��=i 複雑な形状であっても均一に電気めっきをするには、広い電流密度範囲にわたってめっき厚差がほとんど出ない条件が必要です。この均一にめっきをする浴性能を均一電着性といい、電流効率などと同様に液組成、添加物、温度、電流密度、撹拌など様々な条件によって影響を受けます。 元素 化学 記号 原子量 原 子 価 1アンペア時 の析出量(g) 比重 1dm 2 ×1µm の重量(mg) 1dm 2 当たりの 10µmの電着に 必要なアンペア; 亜鉛: Zn: 65.38 0000027107 00000 n ëkë…©t«Õ–�X¿éî®ÿ.CĞ‘/"r‰9CÖ\’:c2áæ½¥P#İTé«E:ÈAmK¸?¤"Ee¥C;—å(vÂòW»�PÚgÉÓÉÈ)ÿ1tø£Qi”Á'æ«WÊÈ}µå8¸Ôp­qG—ñ1]6MúÛ¥ÜÏå,[*(/°©Ùrª¬?^2MKlê>ë†ÌŸéôëtÒF“ûÑğÕ;³Œã6•4U¹.–†\öEX�9À… 0000006478 00000 n 0000012946 00000 n

0000012770 00000 n 4 0 obj 0000111770 00000 n 0000308360 00000 n 0000159189 00000 n 0000260745 00000 n めっき金属イオンを陰極側へ運ぶ, 電気分解と同様、電気めっきでも、電解質(硫酸銅)は溶液に電位差が食われてしまわないように働きます。, 電気めっきではそれに加え、めっき金属イオンを陽極から陰極へ運ぶ役割も持っています。, *1) 標準電極電位(=標準酸化還元電位)は、ギブスエネルギーの変化を電子が感じる電位になおした理論値で、イオン化傾向の大小をそのまま表しています。, 酸化還元電位は、その標準電極電位と、還元種や酸化種の濃度とから計算できます(ネルンストの式)。, 電気分解やめっきではさらに、水素過電圧、酸素過電圧といった余分な電圧が必要になります。. %���� 3 0 obj 0000098285 00000 n xڼRIOSa=���^'J_�@)V���� H�(L����2��b��&,*7&&.uc�/нF���A�1�hc�x����srr��w�y7�> z@���!RM��'V�ˏO]%�/(Uu 0000029078 00000 n %PDF-1.4 %���� 0000012994 00000 n 0000098617 00000 n 0000164287 00000 n 0000019448 00000 n きと無電解銅めっきが使用されている。ここでは、銅めっきを例に、電気めっ きおよび無電解めっきの特徴を述べる。 (1) 電気めっきの原理 電気銅めっきでは、図1.1.1(a)に示すように、硫酸銅と硫酸の水溶液中に e -e e- Cu2+ カソード アノード 0000014303 00000 n 化学物質に電子を与える(化学物質を還元する) 22. >,�fx-肁�j�O ,9&�b�"�]�P��;ˬ���@�n��x�����Qe�?�����ml!N�)��x�������v�;�x4�kA�;7JBO �Ll����椥���ܚ�O�� 0000027470 00000 n 0000158968 00000 n 0000017313 00000 n 0000009554 00000 n

0000221320 00000 n 0000026967 00000 n 0000095667 00000 n 0000095898 00000 n

0000098353 00000 n 0000012356 00000 n 0000262094 00000 n 0000230022 00000 n

0000159468 00000 n stream 1 0 obj 0000006074 00000 n 0000166260 00000 n 0000095397 00000 n 0000006048 00000 n 0000005098 00000 n 電気めっきではその替わりにめっき金属(この場合は銅)を酸化するということです。 [陰極と溶液との間] 21. 0000308263 00000 n 0000011309 00000 n 0000010176 00000 n 各種めっきに必要な電圧と電流密度 析出金属 浴の種類 pH 電圧 電流密度 電流効率 浴温度 (v) (A/d㎡) (%) (℃) 黄銅 シアン浴 11.5~13.6 2~3 0.3~0.5 30~40 カドミウム シアン浴 12.5~13 1~4 1.5~4.5 95.4 … 電気量計算は上の関係を意識すれば誰でも簡単に解くことができる。いくつか例題用いて解説していこう。 …

���(��J��E�`�]v���%��e]��u�z�. 0000081817 00000 n 0000097387 00000 n 0000127558 00000 n 0000110811 00000 n 0000111597 00000 n 0000124520 00000 n 0000006452 00000 n 0000008406 00000 n 0000166610 00000 n 0000027249 00000 n 0000127288 00000 n 0000254554 00000 n 0000004959 00000 n

0000262175 00000 n 0000260820 00000 n 0000012215 00000 n ��� �S,'t�+^S�B�5���ҁq)��� 0000008845 00000 n 0000165966 00000 n 0000262202 00000 n

0000132198 00000 n ��a�Ӭ�!p�?H��!�}ѬO�pW8n���4Rl���sH�A���zʙjH̞�1Yy�=XI� ��� ��(�TQ�?N/�YJ�ZSª��R�F��[������{.��u��Jk~g㴠G�ʱQ�Zs|�Q�zK�K�����+���`X���A��,�jʡ����E��3�m}XP�l�mL#�vW�M�M��c 0000023079 00000 n 0000261679 00000 n endobj �Ѓ��d0k�y�(n�Kj[U%I$����"�s�bv۬SR �C��4t��I��.�E\7K �9 ��E���Jݻ���`�14����)�̬�afŨ�:��O������e�C-�5��E�(U�zPq 0000307921 00000 n

a�F�:^^_�U[%�L#�5�]-���=�睎�}]��c�D��h����o��FF�c�h. 0000024664 00000 n trailer <]>> startxref 0 %%EOF 211 0 obj <>stream 電気めっき浴とは、めっきをつける際の電気分解で金属を入れる溶液、いわゆる電 気分解の場である。 めっきでは浴中の陽イオンを析出させるため、陰極にめっきしたい製品をおく。

0000159121 00000 n 0000096353 00000 n 0000100573 00000 n <> 0000124588 00000 n めっきを、前述のとおり「溶液を用いるなど湿式の工法によって材料の表面に別の金属皮膜を形成すること」に限定するとしても、正しくこれを用いるには、3つの方法について確認しておかなければなりません。, 電気分解は、溶液の中にある化学物質の酸化/還元、あるいは電極物質の酸化(溶解)/還元(析出)に用いられます。, → OH– から電子を奪い H2O と酸素に変える → 減った OH– に応じて H2O が H+ と OH– とに電離する, このため陽極にはイオン化傾向の小さな白金電極や炭素電極を用い、替わりに OH– が酸化するようにしています。, この電極と溶液との間に加わる電圧が、 [酸化還元電圧+酸素過電圧](*1) を超えたときに反応は起こります。, 21. 0000307846 00000 n 0000025788 00000 n 0000011007 00000 n 0000014276 00000 n H‰Ä”»nÛ@E{~Å–bÁá. 0000021442 00000 n h|ݔ_iwT����m��6-�_���݊��� % ���c��M�ά� ln��Bt�>暘�yt2���m�|ޖ���?Jw��;�5N��DW.�f�|3^GŠ5�6��L�}���(���$�po���*m5F��Y�G}�Ā&3�_�@��W��q�sa����dR>�$CS���r���!wx�5@��x!

�XP�����AǙ�e���4��Y/n�A��WLigc������4ǥw�y}�\ΰ�_~,�w��%��{wd endobj 0000016580 00000 n 0000261582 00000 n 1.電気量と電流と時間の関係を説明しなさい。 2.ファラデーの法則を説明しなさい。 3.96500cの電気量で,銀イオンAg + は何mol変化しますか? 4.96500cの電気量で,銅イオン(ii)Cu 2+ は何mol変 … 0AJ�� -� !��2�Fa�q�F����5�B�g�p��GNS����5[����� ���bN�����mbہ�HE��!�U�0v��8��8���$���6{վ�J�Dd�!_�7m��TBq�Q��� �O�F��43�Gm�hɀv�c�Bu� 0000124745 00000 n 0000261125 00000 n ちなみに、この9.65×10 4 という数値は ファラデー定数 と呼ばれている。 電気量計算の解法. 0000131219 00000 n 0000164637 00000 n 67 0 obj <> endobj xref 67 145 0000000016 00000 n 0000004912 00000 n 0000016456 00000 n 0000131497 00000 n ニッケルめっきの実験条件 ・pH 3.5~4.5 ・浴温 45~60℃ ・電圧 3V(ボルト) ・電流 1A(アンペア) ・陰極電流密度 1A/0.5dm2=2A/dm2 (3)めっきする めっき液のなかに陽極と陰極(試験片)をつるして電気を流します(図 1-3)。陰極では界 かい 面 めん 0000101241 00000 n 0000262229 00000 n 0000019571 00000 n 0000308476 00000 n 0000003196 00000 n 0000005710 00000 n 【プロ講師解説】このページでは『ファラデーの法則及び電気量計算の公式・解き方』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。, 電極で変化するイオンの物質量(mol)は流れた電気量(C)に比例する。これを、ファラデーの法則という。, 電気量計算は上の関係を意識すれば誰でも簡単に解くことができる。いくつか例題用いて解説していこう。, 問題文に電流(A)と時間(秒)が書かれているので、まずはそれを使って流れた電気量(C)を求める。, 次の反応において、9650(C)の電気量を使用したときに流れた電子e–の物質量は何molか。また、そのとき析出した銅Cuの質量は何gか。ただし、Cu=64とする。, 次の反応において、3(A)の電流を1930(秒)流したときに発生する酸素は標準状態で何Lか。, Home > 電気化学 > 【ファラデーの法則】電気量計算の公式・解き方を例題を使って解説!, 5Aの電流を3860秒間流したときに流れた電気量は何クーロン(C)か。また、そのときに流れた電子e, モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は. 0000009814 00000 n 0000111645 00000 n 0000081468 00000 n めっき金属に電子を与える(還元する) 22. 0000220540 00000 n 0000101173 00000 n 0000016747 00000 n

0000009114 00000 n 0000011652 00000 n 0000242958 00000 n

<> 0000005684 00000 n 0000262148 00000 n 0000220400 00000 n 0000252729 00000 n 0000262121 00000 n 0000261162 00000 n 0000016332 00000 n 0000011859 00000 n x��YK��F�/���>X�U��eARK! endobj 0000131565 00000 n �ォ�L��R�&g��ﬨ���m���@$0��5��)ox�P�ft;��|Ӷ��;�lyưy���z�Ga��6�}Q��č�~%�m�l����C�J� ‹z����hL����w b��qL,�H�#���ۜiú��^*Pq0o �8���D���n�_��]�Z�dt��1��w��ni.�N�}�~#}��to�roV|HZ���XH��BC>�*��ng��\^�E ~)/�����z����}�}%z��p�.=J���1��9^ɹ`����3�nY 0000004865 00000 n 0000026141 00000 n 0000261869 00000 n

0000017559 00000 n 0000131934 00000 n x�[�6�~M�҆*��wZU��H9��S�[ \C^I�6~�v3��3��LRs:0�����j�̄C3rhF��UR��*̩��j��q���'��� ����^k�*����"���GA,F�9�4H2|�9 �H�HI!�@a"��a��>�P��k�Js� ���L��@ʉl"(�i�bֲj�Pf���O#�a����� � 2 0 obj 0000025497 00000 n 0000308294 00000 n 0000243729 00000 n 動ける正電荷と負電荷とで溶液を満たす <水の電気分解では(NaOHを用いる場合)..> → Na+と OH– とで溶液を満たす  NaOH は、陰極/陽極の反応には直接関係しませんが、動ける電荷で溶液を満たします。, これによって溶液中の電位はほぼ一定となり、電位差を、陽極と溶液との間、陰極と溶液との間、という電気化学反応に必要な2箇所に集中させることができます。, これに対して H2O は電離度が非常に低く( H+ や OH– の濃度が低く)、溶液が H2O だけの場合、電位差は電極と H2O との間ではなくほとんどが H2O 自体にかかってしまいます。, さて、本題は電気めっきです。前節の銅めっきを例に、上と同じ番号を使って水の電気分解と比べてみましょう。, 電気分解と同様に白金電極や炭素電極を陽極に用いた場合、それは酸化せず(溶け出さず)、したがってめっきに使える銅イオンは、最初から溶液中に溶けているものだけです。, 一方、銅を陽極に用いればそれは酸化し(溶け出し)、充分な銅イオンをここから供給することができるようになります。, 電気分解の陽極は OH–(または H2O)を酸化しましたが、電気めっきではその替わりにめっき金属(この場合は銅)を酸化するということです。, 21.