赤ちゃんをおでこにコツンとしてくれて、すぐに赤ちゃんは保育器へ運ばれていきました。, 「赤ちゃん呼吸できていない時間が続いていたので、大きな病院でしっかり診てもらいましょう」と言われ、すぐに救急車が到着した音が聞こえました。, 手術なんてしたことないから知らなかったけど、麻酔って本当に痛みは消えるんだけど、感覚は残ってるんですね…(恐怖), 「寒い?」と聞かれて、全く寒さは感じないんだけど、とにかく震えがとまらないという初体験。, 助産師さんが「もう少しで終わるからね!」と言ってくれたけど全然終わらず、「これはきっと気休めの言葉だ…」と察しました。, 容態は落ち着いてきたけど、念のため大きな病院で診てもらいましょうとのことで、院長と赤ちゃんは救急車で大学病院へ。, 引き続き「痛い…!!!」と訴えると、助産師さんが「痛み止め確認してきましょうか」と言ってくれました。, しかし、その後しばらく助産師さん現れず…。「あれはきっと気休めの言葉だ」と再び察しました。, 「今痛み止め持ってきますね」と言われるが、「きっとしばらく持ってこないだろう」と推測(もう期待することをやめた)。, しかも「痛み止めは残り2回しか使えないから、昼と夜まで取っておきましょう」と言われさらに絶望。, 産まれた当日、大学病院では保育器(酸素40)に入り、点滴、経管でミルクを注入していたようです。, 翌日には保育器酸素25になっていたようです(普段私たちが生活している場所は酸素21)。, 3日後、医者から「低血糖や呼吸が心配されたがすべて回復。重度仮死の割には管もすぐ取れてとても元気」だと言われ、点滴がとれました。, おそらく来週には退院もできるだろうとのことで、かなりの勢いで回復していたようです。, もしあの日台風が来なかったら、旦那が仕事に呼び出されなかったら、両親学級を受けていなかったら、エンジェルサウンズを知人から借りていなければ…, きっと誰かと一緒に過ごしていたら胎動へ意識は向かなかっただろうし、本当にすべてのできごとが奇跡でつながっていたなと思います。, 後日担当医師から聞いたところ、「赤ちゃんが助かるギリギリのところだった」と言われました。, 1か月検診にて医師と話した内容(今回の原因と思われること)は別記事にて書いていきます。, お出かけとおいしいものが好きな保育士♡